カードローンとサラ金は違うの?銀行や消費者金融、信販会社のカードローンは安全!

master
master
更新日2022/6/30

カードローンとサラ金には、どのような違いがあるのでしょうか?

 

ATMの紙幣取出口

 

本記事では、カードローンとサラ金の違いを説明するほか、銀行や消費者金融、信販会社のカードローンについて解説します。

なお、以下の記事でもカードローンの仕組みについて解説しています。カードローンキャッシングを希望される方は、ぜひ一度覗いてみてください。

 

参考記事①: 【保存版】カードローン24選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

参考記事②:【2021年2月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

サラ金とは「サラリーマン金融」のこと

 

「サラ金」。よく聞く言葉ですが、その意味を正確に把握されている方は意外と少ないようです。サラ金とはサラリーマン金融の略ですが、近年はイメージアップのためか「消費者金融」と呼ばれることが多いようです。

 

サラ金と消費者金融の違い

用語 意味
サラ金 昔の呼び方、現在の消費者金融にあたるが「荒っぽい取り立て」などを行っていたため、現在の消費者金融カードローンとは異なる。
消費者金融 別名をノンバンク融資という。銀行以外の消費者金融が融資を行うローン。最近では、銀行の傘下に入り融資を行う「銀行系列のローン会社」が大半を占める。

 

では消費者金融とは何なのかといいますと、個人に対する小口融資のことです。現代社会においてサラ金は非常に身近な存在であり、なんと日本人の10人に1人(約1300万人)が使用しているとか。

 

事業性カードローン(ビジネスローン)とサラ金の違いは?

 

事業性カードローンとは、ビジネスローンのことで、事業性の目的に使われる融資商品を指します。

 

参考記事①:ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較!

参考記事②: 信販会社ビジネスローン9社を「融資可能額」でおすすめ比較!(2018年最新版)

 

事業性カードローンとサラ金、一番の違いは対象者です。事業性カードローンはあくまでも事業者に対する融資です。これに対し、サラ金は個人に対する融資なので仕組みは全く異なります。

 

サラ金と消費者金融カードローン、どちらが借り手にとって有利なの?

 

まずは借り手にとって最も重要な金利ですが、これは事業性カードローンに軍配が上がります。サラ金は担保も保証人も必要なく、さらに個人の信用力に依存するものであり、さらにさらに主婦や学生でも使えるように審査のハードルがかなり低くなっています。

 

その分サラ金が金利を高く設定しているのは当然のことといえます。

 

関連記事:無担保のローンは安全か|無担保ローンのメリットとデメリット

 

一方、事業性カードローンは事業者を対象としたものですから借り手の信用力はサラ金利用者よりも高く、その分金利は低めに設定されています。

 

ただし、事業性カードローンの金利が低いといっても、それはサラ金と比べた場合の話です。事業性カードローンよりも銀行融資や日本政策金融公庫の融資の方が金利も安いので、選べる状況になったならばそちらから借りたほうが得です。

 

審査の簡易性、スピードという観点から見た場合はサラ金に軍配が上がります。近年は事業性カードローンの審査もだいぶスピーディーになりましたが、サラ金の手軽さにはまだまだかないません。ここでは一般的なサラ金の使い方を説明したいと思います。

 

まずは申し込みの前にネットで申し込みを済ませます(必須ではありませんが、事前に申し込むことによって後々の手続きが楽になります)。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

ネット申し込みでは氏名、住所、メールアドレス、電話番号、勤務先、ローンの有無などについて聞かれます。

申込が終わったら審査が行われます。審査は通常30分、長くても1時間程度です。審査に通ったらサラ金まで出向いてください。在籍確認(勤務先に本当にその人が存在しているかの確認)が行われます。この手続きがスムーズに進めば、融資を断られることはまずないでしょう。

 

なお、サラ金は総量規制の対象ですが、事業性ローンは総量規制の対象外です。そのため、大口の融資が必要な場合は事業性カードローンを使うことになります。

 

カードとサラ金、結局どちらを使えばいいの?

 

どちらかを選べる状況になった場合は迷わず事業性カードローンを使うべきです。サラ金はイメージの悪さもさることながら、金利が高すぎます。サラ金に頼らざるを得ない状況まで追い込まれないようにすることが肝心です。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • n**s様が
    100万円を調達しました。

  • w******u様が
    300万円を調達しました。

  • h****f様が
    100万円を調達しました。

  • g**j様が
    200万円を調達しました。

  • r*****q様が
    100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング