閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

信用金庫との付き合い方

定期積金をしよう

信用金庫は銀行と比べると、定期積金を重視しています。

30-1定期積金とは信用金庫だけが取り扱っている独自の商品で、定期的にお金を積んでいくことによってその利息を受け取ることが出来るものです。たとえば、契約期間が36カ月の場合、1か月目に預けたお金には36カ月分の利息が付きます。2か月目に預けたお金には35カ月分の利息が付きます。3か月目に預けたお金には34か月分の利息が付きます。こうして毎月お金を積み立てていって、満期が来たところで払い戻しとなります。

定期積金は銀行にはない独自の商品であるため、ほとんどの信用金庫は積極的に売り出しています。昔ながらの信用金庫は定期積金のために月1回程度のペースで社員を企業に派遣し、そこでついでに経営者と情報交換をするというスタイルを取っています。毎月定期積金で少しずつお金を入れていけば、信用金庫との信頼関係が自然とできていき、いざというとき融資を受けやすくなります。

 

信用金庫とは長く付き合おう

信用金庫は中小企業の顧客が多いため、比較的1件当たりの融資額が低めです。それに対して銀行は主に大企業を相手にしているため、1件当たりの融資額は高くなります。しかし、融資審査にかかるコストは1件当たりの融資額が高かろうが安かろうがほぼ同じです。

30-2となれば当然1件当たりの融資額を高くした方が人件費は少なくなり、それを金利に還元することが出来ます。銀行の融資金利が信用金庫と比べて低いのはそのためです。

そう考えると、金利が高い信用金庫と付き合うメリットはあまりないようにも見えますが、信用金庫との付き合いを簡単に辞めてしまうのは考え物です。

銀行は確かに金利が安いですが、その分融資の手を引くのも早いです。銀行はあくまでも営利企業なのですから、儲けさせてくれなそうな顧客に対しては余分な融資は行いません。信用金庫との関係を切り、銀行だけに集中してしまうといざというときにだれも手を差し伸べてくれなくなるわけです。

信用金庫は地域の利益のための機関なので、多少業績が落ち込んでもしっかりとした理由さえあれば手を差し伸べてくれます。万が一の保険という意味でも、信用金庫との関係性を維持することは重要といえます。

どうしても銀行と付き合いたい場合は、信用金庫にメインの取引を任せておき、サブで銀行を利用する、という形をお勧めします。その後事業規模が大きくなり、信用金庫の融資額では対応しきれないとなったら、徐々に銀行にシフトしていきましょう。その場合も信用金庫との関係性は完全には切らず、小規模でもいいので取引は継続させておきましょう。

経営が順調な企業の経営者のもとには銀行員が足しげく通ってくるはずです。魅力的な商品ラインナップを見せてきて、うちに乗り換えませんかと勧誘してくることも多いでしょう。そこで簡単に転んでしまうと、後々泣きを見るかもしれません。金融機関の乗換は慎重に行いましょう。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 04/22 13:22
    無料診断がされました。
  • 04/22 11:55
    無料診断がされました。
  • 04/22 08:39
    無料診断がされました。
  • 04/22 05:05
    無料診断がされました。
  • 04/21 23:31
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(65件)

1 2 3 4 5 13

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全381件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる