通常の保証人は安全か?

master
master
更新日2022/2/7

通常の保証人は安全か?

 

資金調達プロの別記事で「連帯保証人になる怖さ」について説明させていだたきましたが、もうお読みいただけましたでしょうか?

連帯保証人になる怖さ| 資金調達プロ

 

お読みになった方の中には「連帯保証人が危険なことは分かったけど、じゃあ通常の保証人は安全なの?」と思われた方もいるかもしれません。

しかし、それは大きな誤解です。連帯保証人になってはいけないというのは当然の話ですが、通常の保証人にも極力なるべきではありません。そして、他人に保証人になってもらうのも極力避けるべきです。

 

その前に・・・「資金調達」をお急ぎの方には以下の方法を参考にしてください。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

保証人の役割をおさらい

 

もう一度保証人の内容について振り返ってみましょう。保証人には以下の3つの権利が認められています。

 

image

 

  • 催告の抗弁権:債務者の返済が滞った場合、債務者に返済能力がある限り保証人には火の粉は飛んできません。債権者が代わりに支払えといってきても「本人から先に借金を取り立ててください」と追い返すことが出来ます。
  • 検索の抗弁権:通常の保証人になった場合は、債務者の財産を差し押さえる前に保証人自身が債務の履行させられるのを拒否できる権利があります。要するに、債務者の財産がなくなるまで保証人は何もせずに済むわけです。
  • 分別の利益:さらに保証人は債務を平等で割ることが認められています。たとえば債務が100万円、保証人が4人の場合、それぞれの保証人は25万円ずつ責任を負うことになります。

 

これだけの権利が認められているのだから、保証人は安全……というのは間違いです。

 

まずは催告の抗弁権についてですが、これは債務者に返済能力がなければ何の意味もありません。債務者本人に「私自身は無一文なのでどうしようもありません」と開き直られてしまえば、結局は保証人が借金を肩代わりさせられる羽目になるのです。

 

続いて検索の抗弁権について。これは債務者が失踪してしまえば何の意味もなくなります。

 

最後に分別の利益について。これは保証人が一人しかいなければ何の意味もなしませんし、仮に二人以上いたとしても自分がこさえたわけでもない借金を一部返済しなければならないことには変わりありません。

 

リスクの大小の違いこそあれ、保証人になることも連帯保証人になることも非常に危険であることには変わりないわけです。

 

印鑑

 

これをお読みの皆様はおそらく経営者の方でしょうから、借金の際に保証人や連帯保証人を要求されたことも一度や二度ではないでしょう。そんなときに自分の友人・家族を差し出すことは本当に正しいことなのでしょうか?

 

本当に相手のことを大事に思っているのだったら、そんな危ない橋は渡らせないようにするのが筋ではないですか?

 

そもそも自分で用意した資本金が少なすぎたことが問題なのではありませんか?他人に保証人や連帯保証人になってもらう前には、今一度よく考えてみましょう。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

本記事と合わせて読みたい「事業資金調達」の関連情報

中小企業の決算対策!銀行が必ず融資したくなる決算書の13項目とは? 

決算対策5つの秘訣!自己資本比率を40%以上にして金融機関からの借入を増やす 

帝国データバンク評点を上げる5つのコツ!企業信用調査51点以上で銀行が営業にやってくる 

・【保存版】中小企業事業者の資金調達を「100%成功させる」6つのコツ!

・【保存版】事業資金調達100%成功ガイド|3つの方法と審査のポイント

・【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す、3つのコツとメリット・デメリット

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • p******j様が
    100万円を調達しました。

  • n*****u様が
    300万円を調達しました。

  • d***n様が
    1100万円を調達しました。

  • t****g様が
    1100万円を調達しました。

  • q**l様が
    500万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り8社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング