閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

資金調達方法|創業資金や事業資金を日本政策金融公庫で借りるメリット【ビジネス2019年最新ニュース】

資金調達方法|創業資金や事業資金を日本政策金融公庫で借りるメリット【ビジネス2019年最新ニュース】

『資金調達プロ』編集部|資金調達最新ニュース 

 

資金調達法のうち「創業資金」については日本政策金融公庫を利用するのが一番です。日本政策金融公庫は国が100%出資する金融機関であり、銀行よりも低金利で創業資金が借りられます。また補助金・助成金と併用をすれば、ゆとりある資金繰りが可能となります。

 

本記事では起業家が、創業資金を日本政策金融公庫で借りる方法について紹介します。

 

【関連ニュース】

2018年〜2019年に利用できる、日本政策金融公庫の融資制度一覧

事業資金の調達は日本政策金融公庫とビジネスローンの併用がおすすめ【2019年最新ビジネスニュース】

 

創業資金の調達は、日本政策金融公庫がオススメ!

 

創業資金は銀行やノンバンクで借入ができません。なぜなら、経営の実績が無ければ「融資の判断材料にならない」からです。しかし、国が100%出資する日本政策金融公庫は違います。

 

日本政策金融公庫は、国民の利益や経済の発展のため、利用者に有利な条件で資金を貸し付ける特徴があります。このため銀行で融資を受けるよりも審査は可決されやすく、高額融資においても「事業計画書」の書き方をマスターすれば決して難しいものではありません。

 

日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

創業計画書100%書き方ガイド!日本政策金融公庫から創業融資を受けるための5つのポイント

 

創業資金の調達、日本政策金融公庫の融資制度一覧

 

ここで創業資金の調達に役立つ、日本政策金融公庫の融資制度を紹介します。

 

① 新規開業資金・・・新たに事業を始める方、または事業開始後7年以内の経営者向け融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:新規開業資金(日本政策金融公庫)

 

② 女性、若者/シニア起業家支援資金・・・新たに事業を始める方、または事業開始後7年以内の経営者向け融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:女性、若者/シニア起業家支援資金(日本政策金融公庫)

 

③ 新事業活動促進資金・・・廃業を行ったが、新たに事業を始める方、または事業開始後7年以内の経営者向け融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:新事業活動促進資金(日本政策金融公庫)

 

④ 普通貸付・・・事業を営む、ほぼすべての方が利用できる融資制度

 

融資限度額:4,800万円(特定設備資金は7,200万円まで)

融資期間:設備資金は10年以内(据置期間2年)、特定設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間1年)

関連サイト:(日本政策金融公庫)

 

これらの創業融資については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説!

 

日本政策金融公庫の融資に必要な書類

 

日本政策金融公庫で融資を受けるのに必要な書類は、次の通りです。

 

日本政策金融公庫の融資に必要な書類(共通)
① 借入申込書
② 直近二期分の確定申告書
③ 決済後半年を経過している場合は、最新の試算表
④ 法人の登記簿謄本
⑤ 身分証明書(運転免許証やパスポート等)

 

借入の申請書は、以下のリンクよりダウンロードしてください。このほか、個別に必要な書類は下の記事にて詳しく紹介しています。

 

日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

 

また、アドバイスを受けるために必要となる事業計画書は、以下の記事で詳しく解説しています。

【2019年完全保存版】事業計画書の書き方100%ガイド!担当者に必ず響く事業計画書の作成方法&テンプレート

 

⇩ 本テーマは記事の後半に続きます!

 


 

【PR】資金調達プロ編集部オススメのカードローン3選!

 

中小企業経営者、個人事業主、起業家、個人投資家の間で「最も人気が高い」カードローンは以下の三社です。プロミス・SMBCモビット・アコムはいずれも「最短即日融資」可能で低金利、スマホやパソコンから申し込みができるので来店不要! スムーズに資金調達が完結します♪

 

■PROMISE(プロミス)

■アコム

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■SMBCモビット

 

【SMBCモビットのおすすめポイントは3つ】

● 2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキング「ノンバンクカードローンNo.1」を受賞しています。
● 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
● WEB完結の申込条件に『ゆうちょ銀行』が追加

 

【カードローン増枠のポイント】

2017年12月1日より株式会社モビットは「株式会社SMBCモビット」へと社名が変更されました。

契約後、返済状況に応じて与信上限額を変更(上げる)ことも可能です。まずは、契約を最優先し「希望する融資枠」にアップできるよう手続きを進めてください。

 

【即日融資の注意点】

即日融資対応ローンでも、申し込みをする曜日や時間帯によって、翌日以降の取扱となる場合があります。

 

日本政策金融公庫の資金調達、創業融資と合わせて利用したい制度

 

日本政策金融公庫で、創業融資以外に利用したい「便利な融資制度」をまとめてみました。

 

④ 再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)・・・女性、35歳未満、55歳以上の方で「新たに事業を始める」方、または事業開始後7年以内の経営者向け融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:再挑戦支援資金
(再チャレンジ支援融資)
(日本政策金融公庫)

 

⑤ 中小企業経営力強化資金・・・新たな分野で事業を始める方、外部専門家のアドバイスを受けて、企業経営力の強化を図る経営者向け融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:中小企業経営力強化資金(日本政策金融公庫)
⑥ 経営環境変化対応資金・・・売り上げ悪化などで、業況が悪い企業向けの融資制度

 

融資限度額:4,800万円

融資期間:設備資金は15年以内(据置期間3年)、運転資金8年以内(据置期間3年)

関連サイト:経営環境変化対応資金(日本政策金融公庫)

 

⑦ 金融環境変化対応資金・・・金融機関の破綻などで、資金繰りに困難を来している企業への融資制度

 

融資限度額:別枠4,000万円

融資期間:設備資金は15年以内(据置期間3年)、運転資金8年以内(据置期間3年)

関連サイト:金融環境変化対応資金(日本政策金融公庫)

 

⑧ 取引企業倒産対応資金・・・取引先の破綻・倒産などで、資金繰りに困難を来している企業への融資制度

 

融資限度額:別枠3,000万円

融資期間:運転資金8年以内(据置期間3年)

関連サイト:取引企業倒産対応資金(日本政策金融公庫)

 

⑨ 企業活力強化資金・・・卸売業、小売業、飲食サービス業、サービス業、一定の条件を満たした不動産賃貸業を営む方、または店舗の新築や増築、設備投資を予定する経営者向け融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:企業活力強化資金(日本政策金融公庫)

 

⑩ IT資金・・・情報化投資に必要な資金を融資する制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:IT資金(日本政策金融公庫)

 

⑪ 海外展開・事業再編資金・・・海外展開に必要な資金を融資する制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:海外展開・事業再編資金(日本政策金融公庫)

 

⑫ 地域活性化・雇用促進資金・・・商人企業立地計画に必要な設備費用の融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:地域活性化・雇用促進資金(日本政策金融公庫)

 

⑬ ソーシャルビジネス支援資金・・・社会貢献、社会的課題解決に必要な事業への融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

関連サイト:ソーシャルビジネス支援資金(日本政策金融公庫)

 

⑭ 事業承継・集約・活性化支援資金・・・事業継承に必要な資金の融資

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:事業承継・集約・活性化支援資金(日本政策金融公庫)

 

⑮ 観光産業等生産性向上資金・・・訪日外国人観光客向けのビジネス「おもてなし企画認定」を取得した企業への融資制度

 

融資限度額:7,200万円(特定設備資金は4,800万円まで)

融資期間:設備資金は20年以内(据置期間2年)、運転資金7年以内(据置期間2年)

関連サイト:観光産業等生産性向上資金(日本政策金融公庫)

 

創業資金と合わせて取り入れたい資金調達の方法

 

事業資金を集める際、日本政策金融公庫と合わせて取り入れたい「資金調達の方法」を資金調達プロの専門記事より紹介したいと思います。

 

創業資金の調達におすすめの方法

・ ミラサポを活用し起業資金や創業資金、補助金を獲得するコツ【2019年版】

【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

・ 起業資金の調達は女性経営者に有利!女性の会社設立を応援する制度一覧【2019年最新ビジネスニュース】

・ 事業計画書の書き方は30分でマスターできる!融資借入に役立つ事業計画書の書き方【2019年版】

・ 開業資金なら資金調達プロの無料サービスを利用しよう!【2019年最新ビジネスニュース】

・ 資金調達方法|創業資金や事業資金を日本政策金融公庫で借りるメリット【ビジネス2019年最新ニュース】

 

参考:資金調達プロの公式サイト

 

創業手帳は創業後に送られてくる雑誌のこと

 

創業資金について情報収集をしていると、必ずといって目にするのが「創業手帳」のホームページです。創業手帳については、以下の記事にて詳しく紹介しています(※ 創業手帳は、起業後に送られてくる雑誌ですが、起業前でも無料で取り寄せできるそうです)。

 

参考記事:創業手帳は起業家や中小企業経営者の強い味方!

 

創業資金を日本政策金融公庫で借りるなら「資金調達プロ」にお任せ!

 

日本政策金融公庫をはじめ、経営者の資金調達、起業家のスタートアップ資金調達については、日本No.1の記事ボリュームを誇る「資金調達プロ」にお任せください。資金調達プロでは、最新の資金調達ニュースやお金を借りる方法、スタートアップで成功するコツをお伝えしています。

 

最新ニュースを購読されたい方は、公式サイトのブックマークはもちろん、Twitterアカウントも合わせてフォローしておいてください。

 

資金調達プロの公式サイト

資金調達プロTwitterアカウント

 

(資金調達プロ編集部)2018年11月25日配信

 


 

不動産投資で1億円オーナーになろう!

 

不動産投資に興味がある方、アパート経営やマンション経営に興味があるものの「資金が足りない」という方や、「どの不動産業者に依頼すれば良いのか分からない」という方には、最適な不動産会社と経営プランが一括見積もりできるOh!Ya(オーヤ)の利用がオススメです。

 

Oh!Ya(オーヤ)なら「希望条件」を入力するだけで、みなさんにふさわし不動産会社と経営プランが一括検索できます。不動産投資を今すぐ始めたい方、自己資金0円でアパート経営、マンション経営を始めたい方は、今すぐ下のリンクをクリックしてください。

 

⇒ 自己資金0円から始めるアパート・マンション経営!最適な不動産会社と経営プランが一括見積もりできるOh!Ya(オーヤ)

 


 

最新ニュースはTwitterで配信中!

 

資金調達プロではTwitterで、最新の「資金調達ニュース」や資金調達情報をアナウンスしています。

 

 

個人事業主や中小企業経営者の方、起業資金が必要な方はぜひ「資金調達のアカウント」をフォローしてくださいね!

 


 

関連記事

 

この記事と合わせて読みたい「資金調達プロ編集部」おすすめの記事をご紹介します!

 

・ 【保存版】あなたもスグに会社設立できる!5つの手順で起業し1週間で社長になるためのパーフェクトガイド

・ 【最新版】2018-2019|全国「ビジネスコンテストとコンペ」全113種類を一挙公開!

・ 中小企業が融資を受けるには?様々な資金調達方法を確認してみよう!

・ 【2019年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

・ 2018年〜2019年に利用できる、日本政策金融公庫の融資制度一覧

・ 【2019年最新版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣!(2018年更新)

・ IT・WEB系の起業家&個人事業主にオススメの資金調達方法と助成金10選!

・ 【最新版】個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2019年更新)

・ 制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

・ 【2019年完全保存版】事業計画書の書き方100%ガイド!担当者に必ず響く事業計画書の作成方法&テンプレート

・ 【保存版】あなたもスグに会社設立できる!5つの手順で起業し1週間で社長になるためのパーフェクトガイド

・ 【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

・ 【保存版】創業融資の審査を通す5つのコツ!あなたも無担保で3000万円借入出来る

・ 【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2019年最新版)

・ 地方で起業するメリット・補助金と助成金を活用した資金調達のコツ6つ

・ 55歳~65歳以上の方必見「シニア起業家支援資金」を活用し、会社を設立しよう!

・ 【起業家向け】経営に必要な資金調達はこれだ!必ず役立つ基礎知識10選

 

【関連ページ】資金調達プロ「カードローン」ランキング

 


 

資金調達インフォメーション

 

「資金調達プロ」ニュースを愛読する中小企業経営者、個人事業主、起業家、個人投資家の間で「最も人気が高い」カードローンは以下の三社です。プロミス・SMBCモビット・アコムはいずれも「最短即日融資」可能で低金利、スマホやパソコンから申し込みができるので来店不要! スムーズに資金調達が完結します。

 

■PROMISE(プロミス)

■アコム

■ジャパンネット銀行ネットキャッシング 銀行系だから安心低金利1.59%〜(年利)

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■SMBCモビット

 

【SMBCモビットのおすすめポイントは3つ】

● 2016年2018年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキング「ノンバンクカードローンNo.1」を受賞しています。
● 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
● WEB完結の申込条件に『ゆうちょ銀行』が追加

 

【カードローン増枠のポイント】

2017年12月1日より株式会社モビットは「株式会社SMBCモビット」へと社名が変更されました。

契約後、返済状況に応じて与信上限額を変更(上げる)ことも可能です。まずは、契約を最優先し「希望する融資枠」にアップできるよう手続きを進めてください。

 

【即日融資の注意点】

即日融資対応ローンでも、申し込みをする曜日や時間帯によって、翌日以降の取扱となる場合があります。

 


 

資金調達プロのファクタリング「10秒」無料診断

 

ファクタリングとは、売掛金を金融機関や業者に買い取ってもらい現金化する、便利な「資金調達」の方法です。資金調達プロでは、中小企業経営者や起業家の方の間で評価が高い「ファクタリング」の無料診断サービスを実施しています。

使い方はとってもカンタン! 下のフォームに希望する金額や売掛金の状況を入力すれば、わずか10秒で資金調達可能かどうか自動で判定します。

⇒ ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

 

なお、ファクタリングに興味を持たれた方は(ファクタリングだけでなく)ビジネスローンとの併用がオススメです。例えば、ファクタリングとビジネクストの両方に申込をしておけば、どちらかの審査がダメだった場合でも、確実に資金ショートが回避できるので、いつでも安心して「必要な事業資金」が受け取れます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ジャパンネット銀行ビジネスローン 最大500万円融資可能。2019年5月に開始した安心の銀行系ローン。

3.しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・愛知・大阪・静岡の方限定。法人・個人事業主どちらでも可能な安心の銀行系ローン。

 

ShikinPro News All Rights Reserved

 

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/23 14:52
    無料診断がされました。
  • 09/23 13:04
    無料診断がされました。
  • 09/23 06:47
    無料診断がされました。
  • 09/23 06:02
    無料診断がされました。
  • 09/23 03:32
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

事業者ローンの関連記事(82件)

1 2 3 4 5 17

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全803件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる