閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

カードローン&クレジットカードキャッシング、限度額を上げるにはどうしたらいい?

カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用していると、「いつもより少し限度額を上げて利用したいな…」と考えたことはありませんか?

契約時には問題なく利用できていた限度額でも、実際継続して利用していると急な出費が積み重なり、さらなる借り入れがが必要なときもでてきますよね。いざという時のために、カードローンやクレジットカード・キャッシングの限度額を引き上げるための方法を知っておくと安心です。

本記事では、カードローンやクレジットカード・キャッシングの限度額を上げるための方法や増額のために必要となるもの、またメリット・デメリットについても確認をしていきたいと思います。急な増額申請が必要となった時は、ぜひ本記事の内容を参考に限度額引き上げにチャレンジしてみてください。

※ カードローンの限度額が少しでも高いところを利用したいとお考えの方は、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

 

 

 カードローンやクレジットカードキャッシングの限度額を上げるにはどうすればいい?

カードローンやクレジットカードキャッシングの限度額は、申込時の入会審査においてその人の「返済能力」や「信用度」にあわせて決定されます。しかし、その後、利用を継続することによって「限度額を上げて利用したい」という希望を持つこともあるでしょう。
それでは、カードローンやクレジットカードキャッシングの限度額を上げるには、どうしたらいいのでしょうか。その方法としては、 大きく分けて次の2つの方法が挙げられます。

・ クレジットヒストリー(=クレヒス)を積んで、自動で限度額が上がるのを待つ
・ 限度額を上げるよう自ら金融機関に申請をする

ここでは、これらの方法について検討していきたいと思います。

クレジットヒストリー(=クレヒス)を積んで、自動で限度額が上がるのを待つ

カードローンやクレジットカードの限度額は、毎月利用した分に関してきちんと返済を行い、延滞事故などを起こしていなければ、自動的に限度額が引き上げられていきます。このように実績(クレジットヒストリー)を積んでいけば、特に何事もなく、自動で限度額が上がっていくでしょう。

限度額が上がる目安としては、早くてカードを作成して半年後もしくはカード更新時期が多いといわれています。地道に実績を積んでいくことが、最も早い限度額増額の近道となります。限度額の増額を急いでいない場合には、まずクレヒスを積み、カード会社側から限度額増額の連絡が来るのを待つと良いでしょう。

限度額を上げるよう自ら金融機関に申請をする

「とにかく早く限度額の引き上げを行いたい!」このように、急ぎで限度額の引き上げを検討する場合は、自ら金融機関に申請をしてみましょう。その際、申請書類を作成する必要があります。その後、金融機関からの審査となりますので、最終的には審査により、増額の可否が決定します。

なお、限度額の引き上げにあたっては、通常のカードローンやクレジットカード・キャシングと同様もしくはそれ以上のの審査期間が必要となりますので、申込みをして即増額枠での利用が可能となるわけではありません。そのため、急ぎでの増額を行いたいという場合には、「想定より審査に時間がかかってしまい、希望の時期に間に合わなかった」ということもありえます。そのため、限度額引き上げ申請をする際には、その時期についても注意が必要です。

▊ カードローンやクレジットカード・キャッシングの限度額を引き上げる手順

それでは具体的に、カードローンやクレジットカード・キャッシングの限度額を引き上げる方法について確認をしていきましょう。一般的に、これらのカードの限度額を引き上げるには、次のような手順を踏む必要があります。

1)インターネットもしくは電話で申込みを行う

2)限度額増額の審査を行う

3)増額審査に通過した段階で利用が可能となる

申込みは、インターネットもしくは電話から可能となっている金融機関が多くなっています。特にインターネットからの増額申請は、24時間365日いつでもどこでも気軽に行えますので、大変便利です。電話から申込みを行う場合は、スタッフと直接確認を取りながら申請が可能です。その際、増額についての質問事項がある場合は、手続きがスムーズに進みます。また逆に増額の理由など詳細に質問をされることもありますので、あらかじめ質問の答えを準備しておくとよいでしょう。ご自身に都合のよい方法で、限度額増額の申込みをしてみましょう。

なお、限度額審査は、通常のカードローンやクレジットカードの審査も同様のもの、もしくは厳しくなる場合も多いようです。特にクレジットカード・キャッシングの場合、一時的な増額と比較し、継続的な引き上げのほうが審査が厳しくなる傾向にあります。

そのため、「海外旅行のために一時的にだけ増額したい」といった場合には、一時的な増額・引き上げを申請することをおすすめします。

▊ カードローンやキャッシングの限度額引き上げ、どのような書類が必要になるの?

それでは、カードローンやクレジットカード・キャッシングを行う際、限度額の引き上げを行うには、どのような書類が必要となるのでしょうか。具体的には以下のような書類が必要となります。

一般的に、カードローンやキャッシングの増額審査には収入証明書が必要となります。お勤めをされている方の場合、収入証明書として認められる書類には、次のようなものが挙げられます。

例)源泉徴収票・給与の支払明細書(直近2ヵ月分)・確定申告書・納税通知書・課税証明書・所得証明書・住民税決定通知書・年金証書・年金通知書

また、自営業の方の場合は、次の書類が必要となるので、増額審査の前にはあらかじめ準備が必要です。

・所得税の確定申告書

この他、青色申告・白色申告等申告方法の違いにより必要となる書類が異なりますので、増額審査を申し込む前にあらかじめ確認をしておくとよいでしょう。

カードローンやキャッシングの増額審査に通過するためには、本記事で紹介した点に注意して書類をご用意ください。

※ カードローンの限度額が少しでも高いところを利用したいとお考えの方は、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

▊ 限度額引き上げ時には、このような点がチェックされる

それでは、カードローンやクレジットカードの限度額引き上げ時には、どのような点がチェックポイントとなるのでしょうか。チェックポイントとしては、次の点が挙げられます。

1)初回契約時と比較した年収

2)契約期間

3)延滞事故などの有無

それでは、これらについて内容を確認をしていきましょう。

1)初回契約時と比較した年収額

カードローンやクレジットカードの初回契約時と比較した年収額が、増額申請時に増えていることがわかれば増額審査にも通過しやすくなります。それは、カード会社側で、収入が増えたことにより返済能力が上がったとみなされるためです。

2)契約期間

一般的に増額審査に通過しやすい期間は、初回申込時から早くて6ヶ月、通常は1年間といわれています。そのため、カードを作成した即、増額審査に申込みをしても審査の通過が難しくなるといえるでしょう。増額審査の申込みをする際には、その時期にも注意しましょう。

3)延滞事故などの有無

限度額引き上げの審査では、過去にローンの返済遅れなど延滞事故がなかったかもチェックの対象となります。これらの信用情報は信用情報機関のデータベースに記録されており、カード会社側で審査の際には参照されます。また、増額希望のカードのみでなく、他社ローンの延滞事故も審査の対象となります。

▊ 限度額引き上げによってこのようなメリットがある

それではここで、カードローンやクレジットカードの限度額を引き上げることによるメリットについて確認をしておきましょう。主なメリットとして、次のようなことが挙げられます。

・他社の借り入れをしなくて良いため、信用情報に傷がつかない

・場合によっては想定以上の限度額引き上げが可能となる場合がある

他社の借り入れを別途しなくてよいと言う点では、限度額を引き上げることにより、自身の信用情報にキズがつかないという利点があります。複数箇所からの借り入れがあるとみなされると、他のローン審査にも影響する可能性が出てきます。

また、一度の限度額引き上げで、想定以上の限度額引き上げが可能となる場合もありますので、利用の際にもゆとりが出てきます。

▊ 限度額引き上げにおけるデメリットについても認識しておく

それでは、限度額引き上げにおけるデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。限度額を上げた際のデメリットについてもここで確認をしておきましょう。

限度額引き上げによるデメリットについては、以下のようなものが挙げられます。

・限度額引き上げまでには時間を要する

・限度額を引き上げることにより、使いすぎの心配がある

限度額の引き上げ申請は、行った後、すぐに増額された枠で利用ができるということではありません。限度額の引き上げにおける審査期間を経て、初めて利用できるようになるため、場合によっては数週間待たなければならないと言う場合もあります。

また、限度額を引き上げることにより、ついつい使いすぎてしまう…という心配も否めません。枠が広がったことにより、ついつい気が大きくなり使いすぎてしまったというのはよくある話です。そのためにも、限度額を引き上げを検討する際には、本当に必要なものなのか、しっかり考慮の上実行しましょう。

▊ なかなか審査が通らない…そんな時は情報開示手続きを

クレジットカードやローンの限度額を申請しているのになかなか通らない時には、信用情報機関で情報開示手続きをするのがおすすめです。日本国内の信用情報機関では、以下の3つが代表的なところとなっており、私達の信用情報についての他社での借入や返済状況、その他個人情報を利用した調査を行っています。これら3つの信用情報機関の特徴は、次の通りとなります。

1)日本信用情報機構(JICC)

国内で最も古い信用情報機関。主に消費者金融が情報を利用している。カードの延滞情報や債務整理の情報は5年(官報情報は10年)、多重申込は6ヶ月までデータを保存。

2)シーアイシー(正式名称: 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関CIC)

主に信販会社やクレジットカード会社、一部の銀行に利用されている信用情報機関。カードの延滞情報や債務整理の情報は5年まで、多重申込みは6ヶ月までデータを保存。

3)全国銀行個人信用情報センター

主に 銀行や銀行系列のカード会社、信用保証協会、信用組合、信用金庫、農協等が利用する信用情報機関。カードの延滞情報や債務整理や5年まで、多重申込みは6ヶ月までデータを保存。

そして、これらの信用情報機関では、以下の情報について主に開示が可能となっています。「何度も限度額引き上げを希望しているのになかなか審査に通過しない」という場合には、信用情報機関に開示手続きを行ってみてください。

・ 個人情報(氏名、生年月日、電話番号など)

・ クレジットカードやローンなどの利用金額、残高など個人取引きに関する情報

・ クレジットカードやローンの取引きによって発生した情報

情報開示手続きについては、以下のサイトが参考になりますので、自身の信用情報に不安があるという方はぜひこちらも確認いただくとよいでしょう。

参考サイト①:情報開示とは(自分の信用情報を確認)CIC

参考サイト②:本人開示の手続き(一般社団法人・全国銀行協会)

 

▊ 限度額引き上げを検討するなら、もう一枚カードを持つという選択肢も

ここまで、カードローンやクレジットカード・キャッシングの限度額引き上げについて確認をしてきましたが、別の視点から「限度額を増やす」方法についても考えてみましょう。

カードローンやクレジットカードの限度額引き上げを検討する場合、もう一枚カードを作成する、という選択肢もあります。利用をしていて今まで一度も延滞事故などを起こしていない場合は、比較的すぐに新規のカードを作成することが可能と言えます。

また、カードの限度額の引き上げについては時間を要する場合もありますので、その点、新規のカードを持つほうが、比較的カンタンに利用限度額を引き上げることができるといえるでしょう。

「限度額の引き上げを申請しているが、なかなか審査に通過しない」という場合は、少しでも審査がゆるめのカードの申込みにチャレンジすることも検討してみましょう。

まとめ:カードローンやキャッシングの限度額引き上げを申請する際には、メリット・デメリットも考慮に入れた上で!

いかかでしたか?カードローンやキャッシングの限度額を引き上げることにより、様々なメリット・デメリットがあることがおわかりいただけたのではないでしょうか。限度額を引き上げる場合には、このような点を考慮に入れた上で利用することをおすすめします。そして、限度額を引き上げた場合には、くれぐれも使いすぎには注意するようにしましょう。

※ なお、カードローンの限度額が少しでも高いところを利用したいとお考えの方は、最短即日融資可能な銀行系『プロミスカードローン』の利用もオススメです。何と言っても初めての方は30日間利息なしで、限度額は最大で500万円までカバーしています。

⇒ はじめての人は利息ゼロ!プロミスカードローン

またパソコンからの申し込みなら、最短1時間のスピード融資(※ 審査の状況によっては翌営業日以降になることもあります)が受けられるので安心です。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アイフル 安心のキャッシング

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 11/15 11:52
    無料診断がされました。
  • 11/15 11:07
    無料診断がされました。
  • 11/15 01:00
    無料診断がされました。
  • 11/14 23:09
    無料診断がされました。
  • 11/14 22:44
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

その他の関連記事(83件)

1 2 3 4 5 17

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全490件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる