閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

事業資金はこうやって調達する!融資の成功・失敗事例まとめ

今のままだと事業資金がもたない。新規取引先の開拓や新たな商品開発をしていかなければ、きっと会社は存続できないだろう。積極的に打って出るには事業資金が必要だ…

あなたはそんな状況に直面していませんか?

確かに「今」だけに目を留めると、取引先があって注文も安定しており、経営はとくに問題がないように思えるかもしれません。しかし、5年後、10年後も同じように安定している保証があるでしょうか?もし今の取引先になにかあったらどうしますか?他社が新商品を開発しても、今の商品で勝負し続けられますか?

会社を運営していくためには資金が必要ですが、会社を前進させていくためにもまとまった事業資金が必要になることがあります。では、いざ事業資金が必要になったら、あなたはどんな方法で調達すればいいかはっきり理解していますか?資金調達のポイントやコツを知っているでしょうか?

 

この記事では、ただ事業資金の調達方法を知るだけではなく、調達に成功できる経営者になるための方法を解説していきます。加えて、事業資金力が高い会社にするためのポイントも取り上げます。

さっそく見ていきましょう!

 

事業資金について考えていくその前に・・・今すぐ資金調達をしないといけない!・・・そんな状況なら、事業資金調達方法についていろいろ考えている間でも、まず『ビジネスローン』への申し込みについて検討したほうが良いでしょう。ネット申し込みで今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

同時に、もし手持ちの売掛金があるなら、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)を利用できます。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

 

1.事業資金調達方法のおさらい

 

ここで改めて、事業資金の調達方法について見ていきましょう。ここで取り上げるのがすべてではありませんが、一般的な方法をピックアップしています。

 

事業資金の調達方法

銀行融資
日本政策金融公庫からの融資
銀行のビジネスローン
ノンバンクのビジネスローン
不動産担保ローン
マル経融資
増資

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

1-1.銀行からの融資

銀行から、信用保証協会の保証付きで融資してもらうか、信用保証協会を通さず直に融資してもらう(プロパー融資)ことができます。銀行にとって貸し倒れのリスクがない信用保証協会の保証付き融資を利用すれば、利用者にとっては保証料が発生するとは言え、プロパー融資と比較して審査が幾分甘くなって借りやすくなります。

 

銀行融資の例

申込条件 業歴2年以上

直近の決算で債務超過ではない

融資限度額 500万円から1億円
資金使途 運転資金や設備投資などの事業資金
担保 不要
金利 所定の金利(1%~5%程度)
融資期間 3か月以上5年以内
返済方法 1か月ごとの元金均等分割返済
保証人 代表者の連帯保証

 

銀行からの融資はまとまった金額を調達できることと、金利水準が低いことが魅力です。そのため、まずは銀行に相談する経営者は少なくありません。

関連記事①:【保存版】銀行融資を受ける為の12の秘訣。金融機関からの借入の審査対策!

関連記事②:【保存版】銀行融資徹底ガイド|元金融機関のプロが伝授!銀行融資の審査を通す9のコツ

 

1-2.日本政策金融公庫からの借り入れ

日本政策金融公庫は、企業の経済活動を支援するために設立された特殊法人です。事業資金の調達を考える経営者なら、銀行融資と並んで検討したいのが日本政策金融公庫からの借り入れです。審査が通れば、低い金利水準でまとまったお金を長く借りられるので便利です。

 

まずは最寄りの支店の中小企業事業の窓口に行って相談してみましょう。直接出かけて行くことが難しければ、電話で相談できます。ほかにも、各地の商工会議所では、日本政策金融公庫からの融資を含め、資金調達についての無料相談会を実施していることがあります。

 

申し込みに必要な書類

  • 会社案内や製品のカタログなど
  • 3期分の決算書と税務申告書
  • 法人の登記事項証明書
  • 納税証明書 など

 

注意点として、税金を滞納しているなどの問題があると申し込むことができません。

関連記事①:日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

関連記事②:【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣

 

1-3.銀行のビジネスローン

銀行によっては、プロパー融資のほかにビジネスローンを扱っていることがあります。ビジネスローンの場合、プロパー融資と比較して金利は高くなりますが、融資してもらえる可能性が上がります。

 

りそなビジネスローン「活動力」とは
りそなビジネスローン「活動力」とは、事業主さまがかかえるお金の悩みにすばやく対応できる便利な事業性カードローンです。

事業規模拡大、新規ビジネス展開、設備投資、想定外の支払の発生時など、お客さまのビジネス活動の中で発生する様々なシーンの資金調達にご活用いただけます。

全国の提携ATMにてご資金の必要な時に簡単にお借入(出金)ができます。

引用:りそな銀行公式サイト

 

詳細は銀行に確認する必要がありますが、原則として担保や保証人は不要で、融資枠の中で何度でも引き出したり返済したりできます。ATMを利用できるので、いつでもどこでも手軽に資金を手にすることができます。注意点は融資額が少ないことです。大抵は500万円までなど、上限が低く設定されています。

関連記事:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

 

1-4.ノンバンクのビジネスローン

銀行だけではなく、消費者金融やカード会社、信販会社も事業性資金として使えるビジネスローンを取り扱っています。

 

ノンバンクは、法律で定められた銀行・信金・信組・労金等の金融機関以外で、貸金業務(与信業務)を営む金融会社の総称をいいます。これは、預金の預け入れや為替(決済)の機能を持たず、貸し出し(融資)を行う形態であり、日本においては、貸金業法に基づいて設立された各種金融会社のことを指します。具体的には、信販会社やクレジットカード会社、消費者金融会社などの「消費者向けノンバンク」と、事業金融会社や不動産関連金融会社、リース会社、ベンチャーキャピタルなどの「事業者向けノンバンク」があります。

引用:iFinance

 

銀行のビジネスローンと比較して審査が通りやすい反面、金利は若干高く設定されています。ノンバンクのビジネスローンのメリットは最短で即日融資、遅くても3営業日までには融資してもらえるスピード感です。急に資金が必要になるときなど心強い味方です。

 

必要な書類の例

  • 2期分の決算書
  • 商業登記簿謄本
  • 代表者の本人確認書類

 

関連記事①:ノンバンクとは?カードローンなど、銀行以外の金融業者でお金を借りるメリット

関連記事②:ノンバンク融資を味方に付けて、事業資金を確保する6つのメリット

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

1-5.不動産担保ローン

土地や建物、店舗や工場などの不動産を担保に入れることで、低金利でまとまった資金を調達することができます。申込者にとって、審査に時間がかかることや返済できないと不動産を失ってしまう結果になるというリスクがありますが、貸し手にとってはリスクが軽減されるため、積極的に大口融資をしてくれます。

 

不動産担保ローンとは
お客様が所有している不動産を担保に融資を行うのが、不動産担保ローンです。三井住友トラスト・ローン&ファイナンスでは、法人や個人事業主のお客様に事業資金の融資を行う「不動産活用ローン(ビジネスコース)」という商品をご用意しています。この商品では、お客様の返済計画に不動産の担保価値を加味して総合的に審査を行い、最大10億円、最長35年の長期返済にてご融資可能です。また、融資額は最大1億円、返済期間は3年(再審査で更新可能)となりますが、「L&Fカードローン」なら、専用カードを用いて、融資限度額の範囲内で必要な時に必要な金額を引き出すことができます。事業資金の調達をお考えのお客様には、この2つの商品をおすすめしています。

引用:三井住友トラスト・ローン&ファイナンス

 

不動産担保ローンは、銀行やノンバンク系の会社が扱っています。ただし、会社によっては「事業性資金を除く」と定めているので、事前の確認が必要です。

関連記事:不動産担保ローン(不動産担保融資)を利用するメリットとデメリット

 

1-6.商工会議所の融資制度を活用する

商工会議所に入っているなら、商工会議所の融資制度を上手に活用して事業資金を手にすることができます。とくに、無担保無保証、低い金利水準で借りられる「マル経融資」がおすすめです。

 

マル経融資(小規模事業者経営改善資金)
商工会議所や商工会などの経営指導を受けている小規模事業者の商工業者が、経営改善に必要な資金を無担保・無保証人でご利用できる制度です。

引用:日本政策金融公庫公式サイト

 

このマル経融資は、所属している商工会議所からの推薦を受けて、日本政策金融公庫から融資を受ける仕組みになっています。この融資にあたって国が特別に日本政策金融公庫に対して補助金を交付しているため、利用者は優遇された金利で融資を受けることができます。

融資の限度額は2,000万円までで、運転資金の場合は7年以内、設備資金の場合は10年以内が返済期間となっています。

関連記事①:経営改善資金(マル経融資)とは

関連記事②:マル経融資の審査を通す8つのコツ!あなたも金利1%台の低利率で2000万円借入できる

 

1-7.増資する

株式会社であれば、株式を発行して資本金を増やす(増資)ことができます。増資は事業資金を調達するための裏技ではなく、一般的に行なわれています。

 

新しく発行する株式を、公募する、既存の株主に買い増してもらう、取引先企業や銀行に買ってもらうなどの方法で売り出します。株式による事業資金調達なら返済の必要はありません。しかし、利益が上がったときに配当したり、経営への関与を許したりすることになりますので、事前によく検討して進めるべきです。

関連記事①:エクイティファイナンスの仕組みと、資金調達を成功させる3つのコツ!

関連記事②:エクイティとは?経営者が絶対に理解しておくべきメリットまとめ

 

事業資金について考えていくその前に・・・今すぐ資金調達をしないといけない!・・・そんな状況なら、事業資金調達方法についていろいろ考えている間でも、まず『ビジネスローン』への申し込みについて検討したほうが良いでしょう。ネット申し込みで今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

同時に、もし手持ちの売掛金があるなら、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)を利用できます。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

 

2.資金調達方法の選び方

事業資金の調達について調べるとき、「どの方法がお得なんだろう?」という考えが浮かぶかもしれません。モノやサービスを購入するときには、価格やコスパで“お得度”を測ることができますが、資金調達の場合、それほど話は単純ではありません。

 

金利が安ければお得かというと、そうではないことが多々あります。確かに利息の支払いの面では有利ですが、トータルで考えると最適な方法ではないかもしれません。目先の数字や宣伝に注目してしまうのではなく、本当の目的に目を向ける必要があります。

もし会社の成長を目指しているゆえに事業資金が必要なら、設備投資や新規顧客開拓、新商品開発を確実に実現させるために十分の資金を提供してくれる方法を探しましょう。

 

資金繰りが課題になっているなら、融資までのスピードや審査の通りやすさを重視することが大切になってくるはずです。それぞれの置かれている状況によってお得な資金調達の方法は異なります。いまいちど、事業資金を必要としている理由について考えてみるとよいでしょう。

 

 

3.必ず押さえるべき5点

事業資金の調達方法がわかれば、あとはどれか選んで実行するだけ!そんなふうに思いたいところですが、現実はそう甘くありません。「これがいい!」と思った方法で調達できるとは限らないのです。

そこで意識しておきたいのが、事業資金を調達しやすくするための取り組みです。そんな方法があるのでしょうか?

 

今回ご紹介するのは、一発で審査が通る劇薬のような方法ではなく、より実際的な方法です。今このときに事業性資金を調達しやすくなるポイントを知って身に着けておけば、今回の資金調達だけではなく、今後の同様の機会にも大いに役に立つこと間違いなしです。

 

ポイントは5つです。

  • 自社の事業をしっかり把握する
  • 日常の接触を大切にする
  • 貸す側の心理を読み解く
  • 会社の情報は正しく、そして積極的に開示する
  • 信頼される雰囲気を醸し出す

 

順番に見ていきましょう。

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

3-1.自社の事業をしっかり把握する

経営者として、自社の事業をしっかり把握しておきましょう。具体的には、自社事業の強み、弱みを知っておくこと、経営で足りない点があれば改善策を考えておくことなどです。

自社の強みや弱みを知って対策を考えることは、企業間の厳しい競争を勝ち抜くためだけではなく、融資という形で事業資金を調達するための助けになります。

 

たとえば、銀行の担当者は決算書を注意深く見るわけですが、結局のところ「この会社は貸してもいい会社か」「しっかり返済してくれる会社か」どうかを見極めたいわけです。立派な書類が準備されていても、肝心の経営者にヒアリングしてみると「自分の会社についてあまり理解していない」と見抜かれてしまったら、「大丈夫ではないかも」と判断されかねません。

今後の会社の安定と発展に大きく関係してきますから、この機会に自社の事業をよりいっそう把握するよう努めてください。

 

3-2.日常の接触を大切にする

とくに銀行からの融資を目指すなら、日常の接触を怠ることがないようにしましょう。銀行の融資担当者が訪問してくれるのをただ待っているのではなく、自分の側から銀行に顔を出すようにします。ほとんど用がないのに尋ねることには抵抗があるかもしれませんが、ただの雑談でもいいですし、地域の話題を提供する、簡単な相談など気負わずに会話をするだけでいいのです。

日常の接触を図ることで、徐々に「面識がある人」「よく知っている経営者」という認識を勝ち得ることができます。銀行の場合、機械任せのスコアリングシステムだけではなく、審査の際にはアナログ的な側面、つまり人間の感情が関係してきます。アナログ的な面では、「これまでのコミュニケーションの取り方」が結果を左右するといっても過言ではありません。

 

面倒だと思わずに、有効な方法だと言い聞かせて良い関係を築くようにしてください。もちろん雑談だけではなく、日常で利用することや、決算報告、事業の相談などによるコミュニケーションも大切にしてください。

 

3-3.貸す側の心理を読み解く

融資の申請には「交渉」という側面があるため、貸す側の心理を読み解くことも重要です。借りようとしている金融機関の融資に対する考え方がわかれば、それに応じて取り組めます。公開されている情報に精通するのはもちろんのこと、営業担当者や融資担当者と接触する機会に、その考え方を知るよう努力します。

 

金融機関の心理は、大雑把にまとめると次のようになります。

  • お金を貸して金利分で利益を得たい
  • きっちり回収できる会社に貸したい
  • 期日通りに返してくれるところに貸したい

 

基本的に、銀行などの金融機関は顧客から預かったお金を融資という形で運用することによって利益を上げています。そのため、できれば積極的に融資したいと思っています。毎月の返済がしっかりしていて、貸した分を回収できると判断できる会社なら、喜んで融資したいわけです。

 

相手が安心できるように、きっちり返済する会社であることを、さまざまな仕方でアピールできます。税金を含め、これまで種々の支払いをいかに忠実に行なってきたかなど、示せる実績について考えておくのもよいでしょう。

 

3-4.会社の情報は正しく、そして積極的に開示する

会社の情報は正確に、そしてふさわしいときにはいつでも積極的に開示することで、融資を受けやすくなります。

経営状態や財務内容が透明化されている会社とそうではない会社では、当然ながら前者のほうが金融機関から信頼されます。情報を操作して良い印象を与えようとしたり、一部が不正確な情報を提供するような会社は、一気に信頼を失ってしまいます。

 

自社の経営状態を適切に示すことができる書類を準備して、定期的に開示しながら説明できるようにしておきます。正確な情報を開示する会社としての信頼を築いていきましょう。

 

3-5.信頼される雰囲気を醸し出す

これは会社の経営状況ではなく、経営者自身の見た目の問題です。信頼される雰囲気を醸し出してください。

人は少なからず印象によって判断しますが、銀行の融資担当者も例外ではありません。どうすれば印象が良くなるでしょうか?

 

印象を良くするために

  • 身なりを整える
  • 明るく笑顔で話す
  • 言葉遣いに気をつける
  • 聞き上手・褒め上手になる

 

前提として、相手に良い印象を与える身だしなみで接することが大切です。普段はスーツを着用する機会が少ないとしても、最適なのはスーツです。外見を過度に気にするというより、全体として清潔感があって爽やかな印象を残せるかどうかがポイントになります。ヒゲや頭髪の手入れ、靴のメンテナンスも忘れないようにします。

 

せっかく清潔感があるのに、話してみると「暗くて覇気がない」となってしまうと意味がありません。生来の性格がどのようなものであれ、明るく笑顔で受け答えすることを意識してください。この点で自信がないなら、まず会社で誰かに頼んで“自分の受け答え”について尋ねて、改善のための提案をもらうとよいです。

 

どんな言葉を使うかも大切です。業種によっていろいろなコミュニケーションの仕方があると思いますが、金融機関との面談の際には丁寧な敬語が鉄則です。今回は自分が貸してもらう側、相手は貸すかどうか決める側です。たとえ担当者がフレンドリーでも、自分よりも若年でも一定の礼儀をもって接するようにします。

 

心地よいコミュニケーションのカギは、相手の話をよく聞くことです。普段は自分のほうがよく話すという方も、意識して話を聞くようにしてください。話をよく聞いていれば相手の考え方がわかりますし、相手は「心地よい」と感じてくれます。また、会話の中で相手を褒める機会が開かれたなら積極的にそうします。誠実な褒め言葉は相手の心に達します。

これらを心理テクニックとして使うというよりは、経営者としての資質を身に着けている証しとして使っていきましょう。

 

事業資金について考えていくその前に・・・今すぐ資金調達をしないといけない!・・・そんな状況なら、事業資金調達方法についていろいろ考えている間でも、まず『ビジネスローン』への申し込みについて検討したほうが良いでしょう。ネット申し込みで今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

同時に、もし手持ちの売掛金があるなら、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)を利用できます。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

 

4.やってはいけないこと2点

こんどは、「なぜある会社は事業資金の調達に失敗するのか」という角度から考えてみましょう。調達に失敗する会社の特徴を知れば、そこから学んで成功につなげられます。経営状態などは別として、ここでは2つの特徴を取り上げます。

  • 会社の良いところだけしかアピールしない
  • 経営者にビジョンがない

 

4-1.会社の良いところだけしかアピールしない

良かれと思って、自分の会社の良いところだけを一生懸命アピールする経営者がいます。しかし、それでお金のプロをやり込めることはできません。むしろ逆効果になってしまいます。相手は「客観的に自社を分析できているかどうか」を見るので、お金を出したいと思わなくなってしまう可能性があります。

 

決算書の内容を上手に説明しましょう。強みは積極的にアピールし、弱みについてはあえて見せるようにする。このバランスが大切です。弱みを含めて自社の状態を客観視していることを示すことで、信頼を勝ち得てください。

 

4-2.経営者にビジョンがない

銀行など金融機関は、会社の事業内容を精査すると共に、経営者の話を聞くことによってビジョンを知ろうとします。その後、会社を訪問して目で確認することがあります。

いくら資料が完璧に整っていても、経営者から方向性や具体的計画が示されなければ、お金を出したいとは思わないわけです。事業資金の調達に失敗する会社は、この「経営者に聞く」の段階でつまずいてしまいます。会社の方針は立派に見えるのに、経営者本人に話を聞いてみると「本当に自分で考えたのかな?」と疑問視したくなるケースがあるようです。

 

経営者としてどのような考えを持って事業に取り組んできたか、今の考え、これからの考えをはっきり示せる経営者であるべきことがわかります。

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

5.常日頃から磨くべき3つのスキル

経営していく中で、資金は不可欠です。新規顧客開拓や設備投資、海外進出など新たにお金が必要になるたびに「資金調達をしよう」と考えることもできますが、この機会に会社の事業資金力、つまりビジネスを展開していく上で必要になる資金を生み出して管理する力を養ってみませんか?

 

事業資金力を強くしていくために助けとなる点が3つあります。

  1. 利益を生み出す力
  2. 事業資金を管理する力
  3. 資金を調達する力

 

それぞれについて見ていきましょう。

 

5-1.利益を生み出す力

利益を生み出す力とは、言い換えれば「稼ぐ力」のことです。「そんなことはわかっている。そもそも稼ぐために会社をやっている」という声が聞こえてきそうですが、あらためて、稼ぐために必要なことを知って、最大限取り組んでいるか見直してみることができます。

 

稼ぐ力を見直すときに役立つのが、決算報告書の「損益計算書」です。

 

損益計算書とは、企業のある会計期間(1年間)の経営成績を表す決算書の1つです。費用と収益を比べ、その差額を利益として表します。借方と貸方に分かれており、表の左側が借方、右側が貸方になります。

商品の仕入れにかかるお金や会社の電気代など、収益をあげるために必要なお金を費用とよび、損益計算書の借り方(左側)に記入します。商品やサービスを売って得たお金を収益といい、損益計算書の貸方(右側)に記入します。

費用・収益・利益を把握することで、その会計期間における企業の経営状況を知ることができます。

引用:エン転職

 

損益計算書を見て考えていくと、いろいろな角度から“もっと稼ぐ”ための取り組みができそうだ、と気づくかもしれません。たとえば、固定費を削減するために、人件費やサービスのために定期的に支払っているお金を見直すことができます。

 

固定費(不変費)とは、売上の増減にかかわらず発生する一定額の費用のことです。固定費に該当する具体的な費用には、人件費、地代家賃、水道光熱費、接待交際費、リース料、広告宣伝費、減価償却費などがあります。会社が事業を営むにあたっては、製造・販売などの操業をしていなくても、必ず支払いが発生する費用があります。たとえば、事務所の家賃は毎月必ず発生しますし、設備を使っていなくても減価償却費は発生します。人件費も同様で、従業員を雇っている以上は必ず支払わなければならない費用です。このように、原則として”固定”の金額が発生する費用は固定費とされます。

引用:フリーウェイ経理

 

生産性とは、あるモノをつくるにあたり、生産諸要素がどれだけ効果的に使われたかということであって、それを割合で示したものが生産性ということになります。例えば、最先端の工作機械を導入したとしても、それを操作する人が未熟であったり、操作ミスをしてしまったりすると、工作機械はうまく作動せず、故障を起こしてしまうこともあります。このような場合、生産諸要素の有効利用度が低い、つまり生産性が低いということになります。

引用:公益財団法人 日本生産性本部

 

しかしもっと有効なのは「利益」を上げることです。単純に言えば、利益を上げるためには値上げをするか、生産性を向上させるか、そのどちらか、または両方に取り組むことになります。もちろんただ値上げするのではなく、今の製品に付加価値をつけたり新バージョンを開発して若干値上げして売り出したりできます。生産性を向上させるために、無駄な会議や決めごとを排除して、1日をもっと有効に使うための改善に取り組めるかもしれません。

経営者としてあらためて「稼ぐこと」に意識を向けることで、利益によって事業資金を増やしていけます。

 

5-2.事業資金を管理する力

利益を上げて事業資金を増やすことは大切ですが、それらの事業資金を管理することも非常に重要な項目になります。経営者として事業資金を管理する力を磨いていきましょう。

 

「管理」するという言葉は、ただ保管する、蓄えるという意味で用いられるわけではありません。多くの意味を含んでいます。たとえば利益をさらなる設備の充実のために投資したり、借入金をスムーズに返済したりするためにお金を動かしていくことも含まれます。ほかにも、売上金の回収サイトを円滑なものにすることで、速やかに代金を受け取れるようにすることも関係します。売掛金ばかりが増えていくと、手元の資金に余裕が出ない状態が続きます。

 

「支払いサイト」とは、取引代金の締め日からその代金を実際に支払うまでに設けられる期間のことです。

基本的な請求方式には「締め方式」と「都度方式」がありますが、取引の度に支払う都度方式でない場合には、いつ代金を支払うかを取り決める必要があります。そこで定めた支払日までの猶予期間が支払いサイトです。

例えば、月末締め翌月払いの場合は約30日後の支払いとなるため、これを30日サイトと言います。翌々月払いの場合は60日サイトとなります。

支払いサイトを意識することはビジネス上とても重要です。支払いサイトの取り決めを疎かにすると、帳簿上は売上が立っていても手元にお金がないキャッシュレス状態になり、いわゆる「黒字倒産」にもなりかねません。

引用:misoca

 

さらに、在庫管理も含まれます。在庫を適正量に保つことで、事業資金をふさわしく管理できます。

 

過剰な在庫の削減(適正在庫の把握・管理)
「放っておくと増えるものは在庫と経費」といわれるように、在庫は過剰になりがちである。この原因のひとつとしては、営業活動が商品や製品の在庫を多くもっているほどやりやすくなることが挙げられる。しかし、在庫は資金(購入代金)を寝かせていることになるので、当然資金繰りを悪化させる。

引用:J-net21

 

※ なお、少額の資金繰りでお困りの方、今すぐ「お金を借りたい」という方には、プロミスやSMBCモビットなど「顧客満足度」が高いローンの利用をオススメしています。

これらのローンは、スマートフォンやパソコンからカンタンに申し込みができ、一時的に資金繰りを改善することが可能です。また、定期的な収入がある方であれば、今すぐ資金調達できるので大変便利です。お困りの方はぜひ、参考にしてみてください。

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

 

5-3.資金を調達する力

そして事業資金力を強める最後の項目が、今回取り上げたテーマと直結する事業資金調達力です。ただ「どんな方法で経営資金を調達できるか」知るだけではなく、実際にお金を引き出すことができる力を身につけてはじめて「事業資金調達力がある」とみなせます。

利益を拡大し、事業資金を適正に管理し、必要なときにはスムーズに資金を調達できる。この3つによって、これからも安定した経営を目指していきましょう。

 

事業資金について考えていくその前に・・・今すぐ資金調達をしないといけない!・・・そんな状況なら、事業資金調達方法についていろいろ考えている間でも、まず『ビジネスローン』への申し込みについて検討したほうが良いでしょう。ネット申し込みで今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

同時に、もし手持ちの売掛金があるなら、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)を利用できます。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

事業資金調達に役立つ記事まとめ

 

事業資金の調達に役立つ記事をまとめておきます。

 

 【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

【保存版】ネット銀行人気40行総まとめ!ビジネスローンが利用できる銀行

ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ

【保存版】銀行ビジネスローン、今すぐ借りれる&低金利ローンを徹底比較!

信販会社ビジネスローン9社を「融資可能額」でおすすめ比較!

【最新】ビジネスローン人気5社を「使い勝手の良さ」で徹底比較!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、どんな事業資金調達方法があるのかについて取り上げてみました。少しでも“お得”な方法があれば、その方法で調達したい!と思うわけですが、そのためにはまず方法を知らなければなりません。自社にピッタリの方法が見つかりましたか?

自社が選択すべき方法を絞り込み、実際に資金調達に成功し、ビジネスを上手に展開していけるようになること、さらに、事業資金力を高めることによって、盤石の体制で会社を経営することができるようになることを願っています。

以上、「事業資金はこうやって調達する!融資の成功・失敗事例まとめ」でした。

 

事業資金について考えていくその前に・・・今すぐ資金調達をしないといけない!・・・そんな状況なら、事業資金調達方法についていろいろ考えている間でも、まず『ビジネスローン』への申し込みについて検討したほうが良いでしょう。ネット申し込みで今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達できるので、お急ぎの場合は今すぐ(以下の)リンクをクリックして申し込んでみてください(申込みは10分で終わるのでカンタンです)。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

同時に、もし手持ちの売掛金があるなら、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)を利用できます。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避できます。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/16 23:17
    無料診断がされました。
  • 12/16 22:46
    無料診断がされました。
  • 12/16 13:28
    無料診断がされました。
  • 12/16 12:46
    無料診断がされました。
  • 12/16 01:50
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(105件)

1 2 3 4 5 21

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる