トライアル雇用奨励金は、新規雇用をしたい時に役立つ!

master
master
更新日2021/12/27

トライアル雇用奨励金は、新規雇用をしたい時に使える助成金・補助金です。

トライアル雇用奨励金は、新規雇用をしたい時に役立つ!

新規雇用時には何かとお金がかかります。単純計算ですが、仮に人を3人雇い入れる場合、一人当たりの月収が25万円だとしても月に75万円、年間では900万円がかかります。人を雇うということは経営者にとってそれだけリスクがあるのです。

 

特にその雇う人の技術が未熟である場合はなおさらリスクが高まります。そんなリスクを軽減してくれるのが、トライアル雇用奨励金です。

 

本記事では、トライアル雇用奨励金について説明しましょう。

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

トライアル雇用奨励金とは?

 

トライアル雇用奨励金とは、安定的な雇用が見込まれない(職業経験や技術が未熟である)人たちを雇い入れた時に受給できる奨励金です。求職者と求人者の相互理解を図るとともに、トライアル雇用によって求職者のスキルアップを図ります。

 

トライアル雇用奨励金

職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワークや職業紹介事業者(※)等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成するものであり、それらの求職者の適性や業務遂行可能性を見極め、求職者および求人者の相互理解を促進すること等を通じて、その早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。

 

平成26年より対象者が拡大され、妊娠や育児などを理由に退職し1年以上安定した職業についていない人などもトライアル雇用の対象となりました。

 

トライアル雇用の条件

 

すべての条件を書きだすのは難しいので、ここでは主な条件を提示していきたいと思います。

 

条件1:安定した職に就いておらず、また自営業や役員で労働時間が週30時間に達しておらず、学校に在籍しておらず、トライアル雇用期間中でもない茂野

条件2:1週間の所定労働時間が原則として30時間を超えること、原則3カ月以上のトライアル雇用をすること

 

このほかの詳しい条件については厚生労働省のホームページをご確認ください。

 

トライアル雇用の流れ

 

ハローワークや地方運輸局で手続きを済ませた後、トライアル雇用を開始します。トライアル雇用は有期雇用契約で、期間は原則として3カ月です。その後問題がなければ常用雇用にうつります。

 

トライアル雇用の支給対象期間と支給額

22-1

トライアル雇用を行うと、1人につき月額4万円が支給されます。支給期間は最大3か月、最大金額は12万円となります。

 

トライアル雇用の長所

 

トライアル雇用を行うことにより、事業主は奨励金を受け取れるだけでなく、新たな人材を発掘することが出来ます。3か月間のトライアル雇用期間中に労働者の能力が高いとわかれば、そのまま常用雇用することもできます。優秀な人材を発見することが出来るうえ、奨励金ももらえるのですから一石二鳥です。

 

トライアル雇用のリスク

ビル群

トライアル雇用で雇い入れた人材が必ずしも優秀であるという保証はどこにもありません。最悪の場合3か月無駄に人を雇い入れてしまうリスクも負わなくてはならないわけです。

 

また、人件費を抑えるためにトライアル雇用制度を悪用する企業もあります。このあたりは企業側の倫理観が問われることになります。

 

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

本記事と合わせて読みたいおすすめ記事

・ 【2021年2月最新】キャリアアップ助成金を100%受ける3つのコツ!あなたも500万円ゲットできる!

・  【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2019年最新版)

・  【最新版】2018-2019|全国「ビジネスコンテストとコンペ」全113種類を一挙公開!

・ 補助金・助成金を100%受ける6つのコツ!あなたも300万円をゲットできる

・   助成金・補助金

・   助成金・補助金の審査に受かるコツ

・  業種別・今申し込むべき支援制度と補助金リスト60

【完全保存版】資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2018年最新版)

・  制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

【2021年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

【最新版】個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2019年更新)

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • h*****k様が
    700万円を調達しました。

  • q******n様が
    1000万円を調達しました。

  • i***f様が
    1100万円を調達しました。

  • e*****y様が
    1100万円を調達しました。

  • e******e様が
    100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング