ビジネスローンにデメリットはある?押さえてきたい3つの注意点

master
master
更新日2022/8/26

ビジネスローンのデメリットとして、高金利、限度額が低いことが挙げられます。

ビジネスローンは運転資金、設備投資のなど大きな費用には日本政策金融公庫の融資といった使い分けが必要です。

本記事では、ほかにも押さえておきたい注意点をまとめています。

なお、経営者・中小企業経営者に人気のビジネスローン(事業融資)については以下の記事が参考になります。ぜひ本記事と併せて、ご覧ください。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

事業者ローン(ビジネスローン)とは?

 

事業者ローンは、別名を「ビジネスローン」と言います。生計費や生活費とは、違い「事業性のある使途」を目的として融資を受けます。具体的には、運転資金(仕入れなど)や設備投資、人件費、リース料の支払いなどに使用します。

 

一般的なキャッシング(カードローン)は、個人を対象にした金融商品です。利用目的は基本的に自由ですが、例外として、投資やギャンブル、事業目的の利用は不可とされています。そのため、中小企業の経営者や個人事業主が、事業資金を調達するために一般的なカードローンを利用することは原則としてできません。一方で、ビジネスローン(事業者ローン)とは、事業者だけを対象とした金融商品のことを指します。

ダイレクトワン(スルガ銀行)より

 

またビジネス専用クレジットカードと併用し、必要経費と事業資金を使い分ける経営者・個人事業主も多いです。

 

関連記事:【最新】ビジネスローン人気5社を「使い勝手の良さ」で徹底比較!

 

ビジネスカードローンのデメリット

 

カードローンは事業者にとっては大変ありがたい仕組みですが、もちろんデメリットもあります。ただし、そのデメリットは借りる側の工夫次第で解決できるものばかりです。デメリットばかりに目を向けず、そのデメリットをどう回避しメリットを多く享受できるか考えることが大切です。

 

ビジネスカードローンのデメリット① 事業性カードローン(ビジネスローン)は高金利!

 

事業性カードローンの最も大きな弱点が金利の高さです。たとえば、日本政策金融公庫の5年融資の金利は約2%程度、銀行のビジネスローンの金利は約3%~(割引あり)となっていますが、事業性カードローンの金利の目安は約5~18%となっています。

 

このように、事業性カードローンはかなりの高金利ですが、一方で振れ幅も大きいです。たとえば、担保や保証人が用意できる場合、会社の経営状態が健全で信用力が高い場合は金利が決められた範囲の中で低くなります。できるだけ低金利で借りたいのならば、まずは会社の財務状況を見直すことが大切です。

 

ビジネスカードローンのデメリット② 事業性カードローン(ビジネスローン)は限度額が低い!

パソコンを見て説明している男性

 

事業性カードローンの限度額はスコアリングシステムという仕組みによって決められますが、設定される限度額はたいていの場合少額です。

 

そのため、事業性ローンは小口~中規模の融資がメインとなっています。大規模な融資が必要な場合は日本政策金融公庫や銀行などから融資を受けたほうがよいでしょう。

 

ビジネスカードローンのデメリット③ 事業性カードローン(ビジネスローン)は悪徳業者に注意したい

 

数としては多くありませんが、カードローンを提供している会社の中には希に悪徳業者が存在します。金利があまりにも高い場合はすぐにわかるので問題ありませんが、逆に金利があまりにも低い業者もそれはそれで怪しいものです。

 

悪徳業者に騙されないためには、その業者の素性を調べるのが一番効果的です。貸金業協会では悪徳業者の検索サービスを提供していますので、借りる業者の名前を一度検索しておくといいでしょう。

 

参考リンク:http://www.j-fsa.or.jp/personal/malicious/index.php

 

頬杖をついて本をめくっている女性また、貸金業登録番号についてもチェックしておきましょう。貸金業登録番号とはローン会社が必ず取得している番号で、これがない貸金業者は営業が出来ません(銀行などは除く)。

 

また、貸金業登録番号は通常「関東財務局長(2)第12345」などと表記されます。カッコ内の数字は更新するごとに増えていきます(更新は3年に1回)。カッコ内の数字が多いほど歴史が長い業者ということになります。

 

もちろん、歴史が長い業者が必ずしもいい業者とは限りませんが、カッコ内の数字が1の業者は信頼できるかどうかの判断がつきませんので、基本的には利用を避けるべきです。

 

ビジネスカードローンのデメリット④ 事業性ローン(ビジネスローン)も借金である!

 

個人がカードローンで破産することがあります。破産者は「限度額を自分で使っていい金額だと考えていた」という言い訳を良くします。まさかこんなゆるゆるな経済観念の経営者はまずいないかと思いますが、彼らの失敗を他山の石とすることは大切です。

 

事業性カードローンはあくまでも借金、返済しなければならないお金だという意識を持つことが、身を守ることにつながります。

 

ビジネスローンと併用したい日本政策金融公庫の融資

 

日本政策金融公庫は「国が100%出資」する金融機関です。日本政策金融公庫の融資は、低金利・高額融資に対応しており、起業から運転資金、設備投資まで、さまざまな用途に利用できます(※ ただし、事業性のある使途に限られる)。

 

ビジネスローンと公的融資を併用すれば、公庫の「返済据え置き期間」を活かしながら、(ゆとりのある)事業計画が立てられます。

 

関連記事①:日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣!

関連記事②:日本政策金融公庫で融資を受けるメリットとデメリット総まとめ!

関連記事③:【実録】日本政策金融公庫に断られた!リベンジに必要な正しい審査対策

 

このほか、各地方自治体で借りられる補助金や助成金なども、併用されることをおすすめします。補助金や助成金は、原則「返済が不要」であり借入のような返済負担もなく、必要な資金が100%フル活用できるので便利です。

 

地方で起業するメリット・補助金と助成金を活用した資金調達のコツ6つ

・ FAAVO(ファーボ)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

・ ガバメントクラウドファンディング「ふるさとチョイス」の口コミ・評判を9要素から徹底解説 

 

※ なお保証人を付けたくない方には以下のビジネスローンに加え、ファクタリングサービスの利用を推奨しています。ファクタリングは売掛金さえあれば「最短一日」で必要な事業資金が調達ができるので便利です。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

信用保証協会の制度も、どんどん利用しよう!

 

日本政策金融公庫の融資以外にも、信用保証協会の制度も活用してください。信用保証協会は、私たちの保証人として「金融機関の融資が受けられやすく」なるよう中小企業・小規模事業者、経営の発展を支える機関です。

 

銀行でプロパー融資を受けるよりも、信用保証協会の保証付き融資を受けた方が審査は可決されやすく、事業資金はスムーズに調達できます。

 

信用保証協会の参考記事

・ 【保存版】信用保証協会から借入できる!あなたも融資審査を100%通す3つのコツ

・  信用保証協会で「審査に申し込む方法」と、審査に受かるポイント2つ!

・  信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ

・ 【保存版】出資と融資、どちらが有利か?資金調達で成功する5つのコツ!

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

 

ビジネスローンのメリットとデメリットをご存じでしょうか。ビジネスローンを活用する際にはぜひとも押さえておきたい内容の一つです。

ビジネスローンのメリットデメリットに関する内容は下記の記事で解説しています。特徴をより深く理解したい方はぜひご覧ください。

 

 

まとめ|事業性ローンもご利用は契約的に!

 

事業性ローン(ビジネスローン)も、使い過ぎに注意し「計画的に」利用してください。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

※ このほか、保証人を付けたくない方には以下のビジネスローンに加え、ファクタリングサービスの利用を推奨しています。ファクタリングは売掛金さえあれば「最短一日」で必要な事業資金が調達ができるので便利です。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • u**p様が
    200万円を調達しました。

  • x**o様が
    1000万円を調達しました。

  • t****t様が
    700万円を調達しました。

  • s**m様が
    200万円を調達しました。

  • g**x様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り8社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング