企業におけるファイナンス手法とは?代表的な方法をここで確認!

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/7/4

企業における資金調達をファイナンスと言いますが、このファイナンス手法は2つに分かれるとされています。

一つは「エクイティファイナンス」と言われるもので「自己所有の資本を用いて資金を調達する方法」。もう一つは「デットファイナンス」と言われるもので「外部から新たに借金をすることで資金を調達する方法」です。

この2つの方法を上手に使い分けることによって、企業の資金調達をスムーズに進めることができるのです。

そこでここでは、この企業における代表的なファイナンス手法にスポットを当て、その内容について確認をしてみたいと思います。

企業経営をされている方で、様々な角度からの資金調達方法を検討されている方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

▊ ファイナンスとは?

「ファイナンス」という言葉を聞いたことはありますか?「ファイナンス」とは、「企業の資金調達」のことを指しています。例えば、「大辞林」では次のように定義されています。

① 事業などを行うために必要な金。資金。財源。

② 事業や活動を行う資金の調達や管理。財政。財務。

③ 資金の供給。金融。融資。

(出典)大辞林 第三版

企業がより大きく発展していくためにも、重要となる「資金調達」ですが、その方法は大きく「自己が有している資本を用いる資金調達方法(=エクイティファイナンス)」と「外部から新たに借金をすることで資金を調達する方法(=デットファイナンス)」の2つに分かれるとされています。

エクイティファイナンスの代表的な資金調達方法としては、「新株発行」や「新株予約権発行」が、デットファイナンスの資金調達方法としては、「金融機関や投資家からの借入」「社債の発行」が挙げられます。

デットファイアンスとエクイティファイナンスの違いとは

それでは、「デットファイナンス」と「エクイティファイナンス」の違いにはどのようなものがあるのでしょうか。ここで確認をしておきましょう。

返還義務の有無

デットファイナンスの場合、他者からお金を借りることになるため、返済義務があります。ただし、エクイティファイナンスの場合は、あくまでも自己資本から資金を調達するため、返済義務はありません。

賃貸貸借表上の記載

デットファイナンスの場合、調達資金については、貸借対照表上で「負債」としての扱いとなります。しかし、エクイティファイナンスで調達した資金は「資本」として扱われるため、調達資金が多いほど資本が増えていくことになります。結果、自己資本比率も増えていくため、外部からの印象が悪くなることもありません。

投資家へのリスク

投資家にとっては、エクイティファイナンスはリスクが高いと言われています。それは、エクイティファイナンスで投資をした金額については返済義務がないためです。

デットファイナンスにおいてもリスクはありますが、基本返済義務がありますので、投資家へのリスクは少なくなります。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

▊ エクイティファイナンスでの増資方法

エクイティファイナンスでの増資方法には、「公募増資」「株主割当増資」「第三者割当増資」「転換社債型新株予約権付社債(CB)」4つが挙げられます。以下に、簡単にそれぞれの内容について説明をしておきましょう。

公募増資

公募増資とは、時価を基準にした株価で新株式を発行する方法のことを指します。
公募による株価発行は、一定期間の株価から少し割引された株価が設定されます。この割引額については、投資家からの需要傾向などを元に決められます。

株主割当増資

株主割当増資とは、現在の株の割合に応じて既存の株主に平等に株を割り当てる増資方法を指します。

第三者割当増資

第三者割当増資とは、現在の株の割合に関係なく、既存の株主もしくは第三者に割り当てる増資方法を指します。

転換社債型新株予約権付社債(CB)

転換社債型新株予約権付社債とは、株式に転換できる債券のことを指します。英語の「Convertible Bond」の頭文字をとり、CBと呼ばれることが多くなっています。

債券であるCBは、一定期間ごとにあらかじめ決められた利息を受け取ることができ、満期になると額面全額が払い戻されます。

▊ エクイティファイナンスのメリット・デメリットとは

エクイティファイナンスのメリット・デメリットには、次のようなものが挙げられます。

メリット

返済期限を求められない

エクイティファイナンスのメリットとして、自己資本からの資金調達であるため、返済期限を求められないということが挙げられます。

デメリット

第三者から経営に口出しをされる可能性も高い

デメリットとしては、株券発行により、新株を第三者が握った場合は、経営に対して口出しをされることが高く、影響が出る可能性もあるということです。

▊ エクイティファイナンスはどのようなときに有効なのか

エクイティファイナンスが有効なのは、次のようなときです。

担保が用意できないとき

エクイティファイナンスは担保が用意できない場合に有効です。デットファイナンスでは、担保が準備できない場合、融資を断られてしまう場合もあります。

返還のための資金をすぐに用意できないとき

エクイティファイナンスは、返還義務の生じない資金調達方法です。そのため、すぐに返還のための資金を用意できない場合にはぴったりの資金調達方法といえます。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

デットファイナンスでの増資方法

ここで、デットファイナンスでの増資方法について、いくつかご紹介しておきましょう。

銀行借入

最も代表的な資金調達方法とも言われているのが、銀行融資です。銀行融資には、事業者専用ローン・不動産担保ローンなど様々な商品が用意されています。

銀行における事業資金融資については、以下の記事でも詳細に説明されていますので、是非参考にしてみてください。

銀行借入の金利|金利1%以下の超低金利ローンで、中小企業が審査を通す4つのコツ!

国や地方公共団体からの公的融資

政府系の金融機関である日本政策金融公庫や商工中金の融資がこれに該当します。また、都道府県や市区町村といった各自治体でも、中小企業向けの融資制度を取り扱っています。

ビジネスローン

各信販会社や消費者金融・ノンバンク系の金融機関でも取り扱うビジネスローンも、デットファイナンスによる増資方法の一つです。

申込みから融資までの期間が最短3日以内となっているものが多く、スピーディーな資金調達を希望する場合に適しています。

手形割引

手形割引も、デットファイナンスにおける増資方法の一つです。
認知度は低い傾向にありますが、手形を銀行や手形専門業者に売却することで、通常よりも早い資金調達が可能になるという点でメリットの大きな資金調達方法となっています。

不動産担保ローン

不動産を所有している企業であれば、不動産を担保に融資を受けることが可能です。不動産を担保にすることで、通常よりも大型の融資を受けることができるため資金繰りの改善にも有効となります。

また、金利や借入期間が通常のローンと比較して条件の良いことも多くなっているのも、魅力の一つといえるでしょう。

社債発行

会社が発行する債権のことを「社債」と呼びます。社債の金利を有利な条件に設定することにより、多くの投資家から社債の購入を募ることが可能となります。

私募債発行

50人未満の投資家に発行する小規模な社債を「私募債」と呼びます。「私募債」には多くのメリットがあり、特に起業したばかりのベンチャー企業からは有効な資金調達方法として注目を集めています。

デットファイナンスのメリット・デメリットとは

デットファイナンスのメリット・デメリットには、次のようなものが挙げられます。

メリット

外部に経営権を握られにくい

デットファイナンスでは、株式を売却しないため、第三者に経営権を握られにくいというメリットがあります。その結果、投資家の承認を得なくても事業を進めることが可能です。

デメリット

返済義務がある

デットファイナンスの場合は、あくまでも他者からお金を借りていることになるため、返済義務が発生します。万が一、返済が滞った場合は信用を失うことにもなりかねませんので、注意が必要です。

▊ デットファイナンスはどのようなときに有効なのか

デットファイナンスが有効なのは、次のようなときがあてはまります。

返還のための資金が用意できるとき

デットファイナンスを利用する場合は、返還のための資金を用意できることが条件です。返済のための資金が見込める場合は、デットファイナンスでの資金調達がおすすめです。

担保を用意できるとき

担保の準備が可能な場合は、デットファイナンスを利用することができます。価値のある担保を提示することにより、より有利な条件で貸付を受けることも可能です。

外部に経営権を握られたくないとき

株式を売却しないデットファイナンスでは、第三者に経営権や発言権を握られにくくなります。特に外部の人間からの介入を避けたいと考えている場合は、デットファイナンスの利用が有効です。

▊ その他のファイナンス手法にはどのようなものがあるのか

ここまで「エクイティファイナンス」と「デットファイナンス」の2つの資金調達方法について説明してきました。この2つの資金調達方法は、企業の信用力に基づく資金調達方法と呼ばれ、「コーポレートファイナンス」と言われるものとなります。そのため、会社の信用度が低い場合は、利用することが難しい資金調達方法といえます。

この「コーポレートファイナンス」に対する資金調達方法が、「アセットファイナンス」というものです。「アセットファイナンス」は、「会社の保有している資産を何らかの形で資金に変える」資金調達方法です。

例えば、「アセットファイナンス」における資金調達方法には、次のようなものが挙げられます。

保有資産の売却

例えば自社が保有する不動産の売却などがこれにあたります。不動産を売却することにより大きな資金調達を行うことができます。またその資金を使って事業拡大が可能となる場合もあります。

知的財産権の売却

「アセットファイナンス」は、自社の資産を担保とすることで、資金調達が可能となっています。そのため、担保とできる資産を保有していないと、「アセットファイナンス」を利用することはできません。

しかし、会社の信用度に自信がない場合は、非常に有効な資金調達方法です。現時点で社会的信用度が低い企業が資金調達を希望している場合は、まず「アセットファイナンス」で資金調達を行い、財務体質が改善されたところで「コーポレートファイナンス」に切り替えていく、という方法をとる企業も増えています。

ファクタリング

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金(=納品および請求書の発行は完了しているが、払いサイド側の事情でまだ入金されていないお金)について、ファクタリング専門業者が返済の義務をつけずに買い取ることにより、企業に資金提供を行う仕組みのことを指します。

通常、未回収の売掛金が現金化されるまでには、一定の期間が必要となりますが、その期間が長ければ長いほど、企業の資金繰りに影響が出る可能性があります。そのような場合、このファクタリングを利用することにより、即現金化をすることができるため、安定した売掛金を持っている経営者の方にとっては非常に便利なサービスとなっています。

また、ファクタリングについては、この他にも以下の記事が参考になります。

・ ファクタリングとは?経営者が知っておくべき、売掛金を使った資金調達10の法則

・ 資金調達以外にも使える!?ファクタリング3つの活用法

・ 経営改善計画書100%書き方ガイド!3つのコツであなたも必ず経営改善できる

・ 【完全版】売掛債権担保融資100%成功ガイド|売掛金を活用して「資金繰りを改善する」3つのコツ!

・ 約束手形を振り出して支払いを延期する3つの手順とメリット・デメリット

・ ファクタリングと電子登録債権の違い

・ 売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

・ 売掛金買い取りでいくら調達できる?選ぶべき優良業者まで徹底解説!

 エクイティファイナンス/デットファイナンスのおすすめ記事

最後に、エクイティファイナンスとデットファイナンスについてのお役立ち記事をまとめました。是非参考にしてみてください。

エクイティファイナンス・デットファイナンスについての関連記事

・ エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

・ 私募債とは?少人数私募債で資金調達するメリット・デメリットまとめ

・ エクイティとは?経営者が絶対に理解しておくべきメリットまとめ

・ デットファイナンス完全ガイド|デットファイナンスのメリットとデメリット

また、デットファイナンスの一つであり、人気の高い資金調達方法でもある「ビジネスローン」については、以下の記事が参考になります。

ビジネスローンを提供するファイナンス会社についての関連記事

・ ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較!

・ 信販会社ビジネスローン9社を「融資可能額」でおすすめ比較!(2018年最新版)

・ 【最新】ビジネスローン人気5社を「使い勝手の良さ」で徹底比較!

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • c*****w様が
    1000万円を調達しました。

  • m****v様が
    200万円を調達しました。

  • a**u様が
    300万円を調達しました。

  • r**e様が
    800万円を調達しました。

  • x***x様が
    600万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング