助成金・補助金を受給する上で重要な3つのポイント

master
master
更新日2022/6/30

助成金・補助金を受給する上で重要な3つのポイントについてまとめています。

 

助成金・補助金を受給する上で重要な3つのポイント

 

※ なお助成金の受け取りには、時間が掛かります。融資をお急ぎの方は便利なビジネスローンを利用しましょう。

 

例えば、個人事業主でも500万程度の借り入れであれば『最短1日』で調達できるビジネスローンがあります。これらのローンは『ネット申込』で審査が受けられる上に来店などの手間もありません。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

助成金・補助金にはそれぞれ違った目的があります。

 

たとえば、「在職者求職活動支援助成金」は、「定年や解雇で離職することになった高年齢者のうち、再就職を希望している人に対して再就職援助措置を講じた時」に受給できる助成金です。

 

また、「中小企業雇用創出人材確保助成金」は、「創業、もしくは異業種への進出のために新たな人を雇い入れた時」に受給できる助成金です。

 

これらの目的を理解することは非常に重要です。たとえば、「創業、もしくは異業種への進出のために新たな人を雇い入れた時」に「在職者求職活動支援助成金」を申請してもまず受給はできません。助成金が作られた目的と経営者の事情が一致していないからです。

 

一つの事由で2つ以上の助成金を受け取ることは基本的に不可能です。一つの事由に対して活用できそうな助成金が複数見つかった場合は、どちらがより有利なのかを見極める必要があります。

 

補助金の受給には審査があります。

 

助成金はあらかじめ公表されている受給のための条件を満たせば問題なくもらえることが大半ですが、補助金の場合はそうはいきません。公表されている受給の条件を満たしたうえで、審査に合格しなければなりません。

 

審査の内容はまちまちですが、基本的には書類選考と有識者による合議審査が行われることが一般的です。また、応募した事業者がプレゼンテーションを行うこともあります。詳しくはその補助金を交付している団体までお問い合わせください。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

就業規則を作成し、法令を守りましょう。

法務省の建物

法令を守るのは経営者以前に人として重要なことですが、実際のところ法令が守れていない企業は少なくありません。たとえば、従業員が10人以上の会社はすべて就業規則(従業員の労働条件・規律など)を作成し労働基準監督署まで提出する必要がありますが、これが守られていないケースは少なくありません。

 

こうした法令に関する扱いが適当な事業者は審査でふるいにかけられる可能性が大ですし、思わぬトラブルが発生することも少なくありません。特にパートタイマーを雇用している場合は注意が必要です。

 

パートタイマーに関する就業規則がない場合は基本的に正社員の就業規則が準用されます。つまり、パートタイマーにもその労働時間に応じて退職金を支払わなくてはならないわけですね。

会社外としていない事態の発生を防ぐという意味でも、就業規則の整備は非常に大事です。

 

本記事と合わせて読みたいおすすめ記事

・ 【2021年2月最新】キャリアアップ助成金を100%受ける3つのコツ!あなたも500万円ゲットできる!

・  【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2019年最新版)

・  【最新版】2018-2019|全国「ビジネスコンテストとコンペ」全113種類を一挙公開!

・  補助金・助成金を100%受ける6つのコツ!あなたも300万円をゲットできる

・  助成金・補助金

・  助成金・補助金の審査に受かるコツ

・  業種別・今申し込むべき支援制度と補助金リスト60

【完全保存版】資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2018年最新版)

・  制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

【2021年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

【最新版】個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2019年更新)

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • u**p様が
    200万円を調達しました。

  • x**o様が
    1000万円を調達しました。

  • t****t様が
    700万円を調達しました。

  • s**m様が
    200万円を調達しました。

  • g**x様が
    1000万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り8社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング