その他カードローンQ&A

master
master
更新日2022/2/21

ビジネスマンが企業のオフィスでビジネスレポートのグラフと財務チャートを分析している

 

事業性カードローンに関する様々な疑問をまとめています。

 

その前に・・・「資金調達」をお急ぎの方には以下の方法を参考にしてください。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

事業性カードローンの金利はなぜ銀行より高いの?

事業性カードローンの金利は通常、銀行融資よりも高めに設定されています。

理由は簡単で、カードローン会社は借りたお金をさらに貸しているからです。

 

図 1お金の流れ

図 1お金の流れ

 

銀行は他人から預かった預金に低い金利(利子)を払い、一方で他人に高い利子で融資を行います。この預金金利と貸出金利の差が銀行の取り分となるわけです。

一方、カードローン会社は銀行から高い金利で借り融資を受け、もっと高い金利で他人に貸し出しています。いわば利子が二重に取られているわけですね。

 

加えて事業性カードローンは審査も簡単で、貸し手のリスクも高くなっています。

そのリスクを穴埋めするために、ローン会社は金利を高めに設定しているのです。

 

担保や保証人がなくても大丈夫なの?

事業性ローンは基本的に無担保・無保証なので心配はありません。ただし、担保をつけることが出来ればより有利な条件で借受が出来る場合があります。

ただし、無担保ローンは言い換えれば借りる本人が担保になるローンともいえます。会社を清算しても債務が消えるわけではありませんので気をつけましょう。

 

ちなみに、担保と聞くと通常は不動産を想像されるかと思いますが、ローン会社によっては債権や株券を担保と認めているところもあります。

 

ビジネスローンに必要な書類は?

電話をかける男性

 

ビジネスローンは銀行融資などと違い、人が審査を行うわけではありません。そのため、事業計画書や返済計画書などは必要ありません。

では何を提出すればいいのかといいますと、「決算書」「納税証明書」「商業登記簿謄本」「住民票」などです(ローン会社によって多少異なります)。

 

特に大事なのは決算書。税金の滞納があったり、事業を始めてからの年数があまりにも短かったりする場合には融資を受けられません。

また、債務超過がある場合も融資は不可能です。

 

返済が遅れそうな場合は?

返済が間に合わない場合は別のキャッシングなどには手を出さず、担当者と連絡して話し合いを行いましょう。

 

返済が遅れたらどうなる?

頼み込む男性

 

返済が遅れたら当然催促の連絡はかかってきますが、ドラマのようにサングラスにパンチパーマの怖い人がやってきて暴力を振るわれるようなことはありません。

そんなことをしてもローン会社の評判が下がるだけで、ローン会社に取って得がないからです。

 

ただし、あまりにも返済が遅れすぎるとカードローンの利用が停止されたり、いわゆるブラックリストに掲載されたりすることがあります。

借り入れた以上は返すのが人としての責務ですので、債務は必ず履行しましょう。

 

資金を迅速に調達したい場合は?

ノンバンク系の事業性カードローンは審査が短いのでお勧めです。

 

その前に・・・「資金調達」をお急ぎの方には以下の方法を参考にしてください。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • p******j様が
    100万円を調達しました。

  • n*****u様が
    300万円を調達しました。

  • d***n様が
    1100万円を調達しました。

  • t****g様が
    1100万円を調達しました。

  • q**l様が
    500万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング