閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

クレジットカードのキャッシング機能、カードローンとはどのような違いがあるの?

クレジットカードについている「キャッシング機能」、大変便利なサービスですよね。

「キャッシング機能」を利用すると、お金が急に必要になったとき、新たに審査を受ける必要もなく、ATMや電話・インターネットを利用して気軽にお金を借りることができます。クレジットカードの「キャッシング機能」は、すでに手持ちのクレジットカードがある方にとっては、いざという時に頼りになる、まさに救世主的な存在ともいえるでしょう。

でもこのように便利なクレジットカードの「キャッシング機能」、よく似ているものに「カードローン」があります。本記事では、クレジットカードの「キャッシング機能」と「カードローン」の違いや特徴、クレジットカードの「キャッシング機能」を利用した際のメリット・デメリット等について説明をしていきたいと思います。

「ちょっとお金を借りたいときに、どちらのサービスを利用するか迷う…」とお悩みの方は、ぜひ本記事の内容を参考に、お金を借りてみてください。

※ 「クレジットカードのキャッシング枠では難しい大型融資を利用したい」「少しでも金利が低いところでお金を借りたい」と希望され、その上でカードローンの利用を検討されている方には、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 「キャッシング」とは?

「キャッシング」とは、一般的にはクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることを指しています。キャッシング枠を設けたクレジットカードを利用している方の中には、利用をされた経験がある方もいるのではないでしょうか。クレジットカードを持っている方であれば、キャッシング枠内でいつでもどこでもATMやインターネットを利用して、気軽にお金が引き出せる大変便利な機能です。

しかし本来、「キャッシング」という用語は、クレジットカードのみならず、消費者金融や銀行から「お金を借りる」ということも指しています。そのため、「キャッシング」という言葉を、「クレジットカードでのキャッシング」以外の意味で使っているものも多く見受けられます。

そのため、本記事では、キャッシングを「クレジットカードでのキャッシング」のみに限って説明をしていきます。

 クレジットカード・キャッシング、カードローンとは何が違うの?

クレジットカードの「キャッシング」とカードローン、違いはどのようなものなのでしょうか?主な違いについてまとめたものは次の通りです。

キャッシング カードローン
利用するカード クレジットカード ローンカード
返済する頻度 毎月1回 ローン会社ごとに指定された期間内に1回
返済方法 口座振替(繰り上げ返済の際はATMからの振込入金可)  ATM、インターネット、口座振替、銀行振込、コンビニ、店頭
金利  高い(年15.0%~18.0%) 低い(年3.0%~18.0%)
限度額  少ない 多い
利用スピード  新規クレジットカードを作成する場合は1週間ほど、既存のクレジットカードを利用する場合は即日  最短即日
海外での利用 可能 不可

この通り、キャッシングとカードローンでは、多くの違いがあることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

カードローンは、限度額が最高で1,000万円までとしている事業者もあり、大型融資を希望されている方にはおすすめです。また金利の上でキャッシングと比較し、低めに設定されているため、利用しやすいといえます。返済する頻度や方法についても、カードローンのほうが自由度が高く、ハードルが低いのがメリットです。

ただ、クレジットカードのキャッシング機能には、カードローンにはない、「海外でのキャッシングサービス」を提供している事業者が多くあります。そのため、海外でのキャッシングを行う予定がある方にはぴったりです。

その他にもすでにクレジットカードを持っている方であれば、新たに審査を受ける必要なく、即日でお金を借りることが可能です。

▊ クレジットカード・キャッシング、そのメリットとデメリットは?

それでは、キャッシング機能を利用することによるメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここで確認をしておきましょう。

キャッシングのメリット

キャッシングのメリットには、次の3つの点が挙げられます。

手持ちのクレジットカードを利用するため、新たに審査を受ける必要がない

クレジットカードのキャッシングを利用するにあたって、最大のメリットともいえます。特に審査の通過に自信がない場合や、新たにローンカードを作成したくない場合などは、すでに手持ちのカードを利用してお金を借りることができるのは大きいのではないでしょうか。

全国の金融機関やATM(コンビニ含む)を利用して、24時間365日の利用が可能

クレジットカードのキャッシングは、24時間365日、全国金融機関やコンビニを含めATMなどを利用してお金を借りることができます。そのため、急ぎでお金が必要となった場合でも、場所や時間を選ばずお金を準備することが可能です。

海外でキャッシングを行う場合は、現地通貨でそのまま引き出せる

クレジットカードを利用して海外でキャッシングを行う場合、現地のATMを利用し、現地通貨でお金を引き出すことが可能です。

なお、現地の両替所を利用して両替を行う場合には、別途両替手数料が必要となります。そのため、あえてクレジットカードを利用したキャッシングを利用し、両替の手数料を節約する、という方も増えています。

キャッシングのデメリット

反対に、キャッシングにおけるデメリットには次の点が挙げられます。

利用の際にかかる利息がカードローンと比べて高い

キャッシングのデメリットとして、利息が高いということがあります。具体的な数値はクレジットカード会社により異なりますが、キャッシングの利息は年15.0%~18.0%ほどが相場となっており、カードローンの一般的な利息年3.0%~18.0%と比較すると格段に高い数値となっているのです。

そのため、クレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りる場合は、カードローンを利用する場合に比べ利息の負担が大きくなる傾向にあります。

キャッシングを利用することにより、ショッピング枠が減ってしまう

クレジットカードのキャッシングを利用すると、クレジットカードのもう一つの機能であるショッピング枠で利用できる金額が減ってしまいます。

クレジットカードでは、キャッシングとショッピングそれぞれの枠を合算したもので利用できる金額が定められていますので、キャッシングを利用すればするほど、ショッピングでの利用が難しくなります。

キャッシング可能な限度額が、カードローンと比べて低い

クレジットカードのキャッシングは、一般的にカードローンと比較して設定されている限度額が低い傾向にあります。クレジットカードのキャッシングの場合、多くは100万円ほどを限度額としています。しかし、カードローンの場合、最大限度額を1,000万円までとしているところもあるのです。

そのため、大型の借入を希望している場合は、クレジットカードのキャッシング機能を利用する際には、あまり向いていないといえるでしょう。

 クレジットカード・キャッシングをおすすめできる人とは?

クレジットカードでのキャッシングをおすすめできる人は、次のような人となります。

新たなカードローンを申し込むにあたって、審査に不安がある人

過去のローン利用において、返済が遅れるなど自分の信用情報に不安がある方は、新たにカードローンを申し込む際にも「審査に通過できるだろうか…」と考えてしまうのではないでしょうか。

その点、クレジットカードのキャッシングは、すでに所有しているクレジットカードを利用して現金を借りることができます。ですので、新たなローンを組むにあたっての審査に不安がある方も、安心して利用することができるのです。

海外でキャッシングを行いたい人

海外でキャッシングを利用したいとお考えの方にも、クレジットカードでのキャッシングはおすすめです。両替の際に必要となる交換手数料なして、現地通貨を引き出せるためです。

とにかくすぐに現金を手に入れたい人

「とにかくすぐ現金が必要」という差し迫った事情がある方にも、クレジットカードでのキャッシングは向いています。クレジットカードでのキャッシングは、24時間365日、金融機関のATMの他、コンビニATMからも気軽に利用することが可能です。

※ 「クレジットカードのキャッシング枠では難しい大型融資を利用したい」「少しでも金利が低いところでお金を借りたい」と希望され、その上でカードローンの利用を検討されている方には、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 クレジットカード・キャッシングを利用した場合は、一括払いを心がけよう!

クレジットカードでキャッシングをした際の返済方法には、「一括払い」と「リボ払い」が用意されています。

一括払い

キャッシングの一括払いは、利用した金額を翌月に一括で返済する方法です。一括払いを利用した場合、支払う利息は1ヶ月分となります。

一括払いは、クレジットカードのキャッシングを利用する上では、一般的な返済方法です。その名の通り「一括での」返済となるため、返済期間が長引く心配はありませんが、利用した翌月の負担が大きくなる点がデメリットです。そのため、一括払いで返済する場合は、利用額をしっかりと把握しておく必要があります。

リボ払い

キャッシングのリボ払いは、「キャッシングリボ」とも呼ばれています。リボ払いは、利用残高に応じた一定額を毎月返済していく、という方式で、計画的な返済が可能となっています。そのため、一括での返済が難しい場合などは、リボ払いの利用がおすすめです。

ただ、返済額が一定であるがゆえに、長期的な利用に繋がりやすく、いつまでたっても返済が終わらない…ということにもなりかねないため、利用には注意が必要です。

なお、リボ払いの際の返済額には、残高に対して一定の手数料が含まれるため、結果的に一括払いと比較して多くの金額を金融機関に支払っていることになります。

一括払いとリボ払い、どちらを選べばよいの?

それでは、一括払いとリボ払い、どちらの返済方法を選べばよいのでしょうか。

「一括で返済することが十分可能な金額を借りている」「短期間で完済したい」「利息の支払いを少しでも短期間にしたい」という希望がある場合は、一括払いでの返済がおすすめです。

「請求金額が高額で一括で支払うことは難しい」「毎月の返済額を一定にしたい」「計画的に返済したい」という希望がある場合はリボ払いでの返済を行いましょう。

ただ、リボ払いで返済した場合は、一括払いと比較して結果的に支払う利息が多くなり、最終的な負担が大きくなる傾向にあります。そのため、リボ払いでの返済を利用する際には、返済計画などを事前に検討の上、利用することをおすすめします。

なお、リボ払いを利用する上での注意点については、次の記事も参考になります。

リボ払いの危険性とは?リボ払い・分割払いの仕組みと3つの解決策

返済時に気を付ける4つのポイント

▊ 海外でクレジットカード・キャッシングを利用した際の注意点は?

先程、海外でのキャッシングには、現地での両替と比べて手数料を節約できる効果があるというメリットがある点を述べました。

しかし、海外キャッシングを利用するにあたっては、次の点に注意する必要があります。

利用前には事前に返済方法を確認しておく

一般的に、クレジットカードでのキャッシングを返済する方法は、「一括払い」と「リボ払い」の2つの方法を選ぶことが可能です。しかし、海外キャッシングについては、クレジットカード会社により、どちらか一方の返済方法に限定される場合があります。

そのため、「リボ払い」が利用できると思って海外で大きな金額を利用してしまうと、実は海外キャッシングでは「一括払い」の返済のみしか認められていなかった…という場合もあるのです。

ですので、海外キャッシングを利用する前には、自身のクレジットカード会社で指定されている返済方法を確認しておくことをおすすめします。

ショッピング枠に影響が出るような利用はしない

クレジットカードは、決められた枠の中で「キャッシング枠」と「ショッピング枠」が作られ、どちらか一方を利用しすぎてしまうと、他方の利用に影響が出ます。海外でキャッシングをしすぎて、いざショッピングをしようとしたら枠が足りず、希望の商品を購入できなかった…ということもありえるのです。

そのため、クレジットカードを海外で利用する際、ショッピングをすることがあらかじめわかっている場合には、ショッピング枠に影響が出ないよう、キャッシングの利用方法に気をつける必要があります。

 クレジットカード・キャッシングとクレジットカードの現金化は何が違うの?

街中でよく目にする「クレジットカード現金化」の文字。この「クレジットカード現金化」、キャッシングとは何が異なるのでしょうか?

「クレジットカード現金化」は、わかりやすく言えば、「クレジットカードのショッピング枠を、専門の業者を通して売却」することによりお金を借りる方法です。この「クレジットカードの現金化」自体は、違法なものではないため、利用したところで逮捕されてしまうわけでもありません。

しかし、「クレジットカード現金化」は、クレジットカード会社の利用規約には違反しているので、カード会社側に利用が発覚してしまうと、カードを解約させられてしまう可能性があります。また、カードの強制解約となると、これまでの利用分についてはすべて一括返済をさせられますので利用には、相当なリスクを負うことになります。

クレジットカードのキャッシングは、「キャッシング枠」内でお金を借りることのできる機能ですが、「クレジットカード現金化」とは異なりますので、注意が必要です。

▊ クレジットカード・キャッシングをしたことがあると、住宅ローンの審査に影響する?

「キャッシングの利用経験がある場合、住宅ローンの審査に影響する」

そのような話を聞いたことはありませんか?それでは実際のところ、キャッシングは住宅ローンの審査に影響があるのでしょうか?

キャッシングが住宅ローンの審査に影響があるかどうかは、キャッシングの状況により異なります。

特に「今現在、キャッシングをしている」場合は、住宅ローンの審査に影響が大きいといわれています。過去にキャッシングを利用していても、「すでに完済している」「完済しており、解約もしている」といった場合には、影響が小さくなります。

なお、「今現在、キャッシングをしていて、なおかつ延滞もしている」という場合は、特に大きな影響があります。返済遅れがある場合は、信用情報機関に自己記録として履歴が記録されてしまいますので、仮に住宅ローンに申込を行ったとしても、審査に通過しにくくなるとお考えください。

信用情報機関には、キャッシング履歴として「申込履歴」「契約・借入履歴」「金融事故履歴」の3つの項目が記録されます。そして、履歴の記録期間は半年~5年ほどと項目により異なります。

住宅ローンの利用前に、「キャッシング履歴が気になる」「他のローンの審査になかなか通過できない」など信用情報に不安のある場合は、一度、信用情報機関に情報開示請求をしてみるとよいでしょう。情報照会は、郵送やインターネット上からも手続きが行えます。国内の代表的な信用情報機関は次の3つとなります。

● 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
● 日本信用情報機構(JICC)
● CIC(シー・アイ・シー) 

 

まとめ:クレジットカード・キャッシングとカードローン、違いを理解して賢くお金を借りてみよう!

いかかでしたか?クレジットカードのキャッシングとカードローン、それぞれの違いを理解していただけたでしょうか。

お金を借りるという点からすると、キャッシングとカードローン、どちらにもメリット・デメリットが存在します。「新たなカードローンを申し込むにあたって、審査に不安がある」「海外でキャッシングを行いたい」「とにかくすぐに現金を手に入れたい」このような事情がある方は、クレジットカードのキャッシングを利用するのがおすすめです。

ただし、クレジットカードのキャッシングの場合は、利息や限度額の面ではカードローンと比較して劣る部分も多いため、実際に借りる金額が決まった段階で、どちらを利用するのか、じっくりと検討することをおすすめします。

なお、以下にクレジットカードのキャッシング機能とカードローンにちなんだお役立ち記事をまとめました。
「クレジットカードでキャッシング枠を利用する方」、「カードローンとどちらを利用するかお悩み中の方」は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローン&クレジットカードキャッシング、限度額を上げるにはどうしたらいい?

今すぐ30万円手に入る!?クレジットカードでお金を借りるには

クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる

【銀行融資完全ガイド】銀行カードローンで資金調達!即日キャッシングなら今すぐ30万円借りれる

【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

キャッシングとは?キャッシングの仕組みを図解で説明

【保存版】信販会社カードローンは低金利で高額融資にも対応!事業資金の調達にもオススメ

※ 「クレジットカードのキャッシング枠では難しい大型融資を利用したい」「少しでも金利が低いところでお金を借りたい」と希望され、その上でカードローンの利用を検討されている方には、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/15 22:44
    無料診断がされました。
  • 12/15 20:22
    無料診断がされました。
  • 12/15 19:19
    無料診断がされました。
  • 12/15 19:13
    無料診断がされました。
  • 12/15 18:51
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

カードローンの関連記事(64件)

1 2 3 4 5 13

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる