起業時・会社設立時に使える助成金・補助金

master
master
更新日2022/6/30

企業の資金にぜひ活用したいのが、助成金や補助金など「原則、返済不要な資金」です。こうした資金を活用すれば、資金繰りショートの心配もなく事業資金を確保することができます。

起業時・会社設立時に使える助成金・補助金

本記事では、起業時・会社設立時に使える助成金・補助金についてまとめています。

 

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

【PR】資金調達プロの最新ニュースはTwitterでも好評配信中!

 

地域創業助成金

地域創業助成金は、地域貢献事業を設立し、新規に人を雇い入れた企業に対して最大で500万円を支給する制度です。「都道府県高年齢者雇用開発協会」に認定申請を行うことにより受給できます。

 

条件(地域貢献事業とは?)

 

地域貢献事業とはその名の通り地域に貢献する事業ですが、正確な定義は非常に複雑です。すべてを例示するのは大変なので、地域貢献事業の中でも代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

 

子育てサービス:学習塾、保育士サービスなど。
住宅関連サービス:不動産評価、不動産の仲介・売買サービスなど。

 

対象区域は?

 

地域創業助成金は日本全国を対象とした制度ではありません。現在、地域創業助成金の対象となっている地域は以下の21道県です。

 

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

雇用者の条件は?

 

新規に雇い入れる人は誰でもいいというわけではなく、以下の3つの条件を満たす必要があります。

 

  1. 雇用保険の被保険者として半年以上雇い入れる
  2. 雇い入れ日に65歳未満である
  3. 創業から1年以内に雇い入れられている

 

受給額は?

 

創業後6カ月以内に支払った経費の3分の1が支給されます。上限額は300万円、もしくは500万円です。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

創業促進補助金

 

創業(第二創業※を含む)を行う人を対象に、経費の一部を支給するものです。創業を促すことによって新たな雇用を創出し、日本経済を活性化させることを目的としています。地域によって多少名称が違います。

 

※第二創業とは、事業を受け継いだ人が新規事業に算入したり業態を変えたりすることを言います。

 

条件

飛行場の飛行機

補助対象者は?

地域の需要や雇用を支えるもの、海外市場の獲得を念頭とした事業を国内において行うもの、もしくは中小企業などで第二創業を行うもの、と定義されています。

 

補助内容は?

弁護士や弁理士などとの顧問契約のための費用、販路開拓の費用などに対して補助を行います。補助率は3分の2、上限額は200万円です。

 

創業時の補助金で迷ったら

 

創業時の補助金について何かわからないことがあったら、必ず「認定支援機関」に相談するようにしましょう。認定支援機関とは金融機関、公的支援機関など国の認定を受けた機関への総称であり、補助金申請の時の心強い味方になります。相談することによって信用保証協会の保証料が下がるなどのメリットもあります。

 

各地の認定支援機関についてはこちらも参考になさってください。

 

【本記事と合わせて読みたいおすすめ記事】

・  日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣!

・  日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説!

・ 日本政策金融公庫のメリット・デメリット総まとめ

・ 日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

・  銀行からの融資を引き出す9つのコツ!あなたも1000万円借入できる

・ クラウドファンディングで飲食業をはじめよう!ネットで資金調達すべき4つの理由

・ 地方で起業するメリット・補助金と助成金を活用した資金調達のコツ6つ

・ 若者が起業するメリット3つと、代表的な「資金調達先リスト」3つ!

・ 【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2016-2017年版)

・ 30歳までに起業する! 若者の起業支援制度と「資金調達先リスト50」

・ 資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

・ クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!

・ 【最新版】クラウドファンディング「資金調達額」ベスト100(1位から100位まで)

・ お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ1万円〜100万円手に入れる方法(まとめ) 

・ 【完全保存版】資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2018年最新版)

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • p****y様が
    1000万円を調達しました。

  • o******p様が
    1000万円を調達しました。

  • i***d様が
    600万円を調達しました。

  • q***x様が
    300万円を調達しました。

  • a******w様が
    1100万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング