閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

プロミス申込方法まとめ:Webの入力方法や審査に通る5つのコツ!

「プロミスを利用したいけれど、申込の方法どれがいいんだろう…?」
初めて利用するときには、わからないことがたくさんあるものですよね。今回はプロミスの申込みについて取り上げていきます。

具体的に、次のような点をご紹介していきます。

  • どんな申込方法があるのか
  • 時間や場所を問わずに申し込むなら?
  • 今すぐ借りたい!そんなときの申込方法は?
  • 申込みのために用意しておくべき書類
  • 審査に通りやすくするためのコツ

ではさっそく見ていきましょう。この記事が、プロミスへスムーズに申し込むための助けになれば幸いです。

関連記事①:プロミスの返済は手数料無料で!コンビニ・ATMなど7種類徹底解説

関連記事②:プロミス問い合わせの全て!電話以外の方法や返済相談まで徹底解説

関連記事③:【超実践】プロミスで即日50万円借りる方法!審査に通る6つのコツ

 

その前に・・・今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。プロミスでお金を借りることに決めているなら、さっそく申し込んでみましょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用が断然オススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

 

またWebからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

1. プロミスの申込方法一覧

結論から言えば、プロミスへの申込方法は合計5つです。

 

  1. Web申込み
  2. 自動契約機
  3. プロミスコール(電話)
  4. 郵送
  5. 店頭窓口

 

この中でも、主な申込方法は「Web」と「自動契約機」になります。まずそれぞれについて見ていきましょう。

 

 

2. おすすめ申込み方法 – Web

最初に、Web申込みの流れを、順を追って確認していきましょう。

 

まず、手元にインターネット接続のできるPC・スマホ・ケータイを用意します。そしてプロミスの公式サイトへアクセスします。

引用:プロミス公式サイト

 

プロミスの公式サイトへ移動すると、そこには「カンタン入力でお申し込み」ボタンと、「フル入力でお申し込み」ボタンの2つが出てきます。このどちらもWeb申込みなのですが、それぞれに違いがありますので、ここからは分けて確認していきます。

 

2-1.フル入力

画面右側の「フル入力でお申し込み」をクリックすると、さっそく申込画面に移行します。同意事項によく目を通したうえで、「お客様情報入力」のフォームに情報を入力していきます。具体的には3つの情報を入力することになります。

 

  1. 自分の情報
  2. 自宅の情報
  3. 勤務先の情報

1. 自分の情報入力

2. 自宅の情報入力

3. 勤務先の情報入力

自分の勤務先情報について、あらかじめ調べておくとスムーズに入力できます。

 

お客様情報入力が完了すると、次に「ご契約方法の選択」に移ります。選択肢は「Web」か「来店」です。それぞれの融資までの流れを確認して、都合の良いほうを選びます。

 

次に「お借入れについて」の項目があります。ここには、現在他社からの借り入れがあるか、あるなら件数と金額を入力します。その後で、今回の借入希望額を入力します。アコムの利用限度額は最大500万円までなので、その枠内の数字を入力します。

 

 

契約方法の選択と借入希望額を入力したら、「メールアドレス・パスワードの登録」を済ませます。プロミスに登録したいメールアドレスと、そのパスワードを設定します。今後の手続きや確認の際にパスワードが必要になるので、パスワード情報を大切に保管してください。

 

 

次に、「審査結果のご連絡について」の部分で、都合の良い方法を選択します。メールか電話での連絡になります。

 

 

「書面の受取方法」も選択する必要があります。これはDMなどチラシの送付のことではなく、利用明細や受取証書など、法律で定められている書類の受取方法のことです。「Web明細」「自宅へ郵送」「勤務先へ郵送」の中から選べます。ここでWeb明細を選択すると、プロミスの魅力的なサービスである「30日間無利息」が適用されます。

 

 

最後に、アンケートに答えたら終了となります。どんな答えを選んでも、審査の結果には影響しませんから、気楽に回答しましょう。回答したら、「同意して入力内容を確認」ボタンをクリックします。

 

 

「同意して入力内容を確認」をクリックすると、こんどは「お客様情報確認・訂正」画面になります。この画面で、自分が入力した情報に間違いないかしっかりチェックします。

 

 

内容に問題や間違いがないことが確認できたら、ページ下部の「入力内容を確認」ボタンをクリックします。ここで間違いがあると、再度入力を求められます。問題がなければ、「お申込み完了」画面が表示され、無事入力完了です。

「お申込み完了」画面が出たら、ここで一旦ページを閉じてしまっても問題ありません。

 

この後、プロミス側から確認の電話がきます。確認の電話は、本人のところ、そして職場(在籍確認)の2か所になります。これは決して何か問題があるという意味ではなく、すべての申込に対して確認が行われます。

 

確認が取れたら、以下のような流れで進んでいきます。

 

■Webでの契約を希望した場合

  1. プロミス側から「書類提出依頼メール」が届く
  2. メールの指示に従って、必要書類をインターネット上で送信する
  3. これですべての申込みが完了。結果を待つ
  4. 審査結果と共に契約可能額が知らされる
  5. 返済方法を「口座振替による返済」か「ATMによる返済」のどちらかから選ぶ
  6. 口座振替を希望するときはカードの郵送を希望するかしないか選ぶ
  7. 手続完了
  8. カードありの場合は、カードが郵送されてくる
  9. 借り入れ開始

 

■来店での契約を希望した場合

  1. 必要書類を持参して、自動契約機かお客様プラザへ行く
  2. 契約書類が作成され、カード発行
  3. 借り入れ開始

 

これが一連の流れになります。

 

2-2.カンタン入力

「カンタン入力でお申し込み」をクリックすると、この画面になります。

フル入力のときと同じく、指定されている項目に入力していくことになりますが、入力項目が少なくなっています。

 

まず自分の情報を入力します。

 

次に、自宅情報を入力します。今回問われているのは、住所だけです。簡単です。

 

 

こんどは勤務先情報の入力です。ここも、勤務先の電話番号と雇用形態、年収の3つだけで済みます。会社の規模や資本金の情報を問われることはありません。

 

 

自分の情報の入力を終えたら、次は「ご契約方法/その他の情報」になります。まず「ご希望の契約方法」の項目を満たします。契約方法はWebか来店かどちらかを選択します。

 

 

次に、プロミスで使用するメールアドレスとパスワードの設定をします。ここはフル入力と同じです。

 

 

続いて、書面の受取方法を選択します。これもフル入力のときと同じで、「Web明細」「ご自宅へ郵送」「お勤め先へ郵送」の3択です。30日間利息が無料になるWeb明細がおすすめです。

 

 

最後に「希望連絡先」と「希望連絡時間」を入力します。入力し終えたら、「同意して入力内容を確認」ボタンをクリックします。

 

 

「同意して入力内容を確認」ボタンをクリックすると、「お客様情報確認・訂正」の画面に移ります。ここで入力内容を確認して、問題なければ、いちばん下の「入力内容を確認」ボタンをクリックします。

 

 

すべての項目が入力されていると、「お申込み完了」画面が表示され、無事終了となります。ここまで来たら、画面は閉じてしまってかまいません。

この後、一次審査が行われます。そして、申込時に入力した希望連絡先へ電話がかかってきます。電話口で、本審査に必要な項目について追加で質問されるので、その都度質問に答えることになります。加えて、入力した内容に基づいて職場への在籍確認が行なわれます。本人への電話、職場への電話はかならず行なわれます。

 

その後の流れは以下のとおりです。

 

■Webでの契約を希望した場合

  1. プロミス側から「書類提出依頼メール」が届く
  2. メールの指示に従って、必要書類をインターネット上で送信する
  3. これですべての申込みが完了。結果を待つ
  4. 審査結果と共に契約可能額が知らされる
  5. 返済方法を「口座振替による返済」か「ATMによる返済」のどちらかから選ぶ
  6. 口座振替を希望するときはカードの郵送を希望するかしないか選ぶ
  7. 手続完了
  8. カードありの場合は、カードが郵送されてくる
  9. 借り入れ開始

 

■来店での契約を希望した場合

  1. 必要書類を持参して、自動契約機かお客様プラザへ行く
  2. 契約書類が作成され、カード発行
  3. 借り入れ開始

 

これが一連の流れになります。

 

2-3.「フル入力」か「カンタン入力」で迷ったら

Webでの申込みには、カンタン入力とフル入力があります。結局、どちらがいいのでしょうか?

はっきり言ってどちらでもいいです。どちらかが審査にとって有利ということはありません。ただ方法が違うだけです。

 

それぞれのメリットとデメリット

メリット デメリット
フル入力 電話でいろいろ質問されずに済む 申込時の入力項目が多い
カンタン入力 申込時の入力項目が少ない 電話で追加の質問がある

 

Webですべての手続きを進めていきたい人はフル入力を、まずは少ない項目だけ入力して、あとは電話で確認してもらうほうが便利だと感じるならカンタン入力を選択してください。そして、さっそく申込みを始めていきましょう。

 

2-4.「瞬フリ」だと即日融資が可能に!

プロミスには「瞬フリ」と呼ばれる便利なサービスがあります。プロミスに申し込んで契約が済んだら、さっそく現金を振り込んでもらうことができます。

 

プロミス「瞬フリ」の流れ

  1. プロミス会員ページへログインする
  2. 「瞬フリ(振込キャッシングのお手続き)」ボタンをクリックして、振込先口座を登録する
  3. 「瞬フリの手続き」ボタンをクリックする
  4. 借りたい金額を入力する
  5. 入力した金額が登録口座に振り込まれる

 

以下の銀行の口座を登録すれば、24時間、最短10秒で振込が完了します。しかも振込手数料は発生しません。

 

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

 

これら4つの銀行以外を振込先口座に指定することもできますが、その場合は受付が平日9:00~15:00になっているなど、振込が翌日に処理されることがあります。

 

2-5.【補足1】返済方法は2種類から選べる

プロミスに申し込んで審査を通過し、無事契約にこぎつけると、その後で返済方法を選ぶことになります。選べる返済方法は次の2つです。

 

  • 口座振替
  • ATM返済

 

加えて、口座振替を選択すると、カードの発行を希望するかどうか問われます。カード発行を希望する場合は郵送か店頭で受け取ることができます。「カード発行を希望しない」、または「カード発行を希望するが店頭で受け取るので郵送は不要」とすると、これをもってWeb申込は完結します。ATM返済を希望する場合は、カードが郵送されます。

プロミスなら、返済日を4つの日付の中から選べるので便利です。

 

プロミスの返済期日の選択肢

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月の末日

 

自分の収支のサイクルに合わせて返済期日を設定できるので、金銭を管理しやすくなります。ただし、三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の銀行口座を振替口座として登録している人は、返済期日が毎月5日で固定になりますので注意してください。

 

口座振替とATM返済について言えば、どちらがいいということはありません。それぞれの好みで選択することができます。毎月決まったタイミングで自動的に引き落とされる方が返済しやすいという人は口座振替を、ATMを頻繁に利用するので、そのときについでに返済したいという人はATM返済にしておくとよいでしょう。

 

2-6.【補足2】本人確認書類の提出が必要

Web上で「フル入力」か「カンタン入力」で申し込むと、その後プロミスの担当者から電話がかかってきます。その際に本人確認書類の提出を求められますので、頭に入れておいてください。

 

本人確認書類として使用できるもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 外国籍の場合は在留カードか特別永住者証明書

 

本人確認書類提出の流れは次のとおりです。

 

① プロミスから「書類提出のお願い」と題するメールが届きます。そのメールに記載されているURLをクリックします。

 

② URLをクリックすると、「ご契約手続き」という欄が出ますので、そこに申込時に設定したパスワードを入力します。

 

「各種手続き」から、「書類提出」を選択し、指定されている方法で書類を提出します。

 

本人確認書類の提出方法

  1. 画像をPDF化してWeb上の送信フォームから送る
  2. スマホで写真を撮って送信
  3. PCメールにデータを添付して返信
  4. 郵送

 

Web上の送信フォームから送ってしまえば、この時点で本人確認書類の提出が完了になります。

 

その前に・・・今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。プロミスでお金を借りることに決めているなら、さっそく申し込んでみましょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用が断然オススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またWebからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

 

3. おすすめ申込み方法 – 自動契約機

プロミスなら、自動契約機を使って申し込むことができます。これまでに「自動契約機」という言葉を聞いたことがあっても、それがどんなものかわからない…という人も少なくないはずです。

少し不安があるかもしれませんが、ここで自動契約機を使った申込みの流れを確認しておけば大丈夫です!さっそく見ていきましょう。

 

まず、自動契約機が設置されているところに行きます。たいていは、プロミスATMの隣に無人の自動契約機が置かれています。入口の扉はすりガラスになっていますので、外部からのぞき込まれる心配はありません。また、入室すると内側でロックされますので、他の人が入ってくることもありません。

入室すると、そこにはプロミスの自動契約機があります。最新のマシンはタッチパネルになっていますので、指で触れながら簡単に操作できます。また、何かあったらすぐにオペレーターと話せるように、自動契約機には専用電話が設置されています。操作に困ったら遠慮なく利用するとよいでしょう。

画面には、「三井住友銀行」と「プロミス」という表示がありますので、今回はプロミスを選択します。プロミスボタンを押すと、個人情報の取扱いに対する同意や注意事項が表示された後、自分の情報を入力していきます。氏名、生年月日、住所や家族構成等です。


1. 氏名を入力


2. 生年月日を入力


3. 性別・婚姻状態を入力


4. 郵便番号を入力


5. 勤務形態を入力


6. 収入証明書類の有無を入力


7. 年収を入力


8. 借入希望額を入力

 
9. アンケート、利用目的を入力

 

自分の情報を入力し終えたら、次は本人確認書類の提出になります。プロミスの無人契約機にはスキャナーが付属しています。そのスキャナーを利用してデータを電子的に送ることができます。スキャナーに書類をセットして読み込ませます。そして送信すればOKです。

 

スキャナーを使って本人確認書類の読み込みが終了したら、「申込書」が出てきます。その申込書は、以下の情報を記入するようになっています。

 

  • 氏名
  • 住所
  • 年齢
  • 年収
  • 勤務先

 

申込書に必要事項を記入したら、先ほどの本人確認書類の送付と同じように、スキャナーを使って読み込ませて電子形式で送ります。注意点ですが、記載情報に誤りがあると審査時に手間取ってしまいます。申込書に正確な情報が記載されているか、間違いがないかをよく確認してから送るようにしてください。

申込書を送って、それが審査担当者の元に届いた時点で審査開始となります。

 

審査には30分~1時間程度かかります。審査が終わると、結果が画面に表示されます。審査結果をその場で待たなければなりません。待っている間、プロミスの自動契約機から「カードの説明方法のビデオ」が流れてきます。そのビデオを見て、今後の取引に備えることができます。もちろん、そこで他のことをして時間をつぶすこともできます。

審査に通ったら、その時に契約可能額も知らされます。そして、自動契約機のカード取り出し口からカードが発行されます。かならず受け取ってください。

発行されたカードを持って隣接するプロミスATMに行けば、さっそく現金を引き出すことができます。

 

これが自動契約機を使った申込みの流れになります。「意外と簡単!」と感じたのではありませんか?

 

 

4. なぜ、Web申込みと自動契約機がおすすめか

プロミスの代表的な申込方法であるWeb自動契約機ですが、なぜおすすめなのでしょうか。また、どちらが今のあなたに合うのでしょうか?

お金が必要なシチュエーションにもよって異なりますので、まずは比較から見てみましょう。

 

Web申込みと自動契約機の比較

Web申込み 自動契約機
申し込める時間 いつでも 9:00~22:00
場所 どこでも 自動契約機があるところ
来店 不要 不要
郵送 不要 不要
借入までのスピード

 

それぞれに特徴があります。もう少し細かく見ていきましょう。

 

4-1.時間や場所を選ばないWeb申込み

時間帯や場所に関係なく、「よし、申し込もう!」と思った時にすぐ申込みを進めていくためには、断然Web申込みが有利です。某大手カードローンでは、全体申込み数のうち70%程度がWeb経由であるというデータも出ているほど、急速に広がってきています。

いつでもどこでも申し込める手軽さに加えて、Web申込みにはこのようなメリットがあります。

 

  • 来店不要、すべてWebで完結する(条件を満たす場合)
  • 郵送物が発生しない
  • カードレス
  • 無利息サービスを受けることができる

 

プロミスなら、カードを発行せず、返済方法を口座振替にすれば、すべての手続きをWeb上で行なうことができます。店頭窓口に出かけていく必要はありません。すべてがWeb上で行なえるため、郵便物のやり取りも不要です。必要な書類はオンラインで送付すればOKです。

また、カードレスにできるので、紛失や盗難のリスクをなくすことができます。また、財布にカードを入れておくことによって家族や他人に見られてしまう心配もなくなります。

Webからの申込時に、メールアドレスを登録して「Web明細」を選択することで、プロミスの人気サービス「30日間無利息」が適用されます。30日間無利息になるということは、単純に計算して、初回に20万円の借り入れをするとしたら、3,000円弱の利息が無料になります。これは見逃せませんね。

 

その一方で、デメリットに思える面もあります。

もし、すべてをWebで完結させようとしてカードレスを選択すると、ATMを使っての借り入れと返済ができません。Web申込みではカードの発行を選択することもできますので、あえて“Web完結”にこだわる必要はないでしょう。

 

4-2.即日融資が必要なら自動契約機

「どうしても今日中にお金が必要!」

そんなときは、迷わず自動契約機で申込みましょう。自動契約機なら、申込み開始から完了まで最短30分、その場ですぐにカードを使って借り入れができて便利です。

 

プロミスの自動契約機の受付時間は9:00~22:00です。隣接するプロミスATMの営業時間は24:00までとなっています。ただし、店舗によって営業時間が異なるので、かならず確認してから出かけてください。

確認するには:プロミスの自動契約機・店舗・ATM検索

 

4-2-1.三井住友銀行のローン契約機も利用可能

家の近くにプロミスの自動契約機がない。でも三井住友銀行のローン契約機ならある。そんなときは、三井住友銀行のローン契約機を使って申し込むことができます。

三井住友銀行ローン契約機を使っての手順は、プロミスの自動契約機とほとんど同じです。しかし、注意点として三井住友銀行のローン契約機を使うときには、Webか電話での事前申し込みが必要です。直接出かけていって、1から申し込もうと思っても受け付けてもらえないので、くれぐれもご注意ください。

三井住友銀行グループのつながりで、画面上にはSMBCモビットもありますがプロミスを選びましょう。

三井住友銀行のローン契約機についてはこちら:三井住友銀行 公式サイト

 

その前に・・・今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。プロミスでお金を借りることに決めているなら、さっそく申し込んでみましょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用が断然オススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またWebからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

 

5. Web、自動契約機以外の申込方法

プロミスの主な申込方法はWebか自動契約機ですが、ほかにも申込方法があります。

  • プロミスコール(電話)
  • 郵送
  • 店頭窓口

 

それぞれについて、これから見ていきましょう。

 

5-1.プロミスコール(電話)

「インターネットの画面から申し込むのは面倒…入力するよりは電話で話したほうがいい…」

そんな人には、プロミスコールからの申込みが向いているかもしれません。流れを簡単に確認してみましょう。

 

 

プロミスコールからの申込みの流れ

  1. まず、受付時間内(9:00~22:00)にプロミスコール(0120-24-0365)へ電話する
  2. 名前や生年月日、審査に必要な項目について聞かれるので、答える
  3. 審査
  4. 審査の結果と契約可能額について知らされる

 

こんな流れになります。Web申込みでは入力することになる項目を、この方法では口頭で伝える。そんなイメージになります。

 

審査に通ったら、契約方法を次の2つから選びます。

 

  • 来店
  • 郵送

 

「来店」を選択する場合、必要書類を持ってお客様プラザ(店頭窓口)か自動契約機に行き、そこで契約することになります。

「郵送」を選択すると契約書類が送られてきますので、それらの書類に記入し、必要書類のコピーと共に返送します。これで手続完了、借り入れを開始できます。

 

5-1-1.女性はレディースコールを活用できる

女性が申し込むときには、「プロミスコール」「レディースコール」の2つから選べます。レディースコール(0120-86-2634)では女性のオペレーターが対応してくれます。それ以外の大きなメリットはありません。

 

5-2.郵送での申込み

「インターネットで申し込むよりは、郵送のほうが安心で確実だと思う…」

「Web上に書類をアップするなど、操作面で不安がある…」

 

そんなとは、郵送によって申し込むことができます。

 

 

郵送で申し込むためには、まず申込書を請求する必要があります。インターネット上で請求するか、プロミスコールに電話をして取り寄せることができます。

郵送での申込みは次のような流れになります。

 

  1. 申込書に必要事項を記入する
  2. 申込書に必要書類のコピーを添えてプロミスへ郵送する
  3. 審査
  4. 申込み時に指定した連絡先へ審査の結果が通知される
  5. 契約書類とカードが郵送されてくる
  6. 受け取ったら手続き完了
  7. 借り入れ開始

 

紙の書類を目で見て確認しながら進めていける安心感はありますが、郵送・返送の繰り返しになるため、時間がかかります。

 

5-3.店頭窓口で申込み

プロミスでは、お客様プラザという店頭窓口を用意していますので、そこで申し込むことも可能です。とくに「いろいろ相談しながら決めたい」「その都度わからないことを説明してもらって申し込むほうが安心」というニーズに答えてくれます。

 

 

お客様プラザとは

プラザの取り組み
お客様サービスプラザでは、地域のコミュニケーション拠点として社会やお客さまのニーズを感じ取り、それらにお応えしていくための地域に根ざした活動を行っています。 家計診断などのサービスの提供や、未来を担う学生や地域の方々に向けたお金に関する知識・判断力の習得支援、また地域の活性化に向けた積極的な取組みを通して、社会とともに持続的に発展していくことを目指しています。

引用元:SMBCコンシューマーファイナンス

 

お客様プラザでは、申込みだけではなく、お金に関係するさまざまな相談を受け付けてくれますが、プロミスの申込に限定すると、以下のような流れで進んでいきます。

 

お客様プラザ(店頭窓口)での申込みの流れ

  1. 必要書類を持ってお客様プラザへ行く
  2. 担当者が審査に必要な項目について聞いてくれるので、答える
  3. 審査
  4. 審査結果と契約可能額の通知
  5. プロミスの商品説明とサービスの利用案内
  6. その場で契約書類が作成され、カードも発行される
  7. 手続完了
  8. 借り入れ開始

 

最寄りにお客様プラザがあるなら、店頭で申し込むことも選択肢の1つとして検討できるでしょう。

プロミス店頭窓口の検索はこちら:プロミス 店舗・ATM検索

 

 

6. 審査に必要となる書類まとめ

確実に審査を進めてもらうことによって、無事借り入れ開始となります。そのためには不備があってはなりません。プロミスの審査で必要になる書類は2点です。

 

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書類

 

6-1.本人確認書類

本人について確認するために、本人確認書類の提出が必要です。

 

本人確認書類って何?
銀行窓口での取引を行う際など、本人確認のために書類の提示を求められることがあります。書類は運転免許証やパスポートなどです。銀行は、本人確認書類でお客さまの氏名、住居、生年月日などを確認します。

引用元:全国銀行協会

 

プロミスでは、以下の書類を本人確認書類として受け付けています。

 

本人確認書類として使えるもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 外国籍の場合は在留カードか特別永住者証明書

 

来店する場合は、パスポートか健康保険証を本人確認書類として提出する場合にのみ、住民票をセットにしなければ受け付けてもらえません。注意しましょう。

Webで申し込む場合は、申込後の電話確認の際に本人確認書類の提出を求められることになりますので、準備しておきましょう。

 

6-2.収入証明書類

収入証明書類は、すべての申込者が提出しなければならないわけではありません。以下に該当するときに必要となります。

 

収入証明書類が必要になるケース

  • 50万円以上の借り入れを希望している
  • 今回プロミスで希望する借入額と、他社の利用残高を合計すると、100万円を超える

 

“収入証明書”という書類が存在するわけではないので、何か自分の収入を証明できるものを用意することになります。プロミスで受理される収入証明書は次のようなものです。

 

プロミスで受理される収入証明書

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 給与明細書(最近2か月分と1年分の賞与明細書)
  • 最新の税額証明書
  • 最新の所得(課税)証明書

 

この中の1点を収入証明書として用意してください。わざわざ取り寄せないといけないわけではなく、手元に保管してあるものの中から1つを選べば大丈夫です。

 

その前に・・・今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。プロミスでお金を借りることに決めているなら、さっそく申し込んでみましょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用が断然オススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またWebからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

 

7. 審査に通るための5つのコツ

当然ですが、プロミスの申込みが目的ではなく、プロミスに申し込んで借り入れをすることが目的です。そのためには、審査を通過して無事借り入れ開始までたどり着く必要があります。これらの工夫だけで審査に通りやすくなりますので、日頃から注意を心がけましょう。

これから5つの方法を紹介します。少なくとも1つは実践してから申し込むことをおすすめします。

 

  • 申込前に借り入れシミュレーションをしてみる
  • 希望額をできるだけ低くする
  • 不要の場合でも収入証明書類を添付する
  • 他社からの借り入れを減らしておく
  • 心配なら信用情報機関に情報を開示してもらう

 

順番に確認していきましょう。

 

7-1.借り入れシミュレーションをしてみる

「自分は借りられるのかな?」

そんな不安や疑問を解決してくれるツールが用意されています。それが「お借入シミュレーション」です。プロミスの公式サイトから無料で利用できます。

詳しくはこちら:プロミス公式サイトへ

 

お借入シミュレーションでは、3項目を入力するだけで借入可能か結果が表示されます。あくまで簡易版に過ぎないので“審査通過確定”を意味するわけではありませんが、目安として活用できます。

 

お借入シミュレーションの入力項目

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の他社借入金額

 

このシミュレーション機能は申込みとは別のもので、だれでも自由に利用できます。もちろん、シミュレーションから続けて申込みへ移行することもできます。

まずはシミュレーションしてみて、審査に通りそうか確認しておくと安心ですね。

 

7-2.希望額はできるだけ低くする

プロミスに申込むときには、借入希望額を入力することになります。ここをいくらにするか迷うところです。

「せっかくなら多めにしておこう」と考えたくなるところですが、審査に通りやすくすることを考えると希望額をできるだけ低くすることをおすすめします。もし20万円必要なら、借入希望額の欄には欲張らずに「20万円」と入力します。

 

プロミスでは、収入証明書類の提出ラインが50万円になっているわけですから、できるだけ50万円以下に抑えておくと無難です。

申込時に希望額を低くしても、ずっとその額までしか借りられないわけではありません。後から増額申込みができます。審査通過を第一目標にするなら、借入希望額の入力にも細心の注意を払いましょう。

 

7-3.収入証明書類は常に添付する

収入証明書の提出が必須のケースではもちろん提出しますが、そうではなくても添付することで、より信頼を得ることができます。収入証明書は、その人がちゃんとした収入を得ていることと、安定して収入を得ていることの動かぬ証明になります。本人の信用度や返済能力をみる審査担当者にとって、収入証明書類の添付は心強いはずです。

収入証明書類の添付は、借入限度額にプラスの影響を与えることがあります。

 

ほかにも、プロミスのポイントサービスを利用するときに、「収入証明書類の提出」によって160ポイント獲得できるというメリットがあります。念には念を入れて、不要の場合でも収入証明書類を用意しておくとよいでしょう。

 

7-4.他社からの借り入れは減らしておく

もし他社からの借り入れがある状態でプロミスに申し込むなら、まず「お借入シミュレーション」で利用可能かどうか確認してください。加えて、整理できるものは整理してから審査に臨みましょう。

できれば「借入件数」を減らしておきたいところです。借入件数が多いと、その分だけ信用が下がってしまいます。複数から借りている状態で、完済に近いところがあるなら、まずそこを優先して完済しておくようにすると安心です。これで借入件数が1件減ります。

 

7-5.自分の信用情報を把握する

この方法自体で審査に通りやすくなるわけではありませんが、「なぜか審査に落ちてしまう」という人の場合、信用情報に問題があるのかもしれません。心配なときは、念のため信用情報機関に情報を開示してもらって確認してみるとよいでしょう。

 

情報開示とは(自分の信用情報を確認)
情報開示とは、お客様ご本人のお申込みにより、CICに加盟している会員会社(クレジット会社等)との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度です。お客様の情報が現在、信用情報機関に登録されているのか、またはどのように登録されているかを確認していただくことができます。

引用元:CIC

 

自分では意識していなくても、携帯電話料金の支払い滞納が何度かあったり、他社への返済が不手際で遅れてしまったりすることが原因となって、信用情報に“キズ”がついていることがあります。そんな記録が原因となって、安定した収入があっても審査に落ちてしまうことがあり得ます。

いまではパソコンから簡単に信用情報機関にアクセスして情報を得ることができます。1,000円程度の手数料が発生しますが、安心を買うためには良い方法です。

詳しくはこちら:CIC(指定信用情報機関)

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回はプロミスの申込方法を中心に見てきました。とくに便利なのは、いつでもどこでも手軽に申し込める「Web申込み」と、その場でカードを発行してもらえてお隣のATMで借り入れできる「自動契約機」です。

しかしそれだけではなく、プロミスは多彩な申込方法があって利便性がとても高いです。あなたはどの方法で申し込みたいと思いましたか?申込みの流れを確認した今、実際に借入まで進んでいき、物入りにしっかり備えることができるようになることを願っています。

以上、「プロミス申込方法まとめ:Webの入力方法や審査に通る5つのコツ!」でした。

 

合わせて読みたい記事

即日融資できるのはこんな人!カードローン審査を通す5つのコツ

【保存版】無職・失業中でもあきらめない!お金を借りる方法まとめ

【保存版】カードローンでお金を借りる流れを徹底解説!選び方からキャッシングまで

消費者金融の危険性

キャッシングとは?キャッシングの仕組みを図解で説明

消費者金融の仕組み、消費者金融カードローンの正しい使い方

即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

【2018年最新版】カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードが作れる!

【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

【30分で30万円手に入れる】消費者金融系カードローンって大丈夫?

今すぐ30万円手に入る!?クレジットカードでお金を借りるには

カードローン&クレジットカードキャッシング、限度額を上げるにはどうしたらいい?

 

その前に・・・今すぐお金が必要!そんなときにはゆっくり考えている猶予がありませんよね。プロミスでお金を借りることに決めているなら、さっそく申し込んでみましょう。

カードローンでは、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用が断然オススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミス

またWebからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

プロミスに申込んだことがある方はこちらもチェックしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

※お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/15 20:22
    無料診断がされました。
  • 12/15 19:19
    無料診断がされました。
  • 12/15 19:13
    無料診断がされました。
  • 12/15 18:51
    無料診断がされました。
  • 12/15 17:31
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

カードローンの関連記事(64件)

1 2 3 4 5 13

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる