補助金制度の活用法!設備投資をしたい時に役立てよう

master
master
更新日2022/6/30

設備投資をしたい時に使える助成金・補助金についてまとめています。

補助金制度の活用法!設備投資をしたい時に役立てよう

その前に・・・「資金調達」をお急ぎの方には以下のビジネスローンをおすすめします。これらのローンはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店の手間もありません。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

企業にとって一番大事なものはもちろん人材です。過去にはあの武田信玄が「人は石垣、人は城」と記したように、ビジネスの勝敗を左右する最後の決め手は人間です。優秀な人間が力を発揮できるように環境を整えるのが、経営者の使命です。

 

いかに従業員に働く気になってもらうかが大切であるということをわかっていない経営者はいないでしょう。

 

が、その一方で設備に関しても無視してはいけません。特にベンチャー企業が数百万円~数千万円クラスの大型設備を導入するのは至難の業といえます。調達方法だけではなく、さらにその管理方法についても考えなければならないのですから、経営者にとっては頭の痛い問題です。

 

そんな経営者にとって心強い味方となり得るのが、ものづくり補助金です。

 

ものづくり補助金

 

ものづくり補助金とは、ものづくりを生業とする中小企業や小規模事業者に対する補助金です。原材料費、機械装置費はもちろん、人件費などの経費にも使うことが出来る間口の広い補助金です。

 

圧縮記帳とは

 

圧縮記帳とは、補助金で設備投資を行った際に、補助金の金額分だけ購入価格を差し引く制度のことです。たとえば、200万円の補助金をもらって1000万円の設備を購入した場合、本来の購入価格は1000万円ですが、税法上の購入金額は1000万円-200万円=800万円にできます。

 

圧縮記帳(あっしゅくきちょう、reduction entry)とは、国庫補助金や火災による保険金などの金銭を受けて固定資産を購入した際、その購入価額から補助金の額を控除して購入価額とすること。
以下は、日本の法人税法の規定を例にして話を進める。

 

購入金額が少なくなることにより毎年の減価償却費が少なくなり、それにかかる税金も安くなります。圧縮記帳には節税効果があるというわけですね。ものづくり補助金で固定資産を購入した場合は圧縮記帳が認められています。

 

ものづくり補助金で購入した機械装置について

ものづくり補助金で購入したもののうち、単価50万円以上の機械や器具、備品などについては、事業が終了した後も一定の期間の保存が義務付けられています。仮に処分する場合は、処分によって得られた収入の一部または全部を返却しなければなりません。

 

横浜市の中小製造業設備投資等助成について

79-3

最後に多少ローカルな話になりますが、横浜市の中小製造業設備投資等助成についても取り上げておきたいと思います。

 

この制度は中小製造業を対象とした助成制度で、設備投資に対して経費の一部を助成します。工場の建設や生産設備の導入のほか、LED照明の購入など幅広い投資を対象としています。

 

助成には所有型(土地た建物の取得が対象)、貸借型(工場などの貸借が対象)、設備投資型(設備投資が対象)がありますが、助成率や助成限度額は申請区分によって異なります。詳しくは横浜市経済局までお問い合わせください。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

本記事と合わせて読みたいおすすめ記事

・ 【2021年2月最新】キャリアアップ助成金を100%受ける3つのコツ!あなたも500万円ゲットできる!

・  【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2019年最新版)

・  【最新版】2018-2019|全国「ビジネスコンテストとコンペ」全113種類を一挙公開!

・ 補助金・助成金を100%受ける6つのコツ!あなたも300万円をゲットできる

・   助成金・補助金

・   助成金・補助金の審査に受かるコツ

・  業種別・今申し込むべき支援制度と補助金リスト60

【完全保存版】資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2018年最新版)

・  制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

【2021年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

【最新版】個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2019年更新)

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • u**p様が
    200万円を調達しました。

  • x**o様が
    1000万円を調達しました。

  • t****t様が
    700万円を調達しました。

  • s**m様が
    200万円を調達しました。

  • g**x様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り9社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング