会社経営者の方がお金を借りる方法とは?その方法を一挙公開!

吉永 あき
吉永 あき
更新日2022/8/29

NEW!お金を作る方法!10万円100万円200万円を明日までに手にする最終手段!

現時点で会社経営をされている方やこれから起業を控えている方がお金を借りたいと希望する場合、どのような方法があるのでしょうか。

 

ビジネスマンが白い傘を握り、基本的なバランススケールでドルの袋を保護し、詐欺や詐欺からお金を守る

 

一概に会社経営者の方がお金を借りるといっても、その目的によってはお金を借りる方法が異なります。目的別に「適切に」「効率よく」お金を借りるためにも、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

そこで、ここでは会社経営をされている方・起業を考えている方向けに、その用途に合わせたお金の借り方についてみていきたいと思います。会社を経営されている方は、ぜひ本記事を参考にお金を借りてみてください。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 会社経営者の方がお金を借りる方法にはどのようなものがある?

会社経営者の方がお金を借りるにあたっては、用途に応じて様々な方法が考えられます。

 

生計費の借入

クレジットカード・カードローンなど

 

事業費の借入

ビジネスローン・国の融資・法人向けクレジットカードなど

そして、会社経営者が借りる生計費・事業費は次のようなものとなります。

 

会社経営者が借りる生計費

会社経営者が借りる「生計費」とは、生活費やショッピング等といった「私的な目的」で利用するためのものを指します。

そのため、「生計費」は、クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用することにより、借入が可能です。「生計費」は、一般的に利用する「キャッシング」「カードローン」とほぼ同じものを利用することになると考えていただいてもよいでしょう。

 

ただし、会社経営者の方が、一般の「カードローン」を利用するにあたっては、審査が厳しくなる傾向があります。それには、次の2つの理由が考えれられます。

 

大企業と比較し、事業が不安定

多くの個人事業主の方や中小企業の経営は、大企業と比較して不安定な面があります。実際、カードローンの利用条件として挙げられる「安定継続した収入」が、個人事業主・中小企業経営者の場合には見込めない場合も多くなっています。

そのため、お金を貸す側である金融機関側も会社経営者の方の「カードローン」の審査については、厳しくなる傾向があるのです。

 

「生計費」として借入られたローンが「事業費」に回される可能性がある

もう一つ、審査が厳しくなる理由として、「生計費」として借入られたローンが「事業費」として利用される可能性があるという点が挙げられます。

原則、「カードローン」は「事業資金として利用の利用は不可」とされているものが多く、借りたお金は「生計費」のみで利用することが前提となっています。そのため、「事業費」として利用することは、本来の用途ではありません。

 

しかし、お金を貸した金融機関側では、用途についての追跡をすることはできないため、そのあたりもリスクも考慮に入れた上で、会社経営者の方の「カードローン」審査を厳しくする方向としています。

これらの理由から、会社経営者の方が「クレジットカード」「カードローン」を利用して生計費の融資を受けることは可能であるとはいえ、通常の借入より審査が厳しくなるという点は、頭に入れておくとよいでしょう。

 

会社経営者が借りる事業費

「事業費」とは、事業を行う上で必要となるお金です。この「事業費」は、事業用融資であるビジネスローンの利用や、日本政策金融公庫といった国の機関から融資を受けるなどの方法、また法人向けクレジットカードの利用により資金調達が可能となっています。

 

ビジネスローンの利用

「ビジネスローン」とは、主に会社経営者(個人事業主も含む)の方が、事業のための資金を調達するために利用するローン商品のことを指します。

中には即日融資が可能なものも多くあり、スピーディーな資金調達を必要とする事業主の方には大変人気のある商品となっています。通常のカードローンのように担保や保証人不要といった点でも、非常に使い勝手のよいローンといえるでしょう。

 

また、ビジネスローンは、通常のカードローンと異なり、総量規制の対象外となっているため、「年収の3分の1以上の借入不可」といった制限もなく貸付を受けることができます。

ただし、金利については、通常のカードローンと同様、高めに設定されているものが多いため、少しでも金利面でお得に借入をしたいとお考えの場合にはおすすめできません。多少融資に時間がかかっても、金利の低いものを選びたい、と希望している場合は公的融資の利用を検討しましょう。

 

国からの公的融資の利用

「国からの公的融資制度」とは、国の機関である「日本政策金融公庫」や「商工中金」が行う事業者向け融資制度のことを指します。

この公的融資制度の特徴として、「低金利のため、支払いの負担が少ない」「融資金額が大きいため、様々な用途に利用可能である」といった点が挙げられます。

また、融資の条件を満たしていれば審査に通過しやすいため、他の事業者向けローンと比較してもメリットの大きな制度となっています。特に、これから起業を検討している事業者の方にはおすすめです。

 

ただ、利用にあたっては「審査に時間を要するため、融資まで時間がかかる」「保証人が必要となる場合がある」などといったデメリットもあるため、融資の申込みをする場合には注意しましょう。

 

法人向けクレジットカードの利用

「法人向けクレジットカード」とは、主に中小企業の代表者や役員、個人事業主の方向けに発行する「ビジネス専用の」クレジットカードのことを指します。

法人名義で作成するカードとなるため、経営効率化や資金の効率化を図る上でも多くの恩恵を受けることができます。

法人の名義での決済はもちろんのこと、サービスの優待利用や空港ラウンジの無料利用、旅行傷害保険などビジネスに役立つ手厚いサービスが受けられるという点でも、非常にポイントの高いクレジットカードとなっています。

 

法人向けクレジットカードを利用するメリットとしては、「煩雑な事務処理が楽になる点」「プライベートとビジネスの切り分けが可能となる点」「会員優待サービスの利用により経費の削減が可能となる点」が挙げられます。

また、申込みから審査を経て、利用までもが最短30分とスピーディーなカードもあり、急ぎでのカード発行を希望している経営者の方には最適といえるでしょう。

 

ただし、個人事業主の方が法人向けクレジットカードカードを利用する場合は、生計費と事業費が混じらないよう、注意が必要です。

法人向けクレジットカードを作成する際には、あらかじめ事業費として利用したお金は法人口座から引き落とすように設定し、上手にお金の管理を行っていきましょう。

 

なお、「法人向けクレジットカード」については、次の記事を参考にニーズに合う商品を探してみるのもおすすめです。

参考記事:法人クレジットカード20選!あなたの経営に必ず役立つオススメカードまとめ 

 

 

▊ 生計費の借入をするためにおすすめのクレジットカードやカードローン、どのようなものがあるの?

先に述べたとおり、会社経営者の方が生計費等の私的な目的で利用するためには、通常のクレジットカードや消費者金融・銀行のカードローンを利用するとよいでしょう。

 

その中でも、即日融資を希望される場合は、すでに契約済みのクレジットカードや消費者金融系カードローンの利用がおすすめです。

特に消費者金融系カードローンには、即日融資をアピールしているものも多く、申し込んだその日のキャッシングも可能となっています。

そのため、「今すぐお金を借りたい」という方にはぜひおすすめしたい商品といえるでしょう。カードローンの利用を検討される方は、ぜひ次の記事を参考にぴったりの商品を探してみてください。

参考記事:【保存版】カードローン24選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

 

また、「今すぐにでも私的なお金が必要…」とお悩みの方は、次の記事を参考に即日融資商品の申込手続きを進めてみるとよいでしょう。

参考記事①:【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

参考記事②:即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

▊ 会社経営者の方が事業費の借入をするためにおすすめのビジネスローンは?

先の項では、会社経営者の方が事業費の借入をするにあたっては、ビジネスローンや国の公的融資制度、法人用クレジットカードの利用が適していることを説明しました。

その中でも特に人気が高いのは、最短即日融資も可能なビジネスローンです。ビジネスローンは、銀行や消費者金融系・信販会社といった金融機関の他、事業融資専門の金融機関からも多数発行されています。

特に、次のようなビジネスローン商品は、経営者の方の間でも定評ある商品として知られています。

 

・ ビジネスローン アイフルビジネスファイナンス
・ オリックスVIPローンカードBUSINESS オリックス・クレジット株式会社
・ MRF

 

これらの商品に共通していえることとして、「申込みから審査・契約・融資までの対応がスピーディー」そして「融資枠が大きい」点が挙げられます。これらの条件は、スピーディーかつ大型の資金調達を必要とするビジネスの場面において、経営者の方にニーズにピッタリと合うものといえるでしょう。

なお、この他にも多くのビジネスローンについて紹介をしていますので、ぜひ以下の記事も参考にしてください。

ビジネスローン人気ランキング!事業資金調達に役立つローンを徹底比較

・ビジネスローンの審査難易度と審査項目は?事業資金借入を成功させる6つのコツ!

【保存版】事業資金の調達におすすめ!今すぐ借りれる低金利ビジネスローンを徹底比較(2018年更新)

事業資金の借入におすすめ!資金繰り改善に役立つ信販会社ビジネスローンを徹底比較(2018年最新版)

 

こちらでは、ビジネスローン商品のメリット・デメリットについても詳しく紹介しています。

ビジネスローン35選!法人&個人事業主にオススメの事業融資を徹底比較! 

ビジネスローンのメリット!ビジネスローンは無担保・保証人なしで融資が受けられる!

ビジネスローン(事業融資)のデメリット!事業者は高金利・限度額が低いので注意しよう

 

 

▊ 審査が厳しくなりがちな個人事業主の方が融資を受けるには

会社経営者の中でも、個人事業主の方は特に融資の審査が厳しくなると言われています。

それには個人事業主の方の収入が不安定であるという理由があると考えられます。一般的に、個人事業主をはじめとした自営業者の方は、月により売上が変動することも多く、ローンの申込みをしても、収入が安定していないとみなされ断られてしまった…という経験がある方もいるのではないでしょうか。

確かにお金を貸す側としても、貸したお金をきちんと返してもらえる保証がなければ、簡単には融資OKとはできませんよね。

 

このように、審査で不利になりがちな個人事業主の方が融資を受けることができるようにするためにはコツが必要です。個人事業主の方が、スムーズに融資を受けるためにも、次の点に気をつけるとよいでしょう。

 

・確定申告を確実に行う
・携帯電話料金や各種税金などの支払いを滞納しない
・開業届や営業許可の届け出はきちんと行う

 

この通り、与信を確保することに留意した上で、「現時点で必要な額だけ」のローンの申込みをするだけでも、審査の通過には有利となるでしょう。この他、自営業の方でも「審査に通過しやすく」「借りやすい」という評判の高いローンに照準をあて、申込みをしてみるのも一考です。個人事業主の方でも比較的「借りやすい」とされている専用ローンについては、以下の記事が参考になります。

参考記事:【個人事業主の方向け】自営業でも借りれる専用ローンまとめ

 

また、個人事業主の方が少しでも有利にローンの審査を受けるためには、次の記事も参考になります。審査に通過しにくいといわれている個人事業主の方でも、あきらめず申込みをしてみましょう。

参考記事:【個人事業主必見】自営のローン審査は厳しい!それでも借りる方法とは

 

その他、個人事業主の方が受けることのできる融資については、以下の記事が参考になります。

【最新版】個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2019年更新)

【保存版】個人事業主の資金調達に欠かせない!キャッシュフロー計算書の作成方法と雛形(サンプル)10選!

【起業時必見】個人事業主向け補助金で無敵になれる9つの方法とは?

IT・WEB系の起業家&個人事業主にオススメの資金調達方法と助成金10選!

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

▊ 個人事業主であれば、法人クレジットカードのキャッシング枠を利用することが可能

一般的にキャッシング枠が付いていないことの多い法人クレジットカード。しかし、個人事業主の方であれば法人クレジットカードのキャッシング枠が付いたカードを作成することが可能です。

法人クレジットカードのキャッシング枠を利用し、事業資金を調達することができれば、経営のピンチにも一役買ってくれることでしょう。

 

ここでは、キャッシング機能をもつ個人事業主方向け法人クレジットカードで人気の高いおすすめのカードをご紹介しましょう。

 

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友カードが発行するビジネスカード「三井住友ビジネスカード for Owners」。

法人代表者、個人事業主の方が対象となっており、クラッシック(一般)カード・ゴールドカード・プラチナカードが用意されています。

 

いずれのカードにもキャッシング枠が設けられていますが、個人事業主の方は、年収の3分の1を超えたキャッシングも可能です。あらかじめ設定された枠の範囲内で1万円単位から利用でき、事業資金・プライベートと用途を選ばず借入をすることができます。

また、クラッシック(一般)カード・ゴールドカードは年会費が無料ですので、カード利用のための費用を支払う必要もありません。

 

「三井住友ビジネスカード for Owners」商品詳細

カード名 三井住友ビジネスカード for Owners
カード種別 クラッシック

(一般)

ゴールド プラチナ
年会費 本会員:1,375円(税込)
パートナー会員1名毎:440円(税込)
※初年度年会費無料
本会員:11,000円(税込)、パートナー会員1名毎:2,200円(税込)

※初年度年会費無料

本会員:55,000円(税込)、パートナー会員1名毎:5,500円(税込)
ショッピング枠 ~150万円 ~300万円 原則200万円〜
ショッピング枠返済方式 1回払い、リボ払い、分割払い、2回払い、ボーナス一括払い
キャッシング枠 公式サイトをご確認ください
キャッシング返済方式 公式サイトをご確認ください
キャッシング返済期間 公式サイトをご確認ください
キャッシング返済回数 公式サイトをご確認ください
キャッシング利率 公式サイトをご確認ください
キャッシング遅延損害金 公式サイトをご確認ください
キャッシング利用手数料(1回あたり) 公式サイトをご確認ください
キャッシング利用可能ATM 公式サイトをご確認ください
支払日 公式サイトをご確認ください

 

公式サイト:三井住友ビジネスカード for Owners(三井住友カード)

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

株式会社クレディセゾンが発行する「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」は、キャッシング枠の付帯した法人・個人事業主向けクレジットカードです。

ただし、こちらは「三井住友ビジネスカード for Owners」と異なり、キャッシングの限度額が審査の結果によるものとなりますので、あらかじめご承知おきください。

 

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の最大のメリットは、マイルの還元率の高さや付帯サービスの質の高さです。そのため、ビジネスでクレジットカードを利用したいとお考えの法人・個人事業主の方にはぜひおすすめしたい商品となっています。

また、申込者個人が審査対象となっているため、比較的審査に通過しやすいカードといわれており、審査に不安を持つ個人事業主の方には、非常に人気の高い法人クレジットカードとなっています。

 

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード」商品詳細

カード名 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
年会費 22,000円(税込)

(年間200万円以上のショッピング利用で年会費半額)

ショッピング枠 審査により決定
ショッピング枠返済方式 1回払い、2回払い、リボ払い、ボーナス払い
キャッシング枠 審査により決定
キャッシング返済方式 1回払い、リボ払い
キャッシング返済期間 審査により決定
キャッシング返済回数 審査により決定
キャッシング利率 年12.00%~18.00%
キャッシング遅延損害金 年20.0%
支払日 毎月4日 ※金融機関休業日の場合は翌営業日

 

公式サイト:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(株式会社クレディセゾン)

 

 

▊ これから起業する方は公的融資制度を活用しよう!

これから起業を検討している方は、公的融資制度の利用もおすすめです。起業を検討している方向けの公的融資制度は、「日本政策金融公庫」もしくは「商工中金」が行っています。

以下にこれらの組織について簡単に解説します。

 

日本政策金融公庫

2008年、株式会社日本政策金融公庫法によって設立された政府系の金融機関が日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫の公的融資制度では、個人事業主・中小企業の経営者の方、農林事業に従事されている方への融資を取り扱っています。新たに事業を始めたいとお考えの方向けの融資「創業支援」には特に力を入れています。

「創業前」「創業時」「創業後」には、その時々に応じた支援を行っており、様々な情報提供も積極的に行っています。

 

日本政策金融公庫では、主要融資制度として「普通貸付」「セーフティネット貸付」「新企業育成貸付」「企業活力強化貸付」「環境・エネルギー対策貸付」といったものを取り扱っていますので、興味のある方はぜひ日本政策金融公庫の最寄りの窓口までお問い合わせになるとよいでしょう。

この他にも多数制度を用意していますので、最適の融資制度を紹介してもらえる可能性もあります。

 

また、日本政策金融公庫の融資のメリットとして、「他の融資制度にはない圧倒的な低金利」「担保を用意せず融資を受けることができる」といった点が挙げられます。

例えば「普通貸付」の金利は年1.25%~1.85%とされており、通常のビジネスローンや法人向けクレジットカードを利用した場合と比較しても、お得に融資を受けることが可能です。

そのため、事業費として長期での借入が必要な場合には、低金利な日本政策金融公庫の融資制度を一度検討してみるとよいでしょう。

参考サイト:株式会社日本政策金融公庫

 

商工中金

商工中金は、1936年に設立された政府系金融機関です。

主に中小企業団体(商工中金株主団体)とその構成員を対象に、設備資金や運転資金など事業に必要な資金についての融資を行っており、これから中小企業団体を設立するという場合でも、融資の相談を受け付けています。(そのため、商工中金を利用する中小企業団体でない場合は、制度を利用することは不可。)

また、金融機関の破綻や再編、倒産、自然災害や事故などの発生などにより影響を受けた中小企業の方を対象とした相談窓口も各地に設置しています。

 

商工中金のビジネスローンで、一般的な融資商品となる「商工ローン」は、「1.3%~1.8%(基準利率)という低金利設定」「最高7億2,000万円までのゆとりある融資枠(ただし運転資金として利用する場合は最高2億5,000万円まで)」となっており、日本政策金融公庫の融資と同様に負担を少なく、事業資金の調達を行いたいと希望する中小企業団体の方にぴったりです。

この他、海外へと進出する中小企業の方向けに国際的なビジネスサポートを行っており、商工中金の国内外店舗に「中小企業海外展開サポートデスク」の設置も進めています。

参考サイト:商工中金

 

この他に、今後、日本政策金融公庫や商工中金の公的融資制度の利用を検討している方には、次の記事も参考になります。

参考記事①:【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

参考記事②:自治体でお金を借りるためのすべて!自治体でお金を借りるメリットデメリット

参考記事③:商工中金(商工ローン)の事業融資審査を通す4つのコツ!商工組合中央金庫で1000万借りよう!

 

また、日本政策金融公庫・商工中金の詳細については、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣!(2018年更新)

日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説!

日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

日本政策金融公庫(株式会社日本政策金融公庫)の理念を知っておこう!

2018年〜2019年に利用できる、日本政策金融公庫の融資制度一覧

創業計画書100%書き方ガイド!日本政策金融公庫から創業融資を受けるための5つのポイント

日本政策金融公庫とは?日本公庫を支える3つの機能と3つの目的

【実録】日本政策金融公庫に断られた!リベンジに必要な正しい審査対策

日本政策金融公庫を利用するメリットは6つ!日本公庫の融資がお得なポイント

【2018年度版】日本政策金融公庫(国民金融公庫)で融資を受ける際、注意すべきデメリットは4つ!

 

商工中金

【2018年最新版】商工中央金庫で有利に融資を受ける方法まとめ

資金調達でよく聞く商工ローンって?ビジネスローンとの違いを徹底解説

 

 

まとめ:会社経営者の方向けのお金を借りるための方法をマスターし、賢い借り入れを!

いかかでしたか?

本記事では、会社経営者の方向けのお金を借りる方法についてご紹介してきました。ご自身のニーズを把握し、最適な資金調達を行ってみましょう。

特に、ビジネスシーンでは、急な資金調達が必要となる場合も多く、審査がスピーディーで融資可決までに時間が掛からないローンを選ぶのがおすすめです。

 

また、会社経営者の方がお金を借りるにあたっては、「信用保証協会」「ソーシャルレンディング」といった資金調達方法も利用することができます。

その他、会社経営者の方向けの資金調達における成功のコツなどを紹介していますので、上記記事とあわせて次の記事も参考にしてみてください。

 

参考記事

【中小企業/個人事業主必見】信用保証協会を使って融資を有利にする方法

【保存版】ソーシャルレンディングとは?融資型クラウドファンディングで資金調達を120%成功させる5つのコツ!

【保存版】中小企業事業者の資金調達を「100%成功させる」6つのコツ!

借りたお金は資本金にできない!

借用書のテンプレートひな形10選!個人・法人でもお金を貸すときに使える金銭消費貸借契約書のサンプル

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • e****y様が
    300万円を調達しました。

  • p****y様が
    1000万円を調達しました。

  • o******p様が
    1000万円を調達しました。

  • i***d様が
    600万円を調達しました。

  • q***x様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング