借入とは?様々な借入方法や特徴も確認してみよう

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/9/28

NEW!おまとめローン26選!借換え専用カードローンで借金を完済しよう

 

 

金融の世界で「借入」とは、「お金を借りること」。

一口に「借入」といいますが、実に様々な種類の借入方法が存在しています。借入先だけをとってみても、銀行や消費者金融、信販会社など・・・多種多様な事業者があることをご存知の方も多いでしょう。

その中で、自分の状況にピッタリとあった借入先を選び、さらには借入方法を選ぶことは、大変重要なことです。

 

ここでは、「借入」ということについて一度考え、どのような金融機関が借入サービスを行っているのか、また金融機関ごとにどのような借入方法を用意しているのかについてご紹介していきたいと思います。

是非参考にしてみてください。

 

個人での借入を検討されている方は審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 借入とは?

「借入(かりいれ)」とは、一般的に「お金を借りる」ことを指しています。

「借入」という言葉には、銀行や信用金庫等からお金を借りることの他、住宅ローンやカードローン、クレジットカード・キャッシングなどの幅広い意味があります。

また、個人の他、法人や個人事業主・会社経営者の方の資金調達についても「借入」といわれます。

 

 

 借入とローン、何が違うのか?

ところで、「借入」と似た言葉に「ローン」という言葉があります。この2つの用語、どのような違いがあるのがご存知でしょうか。

「借入」の意味は、先に述べたとおり「お金を借りるということ」です。

ただ、「借入」という行為は、広く「金融機関からお金を借りる」ことのみを指しているため、どのような用途で利用するのかということについてまでは特に言及されていません。そのため、一つ目の意味としての「カードローンのように使いみちが自由なタイプの借入」の他、二つ目の意味としての「住宅ローンやマイカーローンのような、決まった目的に利用するためにまとまったお金を借りるタイプの借入」が存在します。

 

「ローン」は、「借入」の意味のうち、二つ目の意味として使われている「住宅ローンやマイカーローンといった決まった目的のためにまとまったお金を借りること」を指すイメージがあります。

このローンは、「有担保ローン」と「無担保ローン」に分類されており、有担保ローンは担保を用意することで、「低金利で大型の融資」を受けることも可能です。無担保ローンの場合は、担保を用意しない分、金利が高めに設定される傾向にあります。

 

 

 個人が利用できる様々な借入方法

個人が利用できる借入方法には様々なものがあります。ここでは、個人利用が可能となっている主な借入方法について次に挙げていきます。

 

消費者金融カードローン

消費者金融が発行する消費者金融カードローンは、最短即日融資(最短30分!)が可能な商品が多いのが特徴です。審査・融資がスピーディーなため、急ぎで融資を受けたいと希望する方が多く利用する傾向にあります。

その中でもCMなどでも有名な大手消費者金融でもある「プロミス」「アイフル」は即日融資に特に強いと言われており、人気の高い借入先です。

申し込みは、パソコンやスマートフォンから手軽に行えますので、忙しくなかなか申し込みの時間が取れない…という方にもぴったりです。

ただ消費者金融カードローンは金利が高めに設定されていること(=上限金利年18%)、総量規制の関係で年収の3分の1以上の借入は不可とされています。また、収入のない専業主婦の利用はできませんので、申し込みの際には注意が必要です。

 

銀行カードローン

銀行カードローンはその名の通り、銀行が発行するカードローン商品です。消費者金融カードローンほどではありませんが、近年、銀行カードローンも審査・融資のスピーディーなところが目立ちます。

最短1時間・最短即日の融資を謳う銀行も多く、「銀行が融資をしている」という信頼性もあいまって非常に人気の高いカードローンとなっています。

 

消費者金融カードローンと比較すると、「金利が低め(=上限金利年14%程度)」「年収の3分の1以上の借入が可能」といったメリットも多く見受けられるのが特徴ですが、地方銀行の銀行カードローンなどでは、申し込みから融資まで1週間程度を要するところも多くあります。

そのため、銀行カードローンでスピーディーな融資を希望する場合は、なるべくメガバンクやネットバンクの銀行カードローンを選んで申し込みをするとよいでしょう。

 

クレジットカード・キャッシング

クレジットカードのキャッシング枠を利用した借入方法です。

すでにキャッシング枠の付いたクレジットカードをお持ちの方であれば、審査なし・最短即日でお金を借りることが可能です。また、キャッシング枠が付いていないカードの場合でも、後日審査を受けることにより、キャッシング枠をつけることが可能です。

 

クレジットカード・キャッシングの利息は、年18%ほどを上限としているところが多く、これは消費者金融カードローンと同じくらいの水準といえます。

ただし、最大限度額については、多くても300万円くらいまでとしているところがほとんどなため、大型の融資を希望する場合にはあまり向いていないといえるでしょう。

クレジットカード・キャッシングは、すでにキャッシング枠の付いたカードを持っている方が、「いざというとき少額の資金調達に利用し、時間を置かずに返済する」というイメージで利用するのがおすすめです。

 

目的ローン

目的ローンとは、住宅ローンやマイカーローンなど、用途があらかじめ決まっているローンのことを指します。

目的ローンは主に銀行が発行するローン商品で、住宅ローンなどは真っ先に名前が上がる目的ローンといえます。

 

住宅ローンは、銀行側で不動産(土地・建物)を担保にとることにより、30年~35年ほどの長期間、数千万単位の大型融資を行うというものです。

金利は1%未満と大変低く、返済を行う側も無理のない返済プランを立てることができるという特徴があります。一方、自動車購入の際に利用されることの多いマイカーローンの場合は、銀行側で担保をとることができないため、金利が高めに設定される傾向にあります。

 

この他、目的ローンには、教育資金として利用可能な「教育ローン」や特に使途が決められていない「フリーローン」があります。フリーローンの場合も、全体的に金利が高い傾向です。

なお、フリーローン以外の目的ローンは、ローン利用のために所定の書類を準備する必要があります。所得を確認できる書類などは、準備に時間がかかる場合もありますので、あらかじめ用意をしておくのがおすすめです。

 

おまとめローン

複数の借り入れ先を一本化することにより、負担を軽減できるおまとめローンは、通常のカードローンと比較して借入金額を大きくすることができるため、よりオトクな金利で借入をすることができるローン商品です。

返済日が統一されることにより、返済日をうっかり忘れてしまうということも少なくなりますので、結果的に利用時の煩雑さも軽減されます。

また、毎月の最小返済額が低めに抑えられている商品が多く、月々の返済負担を減らすことができるという利点もあります。

 

このようにメリットの多いおまとめローンですが、借入金額が大きくなる分、返済期間も長くなるため、利息の負担が増える傾向にあります。そのため、結果的に支払い総額が増えてしまう場合もありますので、利用の際には見極めが必要です。

 

自治体からの公的融資の利用

自治体からの公的融資制度は、自治体から超低金利(無利子~1.5%程度、無利子での融資は連帯保証人を用意できる場合)で融資を受けることのできる制度です。

諸事情により民間のローンがどうしても利用できない場合、また生活に困窮している場合には利用を検討してみるとよいでしょう。返済猶予が設けられている制度も多く、無理なく返済ができるという点でもポイントの高い融資制度となっています。

 

ただし、手続きや審査が民間のローンと比べて煩雑になりやすいため、時間にゆとりがある方のほうが利用しやすいともいえます。

主な公的融資制度には、「生活福祉資金貸付制度」「求職者支援資金融資制度」「母子福祉資金貸付(父子・寡婦)」「緊急小口資金貸付」などがあり、いずれも自治体の各相談窓口で受付を行っています。

 

個人での借入を検討されている方は審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

 

▊ 法人・個人事業主が利用できる様々な借入方法

それでは、個人の方がお金を借りるのとは別に、法人や個人事業主の方が借入をする方法について確認をしてみましょう。

 

ビジネスローン

「ビジネスローン」は、法人・個人事業主の方が、事業のための資金を調達するために利用するローンです。即日融資の商品が多く、ビジネスシーンにおいてスピーディーな資金調達を必要とする法人の方には非常に人気の高い商品となっています。

また、「担保や保証人不要」「総量規制の対象外」といった点でもメリットが多く、近年利用を検討する事業者の方は増える傾向にあります。

 

ただし、デメリットとして、「金利が高い」点が挙げられます。そのため、少しでも金利が低いものをお探しの方には、あまり向いていないといえるでしょう。

 

国からの公的融資の利用

法人・個人事業主の方は、事業資金の調達において、国の公的機関である「日本政策金融公庫」や「商工中金」が行う事業者向け融資制度を利用することができます。

「金利が低い」「融資金額が大きい」「事業資金として様々な用途に利用できる」といったメリットがあり、ビジネスローンと同様、近年利用を希望する事業者の方も多くなっています。

 

ただし、利用にあたっては、「審査・融資に時間がかかる」「保証人が必要」といった問題があるため、急ぎの融資を希望する場合や保証人が用意できない場合などは、他の資金調達方法を検討してみたほうがよいでしょう。

 

法人向けクレジットカードの利用

中小企業の代表者や役員、個人事業主の方向けに発行する法人専用のクレジットカードを「法人向けクレジットカード」と呼びます。近年は、経営や資金の効率化を図る上で、利用する企業も多くなっています。

法人向けクレジットカードは、「煩雑な事務処理が楽になる」「プライベートとビジネスの切り分けが可能」「会員優待サービスの利用により経費の削減が可能」といった点から、ビジネスで利用する上では非常に使い勝手の良いカードでもあります。

中には「最短即日で発行可能」「キャッシング枠が利用OK」といったカードもあるため、資金繰りに悩む経営者の方には、ぜひ利用をおすすめします。

 

信用保証協会の利用

信用保証協会を利用した融資は、中小の法人や個人事業主の方が多く利用しており、通常の銀行融資よりも審査がゆるやかなのが特徴です。ただし、利用にあたっては、一定の保証料を支払う必要があります。

また審査に時間がかかり(平均3週間ほど)、融資までには1ヶ月以上を要することもありますので、利用を検討される場合は早めの申し込みをされるとよいでしょう。もし、融資をお急ぎの場合は、即日融資に対応したカードローンの利用がおすすめです。

 

 

▊ 不動産担保ローンは個人・法人いずれでも利用できる借入方法

不動産(土地・建物)を担保に融資を受けることができるローン「不動産担保ローン」は、個人向け・法人向けの商品が用意されています。

不動産担保ローンの特徴としては、高額な財産を担保にすることで、まとまった資金の融資が可能な点が挙げられます。個人向け商品では300万円〜最高5億円ほど、法人向け商品では数千万~数億円ほどが融資の目安といえるでしょう。

ただし、不動産担保ローンには、「審査に時間が掛かる」「返済が滞った場合、不動産を失う」といったデメリットもありますので、ローン申込みの際には、この点にも十分留意するとよいでしょう。

 

 

▊ 借入をする際に役立つ関するおすすめ記事一覧

本記事でご紹介した借入方法については、「資金調達プロ」内でも多くのおすすめ記事を用意しています。こちらも記事も是非参考にしてみてください。

 

消費者金融カードローン

・  消費者金融の仕組み、消費者金融カードローンの正しい使い方

・  ノンバンクとは?カードローンなど、銀行以外の金融業者でお金を借りるメリット

・  カードローン人気ランキング(資金調達プロ)

・  【30分で30万円手に入れる】消費者金融系カードローンって大丈夫?

・ プロミスの返済は手数料無料で!コンビニ・ATMなど7種類徹底解説

・ プロミス問い合わせの全て!電話以外の方法や返済相談まで徹底解説

 

銀行カードローン

・ 【30分で30万円借りる】安心の銀行カードローン・キャッシング

・ 事業資金の借り換えの注意点!銀行融資で借り換えるメリット・デメリットとは?

・ 銀行借入の金利|金利1%以下の超低金利ローンで、中小企業が審査を通す4つのコツ!

 

クレジットカード・キャッシング

クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる

即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

法人クレジットカード20選!あなたの経営に必ず役立つオススメカードまとめ

・ 今すぐ30万円手に入る!?クレジットカードでお金を借りるには

 

目的ローン

・ 【大型出費に対応】目的ローンで人生の節目イベントを計画的に乗り切る

 

ビジネスローンでお金を借りる

・ ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較!

【保存版】銀行ビジネスローン、今すぐ借りれる&低金利ローンを徹底比較!

・ 【最新】ビジネスローン人気5社を「使い勝手の良さ」で徹底比較!

・ 【個人事業主の方向け】自営業でも借りれる専用ローンまとめ

アイフルビジネスファイナンス株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

・オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

・  【個人事業主必見】自営のローン審査は厳しい!それでも借りる方法とは

【保存版】中小企業事業者の資金調達を「100%成功させる」6つのコツ!

 

 公的融資でお金を借りる

【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

・ 自治体でお金を借りるためのすべて!自治体でお金を借りるメリットデメリット

 

信用保証協会でお金を借りる

【中小企業/個人事業主必見】信用保証協会を使って融資を有利にする方法

 

不動産担保ローン/不動産担保融資

不動産担保ローン(不動産担保融資)を利用するメリットとデメリット

【保存版】不動産担保ローンとは?不動産担保融資を成功させる3つのコツ!

・ 【保存版】住宅ローン|おすすめローン20社徹底比較!

不動産担保ローン20選!銀行の審査基準や金利で比較、おすすめ人気ランキング

 

個人での借入を検討されている方は審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n**s様が
    100万円を調達しました。

  • w******u様が
    300万円を調達しました。

  • h****f様が
    100万円を調達しました。

  • g**j様が
    200万円を調達しました。

  • r*****q様が
    100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング