閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

カードローン借り換えランキング厳選5社!低金利なカードローンの審査裏側まで徹底分析【2019年最新版】

NEW!【2019年最新】プロミス最新CMの俳優は誰?プロミスイメージキャラクターのInstagramや動画を紹介!

カードローン借り換えランキング厳選5社!低金利なカードローンの審査裏側まで徹底分析【2019年最新版】

もう1年以上も毎月支払っているカードローンの返済。その金額が安くできる方法があることをご存知ですか?そう、借り換えという手段です。借り換えをうまく利用すれば、毎月の返済額を減らして早く完済することも可能になるのです。

 

カードローンは「ご利用は計画的に」というルールが大前提あるのはご存知ですよね。返済までのスケジュールにしっかり見通しを立てて借りることが重要です。
そんなことは誰しも頭の中では分かっているんです。

 

ただ、いざ返済が始まると、毎月の返済期限があっという間に来ますし、利子と元本をどれだけ返済しているかも分からなくなる感覚に陥ります。

 

でも安心してください。

 

世の中のカードローン利用者のうち、ほとんどの人が無計画で利用してしまっているんです。あなただけじゃありません。だからカードローン会社は安定して収益を上げられているんです。

 

「とにかく今の返済が楽になってほしい」
これが今のあなたのストレートな感情だと思います。前置きが長くなりましたが、そのためにカードローンの借り換えは助けとなるのでしょうか。

 

今回の記事では、次のような点を整理していきます。

  • カードローンの借り換えとは何か
  • カードローンを借り換えると返済は楽になるのか
  • そのデメリットは?
  • 選んではいけないカードローンと人気のあるカードローン
  • 借り換えの手順や審査に通るためのポイント

 

この記事を通してカードローンの借り換えについてよく理解し、しっかり工夫して返済していきましょう。それが完済への近道です。

 

【カードローン最新ニュース】

【2019年最新版】おまとめローン30選!借換え専用カードローンで借金を完済しよう!

即日融資できる消費者金融とできない銀行[2019年]一番使えるカードローンはコレだ!

カードローンのイメージは怖い・嫌い?資金調達プロが「カードローン」の意識調査を実施!

国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロが、ビジネスローン(事業融資)に関するアンケートを実施

ドコモが顧客の信用スコアを提供、金融機関の即日融資に活用される!

銀行が即日融資できなくなった理由と、銀行が抱える大きな爆弾とは?

 

その前に・・・とにかく今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。ここでカードローンの借り換えについて考えている間にも、時間が経過していきます。お金が足りなくなることがわかっているなら、さっそく借り換えるか、または以下のカードローンに申し込んでみると良いでしょう。

 

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

 

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

1. カードローンの借り換えとは?

これから考えていくにあたって、まず前提として「カードローンの借り換えとは何か」を勉強していきましょう。

 

カードローンの借り換えとは、現在契約しているカードローンを、他のカードローンに乗り換えることを意味します。

わたしたちの日常生活でも、ときどき乗り換えをすることがありますよね。月額料金は同じなのに、もっといいサービスを提供している会社があったらそちらに変更したり、携帯電話の会社を変更したりします。

そうであれば、ローンを見直して必要に応じて借り換えるという行為は、ある意味では自然なこと言えます。

 

カードローンを借り換えることで、まず債務者は新規借り入れ先から融資されたお金を使って、現在契約しているローン会社へ全額返済します。そして、こんどは新規借り入れ先から借りた分を毎月返済していくことになります。ただそれだけです。

言うまでもないことですが、カードローンの借り換え自体に大きな意味があるわけではありませんし、少なくとも手間がかかります。しかし、借り換えることによって金利負担が少なくなったり返済総額が減ったりして、毎月の返済が楽になるなら、そこには大きな価値があるというわけです。

カードローンの借り換えについて理解したところで、こんどは「自分の返済は楽になるのか?」という点に注目してみましょう。

 

 

2. カードローン借り換えの特徴

さて、カードローンの借り換えによってあなたの返済は楽になるのでしょうか?

自分にとってプラスかマイナスか。そこに大きな関心があるはずです。

 

結論から言えば…借り換えればかならず楽になるわけではありません。しかしこれまで多くの人が、カードローンを見直して借り換えることによって返済を楽にしてきました。

ここで一呼吸おいて、借り換えることのメリットとデメリットを考えながら、あらためて「自分の場合は楽になるの?」という点について自問自答してみましょう。

 

2-1.借り換えることのメリット

まず、カードローンを借り換えることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

カードローン借り換えのメリットと思われること

  • 利息負担が少なくなる
  • 月々の返済額が減る
  • 合計返済金額を少なくできる(トータルでお得)
  • ATM手数料などをカットできるかも
  • 自分に合った便利なカードローンを選び直せる

 

あえて、「メリットと思われること」としました。つまり借り換えることによってかならずこうなるというわけではないからです。しかし、賢く選べばこのすべての恩恵を受けることも可能です。

 

2-1-1.利息負担が少なくなる

今よりも低金利なカードローンに借り換えることができれば、利息負担が少なくなります。この「利息負担が少なくなる」というのが積極的に借り換えをする人の最大の関心事であり、手に入れたいポイントだと思います。

借り換えの例を見てみましょう。

 

借り換えの例

今現在の会社 借り換え先の会社
借入額 200万円 200万円
金利 18.0% 6.0%
毎月の返済額 36,037円 22,204円
返済期間 10年 10年

 

これはあくまで例に過ぎませんが、金利が低くなることで利息負担が少なくなると、月々の返済額と合計返済金額を少なくすることができます。

 

2-1-2.月々の返済額が減る

利息負担が少なくなることで、毎月の返済額が減って楽になります。これも効果を実感できるポイントのはずです。たとえば毎月の返済が1万円少なくなったら、かなり楽になると思いませんか?

月々の返済額を減らすために効果的なのがカードローンの借り換えと言っても間違いではありません。

 

※ なお、借り換えの余裕もない、今すぐお金が必要!という方には、以下のカードローンがオススメです。特に銀行系カードローンの中では、最短即日融資可能な『プロミスカードローン』の利用がオススメです。プロミスは初めてキャッシングを利用される方には「30日間利息なし」で融資を行い、限度額は最大で500万円までカバーしているので安心です。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられます。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

2-1-3.合計返済金額を少なくできる(トータルでお得)

お金を借りているわけですから、そこには利息の支払いが伴います。毎月返済している金額は、そのまま100%元金に対しての支払いになるわけではなく、一定の割合が利息分となります。

 

元金
元金は、国語辞書では「金銭の貸借や預金で、その利子を含まない、直接貸借したり預金したりしたお金」や「元手(もとで)」、「事業などの資本金」と記されています。これは、金融取引全般で使われており、具体的には、預貯金等の貯蓄の元手、株式・債券・投信・FX等の投資の元手、住宅ローン・自動車ローン・キャッシング等の借入金額(融資金額)などのことを指します。

一般に預貯金は、金融機関が倒産しない限り、元金が保証されるのに対して、株式や債券、投信などは、マーケット動向により日々価格が変動するため、時として元金を下回ることもよくあります。また、ローンの借り入れの際には、予め決められた返済方法によって借入額から利息が計算され、返済期間中の元金と利息の割合が決定されます。なお、ローンの返済では、元金をいかに早く減らすかが大きなポイントになります。

引用元:ifinance

 

もし利息負担が多いと、同じ額を返しても利息に充てられる割合が多くなってしまいます。そうなると、返しても返してもなかなか借金の元金がなくなってくれません。

カードローンの借り換えによって低金利で借りられるようになれば、毎月の返済額が少なくなるだけではなく、合計返済金額も少なくなります。トータルでお得になるのです。

 

2-1-4.ATM手数料などをカットできるかも

カードローンの会社によっては、提携ATMの利用手数料が無料だったり、コンビニのマルチメディア端末で返済することによって手数料が0円になったりします。

ほかにも、たとえばプロミスならポイントを貯めることで一定期間のATM手数料が無料になるサービスが用意されているなど、お得になる要素が含まれていることもあります。

たかが手数料…と思うかもしれませんが、毎月2回前後ATMを使って手数料を取られていると、年間で4,000円程度の余分な出費が生まれます。できることなら手数料も無料にしてしまいたいですよね。

 

2-1.5.自分に合った便利なカードローンを選び直せる

この機会に、自分に合った便利なカードローンを探せるというメリットもあります。

今のカードローンを契約したときには、ほとんどなにもわからず、ただ「お金を借りられるところ」として選んだかもしれません。しかしそれから年月が経過して、今ではさまざまな銀行、消費者金融、信販会社が魅力的な商品を販売しています。

 

もしかしたら、すでに「◯◯がいいかも」という気になる会社があるかもしれません。もし気に入っていて、しかも利息負担が少なくなるなるようなら、借り換えない理由を探すほうが難しいかもしれませんね。

これまで借り換えのメリットに目を向けてきました。ではここでそのデメリットも確認しておきましょう。

 

2-2.借り換えることのデメリット

カードローンを借り換えるときには、次のような点に注意してください。

 

  • 審査を受けることになる
  • 選び方によっては返済合計額が増えることも
  • 新たな会社のカードローンの使い方に慣れる必要がある

 

こちらも順番に見ていきましょう。

 

2-2-1.審査を受けることになる

今のカードローンを契約したときには審査があったはずです。

「今回はただの借り換えだから、手続きをすればそのまま利用できるはず」なんて考えていると、それは間違いです。カードローンの借り換えには審査が必要になります。

でも、すでに以前審査されて通っているのに、どうしてまた審査なの? そんなふうに思うかもしれません。

 

しかし冷静に考えてみると、こんど貸してもらおうとしている会社にとってあなたは新規のお客さんです。新規のお客さんについて「本当に貸してもよいかどうか」審査するのは当然ですよね。いくら「以前の会社で審査に通ったんです!」と言っても、そのときはそのときですし、それはその会社の審査基準による判断です。

カードローンの借り換えには審査が付きものであることを理解しておきましょう。

 

2-2-2.選び方によっては返済合計額が増えることも

どの会社を選ぶか、どんな仕組みになっているかによって、結局は返済合計額が増えてしまうことがあり得ます。

仮に今の会社よりも金利が少し低い会社があるとします。この時点で「借り換えたらお得だ!」と思いますよね。でもそれでは少し短絡的です。実際に試算をしてみると、返済合計額が増えてしまうことがあるんです。

 

その理由として考えられるのは、返済期間が長くなることに伴う利息負担の増加です。たしかに金利は若干低くなります。そして毎月の返済額も減って楽になることでしょう。しかし以前よりも返済が長期になってしまうと、その分だけ利息を多く支払わないといけなくなります。

単純に金利が安いこと、そして毎月の返済額が少なくなることだけに目を留めて決定してしまうと、あとになってから後悔する結果につながりかねません。かならず全体の試算を行なうようにしてください。

 

2-2-3.新たな会社のカードローンの使い方に慣れる必要がある

新しいカードローンを使うことで、今と異なる条件で借りられるようになるわけですが、違いはそれだけにとどまりません。利用の仕方が違うことも覚えておかなければなりません。

つまり、カードローンの借り換えをするということは、新しい会社のカードローンの使い方に慣れる必要があることを意味します。

 

もちろん、どの会社も特別複雑な仕組みを採用しているというわけではありませんから、そのうち慣れていくことでしょう。

 

2-3.自分の場合にはプラスかどうか判断しよう

ここまでカードローンを借り換えることのメリットとデメリットに分けて考えてきました。まとめてみましょう。

 

借り換えのメリット 借り換えのデメリット
利息負担が少なくなる
月々の返済額が減る
合計返済金額を少なくできる(トータルでお得)
ATM手数料などをカットできるかも
自分に合った便利なカードローンを選び直せる
審査を受けることになる
選び方によっては返済合計額が増えることも
新たな会社のカードローンの使い方に慣れる必要がある

 

あらためて、自分の場合にはプラスかどうか考えてみましょう。何でもそうですが、メリットしかないということはありません。借り換えに関係することを比較考慮して決定してください。

続いて、選んでよいカードローン、選んではいけないカードローンの特徴について見ていきましょう。

 

その前に・・・とにかく今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。ここでカードローンの借り換えについて考えている間にも、時間が経過していきます。お金が足りなくなることがわかっているなら、さっそく借り換えるか、または以下のカードローンに申し込んでみると良いでしょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

 

3. こんな借り換えカードローンを選ぼう

いざ借り換え先を選ぼうとすると、たくさんのカードローンがあることに気づきます。

その種類だけでも7つあります。

 

カードローンの種類

  1. 銀行カードローン
  2. ネット銀行のカードローン
  3. 消費者金融のカードローン
  4. 信用金庫のカードローン
  5. 信販会社のカードローン
  6. JAのカードローン
  7. 労働金庫のカードローン

 

同じカードローンでも、じつにさまざまな方面から発行されていることがわかります。

 

銀行カードローンは、その名の通り銀行が発行しているカードローンです。三菱UFJ銀行やみずほ銀行などのカードローンはテレビCMでもおなじみとなっています。

ネット銀行の利用者が増えていますが、住信SBIネット銀行など、ネット銀行もカードローンに力を入れています。

 

プロミス、アコム、アイフルなどは消費者金融です。

その他、信販会社、信用金庫、JA、労働金庫が発行しているカードローンもあります。

 

利用することができるカードローンすべてを調べようと思うと、膨大な時間が必要になります。それで、ここでは選ぶべき借り換えカードローンの特徴を取り上げます。

 

選ぶべき借り換えカードローンの特徴

  • 法律を遵守している
  • 金利が低い
  • 知名度がある
  • 審査スピードが早い
  • 利便性が高い
  • サービスが良い

 

ではそれぞれ順番に確認していきましょう。

 

3-1.法律を遵守している

大前提ですが、法律に従って営業している会社を選ぶべきです。

仮に「今よりも返済が楽になります」「審査はありません」など魅力的に思える条件のチラシを発見しても、違法に営業している会社から借りるとその後が大変になります。絶対に借りるべきではありません。

 

利用を検討している会社が法律を遵守しているかどうか知る目安として、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」を利用できます。

 

登録貸金業者情報検索サービス
貸金業を行う場合には、登録を受けなければなりません。借り入れを行おうとする業者が登録業者であるかどうか「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ最新情報を確認しましょう。

引用元:金融庁

 

金融庁のホームページから簡単に検索できます。

 

詳しくはこちら:登録貸金業者情報検索サービス

 

3-2.金利が低い

金利が低ければ、仮に同じ返済期間で借り換えるとしたら、返済総額が少なくて済みます。月々の返済額もいくらか軽減されるかもしれません。

たとえば消費者金融の金利は、出資法という法律によって上限が20%となっていますが、法律の範囲内なら会社がそれぞれの都合に合わせて設定することができます。

 

出資法【しゅっしほう】
出資法とは、出資金を集めることや高金利に関して規制する法律です。
正式名称は「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」といいます。
出資法では、銀行など法律で認められたもの以外が業務として不特定多数から資金集めをすることを禁止しています。元本保証や根拠のない高利回りなどを売りとし、いわゆる甘言によって出資金を募ることを規制しているわけです。また、金融機関の人がその地位を利用して貸し付などを行う「浮き貸し」なども禁止されています。
出資法違反は刑事罰の対象となります。

引用元:ホームズ

 

ほとんどのローン会社は、金利についての情報を公開しています。「〇〇%~〇〇%」といった具合です。

利用限度額が高くなるほど低い金利が適用されますが、50万円程度の希望限度額なら最高金利に近い金利が適用されることが多いです。それで、借り換えを検討するときには金利を、とくに最高金利のほうをチェックして選ぶと良いです。

 

※ なお、借り換えの余裕もない、今すぐお金が必要!という方には、以下のカードローンがオススメです。特に銀行系カードローンの中では、最短即日融資可能な『プロミスカードローン』の利用がオススメです。プロミスは初めてキャッシングを利用される方には「30日間利息なし」で融資を行い、限度額は最大で500万円までカバーしているので安心です。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられます。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

3-3.知名度がある

有名だから安心というわけではありませんが、知名度があるということはそれだけ社会的に認知されていて、利用者を獲得しているということになります。

今の時代、評判が悪ければそのことはあっという間に伝わって、やがて利用者がどんどん離れていき、倒産してしまうことも少なくありません。

これからも安心して取り引きを続けていくためには、ある程度知名度がある会社から選んでおくと無難です。

 

3-4.審査スピードが早い

借り換えをまったく急いでいないなら、審査スピードはそれほど重要ではないと思います。

しかし、毎月の返済が大変で、今すぐにでも借り換えたいというのなら、やっぱり審査スピードは重要なポイントになります。

 

同じ“カードローン”でも審査スピードはさまざまです。プロミスやアコムのように審査が最短30分、即日融資してくれるところもあれば、銀行ローンのように3日から1週間程度かかってしまうところもあります。

急いでいるなら審査スピードが早いところで借りるべきです。

 

3-5.利便性が高い

利便性が高いカードローンを選ぶことも大切です。

この場合の利便性とは、次の2つです。

 

  1. そのカードローン自体の使いやすさ
  2. 自分にとっての利便性

 

たとえば、借り換えを検討しているカードローンの返済方法はどうなっているでしょうか?Web返済、振り込み、提携ATMが多い、コンビニのマルチメディア端末を利用できるなど、多彩な方法があるでしょうか。借り入れもスムーズかつスピーディに行なえるでしょうか。何か困ったことがあったときにすぐに相談できるでしょうか。

自分にとっての利便性も大切です。自分に合った借入・返済方法でしょうか。家の近くや職場の近くで利用できる提携ATMがありますか。手数料は妥当でしょうか。

「これは便利!」と思えるカードローンを選んでおくと、満足度が高くなります。

 

3-6.サービスが良い

サービスの良さでカードローンを選ぶわけではなくても、せっかくならサービスが充実している会社を選ぶとお得になります。

 

カードローン利用時のサービスの例

  • 各種キャンペーンがある
  • ポイントが貯まる
  • 優待サービスを利用できる など

 

ほとんど同じような条件で営業している会社なら、サービスの充実度で比較してみるのも良いかもしれませんね。

では反対に、選んではいけない借り換えカードローンの特徴とはどのようなものでしょうか?

 

 

4. 【注意】選んではいけない借り換えカードローン3つの特徴

ここからは、選んではいけない借り換えカードローンの特徴を見ていきます。

 

  • 違法営業している
  • 金利が高い
  • 月々の返済額を極端に少なくしてくれる

 

4-1.違法営業している

違法営業している業者の中から選んではいけません。

 

しかし残念なことに、違法営業している業者は「毎月の返済が苦しい」「なんとかして現状から抜け出したい」と思っている人に狙いを定めています。甘い言葉で近づいてきます。

メールやDM、街角のチラシなどが目に入っても、選択肢に入れないようにしましょう。手を出してしまうと、法外な金利での貸し付けや詐欺に巻き込まれてしまいかねません。

 

4-2.金利が高い

金利が高い業者は絶対に選んではいけません。この場合の金利が高いとは、今契約している会社の金利水準よりも高い業者のことです。

何のために借り換えるのか。それは単なる気分転換ではありません。返済面でのメリットのためです。それなのに、今よりも高い金利で貸付けをする業者と契約したら、返済は楽になるどころか重くなってしまいます。借り換える意味がまったくありません。

 

4-3.月々の返済額を極端に少なくしてくれる

月々の返済額を極端に少なくしてくれる業者も避けましょう。

一見すると矛盾しているように思えるかもしれません。「毎月の返済が大変で借り換えるのに、なんで返済額が少なくなったらいけないの?少なければ少ないほうがいい!」と言いたくなるかもしれません。

 

しかし、毎月の返済額が少なくなればその分だけお得になるわけではなく、反対に返済期間が長期に渡ることによって利息負担が重くなってしまいます。

今の返済が苦しいなら、多少の返済額の軽減は嬉しいものですが、極端に少なくしてしまうことがないようにしましょう。

 

その前に・・・とにかく今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。ここでカードローンの借り換えについて考えている間にも、時間が経過していきます。お金が足りなくなることがわかっているなら、さっそく借り換えるか、または以下のカードローンに申し込んでみると良いでしょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

 

5. 借り換えローンおすすめランキング5社

では、実際に借り換えローンとして使えるおすすめはどれでしょうか?

借り換えローンおすすめランキングを見てみましょう。

 

  1. プロミス
  2. SMBCモビット
  3. じぶん銀行 カードローン
  4. みずほ銀行 カードローン
  5. オリックス銀行 カードローン

 

5-1.プロミス

プロミス

参考:プロミス(公式サイト)

基本情報:

金利 実質年率4.5%~17.8%
毎月の最低返済額 2,000円
最大融資額 500万円
融資までのスピード 即日
利便性

提携ATMが豊富

 

大手消費者金融のプロミスはSMBCグループで、同業他社と比較して最高金利が若干低くなっているのが特徴です。

ほかにも、30日間無利息サービスや、会員になることで貯まるポイントを活用することで利息負担を抑えることができます。金利面での負担減を考えるとき、プロミスがおすすめです。

 

詳しくはこちら:プロミス(公式サイト)

 

5-2.SMBCモビット

SMBCモビット

参考:SMBCモビット(公式サイト)

基本情報:

金利 実質年率3.0%~18.0%
毎月の最低返済額 4,000円
最大融資額 800万円
融資までのスピード 即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
利便性

提携ATM、スマポアプリが充実

 

10秒簡易審査ができ、スピード感で抜きん出ているのがSMBCモビットです。

最高金利はプロミスと比較して0.2%高くなっているものの、使いやすさでは負けていません。スマホアプリ「Myモビ」を使えばセブン銀行ATMから簡単に借り入れと返済ができてしまいます。この機会に最新の利便性を追求するならSMBCモビットがおすすめです。

 

詳しくはこちら:SMBCモビット(公式サイト)

 

5-3.じぶん銀行 カードローン

じぶん銀行 カードローン

参考:じぶん銀行(公式サイト)

基本情報:

金利 実質年率1.7%~12.5%(借り換えコース)
毎月の最低返済額 1,000円
最大融資額 800万円
融資までのスピード 翌日以降
利便性

提携ATMが充実・手数料無料

 

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して誕生したのがじぶん銀行。インターネット銀行です。

じぶん銀行カードローンの通常金利が2.1%~17.4%なのに対して、「借り換えコース」では1.7%~12.5%と優遇されます。さらにauユーザーなら、そこから最大0.5%の優遇を受けられるという魅力的なサービスを展開しています。

ネット銀行で借り換えを考えているなら、じぶん銀行を候補に入れましょう。

 

詳しくはこちら:じぶん銀行(公式サイト)

 

※ なお、借り換えの余裕もない、今すぐお金が必要!という方には、以下のカードローンがオススメです。特に銀行系カードローンの中では、最短即日融資可能な『プロミスカードローン』の利用がオススメです。プロミスは初めてキャッシングを利用される方には「30日間利息なし」で融資を行い、限度額は最大で500万円までカバーしているので安心です。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられます。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

5-4.みずほ銀行 カードローン

みずほ銀行 カードローン

参考:みずほ銀行(公式サイト)

基本情報:

金利 実質年率2.0%~14.0%
毎月の最低返済額 10,000円
最大融資額 800万円
融資までのスピード 2~3営業日
利便性

全国のみずほ銀行ATM・コンビニATMの利用が可能

手数料無料

全国展開しているみずほ銀行のカードローンなら、支店やATMコーナーが充実していて、しかも手数料を気にしないでいつでも借入・返済ができるので便利です。

最大金利で見ても年14.0%ですから、現在契約しているカードローンの金利と比較して低ければ、さっそく借り換えを検討してもよさそうです。すでにみずほ銀行のキャッシュカードを持っているなら、そのままカードローン用として使えます。

 

詳しくはこちら:みずほ銀行(公式サイト)

 

5-5.オリックス銀行 カードローン

オリックス銀行 カードローン

参考:オリックス銀行カードローン(公式サイト)

基本情報:

金利 実質年率1.7%~17.8%
毎月の最低返済額 7,000円
最大融資額 800万円
融資までのスピード 1週間以上かかる
利便性

提携ATMの利用手数料が0円

 

借り入れ額が大きくなれば金利面でかなり有利になるのがオリックス銀行 カードローンです。ただ、100万円以下の利用限度額になるとプロミスと同じ17.8%が適用される可能性が高いです。

全国の10万台近い提携ATMのどれを使っても借入・返済ともに手数料がかからないのは嬉しいポイントです。

他の銀行カードローンにも言えることですが、申し込んでから借り入れ開始まで時間がかかります。

 

詳しくはこちら:オリックス銀行カードローン(公式サイト)

 

 

6. 借り換えローンの申込手順

ここからは、今の借り入れ先から借り換える流れについて見ていきましょう。

 

借り換えの流れ

  1. 借り換え先を選ぶ
  2. できれば「借り換え目的」であることを伝える
  3. 借り換えを希望する会社へ申し込む
  4. 審査を受ける
  5. 新規契約した先で借り入れる
  6. 今の借り入れ先へ一括返済する
  7. 毎月の返済をコツコツ続けていく

 

流れについて、それぞれ確認していきます。

 

6-1.借り換え先を選ぶ

まず借り換え先を選びます。すでに借り換え先を決めることができましたか?

まだ決まっていないようなら、もう一度「借り換えローンおすすめランキング」を見ながら決めてしまいましょう。

 

6-2.できれば「借り換え目的」であることを伝える

借り換え先を決めたら、次はさっそくその会社とコンタクトを取ります。申込み方法はWeb、電話、郵送、店舗などさまざまだと思います。まず審査の申し込みをしましょう。

その際に、できれば「借り換え目的」であることを伝えるとよいです。もちろん伝えることが義務付けられているわけではありませんが、そうすることによって総量規制に引っかかることを回避できる場合があります。

 

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

(中略)

個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査(※)します。

なお、貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)

引用元:日本貸金業協会ホームページ

 

原則として、貸金業者(消費者金融)は個人の年収の3分の1以上を貸してはいけないのですが、貸金業法では利用者にとって一方的に有利になる場合には、総量規制の制限を課さないとなっています。

 

改正貸金業法の概要
例外となる借入れ
・生計を一にする者の緊急に必要と認められる医療費(高額療養費を除く。)の支払い資金の借入れ
・顧客に一方的に有利となる借換え(ひと月あたりの返済額を減らし、借入残高を段階的に減らしていく借換えについては、返済期間の延長は可)
・新たに事業を行うための個人顧客による借入れ
・配偶者と合算した年収等の3分の1以下の借入れ(配偶者の同意が必要)
・銀行などからの融資が確定している場合のつなぎ融資
・特定緊急借入総額が10万円以下の借入れ
・個人事業者による借入れ
⇒事業計画書、収支計画書及び資金計画書を作成、提出し、当該事業の用に供するための資金の貸付であると認められるもの。
⇒100万円を超えない場合は、事業・収支・資金繰りの状況により、返済能力を超えないと認められるもの。
(借入先の貸金業者によっては、事業計画書等の作成、提出を求められる場合があります。)

引用元:岐阜県公式ホームページ

 

カードローンの借り換えが利用者にとって一方的に有利になる場合には、総量規制に引っかかることなく融資を受けることができます。だからこそ、申込み時には「借り換えが目的です」と知らせておくとよいのです。

 

6-3.借り換えを希望する会社へ申し込む

それぞれの会社が指定する手順に従って、利用のための申し込みを行ないます。

今のカードローンに契約したときのことを思い出してください。そのときには申し込みをしたはずです。同じことを今度はまた行なうわけです。

 

審査がスムーズに行われるように、すべての項目へ正確に記入するよう細心の注意を払ってください。意図的ではなくても、間違いがあると審査が進まなくなってしまいます。もちろん意図的に情報を操作することはもってのほかです。正直に記載しましょう。

加えて、審査と契約のために必要な書類を確実に準備しておきます。ほとんどの会社では次の2点が必要になります。

 

必要書類

  1. 本人確認のための書類
  2. 収入証明書類

 

本人確認のための書類は必須です。運転免許証や保険証、パスポートなどローン会社が受け入れてくれる書類を1つ準備しておきます。

一定額以上の借り入れを希望する場合や、他社からの借り入れを合計して一定金額に達する場合は収入証明書類の提出を求められることがあります。

 

収入証明書
収入証明書は、「所得証明書」とも呼ばれ、前年の1月1日から12月31日までの1年間にどれくらいの収入(所得)を得たかを証明するための書類や証書のことをいいます。これは、住宅ローンやカードローンなど金融機関からローンを借りる時、子どもの奨学金を申し込む時、収入証明が必要な行政サービスを申請する時、結婚相談所や婚活サービスを利用する時などに提出することがあります。

一般に会社員や公務員などの給与所得者の場合は、12月の年末調整の時に職場で受け取る「源泉徴収票」が最も一般的となっています。また、自営業者などの場合は、確定申告の際の「確定申告書の控え」や税務署で請求できる申告所得税の「納税証明書」、役所で請求できる住民税の証明書(課税証明書、非課税証明書、納税証明書)などがあります。

引用元:ifinance

 

どの証明書を受け入れてくれるかは、ローン会社によって異なります。求められる書類を確実に手元に置いておきましょう。

 

※ なお、借り換えの余裕もない、今すぐお金が必要!という方には、以下のカードローンがオススメです。特に銀行系カードローンの中では、最短即日融資可能な『プロミスカードローン』の利用がオススメです。プロミスは初めてキャッシングを利用される方には「30日間利息なし」で融資を行い、限度額は最大で500万円までカバーしているので安心です。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられます。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

6-4.審査を受ける

所定の手順で申し込んだら、あとは審査の結果を待つだけです。会社によって多少の違いはあるかもしれませんが、電話やメールの形で審査結果と利用限度額が知らされます。

審査を通過したらそれで終わりではありません。そのあとは契約のためのステップへと速やかに進んでください。すべてが完了するとようやく借り入れが可能になります。

 

6-5.新規契約した先で借り入れる

契約が完了したら、借り入れが可能になります。カードを使って出金したり、振り込みによって現金を手にしたりできます。

新規契約した先で借り入れが完了し、これまで利用してきたカードローンの残高を超える金額を手にすることができたら、いよいよ実際の借り換えの準備が整うことになります。

 

6-6.今の借り入れ先へ一括返済する

さっそく、手にすることができた資金を使って今の借り入れ先へ一括返済しましょう。

 

一般的な一括返済の手順

  1. カードローンの会社に返済額を確認する
  2. どのように一括返済したらいいか方法を確かめる
  3. 全額を入金する
  4. 一括返済の完了
  5. 必要なら完済証明書を発行してもらう

 

確実に完済するために、かならず電話で返済額を確認しましょう。そして同時に「どんな方法で完済したらいいか」確認します。コンビニの提携ATMでは端数の精算ができないので注意してください。

すべてを返済すると完済となります。この時点で必要なら完済証明書を発行してもらいます。店頭まで取りに行くか郵送してもらいます。ただし、会社によっては完済証明書を発行していないところもあります。その場合は代替のものを用意してもらえます。

 

完済証明を発行してほしいのですが?
ご郵送もしくはご来店で、残高証明書の発行お手続きが可能です。詳しくはアコム総合カードローンデスクまでお問い合わせください。

※アコムでは、完済証明書はご用意しておりません。発行可能な書類は、残高0円と記載する残高証明書となります。

引用元:アコム公式サイト

 

一括返済することで、今まで利用してきた会社の借り入れ残高は0円になります。しかし、残高が0円になると自動的に契約が終了するわけではなく、そのまま残ります。解約するかどうか個人の判断で決めることができます。

 

6-7.毎月の返済をコツコツ続けていく

カードローンの借り換えに成功したら、こんどは新たに借り入れをした会社への返済を続けていきます。

毎月の返済をコツコツ続けながら、確実に元金を減らしていきましょう。

 

その前に・・・とにかく今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。ここでカードローンの借り換えについて考えている間にも、時間が経過していきます。お金が足りなくなることがわかっているなら、さっそく借り換えるか、または以下のカードローンに申し込んでみると良いでしょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

 

7. 審査落ちしないための5つのポイント

ここまでのところで、カードローンの借り換えに関係する事柄を把握することができました。あとは実際に借り換え先の会社を選んで実行に移すだけです。

とはいっても、せっかく借り換え先を選んで申し込み、期待を持って待っていても、審査に通らなければ話が進みません。今よりも有利な条件でカードローンを利用するためにも、確実に審査を通過したいものです。

審査に“絶対”はないものの、どうすれば審査通過の確率を上げることができるのでしょうか?

ここで審査落ちしないためのポイントを確認し、それらを意識して審査に臨むことが助けになります。さっそく見ていきましょう。

参考記事:【2018年最新版】カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードが作れる!

 

7-1.自分の信用情報に問題がないか確認しておく

ある程度安定した収入があれば、カードローンの審査を無事に通過できる。そんなふうに考えている人が少なくないようですが、じつは収入面と同じくらい重要な要素が信用状態なんです。

簡単に言えば、審査というのは「この人にお金を貸してもいいかどうか」決めることです。当然収入のある人には「貸してもいいかな」となるわけですが、収入があっても返してくれなさそうな人、心配要素がある人に対しては慎重な姿勢になります。過去に延滞や滞納を繰り返していたり、今もたくさんの借金を抱えていたりすると、「この人は貸したお金を返してくれないかも」と思われて審査落ちします。

金融機関との取り引きにおける情報は「信用情報」として記録されており、新規での申込みの際にはかならず照会されます。

 

信用情報について
信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。
そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

引用元:CIC

 

それで、もし信用情報に問題があるようなら、現時点ではカードローンの借り換えを控えて、時間の経過を待つようにしましょう。特に心当たりがなければそれで良いのですが、「念のため自分の信用情報を確認したい」というときは、開示してもらえます。

 

情報開示とは(自分の信用情報を確認)
情報開示とは、お客様ご本人のお申込みにより、CICに加盟している会員会社(クレジット会社等)との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度です。お客様の情報が現在、信用情報機関に登録されているのか、またはどのように登録されているかを確認していただくことができます。

引用元:CIC

 

信用情報を開示してもらえる機関

日本信用情報機構

CIC

全国銀行協会

 

7-2.借り入れ件数を減らしておく

もし現時点で複数の会社からお金を借りているなら、借入件数を減らしてからカードローンの借り換えを検討するようにしてください。

何件以上だと審査落ちするとか申し込めないとか、そんな基準は用意されていないのですが、事実として複数から借りていると審査落ちする確率が高くなります。

それで、もし完済間近の会社があるならそこへ優先的に返済するようにして、できるだけ借入件数を減らしてから申し込むようにしましょう。

 

※ なお、借り換えの余裕もない、今すぐお金が必要!という方には、以下のカードローンがオススメです。特に銀行系カードローンの中では、最短即日融資可能な『プロミスカードローン』の利用がオススメです。プロミスは初めてキャッシングを利用される方には「30日間利息なし」で融資を行い、限度額は最大で500万円までカバーしているので安心です。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられます。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

7-3.必要な書類を確実に用意しておく

書類の不備によって審査がストップしたり、審査落ちしたりすることがないようにしてください。カードローンの借り換えは新規での申込みになりますので、かならず書類の提出を求められます。

 

申込むために必要な書類

  1. 本人確認書類
  2. 所得証明書類

 

当然ですが、審査する側は本人かどうか確認する必要がありますし、申込み内容が正確かどうか確認することになります。それで、運転免許証やパスポートなど、本人について証明できるものが必要です。どんなものが本人証明書類として受け入れられるか、申し込むことになる会社の条件を確認してください。

 

もう1つは所得証明書類です。これは求められるときとそうでないときがあります。詳しくはやはり申し込む先の会社の条件を確認してください。消費者金融の場合、一般的に希望借入金額が50万円を超えるときや、他社からの借り入れを合計すると100万円を超えるときに所得証明書類の提出が必要になります。高額の融資ではリスクが大きくなるからです。

 

所得証明書類として受け入れられるものの例

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 税額証明書
  • 確定申告書
  • 課税証明書 など

 

とくに所得証明書類が必要になりそうなら、事前の良い準備のもと確実にそろえておきましょう。

 

7-4.正直に申し込む

あえて、「正直に申し込む」という項目を加えておきます。なにかに正確な記載をすることは基本ですが、それがカードローンの申込みとなると「つい嘘をつきたくなるような」項目があって、心が揺れるからです。

 

嘘をついてしまいたくなる項目

  • 年収
  • 勤務先情報
  • 他社からの借入状況

 

結論から言えば、嘘を書いてもかならずバレます。審査時には信用情報を含めてかなりの程度まで情報が調べられるわけですから、嘘がそのまま通ることはありません。そして、「この人は意図的に嘘をついた」と判定されると、確実に審査落ちします。

冷静に考えてみれば、嘘をついたほうがいい理由はまったくありません。正直に申し込んで、あとは審査の結果を待ちましょう。

 

7-5.在籍確認に進んで応じる

これも結論からですが、新規の申込みの際にはかならず在籍確認が行なわれます。

たとえ職場に確認の連絡を入れてほしくないと思う人でも、かならず在籍確認には応じるようにしてください。

 

在籍確認は、その名の通り「その人がそこに在籍していることを確認」できればいいので、本人不在でも問題ありません。ローン会社側が上手に確認してくれるので心配はいりません。

在籍確認が取れないと審査が進んでいきませんし、ずっと在籍確認が取れないと審査そのものに影響しかねません。

裏技のようなものではありませんが、ここで取り上げた審査落ちしないためのポイントを確実に適用するようにしてください。

 

 

8. 借り換えカードローンQ&A

最後に、借り換えカードローンについてよくある質問をチェックしておきましょう。

 

8-1.カードローンの借り換えとおまとめローンには違いがありますか?

法律上で、借り換えカードローンとおまとめローンが区分されているわけではありません。両者の違いをあげるとしたら次のようになります。

 

目的とすること

  • 借り換えカードローン→今より低い金利で借りられるようにする
  • おまとめローン→複数の借金を1つにまとめて支払い総額を減らすこと

 

ローン会社によっては「借り換え」「おまとめ」という表現を使って区別しているところもありますが、金利面で有利になり、支払い総額が軽減するならどちらにも利用価値があります。

間違っても言葉のイメージだけで安易に申し込まないようにしましょう。

 

8-2.利用限度額を自分で決められないのはなぜですか?

利用限度額は、会社側が「この人にはこれだけの金額までなら貸せる」という決定だからです。申込者は「希望」を記入することはできても、決定権はローン会社側にあります。

利用限度額に影響する要素として総量規制があります。消費者金融は貸金業法に従って営業する必要があり、その法律は年収の3分の1以上の貸し付けを禁じています。それで、申込者の年収や借り入れ状況次第では利用限度額がかなり低くなることもあります。

 

8-3.家族や会社の人にバレずに借り換えられますか?

借り換え時に、ローン会社側がその事実を家族や会社に通知することはありません。郵便物の受け取りや、カードの管理等をしっかり行なっていれば、他者に借り換えの事実や借り入れていること自体を知られる恐れはありません。

在籍確認を過度に心配する人もいるようですが、原則として個人名で電話をかけてくれますし、その分野で慣れているオペレータによる電話なので、上手に確認してくれます。安心してください。

 

8-4.銀行カードローンが即日融資してくれないのはなぜですか?

銀行による過剰貸付が問題になった背景があり、現在ではどの銀行も即日融資を行なっていません。より厳正な審査を行ない、早くても3営業日以降に審査結果が知らされます。

銀行は銀行法に基づいて運営しているため、過剰な貸付けを制限する総量規制に影響されません。それゆえに、個人の返済能力を大幅に超える貸付けが行なわれることもありました。2018年1月以降、銀行カードローンは即日融資を自粛しています。

 

8-5.1つの会社の審査に落ちてしまったら、すぐ他の会社に申し込んでも大丈夫ですか?

せっかく借り換えカードローンを利用しようと思ったのに、審査落ちしてしまうとガッカリです。もう頭は借り換えに向かっているので他社に申し込みたくなるところですが、すぐに申し込むことは控えましょう。少なくとも半年間は待ってください。

短期間で何度もカードローンに申し込んでいると、いわゆる「申込みブラック」状態になってしまい、余計に審査が通りにくくなり悪循環です。カードローンに申し込んだという記録は最大で半年間残りますので、それ以降なら大丈夫です。

 

もしある会社の審査に落ちたとしたら、それには原因があるはずです。審査落ちした原因を解消しないまま他社に申し込んでも、結果は同じであるに違いありません。審査落ちした理由と向き合って、改善してからの申込みをおすすめします。

 

※ なお、借り換えの余裕もない、今すぐお金が必要!という方には、以下のカードローンがオススメです。特に銀行系カードローンの中では、最短即日融資可能な『プロミスカードローン』の利用がオススメです。プロミスは初めてキャッシングを利用される方には「30日間利息なし」で融資を行い、限度額は最大で500万円までカバーしているので安心です。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられます。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

ローン借り換え、おまとめローンの関連記事

 

最後に、ローンの借り換えやおまとめローンに関する記事をあつめてみました。

 

 

【2019年8月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

・ 【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

【2019年最新版】おまとめローン30選!借換え専用カードローンで借金を完済しよう!

・  【2019年最新】お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ1万円〜100万円手に入れる方法(まとめ)

【個人事業主必見】自営のローン審査は厳しい!それでも借りる方法とは

プロミス申込方法まとめ:Webの入力方法や審査に通る5つのコツ!

プロミスの返済は手数料無料で!コンビニ・ATMなど7種類徹底解説

プロミス問い合わせの全て!電話以外の方法や返済相談まで徹底解説

・ 即日融資できる消費者金融とできない銀行[2019年]一番使えるカードローンはコレだ!

・ カードローンのイメージは怖い・嫌い?資金調達プロが「カードローン」の意識調査を実施!

・ 国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロが、ビジネスローン(事業融資)に関するアンケートを実施

・ ドコモが顧客の信用スコアを提供、金融機関の即日融資に活用される!

・ 銀行が即日融資できなくなった理由と、銀行が抱える大きな爆弾とは?

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では以下の点について知ることができました。

 

  • カードローンの借り換えとは何か
  • カードローンを借り換えると返済は楽になるのか
  • そのデメリットは?
  • 選んではいけないカードローンと人気のあるカードローン
  • 借り換えの手順や審査に通るためのポイント

 

まずカードローンの借り換えについてよく理解したうえで、自分にどんな影響があるか考えることができたはずです。あとは決定ですね。

目に前に開かれている機会を上手に活用して、これからも着実な返済を続けていくと共に、豊かで喜びの多い生活をおくることができるよう願っています。

以上、「カードローン借り換えランキング厳選5社!低金利・審査の裏側まで徹底分析」でした。

 

その前に・・・とにかく今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。ここでカードローンの借り換えについて考えている間にも、時間が経過していきます。お金が足りなくなることがわかっているなら、さっそく借り換えるか、または以下のカードローンに申し込んでみると良いでしょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※ 契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。
※ プロミスに既にご契約の方、またはSMBCコンシューマーファイナンスの合併会社であるアットローン・ポケットバンクにて契約されていた方に関しては、新規でお申込いただけません。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 原則24時間最短3分でお振込可能。WEB完結申込なら電話連絡なし!

■レイクALSA 初めての方におすすめ

■アコム 最大30日間金利0円

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

The following two tabs change content below.
Boli

Boli

国立工業高専を経て、建築技師として国際建設ボランティアに携わる傍ら、現地記者としてライター業で生計を立てる。 2013年からは日本において本格的にライターとして活動を開始し、金融・建設系のメディアでの執筆を中心に行なっている。 プロ目線の難解な解説ではなく、一般的に理解できる言葉や概念を用いたわかりやすいライティングを心がけている。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 08/20 10:44
    無料診断がされました。
  • 08/20 09:34
    無料診断がされました。
  • 08/20 01:01
    無料診断がされました。
  • 08/19 14:51
    無料診断がされました。
  • 08/19 13:31
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

カードローンの関連記事(107件)

1 2 3 4 5 22

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全788件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる