[起業家必見]補助金と助成金の違い|開業資金として役立てよう!

master
master
更新日2022/5/16

開業直後には何かとお金が必要ですが、そんなときに活躍したいのが助成金・補助金ですよね。ところで、この両者にはどんな違いがあるのかご存じでしたか?

[起業家必見]補助金と助成金の違い|開業資金として役立てよう!

今回は、補助金と助成金の違いを解説しましょう。

 

※ なお助成金の受け取りには、時間が掛かります。融資をお急ぎの方は便利なビジネスローンを利用しましょう。

 

例えば、個人事業主でも500万程度の借り入れであれば『最短1日』で調達できるビジネスローンがあります。これらのローンは『ネット申込』で審査が受けられる上に来店などの手間もありません。

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2022年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

 

補助金と助成金|支給団体の違い

 

助成金と補助金の間に明確な区分はありませんが、一般的に助成金は厚生労働省が所轄するもの、補助金はそれ以外の団体が所轄するものと考えられています。

 

助成金はハードルが低い!

厚生労働省の建物

助成金と補助金の一番の違いは受給のハードルの高さです。助成金のハードルは低く、あらかじめ提示された条件を満たせばほぼ問題なく受給できます。

 

一方、補助金は助成金と比べると受給のハードルは高めです。補助金は公募制であり、受給できる企業には限りがあります。就職面接の合格数に上限があるのと同じように、補助金の受給審査の合格数にも上限があります。

 

ではどうすれば受給審査に受かるのかというと、これは書類をしっかりと作成する以外に方法はありません。補助金は本当に必要な企業に配られるべきものですから、あなたの企業が本当に補助金を必要としているのかをアピールする必要があります。

 

どうやって必要性をアピールすればいいのかというと、事業計画書を作りこむしかありません。事業計画書は公的機関や銀行から融資を受ける際にも必要になりますが、補助金の申請の際にも必要になります。

 

事業計画書の作成力は企業の収益力に影響を与えますので、作り方がよくわからないという方は勉強しなおしたほうがよいでしょう。

 

会計検査院の検査について

 

会計検査院とは、国家財政の執行の監視と検査を行う機関のことです。国の支出や収入をすべて検査する、日本の財政を左右する重要な機関です。

 

助成金の場合は一般的に会計検査院の検査を受ける必要はありませんが、補助金の場合は会計検査院の検査が必要となる場合が結構多いので、忘れないようにしましょう。

 

助成金・補助金の上限について

助成金・補助金には上限があります。事業に必要な経費が100%支給されることはあまりないと考えていいでしょう。特に補助金は上限が厳しく設定されていることが多いです。たとえば、日本財団の場合、海や船に関する事業への助成金は財団・社団・社福・NPO法人の場合が補助率80%、ボランティア団体の場合は90%となっています。

 

では、足りない分はどうすればいいのかというと、これは法人自身が持ち出すことになります。なお、助成金・補助金は後払いであり、前もって受け取ることはできないので注意が必要です。

 

助成金・補助金はどこから出ているの?

 

助成金の財源の多くは雇用保険の保険料です。平成26年度における一般事業の雇用保険料は労働者が0.5%、事業主が0.85%ですが、この事業主と労働者の保険料の差0.35%が助成金の財源です。

 

※ なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

本記事と合わせて読みたいおすすめ記事

・ 【2021年2月最新】キャリアアップ助成金を100%受ける3つのコツ!あなたも500万円ゲットできる!

・  【保存版】創業時に使える・全国の補助金と助成金まとめ(2019年最新版)

・  【最新版】2018-2019|全国「ビジネスコンテストとコンペ」全113種類を一挙公開!

・ 補助金・助成金を100%受ける6つのコツ!あなたも300万円をゲットできる

・   助成金・補助金

・   助成金・補助金の審査に受かるコツ

・  業種別・今申し込むべき支援制度と補助金リスト60

【完全保存版】資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2018年最新版)

・  制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

【これから起業の方必見】公的融資制度の活用で国からお金を借りる方法

【2021年度版】創業・開業資金|オススメの資金調達法BEST5

【最新版】個人事業主の借入!事業資金調達にもおすすめの融資方法50選(2019年更新)

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • c*****g様が
    1100万円を調達しました。

  • j****s様が
    300万円を調達しました。

  • w*****l様が
    800万円を調達しました。

  • m***f様が
    900万円を調達しました。

  • e****r様が
    900万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り1社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング