閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【銀行融資の仕組み】銀行が融資を行う意味とメリットを徹底解説

銀行融資の仕組み

 

銀行ローンとは、その名の通り、銀行から受ける融資のことです。銀行ローンは、個人事業主や会社経営者、法人の代表者などがビジネスのために利用することができます。

 

事業資金が不足している場合や、新しい事業を立ち上げたい場合など、今以上に事業資金が必要な場合は、金融機関からの融資を利用することが多いです。

この記事では、銀行ローンの種類と、銀行ローンを利用する前に知っておくべきことを説明します。

 

 

著者情報|資金調達プロ

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

銀行融資とは何か?

 

銀行融資(銀行ローン)とは、その名の通り、銀行から借り入れるローンのことです。銀行ローンは、個人事業主、会社経営者、法人代表者が事業資金として利用することができます。
融資を行う銀行にはさまざまな種類があります。メガバンクと呼ばれる日本の3大銀行は規模が大きく、幅広いサービスを提供していますが、業務内容は一般の銀行とほぼ同じです。地方銀行は、日本の各地にあり、その地域の経済発展を目指しています。

 

どの銀行を利用しても、基本的な原理は同じで、借りたお金には利息をつけて「返済」を行いますが、借入額や金利は銀行毎に異なります。

 

銀行融資(銀行ローン)というと法人しか利用できないというイメージがありますが、多くの銀行が個人事業主にもローンを提供しています。

 

メガバンクは融資額が大きく、個人事業主は対象外となりがちですが、ネット銀行や都市銀行、信用金庫などでは個人事業主向けの融資も行っているところが多いです。

 

銀行融資(銀行ローン)の特徴

 

銀行ローンの金利は様々な要因によって決まります。例えば、銀行が自己資金を調達する際の金利、銀行の経営コスト、借り手の信用度、銀行自身の利益率などが挙げられます。銀行ローンの金利は2%前後からスタートすることが多く、他の資金調達手段に比べて低めに設定されています。
融資の限度額は、借り手の信用度や事業の規模によって異なりますが、数千万円から1億円程度です。
注意したいのは銀行の融資は手続きに時間がかかることです。

 

銀行融資は申し込みから実際に融資が実行されるまでにはタイムラグがあります。これは、保証人の有無にもよりますが、2週間から1ヶ月半ほどかかります。
また 融資の条件として、信用保証協会(公的機関)の保証や、不動産などの担保の提供を求められることがあります。

 

銀行融資の種類

 

銀行融資の種類ですが、銀行が提供する融資には、信用保証協会の保証付き融資とプロパー融資の2種類があります。信用保証協会保証付融資は、政府融資にも分類されますが、最終的に融資を行うのは銀行です。

 

信用保証協会保証付融資とは、信用保証協会という公的機関が保証する融資で、それを銀行が融資するというものです。信用保証協会は知名度が高く実績のある公的機関なので、民間金融機関は安心して融資を行うことができます。

 

信用保証協会の保証付き融資

 

詳しくはこちら・・・
【保存版】信用保証協会から借入できる!あなたも融資審査を100%通す3つのコツ
【保存版】銀行融資や公的融資に役立つ・信用保証協会を攻略する「3つの裏技」とは?

 

ただし、借り手は信用保証協会に保証料という名目でお金を払わなければなりません。

 

信用保証協会の保証付の融資 実績
参照:一般社団法人 全国信用保証協会連合会ーご利用状況

 

プロパー融資とは、信用保証協会を介さずに、銀行との間で直接行われる融資のことです。借り手にとっては保証料を払わなくて済むので有利ですが、そもそも借りられるためには銀行の信頼を勝ち取っていなければなりません。

 

銀行融資の仕組み

詳しくはこちら・・・プロパー融資とは?

 

銀行融資の使途

銀行から受けた融資は、事業資金として利用することができます。新規事業の立ち上げや、店舗開設のための投資にも利用できます。一度に数百万円以上の設備投資は、自己資金だけでは難しいので、ほとんどの場合、融資が必要になります。

 

また、設立したばかりの会社では、銀行との信頼関係を築くためにローンを組むこともあります。融資を受けて返済することで、より多くの資金が必要になったときに融資を受けやすくなるのです。

 

銀行の融資は100万円程度の少額で、数年かけて返済していくものが多いです。

また返済の履歴(クレジットヒストリー)を残すために、多くの企業が頻繁に借り入れと返済を繰り返しています。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

信用保証協会の保証付き融資

 

全国信用保証協会連合会が保証人となって、銀行から融資を受ける方法です。保証付き融資の場合、借り手が返済できなくなった場合、信用保証協会が立て替え払いを行います。
貸付の条件ですが、融資額に応じた信用保証料を支払う必要があるほか、この種の融資の条件を満たす必要があります。利用可能かどうかは、業種や会社の規模によって異なりますので、融資を申し込む前に確認することをお勧めします。

 

プロパー融資

 

プロパー融資とは、信用保証協会の保証を利用しない融資の一種であり、企業が銀行から直接お金を借りる方法を指します。

間に信用保証協会が入っていないため、保証料や借入額の制限はありませんが、審査が厳しく、融資までに時間がかかる場合があります。

 

返済期間も短いことが多いので、短期間でいくら返せるかがわからないと、返済が困難になることもあります。

 

売掛債権担保融資

 

売掛債権担保融資とは、売掛債権を担保にして融資を受ける方法です。

似たようなローンにファクタリングがありますが、ファクタリングは売掛金を現金で譲渡することから、融資とは異なります。

 

売掛金を担保にした融資は、通常、取引先への通知と承認が必要です。

なお 取引先によっては、売掛債権を担保とした融資に同意しない場合や、契約で禁止している場合もあります。

 

【最新2021年版】売掛債権で資金調達!銀行員によるファクタリングの徹底解説ガイド

 

不動産担保融資

 

不動産担保ローンとは、不動産を担保にした銀行からの融資です。担保となるのは土地や建物で、融資額は希望に応じて少額から可能です。
一般的に、無担保ローンよりも金利が低く、返済期間も長くなっています。

 

不動産担保ローンは、不動産を担保として所有している企業に適したローンです。資金の使い道が多様で、返済期間も長いため、借りやすいローンです。

ただし、返済が困難になった場合には、不動産が差し押さえられることもあるので注意が必要です。

 

【2021年最新】不動産担保ローン20選!銀行の審査基準や金利で比較、おすすめ人気ランキング

 

ビジネスローン

 

ビジネスローンは、無担保、無保証人でも借り入れが可能です。ビジネスローンは、審査が簡単で利用しやすく、一時的に資金が必要になったときに利用することができます。金利は高めですが、すぐに資金が必要な場合には良い選択肢となります(スタートアップ企業や個人事業主の方も利用できます)。

 

ただし、ビジネスローンは数百万円程度のものが多く、融資期間も短いです。

 

カードローン

 

カードローンは無担保・無保証で、ATMから簡単に借り入れ・返済ができますが、金利が高く、大きな金額を長期的に利用するのには適していません。

少額を短期間で借りる必要がある場合は、これらのローンの方が扱いやすいです。
数千万円規模のカードローンの場合、信用保証協会の保証が必要な場合もあります。またカードローンの中には、運転資金や設備資金に限定されるものもあります。

ローンと融資の目的

 

金融機関がお金を貸すこと、つまり金融機関から借りることを「ローン」といいます。

一方、「ローン」とは、同じ借金でも目的が異なり、生活のためのお金やビジネスのためのお金のことです。ここでいうお金を借りる目的とは、消費のため、あるいはビジネスのためのお金を借りることです。

 

融資を受けた人(債権者)は、そのお金を返済する義務があります。また、借りた金額に応じた利息を支払わなければなりません。

ローンとは、単に「借金」の別の言い方です。しかし、一般的に「借金」と思われているものとは少し違います。

ほとんどの場合、「借金」とは、消費目的、生活費、家や車、服を買うためにお金を借りることを意味します。

 

銀行融資の決定方法

 

銀行融資の決定方法ですが、ほとんどの場合、銀行からの融資の決定は、銀行自身の格付けに基づいて行われます。

融資の申し込みがあると、銀行は申し込み者に融資をするかどうか、場合はどのくらいの金利で融資をするかを決めなければいけません。

 

この決定の根拠となるのが、債権者に対する「信用格付け」です。

例えば、ある企業に対する融資の格付けは、財務諸表の分析による定量的な評価と、経営者の姿勢や経営方針などの定性的な評価の2種類によって決定されます。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

銀行融資|申し込みから融資実行まで

 

銀行融資を受けるには、日頃からお付き合いのある銀行の担当者を通じて申し込むか、銀行の融資窓口に問い合わせるかのどちらかになります。

融資を受けるためには、自分のビジネスの状況を説明するためのさまざまな書類を提出する必要があります。

 

身分証明書、代表者の印鑑証明書、過去1〜3年分の確定申告書と青色申告書(または収支計算書)、資金計画書、借入計画書などが必要です。

用意した書類をもとに、銀行の融資担当者との面接が行われ、融資の可否が決定されます。

 

個人事業主の場合、融資を受けるための主な条件は、事業が登録されていること、税務申告をしていること、一般的に黒字であることが条件になります。

 

定量的評価

 

定量的な評価は、セールスやマーケティングでよく使われます。営業担当者には決められた予算があり、それをどれだけ達成できたかが評価されます。デジタルマーケティングなどのマーケティングでは、リードの獲得数や案件の成約数などを測定することが可能です。

 

定量的な評価を採用する場合、人事はKGIとKPIを設定します。ゴールを理想的な状態として定義し、それを達成するために必要な基準を数値に落とし込むのです。一見、厳しそうに見えますが、一方で、数値が満たされていれば、誰が見ても成果が出ていることがわかるのが定量評価の良さです。

 

定性的評価

 

定性評価とは、数値で表せないものを評価することです。姿勢や意識、工夫などは、簡単には数値化できません。また、部門や業務によっては、数値で表せないものもあります。そのような場合には、定性評価を行います。そのような場合には、定性評価を行いますが、これには人事部側にもある程度の知識が必要です。

 

銀行融資の形態

 

銀行融資の形態は複数あります。どのような融資が利用できるのか順に解説します。

 

手形割引

 

手形割引は、支払期日前に受け取って現金化する約束手形のこと。

請求書で約束された支払いは、請求書に記載された支払期日前に受け取ることはできません。請求書の支払期日は、通常3〜4ヵ月前になります。その間、どうしてもお金が必要な時があるかもしれません。そんなときには、手形を割引いて現金に換えます。

 

手形を割引くには、銀行や手形割引業者を利用します。割引料はかかりますが、すぐに現金化できるので、キャッシュフローに貢献できるというメリットがあります。しかし、割引手形が不渡りを出した場合は、買い戻しを余儀なくされることになります。

 

割引手形とは、金融機関が割引を依頼してきた人に対して、手形を担保にして融資するものです。そのため、特に銀行は手形を書いた会社だけでなく、割引を依頼した人も見ており、信用状況が悪ければ割引を拒否することもあります。

 

しかし、通常の融資に比べれば、審査は容易です。また、割引にかかる費用は、融資の利息よりも低いです。したがって、請求書の割引は、中小企業にとって手軽な資金調達手段であると言えます。

 

【最新2021年版】手形割引とは?4つの手順であなたもスグに手形を換金・現金化できる

 

手形貸付

 

手形貸付は融資の担保として使われます。融資を実行する目的で、貸し手が借り手に発行する約束手形のことです。証書によるローンの場合、貸し手は借用証書を用意しますがこれは通常、金銭消費貸借契約書と呼ばれ、借入金額、資金使途、最終満期日、返済方法、金利、利息の支払い方法などの情報が記載されています。

 

約束手形は手続きが簡単なため、利用頻度の高い短期融資に適しています。手形貸付を利用する代表的な業種は、建設業やIT関連です。

例えば、建設会社では、仕事が完了して代金を受け取るまでの材料費や下請け業者の費用を賄うための運転資金として借り入れを行い、代金を回収した際に返済することが多いです。

 

手形貸付とは?5つの手順であなたの手形を担保に銀行から融資を受けられる!

 

当座貸越

 

当座貸越とは、会計用語で借越金のこと。通常、当座預金の残高以上の小切手を書くと不渡りになりますが、事前に銀行と契約を結んでおけば、一定額までは銀行が立て替えてくれるので、不渡りを回避することができます。

 

例えば 円普通預金口座に不足が生じた場合、同口座の円定期預金を担保に(当座貸越によって)不足額を自動的に借り入れることができます。

 

証書貸付

 

証書貸付とは、経済用語で、融資ごとに契約書(ローン契約書)を作成し、契約書に借入額を明記する融資契約のことです。

金融機関が提供する融資形態の一つで、借り手が証書を提示するのと引き換えに融資を行うものです。長期の有担保ローンを提供する際に用いられることが多いです。

 

担保とは何ですか?

 

担保とは、債務者が債務を履行できなくなった場合に備えて、融資実行前に債務者が債権者に差し出すものです。債務者が債務を履行できない場合、担保は債務者への支払いに充てられます。最も一般的な担保の種類の一つは、家や土地などの不動産です。不動産の価値は、価格の変動により、通常、現在の価値よりも低くなります。

 

預金も担保として使用することができます。預金は現金のようなものですから、その額面は通常、評価額とほとんど変わりません。また、社債や有価証券、動産なども担保になります。担保は物ではなく、人にすることも可能である。これを保証人といいます。

 

保証人の仕組み

 

保証人とは、債務者が債務を履行できない場合に備えて、融資を受ける前に債務者から債権者に紹介される人のことです。

保証人は債務者が債務を履行できない場合、債務者に代わって保証を行います。

 

通常、小額の融資にはGuarantorが必要ですが、多額の融資には必要ありません。保証人になってくれる人が見つからない場合は、保証会社に保証人になってもらうことができます。

 

保証人には、個人保証人と連帯保証人の2種類があります。

詳しくは別の項で説明しますが、身元保証人の方が負わなければならない責任の範囲が広いという特徴があります。

 

銀行の経営改善支援とは?

 

金融機関の業務は多様化していますが、金融業務の核となるのが「企業への融資」です。

 

重要なのは言うまでもなく、その資金が「事業活動」に使われることです。資金が使われなければ、事業の維持や発展の妨げになり、金融機関が資金回収できないといった問題にもつながります。

 

提供された資金が適切に使われるためには、(金融機関が事前に)事業性や投資の妥当性を評価し、その後の経営や事業活動を評価し、外部環境の変化に応じて適切な助言や支援を行う必要があります。

 

経済を回すには、金融危機の融資を通じて経営や事業の円滑な運営をサポートする。また経営改善の支援を行うことで、企業の持続的な成長や発展を促すことにつながります。

 

また融資を通じて経営や事業の円滑な運営を支援するほかにも、経営改善を支援することが、企業や社会の持続的な成長と発展を促すことになります。

金融機関の業務改善支援は、融資と業務改善支援を組み合わせて生まれる「相乗効果」が重要であり、融資を本当の意味で「生き金にする」ことができます。

 

銀行が中小企業に経営改善支援を行うメリット

 

情報は「経営資源」の根本を担うものです。実際にインターネットの普及によって、いつでもどこでも簡単に情報が得られるようになりました。

しかし企業活動に活用できる「本当に有効な情報」はまだ入手しにくいのが現状で、特に中小企業は経済活動に必要な情報を十分に入手できていません。

 

このような観点から、金融機関が経営改善支援を行う際には「企業の本質」を見抜く必要があります。

中小企業の求めるニーズや課題は「潜在的」ですが、自らの欠点を自覚していれば、自分たちで問題に対処したり、コンサルタントに依頼したりすることもできます。

 

しかし、自分たちに何が足りないのか、何をしなければならないのかを認識していない企業が多いのも事実です。

何が必要なのかがわからなければ、不足を感じることもなく、問題を解決しようともしないでしょう。中小企業は、自分が何をすべきかを意識する必要があります。

 

経営者は孤独な存在と言われますが、それは自分の悩みや疑問をお客様や従業員に打ち明けることができないからです。

 

しかしビジネスを行うためには、客観的なアドバイスをしてくれる第三者の存在が重要になります。金融機関は、経営者が気軽に相談できる場所であるべきでしょう。

 

金融機関は債権者として、債権者側に経営改善提案の実行を促すだけでなく、さまざまな形で支援が行えます。

 

たとえば借主との継続的な接触金融機関は、日々の金融業務を通じて借主との継続的な接触・対話を行っているため、借主の経営上の問題点を積極的に把握し、タイムリーで適切な支援を行うことができるでしょう。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

金融機関は中小企業の本質を見抜く

 

金融機関は、決算書では見えない企業の実態を見ることができます。実際「財務」には、過去の事業活動の結果が反映されますが、金融機関は、企業の経営全般をバランスよく多面的に捉えることができる財務理解の基盤を持っています。

 

企業のすべてを財務面から理解することは不可能ですが、財務面の理解なしに企業活動を客観的かつ定量的に把握することは不可能です。

 

店舗、オフィス、工場などは、企業のの経営実態や企業文化を表す鏡といえます。また会社の帳簿や伝票、日報、指示書などの内部統制文書は、会社の活動実態を知ることができる材料になります。

 

企業活動の実態を知り得るのは、借主との信頼関係を築いている金融機関だけです。企業の改善を支援するためには、企業から情報を得ることが重要ですが、そのためには企業の信頼を得ることが必要です。

 

その点金融機関は対象企業との信頼関係をすでに構築しており、対象企業に関する情報を相当量蓄積しているため、必要な情報を入手しやすいです。幅広い業種、能力、業態、業績の企業への融資経験は、企業の現状をを見るための「視野」を広げます。

 

また具体的事例を蓄積し、金融機関全体で体系的に共有できるのも金融機関の強みです。企業の改善を支援するためには、ビジネスを見る目を養い、有用な情報を収集することが不可欠です。その点 金融機関は日常業務の中で、こうした「情報+視野」を獲得できる利点があります。

 

銀行融資以外で資金調達をする方法

 

銀行融資以外で資金調達をする方法を紹介します。「融資」は銀行だけが提供しているサービスではありません。

銀行融資以外にも、以下のような方法があります。

 

例えば 消費者金融や民間企業でも融資を受けられる可能性があります。また、売掛債権を現金化する方法としてファクタリングがあります。

 

他にも企業や個人から出資を受けたり、政府や商工会議所の補助金や助成金を申請したりして、資金を増やす方法もあります。

 

日本政策金融公庫から融資を受ける

 

日本政策金融公庫は、政府が100%出資する金融機関で、政府の方針に基づいて個人事業主や中小企業にビジネスローンを提供しています。

一般市民、中小企業、農林水産業の資金調達を支援する」ことを目的とした機関であるため、金利は低く、融資期間は長くなっています。担保を必要としないサービスもあります。

 

一方で、銀行融資よりも申請書類が多く、審査基準も厳しいため、融資を受けるまでに時間がかかることがあります。

 

ビジネスローン

 

金利は高くなりますが、早急に資金が必要な場合には、ビジネスローンを利用するとよいでしょう。ビジネスローンは無担保で、保証人がいなくても借り入れが可能です。

しかし、ほとんどのビジネスローンは数百万円程度の限度額であり、融資期間も短いです。

 

ビジネスローンは審査が簡単で利用しやすく、一時的に資金が必要になったときに利用できます。起業したばかりの会社や個人事業主が利用することができます。

 

ファクタリング

 

ファクタリングとは、未回収の売掛債権をファクタリング会社に売却し、支払期限前に現金化する方法です。

融資ではなく売掛債権の譲渡なので、担保や保証人が不要で、銀行からの借り入れも必要ありません。多くの場合、即日から2日程度の短期間で代金を受け取ることができます。

 

一方、注意しなければならないのは、債権額以上の資金を調達することはできないということです。

10~20%程度の手数料がかかりますので、本来顧客から受け取る予定だった金額よりも、受け取る金額が少なくなってしまいます。

また債権が前倒しで現金化されるということは、今後の資金調達の可能性が低くなるということでもあります。

 

カードローン

 

カードローンとは、銀行や貸金業者、消費者金融会社などが提供する個人向けローンサービスです。

多くの場合、コンビニエンスストアのATMを利用して借入・返済ができるため、利便性が高く、融資までのスピードも非常に速いのが特徴です。

銀行のカードローン

 

カードローンは一般的に無担保・無保証人で、ATMから簡単に借り入れ・返済ができるローンですが、金利が高く、長期的に利用する大きな金額には向きません。

少額を短期間で借りる必要がある場合には、これらのローンの方が扱いやすいです。

 

数千万円規模のカードローンの場合、信用保証協会の保証が必要な場合もあります。また、運転資金や設備投資に限定されるカードローンもあります。

 

銀行のカードローンは、メガバンクや地方銀行が提供しており、消費者金融のカードローンよりも上限金利が低く設定されています。

 

ただし、申し込んでから融資を受けるまでに1週間程度かかることもあります。

 

カードローン(銀行、信販会社、カード会社)

 

カードローンは、信販会社やクレジットカード会社が提供しているもので、サービス内容は銀行とほぼ同じです。融資までの時間もほぼ同じですが、即日や翌営業日に融資可能なものもあります。

 

消費者金融のカードローン

 

消費者金融のカードローンは、最短1時間で融資が受けられる商品もあるなど、融資までのスピードが特徴です。

また、返済サイクルを自分で決めることができるため、返済の自由度が高い傾向にあります。一方で、銀行や消費者金融に比べて上限金利が高いです。

 

銀行、消費者金融、または消費者金融会社の選択は、金利とローンの種類によって異なることに注意する必要があります。

 

銀行融資の関連用語

 

最後に銀行融資、銀行業務、融資(貸付)に関連する用語を紹介します。

 

一般貸付

一般貸付とは、ローンスキームの一種です。事業の立ち上げや運営に必要な事業資金を対象とした融資制度です。地方自治体の金融機関(日本政策金融公庫、日本政策金融公庫、商工中金)が提供しています。中小企業や特定事業者など、さまざまな目的に応じた融資が受けられます。

 

運転資金

運転資金とは、ビジネス(事業活動)を行うために必要なお金のことです。売上債権(売掛金+受取手形)+棚卸資産-仕入債務(買掛金+支払手形)という計算式で算出されます。この運転資本の計算と管理は、企業活動の財務管理のために重要です。

 

具体的には、運転資金とは、商品の購入、必要経費、決算などの通常の事業目的のために使用されるもので、購入から売上代金の回収までの過程で使用されます。運転資金には、その用途に応じていくつかの種類がある。例えば、事業のさらなる拡大のための運転資金は「増額運転資金」、季節的な支払いのための運転資金は「季節運転資金」と呼ばれる。

 

間接金融

間接金融とは、銀行が借り手と貸し手の間で仲介役を務めるシステムのことです。銀行がリスクを負担するため、投資家にとってはリスクが少ないが、仲介手数料が発生するため、直接投資に比べてリターンは低くなる。

 

開業計画書

開業計画書とは、新規事業者が融資を受ける際に必要な書類である。日本政策金融公庫の国民生活事業部に融資を申し込む際に作成する必要があります。開業計画書に加えて、申込者へのインタビューが行われます。開業計画書の主な内容は、事業内容、提供するサービスや商品、開業の目的や動機などです。

 

格付け

信用格付けとは、評判を表す指標です。信用格付け」とも呼ばれています。信用格付けとは、主に社債に与えられる格付けのことです。元本と利息が約束通りに支払われるかどうかを評価(ランク付け)したもの。格付けは、「AAA」や「Aa3」などの記号で示される。格付けを行う会社や機関を「格付け機関」または「格付け会社」と呼びます。最高の記号は「AAA」で、「クラスA」の債券とも呼ばれます。

 

借入申込書

融資申込書は、融資を受けるために必要な書類の一つです。融資を受けるための条件を記入し、金融機関に伝えるために作成される。

融資申込書は、金融機関に融資を依頼する際に使用します。通常、銀行への融資の依頼は口頭で行われるため、申込書を作成して提出する必要はない。

 

借り換え(借換)

借り換えとは、あるローンから、より低い金利の別のローンに切り替えることです。これはローンの条件を改善するために行われるもので、例えば、金利を見直して、より低い金利でローンを組み直すことができます。金利が低ければ、全体の返済額を減らすことができます。わずかな金利差でも、借り換えをすることで総返済額が大幅に減ることが多いです。

 

元金均等返済

元金均等返済とは、返済方法の一つです。元本均等返済」「元金均等返済」とも呼ばれています。日本政策金融公庫からの融資に利用されています。最も一般的な返済方法の一つです。

毎回の返済額は、元金を返済回数で等分したものと、利息の合計です。利息は、元金残高に対して毎月計算されます。つまり、長期ローンの最初は返済額が多いものの、総返済額は少なくて済むのです。ローン残高が均等に減り、利息が減ると、支払額(最終的な利息の総額)も減ります。

 

元利均等返済

元利均等返済とは、返済方法の一種です。元利均等返済とは、返済方法の一種で、毎月の返済額が最初から最後まで一定である返済方法のことです。元利均等返済」や「元金均等返済」とも呼ばれます。住宅ローンの返済によく用いられます。

 

毎月の返済額は、元金に利息を加えた額になります。毎月の返済額は期間終了まで一定です。元金均等返済に比べて、返済期間の初めから終わりまで、返済額が一定です。そのため、家計管理が苦手な方でも返済額を把握しやすく、無理のない返済計画を立てることができます。ただし、元金均等返済に比べると、最終的には利息総額が多くなります。

 

基準金利

基準金利とは、住宅金融支援機構のローンの基準となる最低金利のことです。基準金利が設定されている住宅を「基準金利住宅」と呼ぶ。また、基準金利の基準には、バリアフリー住宅や省エネ住宅などの特殊な住宅事情も含まれています。

 

例えば、バリアフリー工事や省エネ工事は、日本政策金融公庫の基準を満たす工事であれば、基準金利で融資を受けることができます。この工事を「基準金利適用工事」といいます。

また、各金融機関が市場金利に合わせて設定する金利を「店頭基準金利」といいます。市場金利に合わせて各金融機関が設定する金利を「店頭基準金利」といい、「店頭表示金利」や「店頭金利」とも呼ばれています。店頭基準金利は、金融機関ごとに異なります。

 

クレジットスコアリング

クレジットスコアリングとは、企業や個人の信用度をスコアリングして、融資の承認・拒否を容易にしたり、中立化したりするためのシステムです。「スコアリングシステム」や「クレジットスコアリングモデル」とも呼ばれる。主に中小企業向けの融資に使用されます。

 

クレジットカード、消費者ローン、その他の個人向けローンでは、申込者の収入、年齢、職業、雇用に関する情報が利用されクレジットスコアリングもこの考え方に基づいています。具体的には、企業の属性や財務諸表などの情報を、計量経済学的モデルを用いて説明変数に変換し、融資の可否を判断する。これにより、融資の可否をスムーズかつ中立的に判断することができます。クレジットスコアリングのシステムは通常、コンピュータで自動化されています。

 

経営革新計画

経営革新計画とは、「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律」に基づいて作成された、企業の経営に関する計画書です。主に、経営理念を社内で共有し、経営目標を設定・明確化することを目的として作成されます。また、異業種交流会や労働組合との取り組みも支援しています。

 

また、経営革新計画を作成し、承認を受けることで、保証や融資などの支援を受けることができます。承認の申請は、各都道府県に行う必要があります。申請できるのは、すべての業種の中小企業です。経営革新計画の承認を得ることで、中小企業は日本政策金融公庫の低利融資や特別信用保証、税制優遇措置などの支援策を利用することができます。

 

経営改善貸付

経営改善資金は、経営改善(運転資金や設備投資)のために利用できる無担保・無保証の融資です。商工会議所の指導のもと、中小企業が利用できます。マル経融資」とも呼ばれています。

 

融資は日本政策金融公庫(国民生活事業)から受けられ、保証人や担保は必要ありません。ただし、事業規模(商業・サービス業では5人以下、製造業では20人以下)、指導要件、納税要件、許認可要件など、いくつかの条件があります。また、商工会議所からの推薦も融資を受けるための条件となっています。返済期間は、運転資金の場合は最長5年、設備資金の場合は最長7年となっています。

 

決算書

財務諸表とは、会計帳簿に基づいて作成される書類で、期間中の収入と支出、決算時の現在の資産状況を報告するものです。財務諸表には、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書が含まれます。

 

資金調達

資金調達とは、事業を開始する際の設備投資や運転資金として、負債などの資金を調達することです。資金調達には大きく分けて、エクイティ・ファイナンスとデット・ファイナンスの2種類があります。

 

証書貸付

証書貸付は、資金調達の一形態です。企業が金融機関からお金を借りる方法の一つである。企業は金銭消費貸借契約書を作成し、金融機関に提出することでお金を借りることができる。証書には借入金額、金利、返済方法、借入期間、保証人の署名などが記載されている。

 

証書貸付は、一般的に企業が長期から中期(3~5年)の資金を借りる際に使用されます。法的には、消費貸借として扱われます。銀行にとっては、長期ローンのリスクを負うことになりますが、金利が高くなるというメリットがあります。

 

消費者金融

消費者金融とは、個人の信用に基づいて融資を行う金融機関やシステムのこと。無担保・無保証で比較的容易に融資を受けることができるのが特徴である。預金を扱わないため、「ノンバンク」とも呼ばれている。

 

消費者金融を利用するには審査が必要ですが、審査は比較的緩く、申し込みも簡単です。多くの場合、当日中に融資を受けることができ(即日融資)、返済方法もリボ払いなど様々です。返済は、ATMや銀行振込、窓口、コンビニエンスストアなどで24時間可能な場合が多いです。

 

スコアリングモデル

スコアリングモデルとは、一定のルールに基づいて項目を点数化し、評価するものです。金融業界では、貸し手の信用度を測る指標として、信用スコアリングモデルが用いられている。スコアリングは、予想損失額、デフォルト率、デフォルト時の損失率などの項目に基づいて行われます。

 

代位弁済

代位弁済とは、債務者以外の者が債務を弁済すること。本来債務を支払うべきだった債務者に代わって、第三者や共同債務者が債務を弁済することです。ただし、代位弁済が認められない場合もあります。
代位弁済を行った者は、債務者に対する求償権を有し(債権者の求償権が弁済を行った者に移転する)、代位弁済を行うために要した支出の償還を請求することができます(民法702条)。代位弁済には、保証人や連帯債務者による代位弁済と、利害関係を持たない第三者による代位弁済の2種類があります。後者の場合は、債権者の同意が必要です。これを「任意代位」といいます。

 

担保

担保は、債務不履行の際に債務者が提供するものです。債権者に提供されたものを確保するための手段で、債務者が債務を履行しない場合に提供され、債務不履行の場合には債権者に債権の支払いのために提供されます。
担保には、物的担保と人的担保の2種類があります。物理的担保とは、債務者の財産に対する抵当権、質権、その他の担保のことである。個人担保とは、債務者以外の第三者の財産を担保にした保証のことである。また、担保は、預金、受取手形、有価証券に分けられます。

 

手形貸付

手形貸付は資金調達の一形態であり、お金を借りる方法の一つです。金融機関を「アクセプター」とする約束手形を発行することで、借り手に融資を行います。約束手形は担保として使用されます。借り手が振出人、銀行が振出人となります。返済方法は、分割払いと一括払いがあります。日本では通常、利息は前払いです。

 

帝国データバンク

帝国データバンクは、日本の大企業に特化した信用調査会社で、TDBと略されることもあります。

 

ビジネスローン

ビジネスローンは、銀行ローンの一種です。主に中小企業や零細企業、個人事業主を対象とした無担保のビジネスローンで、保証人や担保を必要とせず、審査も迅速に行われます。代表的なビジネスローンは、株式会社三井住友銀行の「ビジネスセレクトローン」。大手銀行が中小企業向けに融資を行うようになってから普及しました。
ビジネスローンの特徴は、中小・零細企業を対象としていること、無担保・無保証のものが多いこと、審査や手続きが迅速であること、場合によっては即日融資が可能であることです。融資額の上限は約1,000万円。金利は他のローンに比べて高めに設定されており、融資の可否や金利はスコアリングによって決定されます。

 

マル経

マル経」とは、「マル経ローン(経営改善ローン)」の略称です。正式には「中小企業経営改善資金融資制度」といいます。経営改善のための資金を必要とする中小企業を対象とした低利・無担保・無保証の融資制度で対象となるのは、商工会議所の指導を受けてから6ヶ月以上経過している中小企業に限られます。

 

商業・サービス業では従業員が5人以下、製造業では20人以下であることなど、いくつかの条件があります。2009年4月には、返済期間の延長、元本返済の猶予期間の延長、最大融資額の引き上げなど、制度が拡充されました。現在、融資額は1,500万円に増額されています。

 

無担保保証

無担保保証とは、融資を受ける際に担保や保証人を必要としない保証のことです。無担保・無保証の例としては、日本政策金融公庫の「新創業融資制度」や「マル経融資制度」などがあります。個人の場合、消費者ローンやカードローンも無担保・無保証です。

 

 

まとめ|銀行で事業資金を調達しよう!

 

銀行には、さまざまな形態の融資があります。銀行や銀行以外の金融機関を活用し、必要な資金を調達しましょう。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。

500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

銀行の関連記事

【最新版】事業計画書の正しい書き方!公庫融資&銀行融資審査で役立つコツ

JBA|一般社団法人 全国銀行協会

全国銀行個人信用情報センター

【最新2021年版】銀行のビジネスローンおすすめ人気ランキング

全国の銀行一覧|都市銀行、地方銀行、ネット銀行

PayPay銀行ビジネスローン

関西みらい銀行「事業者向けフリーローン」

【2021年最新版】銀行カードローンおすすめ徹底比較!失敗しない銀行カードローン選び

ネット銀行

請求書買取サービスのOLTA(オルタ)とりそな銀行がビジネスマッチング!

【保存版】銀行のおまとめローンを徹底比較!複数の借入は銀行ローンの借り換えがおすすめ!

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」とは?その特徴や使い勝手を解説【最新2021年版】

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」とは?その特徴やメリット・デメリットを解説【最新2021年版】

【最新2021】銀行融資の種類全10種!経営者が知っておくべき銀行融資の仕組み

日本政策金融公庫なら銀行融資NGな人でも借りられる可能性アリ【2021年最新ビジネスニュース】

銀行融資の今|過剰融資抑制に向けて審査を慎重に行う方向へ【2021年最新ビジネスニュース】

銀行融資は即日融資できない?銀行が当日融資を止めた理由と対処法【2021年最新ビジネスニュース】

法人節税で「利益圧縮」が大きな法人は、銀行から見捨てられる!?【2021年最新ビジネスニュース】

【保存版】都市銀行のおまとめローン&借り換え専用ローン(2021年版)

【九州・沖縄エリア】の地方銀行おまとめローン(2021年度版)

【中国・四国エリア】の地方銀行おまとめローン(2021年版)

【近畿エリア】の地方銀行おまとめローン(2021年版)

【中部エリア】の地方銀行おまとめローン(2021年版)

【関東エリア】の地方銀行おまとめローン(2021年版)

【保存版】ネット銀行のおまとめローン&借り換え専用ローン(2021年版)

【北海道・東北エリア】の地方銀行おまとめローン(2021年版)

【悲報】銀行が即日融資の扱いをストップ、即日融資できるカードローンを探してみました!

【2021年最新版】知らないと損する銀行融資完全ガイド!金利1%にする7つのコツとは?

50人の経営者が実践する資金調達9つの心得とは?銀行付き合いが苦手な方も必見

国内No.1の銀行融資・借入情報サイトの資金調達プロが、ビジネスローン(事業融資)に関するアンケートを実施

銀行借入を成功させるコツと2021年おすすめの銀行ローン【まとめ】

プロパー融資とは?銀行融資種類と意味、プロパー融資の審査を通すコツ【2021年最新ビジネスニュース】

銀行借入の必要書類はほぼ共通して同じ、早めに準備をスタートし融資を勝ち取ろう!

銀行借入よりもお得な「会社借入制度」なら利率1%で借り入れできる!

銀行は10年連続「低金利」を更新、低金利の今こそお金を借りるチャンス!

銀行に交渉代行するプロが登場!住宅ローンの負担を減らす新たな取り組みが話題に!

銀行借入はAI融資に負けてしまうのか?フィンテック融資の問題点【2021年最新ビジネスニュース】

銀行審査が難しい場合は、ノンバンクのビジネスローンを活用しよう!

創業融資で不正な融資を行ったスルガ銀行が抱えていた問題、我々経営者が教訓にすべきこと

銀行が即日融資できなくなった理由と、銀行が抱える大きな爆弾とは?

即日融資できる消費者金融とできない銀行[2021年]一番使えるカードローンはコレだ!

銀行カードローンの審査は厳しい?その内容を確認してみよう!

銀行カードローンは本当に低金利?さらにお得に借りる方法も確認してみよう!

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資|KOUKO.GUIDE

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫国の教育ローン

融資制度一覧|日本政策金融公庫

各種書式|日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の店舗案内

Googleニュース|日本政策金融公庫

 

この記事を書いた専門家

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

著者:資金調達プロ編集部

 

2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

 

 

【資金調達プロ】YouTubeチャンネル


資金調達プロ(YouTube)

 

資金調達プロのSNS

□ 資金調達プロのInstagram

□ 資金調達プロのFacebook

□ 資金調達プロのnewspicks

□ 資金調達プロのAmebaブログ

□ note|資金調達プロ

 

資金調達プロ|関連リンク集

資金調達プロ|関連リンク集

ビジネス関連|ニュースサイト一覧

労働問題の解決に役立つサイト一覧

上場・IPO・証券取引関連情報

お金の問題解決・信用情報に役立つサイト一覧

公的制度の借入と融資に役立つサイト一覧

中小企業・起業に役立つサイト一覧

官公庁の公式SNS(Twitter・Facebook)

日本政策金融公庫の関連サイト一覧

日本政策金融公庫

クラウドファンディング協会

信用保証協会

日本信用情報機構(JICC)

CIC|割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター

金融庁

中小企業庁

日本弁護士連合会

フリーランス協会

一般社団法人 全国銀行協会

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)

一般社団法人日本クレジット協会

JCCA 日本クレジットカード協会

JCCO 日本クレジットカウンセリング協会

 

日本政策金融公庫

 

にほんブログ村 経済ブログへ

The following two tabs change content below.
資金調達プロ編集部
2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。
JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 06/16 17:32
    無料診断がされました。
  • 06/16 16:34
    無料診断がされました。
  • 06/16 16:14
    無料診断がされました。
  • 06/16 14:47
    無料診断がされました。
  • 06/16 13:22
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(190件)

1 2 3 4 5 38

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,417件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる