閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【実録】日本政策金融公庫に断られた!リベンジに必要な正しい審査対策

【実録】日本政策金融公庫に断られた!リベンジに必要な正しい審査対策(2019年最新版)

 

日本政策金融公庫といえば、一般的には「起業支援のためにお金を貸す銀行」として知られている。その圧倒的な人気の理由は、なんといっても低金利。

実は、私も日本政策金融公庫から500万円の創業融資を断られた経営者でしたが、1年後には1000万円を調達することができました。

 

今回は、なぜ断られたのか、どうやってリベンジしたのかを、保証協会の融資のエピソードも含めてご紹介したいと思います。

 

そもそも日本政策金融公庫は、日本政策金融公庫の信用も経験もない新規事業者にお金を貸してくれる、とても寛大な銀行なのですが、政府の方針としては、新しい産業が次々と生まれてくることが必要なのでしょう。

 

そのような背景から、政府が仲介役となって、リスクを取って起業し、日本の将来を担う覚悟のある起業家を支援することが、この銀行の存在意義なのです。

 

日本政策金融公庫の借り入れの一般原則について簡単におさらいしたい方は、以下の記事をお読みください。

 

 

著者情報|資金調達プロ

 

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

 

はじめに|日本政策金融公庫の交渉について書き始めた経緯

 

 

銀行は本当にお金を惜しまないのでしょうか? 私の経験から言うと、答えは「NO」です。全くお金を貸してくれません。

もちろん、日本政策金融公庫の悪口を書くためにこの記事を書いたわけではありませんが、まずこの前提を置いておきたいと思います。

 

そして日本政策金融公庫は誰にでも無差別にお金を貸しているわけではありません。単に貸し出しの準備をしていない「勘違い経営者」にはお金を貸さないということです。

 

勘違い経営者である私は、一番最初の創業融資を完全に断られました。

 

ところで、インターネット上には、そのような融資を申し込んだかどうかわからない人たちの「体験談」がたくさんあります。

 

検索結果の上位に出てくるようなものでも、浅はかで、中には伝聞のものもあります。この記事では、私自身の経験をできるだけ詳しくお伝えしたいと思います。

 

私の経験がすべてのケースを代表しているということではありませんが、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

1. 創業までの経緯

 

まず、私が起業したのは2011年6月、東日本大震災の直後でした。

こんな時に起業する必要はありません …… しかし、私は震災前の2011年3月にすでに前職の会社に辞表を提出していましたので仕方なく、予定通り起業しました。

 

今でも覚えているのですが、新幹線で品川駅に降り立って同僚に別れを告げたとき、在来線に乗り換える連絡通路の電気がほとんど消えていました。これは震災による電力不足のためでしたが、東京の主要ターミナル駅で、すべての照明が消された状態を見ることは、おそらく二度とないでしょう。

 

これを見て、起業当時の厳しい状況を実感しましたが、毅然とした態度で臨むしかありませんでした。このような危機感から、私は前職を捨て、2011年6月に会社を登記し、CEOに就任しました。

 

この記事では、私のビジネスの詳細については触れませんが、「スタートアップローンの候補になるかどうか?

それを客観的に判断するためには、それまでの私のキャリアをある程度説明することが有効だと思いますので、最初に簡単にまとめてみたいと思います。

 

大学を卒業して最初に就職したのは、大和証券でした。大和証券では、金融の基礎知識や各種法律の知識、各種資格を取得しました。

十分な知識と経験を積んだ後、中堅企業のCFO(最高財務責任者)になるために会社を辞めました。

 

いくつかの中堅企業でCFOを務め、その間、数十億円の株式だけでなく、銀行ローンの調達も指揮してきました。

つまり、銀行融資とエクイティ・ファイナンスの両方に精通していたのである。

 

しかし、彼が主導したのは数十億円のビッグローンだけではなかった。

彼が取締役を務めていた会社には、子会社や関連会社もあり、その中には、売上高数億円のベンチャー企業に出資し、成長を期待されている関連会社もあった。

 

このような小さな会社には、専任のCFOはいません。

そのため、私は実質的に会社経営者の代理として1,000万円程度の融資を手配することになり、大企業から中小企業まで幅広い企業のCFO職を経験することができました。

 

正直なところ、CFOとして経験できる金融分野の知識はかなりのレベルで身についていると自負していました。

先に述べたように、私は2011年に独立を決意しました。ビジネスプランを作成し、自分がどのようなビジネスを行い、どのような付加価値を世の中に生み出したいのかを考えました。

 

当時考えていたのは、小売店が簡単にオンライン販売チャンネルを開設できるプラットフォームを提供したいということでした。

 

小売業者が簡単にオンライン販売チャネルを立ち上げられるプラットフォームを提供したいと考えていたのですが、当時はすでに似たようなビジネスがいくつかあり、認知度も高かったので、フォロワー・スタートアップに分類しています。

 

日本政策金融公庫の融資を受けるためには、このフォロワービジネスという要素が非常に重要になります。

なぜなら、存在しない、評価の難しい事業に対して日本政策金融公庫から融資を受けることは容易ではないからです。

 

事業の将来性、類似サービスの収益性、事業の成長曲線などを予測できなければなりません。

日本政策金融公庫自身の経験から想定しやすい事業には融資しやすい傾向がありますが、世界に類を見ない全く新しいベンチャーには、評価ができないため、融資は非常に難しいのです。

つまり、私は日本政策金融公庫に、金融マンとしての経験と、ある程度普及してきたサービスのフォロワーとしての経験、そしてビジネスプランを描けるだけの知識を持ってやってきました。

 

経営計画の質、量ともに問題はありませんでした。

しかし、なぜ日本政策金融公庫の融資を受けることができなかったのか。そして、創業融資を断られた私の会社が、なぜ最終的にここまでうまくいったのか。そして、どのようにして融資を受けることができたのか。

これらの体験を以下にお話ししたいと思います。

 

 

 

2. 日本政策金融公庫融資の厳しい拒絶と打ち砕かれた自信

 

 

銀行融資(特に日本政策金融公庫)を申し込む際に最も重要なことは、事業計画書を作成することだと、専門家と思われる人たちがインターネット上で多くのコラムや記事を書いています。

インターネット上には、専門家と思われる人たちがこのようなことを言うコラムや記事がたくさんあります。

 

確かに、融資を受ける際には必ず事業計画書が必要であり、日本政策金融公庫も例外ではありません。

それが最も重要かどうかは大いに議論の余地がありますが、まずは日本政策金融公庫の融資における経営計画書の扱いについて説明したいと思います。

これは日本政策金融公庫の融資の実際の流れです。

 

確かに、日本政策金融公庫から融資を受けようとする企業は必ず経営計画書を提出しなければならず、その使用は強制されているわけではありませんが、推奨される標準的なテンプレートが用意されています。

経営計画書の内容は、基本的なP/L(損益計算書)やB/S(貸借対照表)のほか、利益計画やキャッシュフロー計画などの基本的な財務諸表も含まれています。

 

このように、本格的な書類と言えますが、初めての方にはかなり大変な内容となります。

実際、多くの経営者は、売掛金ビジネスに携わっているにもかかわらず、「売上が計上されてから2カ月後にキャッシュが発生する」といった基本的なことを理解せずに事業計画書の作成を始めてしまいます。

 

そうなると、買掛金の支払い時期や、売上の種類に応じた入金時期などの複雑な話になると、まったく歯が立たなくなってしまいます。

このことだけで、日本政策金融公庫の融資をあきらめてしまう、数字に強くない経営者がいるのです。

 

まず、ここで一つ目の誤解があります。

この段階での計算の正確さや整合性は、融資審査の際にはあまり重要ではありません。

 

そもそも、考えてみてください。今どきのエクセル操作ができる大学生でも、問題なくきちんとした事業計画書を作ることができます。

B/SとP/Lは完全に一致していますし、場合によっては利益計画とキャッシュフロー計算書が1円単位まで完全にリンクしていることもあります。

 

しかし、そのようなことは、融資を受ける上ではほとんど意味がありません。

逆に言えば、美しいステートメントを作ることが融資に有利になることはなく、美しいステートメントを作らないことが不利になることもありません。

 

なぜ、そう言えるのか。なぜなら、私自身、きれいな決算書で創業融資を申し込んで、あっさりと断られた経験があるからです。

さらに、1年後に融資を受けることができたときには、申し訳ないことに、しっかりとした予測可能な決算書を提出して、あっさりと審査に通ってしまいました。

大げさに言えば、創業融資を受けるには、決算書を「流れ」で見るしかないのです。

 

決算書が全体のストーリーと整合しているかどうかという視点で検討することはあっても、各資料の数字に小さな矛盾があっても問題にはならない。

なぜなら、この段階で作成された事業計画書は、120%不正確なものだからです。

 

そもそも、上場企業の財務専門家数十人のチームが毎年予算を策定しているのに、1年先の会社の将来を予測することすらできないのですから。

日本政策金融公庫はあなたに何を求めているのか?

事業計画通りに進捗し、株主を満足させることができる上場企業の経営者は、プロであってもほとんどいないのに、創業融資を借りに来るビジネスマンに、日本政策金融公庫は何を求めているのでしょうか?

 

その答えは至極当然です。

 

ここで重要なのは、経営計画そのものではなく、その計画の信頼性、経営者自身の経験や能力に裏打ちされているかどうか、そして何よりも、その計画を実現する意志が本当にあるかどうか、ということなのです。

 

それにもかかわらず、形にこだわり、数字をきれいに見せようとするあまり、創業間もない頃の貴重な時間を失い続けている経営者がたくさんいます。

綺麗に見せることを諦めて、融資の申請まで放棄してしまうのはもったいないですよね。まずは、この認識を改めることが大切です。

 

それでは、私のケースについて詳しくお話したいと思います。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

 

 

面談日当日

 

意気揚々と担当者との面談の日を迎えました。

正直なところ、この面談は単なる儀式だと思っていた。手持ちの現金1,000万円に500万円の借り入れという完璧な計画を立てていた。

しかも、すでに小さいながらも売り上げを上げることができていた。この状況で敗北感がないのは当然であった。

 

面接の冒頭、担当者は私の経歴を簡単に振り返り、ビジネスプランの内容にも触れた。また、私のビジネスの具体的な内容や、当面の利益の出し方などを詳しく聞かれた。

私はその一つ一つに丁寧に、時には熱意を持って答え、自分の実現したいことを伝えました。

 

この段階で、担当者が最も興味を持ったのは、ビジネスの内容だった。いくら世の中にすでにサービスが存在しているからといって、散髪屋や居酒屋を始めるのではない。

事業内容を第三者が理解するのは難しく、起業の目安がない以上、詳細を聞くのは当然のことだ。

 

しかし、数字に関する質問はほとんどない。あまり質問されないということは、それだけ知識がないか、興味がないということの表れである。

また、自分のビジネスの立ち上げのための数字は、数字を見ただけで完全に理解できるようなものではないはずだ。

つまり、事業計画書の数字の整合性には興味がないのである。

 

この場合の「興味がない」という言葉には2つの意味があります。1つは、すでに貸すことを決めていて、あまり気にしていないということ。

もう1つは、すでに貸さないことを決めているか、あるいは貸すかどうかを決める際にあまり重要視していないということだ。

私が初めて日本政策金融公庫に接したとき、正直なところ、担当者が事業計画書の具体的な数字にあまり興味を示さないことが理解できませんでした。

 

しかし、会話の中で答えを見つけることは容易ではありません。

そんな私の不安をよそに、書類は次々とチェックされ、担当者は淡々と仕事をこなしていった。

 

その時、後から振り返ってみると、間違いなく審査のポイントとなる質問をされた。

この質問は、おそらく日本政策金融公庫の融資を受けようとするときに120%聞かれる質問と同じだと思います。そして、この条件を満たしていなければ、おそらく創業融資を受けることはできません。

 

その質問とは、「創業資金を準備するために行ったプロセスを詳しく教えてください」というものです。

正確に言うと、この質問をされるとかなり難しい状況になります。しかし、正確に言うと、この質問をされると状況はかなり厳しいものになります。なぜなら、起業資金を準備するための体系的なプロセスの明確な証拠がないからです。

 

思い切ったことを言わせていただくと、日本政策金融公庫の担当者が創業融資を審査する際に最も重視するのは、時間をかけた計画性だと思います。

 

 

経験より、必要とされる条件

 

 

私にはマネージャーとしての経験はありません。

お金を借りたことも返したこともありません。

以上のような理由から、ビジネスプランやその内容は「絵に描いた餅」であり、大きな証拠として信用することはできません。

 

このような人物にスタートアップ資金を貸すことはリスク以外の何物でもなく、そもそも信用できるものがないのです。

その人の能力は未知数ですし、ましてや無担保で貸す以上、返済してもらえない可能性も覚悟しなければなりません。

 

そんな中で、確実に信用できることがある。起業予定者が長い時間をかけて熱意を持って起業の準備をしているのであれば、その人は本物です。

少なくとも、貸し手にとっては、ミスをしてもいい言い訳になります。

 

そして、私が最初の創業融資を受けに行ったとき、担当者が最も突っ込んだ質問をしたのもこの部分だった。

話を元に戻します。

 

正直なところ、私の起業準備はかなり行き当たりばったりでした。

もともと大和証券に勤めていましたが、貯金がたくさんあるわけではありませんでした。

 

また、CFOとして勤務していた会社では、IPOの際に大量のストックオプションをもらえるという条件で仕事を受けていたため、給料は高くありませんでした。

さらに、これらの会社の中には、トップマネジメントに多額の報酬を支払って株式を直接取得しているところもあった。

 

要するに、彼らにはほとんど貯蓄がなかったのだ。起業を決意した彼らは、なけなしの株を売り、保険を解約して500万円を手にした。

さらに、親戚から500万円を借りて、合計1,000万円になった。つまり、起業を思い立った時に仕方なく借りたお金を資本にして会社を作り、創業資金を申請したのである。

計画性というものが全く感じられない。

 

この状況は、日本政策金融公庫の担当者から見てどうなのでしょうか。

もし私が担当者だったら、「こいつはペテン師だ」という疑念を払拭できないでしょう。

というのも、事業を始めるときに「親戚や友人、知人からお金を借りた」という人が一番怪しいからだ。

 

 

公庫の融資は無担保

 

 

日本政策金融公庫の創業融資のほとんどは無担保ですから、貸し手が突然返済せずに逃げてしまったら、お金を回収する方法はありません。

つまり、相手が逃げてしまう可能性を常に警戒しなければならないのですが、借りた瞬間に逃げようと考える人はどんな人でしょうか?

 

一例を挙げてみましょう。

一つの例は、大企業のサラリーマンだったが、長続きせずにドロップアウトした元取締役。

中小企業の役員をしていたときは、金銭的に切羽詰まっていて、貯金をすべて溶かしてしまったという。このような状態では、表面に現れない借金を重ねている可能性があるのは間違いない。

いい歳をして、大した貯金もないと考えるのが妥当だろう。そんなある日、彼は突然、善意の親戚からお金を借りて会社を設立したと言い出す。

 

また、日本政策金融公庫に行って500万円を貸してくれと頼んだ。個人的な借金の元凶から「1000万円を個人口座に入れておくから、会社を作って日本政策金融公庫から500万円を引き出してくれ」と脅されたと思いませんか?

 

そして、融資が実行されると、脅された人は1400万円を回収し、100万円を手にして「似非経営者」に消えてもらうように命令します。

事業を始めるために善意の人から大金を借りたと言う人は、このように疑われても仕方がありません。

 

それは、私が初めて日本政策金融公庫に創業資金の融資を申し込みに行ったときのことでもあります。

このような状況では、どんなに魅力的な起業プランや将来のビジョンを持っていても、担当者が本当に私の将来のプランに耳を傾けてくれるかどうか疑問です。

P/LやB/Sの数字が一致しているかどうかに興味を持ってくれるだろうか。

 

そして、後から知ったことですが、かつて日本政策金融公庫の融資は、このように悪用されることが非常に多かったのです。

今後も、より洗練された形で、融資に名を借りた「創業詐欺」として、不謹慎な利用者に襲われる可能性が高いのです。

だからこそ、日本政策金融公庫は、あなたが時間をかけて事業を準備した事実を確認することにこだわります。

 

また、起業しようと考えている事業と同じ分野で仕事をしたことがあるかどうかにもこだわりがあります。

 

つまり、起業しようとしているビジネスとは全く関係のない仕事で生計を立て、計画的に起業資金を積み上げていない「経営者候補」が融資を求めてきても、ほぼ100%お金を貸すことはできません。

 

うっかりお金を貸して逃げられてしまったら、融資を承認した責任者からもグルだと疑われてしまいます。

実際に、過去にそのような犯罪を犯した人もいると聞いています。

冒頭で「日本政策金融公庫は絶対にお金を貸さない」と言ったのはこのためです。

 

仮に、本当に善意で事業を始めたくて親族からお金を借りたという事実があったとしても、それを証明する方法はありません。

彼は何も考えていない、ただの勘違いしたビジネスマンなのです。無担保でお金を借りるという行為は、そう簡単ではない。

 

一方、例えば、料亭で長年修業し、毎月10万円を貯金し、10年間で1200万円を稼いできた料理人が、事業を始めるために300万円の融資を求めてきたらどうだろうか。

銀行の通帳には、シェフの10年間の情熱と涙の準備が雄弁に語られており、一朝一夕にはできない足跡を残してきたことが確認できる。

10年分の苦労をして、日本料理店という目に見える形で融資を受けているのだ。その融資が300万円の逃亡資金ではないかと疑う理由は微塵もない。

私が美しい事業計画書を持って事業のための融資を申請しに行ったとき、そのことについてほとんど質問されなかったことはすでに述べた。

 

また、この例の日本料理人のような人が、私よりもはるかに劣る、数字のケアレスミスが多いビジネスプランを持ってきたとしても、おそらく私ほど厳しい質問はされないでしょう。

その理由は、皆さんもご存知の通り、180度違うからです。

 

このような経験から、私は「創業融資ではビジネスプランが最も重要である」という説に疑問を感じているのです。

そして、私が聞いた話や、担当者から一応聞いた話を総合すると、おそらくこの情報は概ね正しいのではないかと思っています。

 

これから起業してスタートアップローンを利用しようと考えている方は、くれぐれも注意してください。特に、これまでの業務と関係がなく、財務を整理していない場合は、創業融資の申請を断られる可能性が非常に高いです。

 

では、リスクを恐れずに比較的新しいビジネスを始める元気な経営者の方は、日本政策金融公庫の創業融資を受けることをあきらめるべきでしょうか?

同様に、必要な資金を計画的に準備していない人には、代替手段がないのでしょうか?

もちろん、そのようなことはありませんので、ご安心ください。

 

次の章では、私がどのようにして自分の無知を行動に移し、日本政策金融公庫から融資を受けることができたのかを説明します。

たのかをご説明したいと思います。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

 

3. 保証協会融資の意外な裏ワザ

 

これまで私は、創業融資の申請が却下された経緯と理由を、120%の自信を持って説明してきました。

私はそれまで、中堅企業から中小企業まで、さまざまなステージでプロの財務担当者やCFOとして活躍してきたので、完璧なビジネスプランを作ることができると自負していました。

 

事業自体には自信がありましたし、ましてやその後軌道に乗せることができたということは、事業に魅力があり、数字にも説得力があったということです。

 

にもかかわらず、必要な資金を調達することができず、スタートアップは突然の失敗の危険にさらされました。

 

余談だが、日本政策金融公庫からの「不合格」の手紙は、支店によって違うのだろうが、普通の薄い封筒に入っていた。

封筒を開けてみると、そこにはB5サイズの小汚い紙が入っていただけだった。言ってみれば、「お金は貸せません」と書いてあれば十分なのだが、そこまで書くのは失礼だろう。

 

それでも、他に書くこともないし、挨拶程度しか書くこともないので、気がつくと線の太い、内容の全くない紙が同封されていた。

その手紙の中で最も腹立たしいのは、締めくくりの一文だった。”「あなたのビジネスの成功を祈っています。

 

そう思うなら金を貸してくれ」と言ったはずだが、そんなことをしても何も変わらなかった。

汚れた紙切れは今でも記念に取ってあるが、年月とともにさらに汚れてきている。

 

そして、元気を出したいとき、ピンチのとき、その紙を見て思い出すのは、「このときは、世の中の理不尽さをもっと感じて、もっと困っていた。と思い出すのです。

 

 

 

借入不可な厳しい状況を覆す

 

ほとんどのことは、今では私のかけがえのないお守りとなっている「祈りの手紙」を見直すことで、我慢することができます。

諺にもあるように「万事塞翁が馬」です。

 

しかし、繰り返しお伝えしているように、その根本的な原因は、当時の私自身の無知にあります。

当時の私は最も厳しい状況に置かれていました。

仕方なく、設備投資の質と量を事業が破綻する直前の水準まで落とし、支払いを1カ月ずつ調整して資金繰りを維持していました。

 

事業の状態は、発生確率の高い問題が一つでも発生すれば、事業が破綻するほど危険な状態であった。

分かりやすく言えば、小売業は、台風が1つ来て3日間お客さんがいなくなっただけで倒産してしまうような状態です。

あるいは、コスト削減のためにパソコンにインストールすべきウイルスソフトの量を減らしたために、1回の感染ですべてが終わってしまうような会社です。

 

そのようなレベルで運転資金が不足し、投資に必要な資金を削減せざるを得なかったのです。

 

そこで、なんとか他の方法でお金を借りることができないかと、いろいろな方策を検討することになった。

 

もちろん、この時点ではノンバンク系の融資は候補に入っていないので、現実的には信用保証協会付きの融資を受けられないか、ということになりました。

 

しかし、信用保証協会付きの融資は、一般的には銀行の信用がなければ受けられない。

 

直接、信用保証協会の窓口に行って保証を受けることも不可能ではないが、起業したばかりのビジネスマンにとっては非常にハードルが高い。

実際には、書類作成が煩雑で時間がかかるため、現実的な選択肢ではありません。

そのため、信用保証協会の保証付き融資は、銀行を経由して行われるケースがほとんどです。

 

銀行からすれば、リスクを抑えてお金を貸すことができ、新たな融資も可能になるからだ。

 

しかし、保証協会の保証付き融資であっても、債務不履行の際に銀行がダメージを受けないわけではありません。

何よりも、焦げ付きが続出すれば、銀行自体も無傷ではいられないため、いくら保証協会の保証付き融資であっても、銀行は融資先を厳選することになる。

 

このように、事業を始めたばかりで、銀行と人間としての信頼関係を築けていない経営者は、一般的に保証協会の保証付き融資を思うように簡単に借りることができません。

 

よく誤解されるのですが、中小企業向け融資のほぼ100%が保証協会の保証付きであり、このようなリスクのある融資を銀行が単独で引き受けることはほとんどありません。

したがって、銀行はお金を貸すところだと思っていたのに、何の信頼関係も築いていない銀行にいきなり行って融資をお願いするというのは、かなり無茶な行為だと思います。

 

 

銀行が求める条件

 

 

中小企業が銀行から融資を受ける場合、銀行との間に信用関係が構築されていること、銀行が経営者が融資に対応できると判断していること、銀行が保証協会で保証してくれることなどを前提に融資を受けることになります。

 

銀行は基本的にこのような無謀なリスクを勝手に取らないことを知っておいてください。

これは、中小企業のCFOをしていた私にとっては常識であり、日本政策金融公庫の融資を断られた私にとっては、すぐに保証協会の融資を受けられるのは夢のような話です。

 

CFO時代に取引していた地方銀行の口座はありましたが、起業してすぐの対応は難しい」と、長年の付き合いが役に立たないという現実を思い知らされました。

 

しかし、創業間もない会社がまともなところから融資を受けるには、保証協会や日本政策金融公庫を利用するしかない。

日本政策金融公庫の融資は断られ、最低でも1年間は再審査が行われないことになっていた。

 

何度も言うようで恐縮だが、これも覚えておいて損はない基礎知識だ。日本政策金融公庫の融資は一度断られると、最低でも半年、実際には1年近く再審査が行われることはないと考えられています。

 

例えば、3ヵ月後に「業績が急回復したから融資してほしい」と思って日本政策金融公庫に行っても、機械的に断られてしまうのである。

したがって、日本政策金融公庫の融資プロセスは、融資申請のタイミングも含めて、ある意味では勝ち目のないものなのです。

 

私の運命を変えた一枚のチラシ

 

あなたにもよく覚えておいてほしいのです。偶然、私の運命を変えるチラシに出会いました。

それは、私が起業して本社を登記した市が主催する起業セミナーでした。

 

 

セミナーの内容

 

はっきり言って、セミナーの内容自体が非常にチープです。それはチラシを見ればわかりますよね。

 

1. 起業とは何か、決算書とは何か。

2.ビジネスプランの作り方、考え方。

第2回目は、ビジネスプランの作り方と考え方です。

 

現場で仕事をしてきたCFOとしては、おそらくこのコースからは何も学べないだろう。

 

しかし、全講座を受講すれば、市から保証協会の融資を受けることができるので、実質的には融資決定となります。

私はすぐにチラシに飛びつき、講座に申し込みました。

 

後になってわかったことですが、実はこのような制度は日本全国にあり、地方自治体やその関連団体が主催して、卒業生に保証協会の融資を行っています。

当時、私は大都市で起業していたので、このような講座は年に数回行われていましたが、よくよく考えてみると、私の住む地方都市でも同じような内容の講座が行われていました。

 

しかし、興味本位で申し込んでみたところ、3日目にはすでに定員に達していて締め切られていたのです。

しかも、スタッフや講師の数が圧倒的に少ないのだろう。年に1回、特に予算的に恵まれた年には2回開催されることもあるという、非常に参加しづらいイベントだったのです。

 

さて、私がセミナーに申し込んだ後はどうなったか。

先に述べたように、セミナーの内容自体はあまり役に立たないものでしたが、私は大きな発見をしました。

それは、CFOとしての自分の能力を、自分が言ったからといって誰も信用しないという当たり前の事実でした。

 

日本政策金融公庫の融資の時もそうでしたが、私がCFOとしてのキャリアや実績を誇らしげに話しても、担当者はおそらく9割くらいは真剣に聞いてくれませんでした。

もし、中小企業診断士としての仕事や、公認会計士として関わった監査、公的資格を持って行った仕事など、裏付けが取れるものであれば、融資の判断に少しは影響があったかもしれません。

 

しかし、誰も知らないような中小企業のCFOとしての自己申告の実績は、裏付けの取りようがありません。

しかも、私が言っている仕事のほとんどは、実際には99%がトップマネジメントが行っているものであり、私が手伝った事務処理の話に過ぎないだろう。

 

むしろ、世の中のビジネスマン・ウーマンは、自分が少ししか関わっていないプロジェクトを、あたかも自分がプロジェクト・リーダーであるかのように語ることが多いのです。

つまり、次のようなことが考えられます。

 

第1部 起業とは何か、財務諸表とは何か

第2部:ビジネスプランのつくり方、考え方

 

つまり、自分が経営に必要な最低限のスキルを持っていることを証明する術がないのだ。

最初に日本政策金融公庫の融資を申し込んだときに唯一自信があったのは、CFOとしての経験が何の役にも立たないということでした。

日本政策金融公庫に融資を申し込んだときに、資金が一切ないと言われたのは、このためだったのだと思い知らされました。

 

この事実に気付いてから、私はこの「格安セミナー」に対する態度をより真剣なものにしました。

というのも、自治体は「この経営者はこういう経歴の持ち主ですよ」と証明しようとしているからです。

 

今までは怪しいオヤジの検証不能な自己申告に過ぎなかった人物の能力を公的機関がお墨付きを与えているのだから、内容の単純さはともかく、講座自体には非常に気合が入らないわけにはいかない。

そんな意気込みで、全8回を滞りなく欠席することなく受講し、修了証をもらったことで、市政府から保証協会への低利融資を受けることができました。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

 

 

セミナーの余談

 

 

 

余談ですが、セミナー自体については、繰り返しになって恐縮ですが、すでに知らないことはほとんどありませんでした。

といっても、独立した経営者を目指して、老若男女が数万円を払って参加し、貴重な時間を過ごす勉強会です。

 

一人一人の経営者としての能力や経験のレベルは違いますが、全員が「経営者になりたい」「経営者としてもっと大きくなりたい」という熱い思いを持っていました。

そのため、セミナーで知り合った十数名の方とは、今でも時々連絡を取り合うなど、良き飲み仲間になっています。

 

そういう意味で、今回の「起業家セミナー」はとても良い経験になりました。全国の自治体で同様のセミナーが開催されていると思いますので、起業を考えている方は、ぜひ計画的に利用してみてください。

 

斡旋をもらった後のはなし

 

 

斡旋を受けた後のことである。

経営者としての能力を市からお墨付きをもらった私は、すぐに保証協会のあるビルに行きました。

 

古い記憶なので詳細は少し曖昧ですが、最終的には日本政策金融公庫に提出したものとほぼ同じ内容の経営計画書や事業計画書など様々な書類を提示されました。

私は日本政策金融公庫の時と同じように熱心に説明したが、担当者は淡々と聞き、淡々とメモを取っていた。

 

 

面談は以外とあっさり?

 

 

面接は「結果は後ほどお知らせします」であっさりと終わり、すぐに電話がかかってきました。

電話の内容は「ご希望の金額を全額保証しますので、それを受け取れる銀行をご用意ください」というものでした。

少し説明すると、先ほども言ったように、通常、保証協会の融資は銀行を通じて申し込む。

 

しかし、今回は市が仲介してくれたので、保証協会に直接行って、保証の決定だけが先に行われました。

 

すると、「面倒な書類作成は銀行にやってもらって、融資を受ける銀行を用意したほうがいい」と言われたのです。

日本政策金融公庫から創業融資を断られたのは、それから半年後のことだった。

 

命の水である銀行融資を調達することができ、多少の遅れはあったものの、オリジナルの設備などで会社を再スタートさせることができました。

これはプロジェクトの成果と言えるかもしれませんが、自分の経験や能力を勘違いして過大評価していたことに気づかされたので、私にとってはとても良い経験となりました。

融資を受けるのは簡単ではなく、資金の大切さを身をもって知り、たくさん苦しみましたから、本当に良い経験になりました。保証協会から初めて融資を受けたときは、とても嬉しかったですね。

 

この嬉しさは、他社のCFO時代に10億円の融資を受けた時の嬉しさとは比べ物にならない。

何よりも、保証協会や銀行が私の経営者としての価値を認めてくれて、信用があったからですが、金額はたったの500万円でした。

 

しかし、私はこの時のことを決して忘れません。失敗したからこそ、何が悪かったのかを真剣に考えることができるのです。

だからこそ、成功したときの喜びもひとしおです。当たり前のことですが、自分のことだからこそ、初めて経営者としての自覚が芽生えました。

ここまできたら、次はJFCへのリベンジですね。

 

もう結論を言ってしまって恐縮ですが、この後、JFCに行くまでの過程はどのようなものだったのでしょうか。

また、どのような教訓を得たのでしょうか。詳しくは次の章でお伝えします。

 

 

4. 日本政策金融公庫融資へのリベンジ、そして突破

 

前章では、初期の創業資金を日本政策金融公庫ではなく、保証協会から調達することができ、事業が軌道に乗り始めたことをお話ししました。

これは最初から大きな誤算で、当初は日本政策金融公庫から創業融資を受けて、保証協会から成長融資を受ければいいと考えていました。

 

しかし、お金に色がついていない以上、融資さえ受けられれば受注が前でも後でも構わない。

 

 

 

 

私は復讐の手段として日本政策金融公庫から融資を受けることを決意しました。

当時、創業融資の時期が遅れていたこともあり、事業計画は半年近く遅れていましたが、それでも数字の上では問題ありませんでした。

 

事業計画の進捗状況は、融資の申し込み時に日本政策金融公庫に提出した当初の計画とほぼ同じだった。

最初の融資を断られてから10カ月ほど経っていただろうか。

 

受付で「まだ時間が短いので、機械的に断られるようであればまた来ます」と伝えたところ、「問題ありません」と言われ、すぐに担当者が決まった。

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

 

後日支店に行くと…

 

 

約束の日に支店に行くと、違う青年が出迎えてくれました。

聞いてみると、前の担当者が別の支店に異動したとのことで、楽しみが半減してしまったような気がしたが、そんなことはどうでもいい。

 

しかし、それは問題ではない。私は、前回、創業融資を断られた時の真相を話した。

私は彼に、前回スタートアップローンを断られた時のことを話し、丁寧な断りの手紙に感謝しました。

私は少し皮肉を込めて会話を始めました。

 

そして、おそらくまだ日本政策金融公庫が持っているであろう前回の事業計画書の原本を見せ、税理士が作成した最新の月次決算書を見せ、事業計画の進捗状況が順調であることを説明しました。

 

なお、ここで私は教訓を得た。通常、スタートアップ企業の簡単な財務諸表は自分で作ることができます。

その気になれば、自分で決算をすることもできるだろう。しかし、日本政策金融公庫に提出する書類を自分で作成するとなると、お手上げになってしまいます。

勘定科目も同様だ。

そのため、この地域で一番大きくて有名な税理士事務所に、この規模の会社の月次決算を詳細に管理してもらい、書類を作成してもらった。

 

持参した書類には、右肩に事務所名が印刷されていた。

もちろん、自分でやるのも一つの節約方法です。

 

しかし、私の場合、会社を成長させるためにある程度の資金が必要であり、それは銀行との関係なしには得られない成長の源泉でした。

ですから、自分の信用を補うために、外部の専門家に「監査」してもらいながら、あたかも自分が経営しているかのようにビジネスを形成していくことは、私にとって非常に重要なことなのです。

 

そして、そのためのコストは、自分ができるかできないかという問題ではなく、専門家にやってもらう価値があるという意味で、必要な投資であり、そのためのコストでもありました。

こうして、私は税理士事務所が作成した書類を持って、日本政策金融公庫に行った。

 

話を戻そう。

私は、新規事業立ち上げのための融資を断られたときに提出した「1年後の見通し」などの資料を広げながら、現在の月次状況を説明した。

これらの計画では、事業の立ち上がりは順調で、実績も毎月少しずつでも上回ることができていた。

この時の私の率直な感想は “「見てくださいよ。でも、もう別人だから楽しみも半減ですよね。

 

でも、すでに違う人と一緒にいるわけですから、楽しみも半減です。

ざっと数字を確認し、1年後、3年後などの予測を見てみると、質問はほとんどなかった。

つまり、いい意味での興味の薄さです。ある意味、これは当然のことで、すでに一度、予測をして、それを上回る結果を示しているのだから。

疑う理由もなく、迷うことなくデータの確認を進めていきました。

 

しかし、一つだけ他の項目よりも厳しくチェックされたのが、設備投資である。

正直なところ、設備投資はシステムの強化・開発のためのものであり、その価格が妥当であるかどうかは、私にも誰にもわからなかった。

 

日本政策金融公庫は、ここに危険を感じていた。

なぜなら、何度も何度もお伝えしたいのですが、JFCには悪意を持って近づいてくる悪党が非常に多いのです。

 

したがって、私には本当に悪意がないのか。

もしそうだとしたら、架空の設備投資資金を騙し取って、そのまま消えてしまうのではないかと思わざるを得ません。

 

そういう意味では、あるいは言い換えれば、日本政策金融公庫の融資は、逃げ場のない本社ビルを持っている会社に有利なのかもしれません。

もちろん、新興企業が本社ビルを持っていないのは事実ですが、要するに、いつでも家賃を踏み倒して夜逃げできるような小さなビルの中で、机とPCだけで営業している会社のことです。

目先の売上や利益が少し上がったからといって苦労するよりも、大きな融資を受けて海外のどこかに消えてしまう方が楽だと考える人がいないわけではありません。

そんなことを疑われる可能性を考えるのは当然である。

 

今回の融資の場合、日本政策金融公庫がこだわったのは、設備投資の実態や内容、有形固定資産の設置場所などの事実関係を確認することでした。

そういう意味では、もし無形資産(ソフトウェア)だけの融資を申し込んでいたら、これだけの実績があっても断られていたかもしれません。

それだけに、日本政策金融公庫の融資は、創業融資という性格上

 

そのビジネスマンは本当にビジネスマンなのか?

貸したお金は本当に申告通りに使われているのか?

融資に嘘はないのか?

 

常に真剣に考え、嘘がないかどうかを見極めようとしていると思っていただきたい。

そんな緊張感の中、インタビューは順調に進み、その後、融資は全額承認された。

しかしこのときは、設備投資に使うリストの内容や支払い先を確認され、確かローンを実際に支払ったかどうかも確認されたように思う。

 

10年近く前のことなので記憶が曖昧ですが、これだけの実績を積み上げてきたのに、まだこのレベルで疑われるとは驚きました。

ぜひ、十分に注意していただきたいと思います。

 

 

 

 

日本政策金融公庫に申し込んだ時の状況を振り返る

 

 

私が初めて日本政策金融公庫に融資を申し込んだときの状況に、少しだけ立ち戻ってみたいと思います。私は日本政策金融公庫に、CFOとしてのキャリアを持つ金融のスペシャリストであると自己紹介して来ました。

 

しかし、日本政策金融公庫に来たのは、インターネット上でリテールサポート事業を展開するというビジネスプランを持って、融資をお願いしたのです。

しかも、その創業は行き当たりばったりで無計画なものであり、個人の財務が厳しいことは容易に想像できたのである。

 

なぜ、当時の自分を客観的に見ることができなかったのか不思議でなりませんが、このような似非実業家は、創業融資を受けるための詐欺ではないかと疑われても仕方がないと思います。

しかし、融資を断られた理由を理解せず、銀行に恨みを感じていたという点では、愚かな企業家、経営者と言わざるを得ません。

 

これから起業して日本政策金融公庫の融資を利用しようと考えている人は、私と同じような目で見られていないかどうか、十分に注意して検討していただきたいと思います。

また、このような怪しい経営をするにはあまりにも環境が整っている場合はどうすればいいのでしょうか。この場合、どんな方法を使っても、どんなに完璧な書類を作っても、創業融資を受けることは極めて難しいでしょう。

 

であれば、私のようにまず日本政策金融公庫の融資を受けようとするのではなく、まず保証協会の融資を受けることを検討すべきでしょう。

また、この場合、客観的な信用がないので、少しでもいいから何か信用にプラスになるものがあったほうがいいですね。

 

私の場合は、市が主催する起業セミナーと、市が私を融資を受けるにふさわしいビジネスマンであるとお墨付きを与えてくれたことです。

なお、これらのセミナーの多くは、すでにビジネスを始めている経営者だけでなく、もちろんこれからビジネスを始めようとしている人も対象としています。

したがって、これから起業しようと考えている人は、少なくともこのセミナーに参加することをまず計画し、その上で起業を考えるべきだ。

 

もし私がこのような仲介システムの存在を知っていたら、起業前に受講し、いつでも保証協会の融資を受けられる資格を確保していたでしょう。

確か、セミナーの後に保証を申し込める期間があったと思いますが、それに合わせて事業計画を立てるべきでした。

そうすれば、かなりリスクの高い事業であっても、事業開始とほぼ同時に、創業費用を賄うための融資を受けることができます。

 

私のような立場で起業する場合、最初から確実に融資を受けるにはこの方法しかないでしょう。

セミナーといっても、市が主催するもの、市の関連団体が主催するもの、地元の商工会議所と連携して開催するものなど、さまざまな種類があると聞いています。

 

そのため、起業する(あるいは本店を登記する)都道府県や市町村でどのような制度が受けられるのか、一概には言えません。

まずは、市役所の産業振興課に行って、このような講習会があるかどうかを問い合わせてみるのがよいでしょう。

 

 

公庫以外の起業融資について

 

意外なことに、創業融資の選択肢は日本政策金融公庫だけではありません。

あるいは、私の場合、すでに事業が立ち上がっていたからこそ、すぐに保証協会からの融資を受けることができたという側面もあるかもしれません。

 

しかし、仮にそうであったとしても、このような制度の存在を事前に知っていれば、よりタイムリーに、適切なタイミングで必要な資金を得ることができたと思います。

私のように、あまりにもリスクの高い日本政策金融公庫の融資を受けるのではなく、より確実で安心な資金調達をして、ビジネスをスタートしていただきたいと思います。

 

 

なお 法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

5. まとめ|日本政策金融公庫の借入

 

看板を頼りに大企業との関係を築いてきた人が、独立した途端、かつての取引先が自分に興味を持ってくれなくなる、とよく言われます。

たしかに、よほど個人的な魅力がない限り、大企業から自分が入社した会社にすぐに転職することはないだろう。

したがって、大企業に勤めていた人が独立して最初の壁にぶつかるという話は、ありふれた話ではありますが、間違いなく事実でもあります。

 

しかし、実際に独立してみると、真実はそれほど単純ではないことに気づくはずです。

私の場合、最初の壁は銀行からの借り入れだけでなく、銀行口座の開設でした。それまで私は、銀行口座やクレジットカードは銀行に頼まれて作るものだと思っていました。

それなりに年商のある中堅企業の役員だった頃は、銀行から「年会費5万円のクレジットカードを作ってください」と言われ、渋々作ることもありました。

 

ところが、私が会社を設立して専務になった途端、普通のカードなどの最低ランクのクレジットカードでも審査に落ちるようになってしまったのです。

さらにショックだったのは、法人口座を開設するために最寄りの都市銀行の支店に行ったときのことだ。

必要な書類を持ってカウンターに行き、「法人口座を開設してください」と言うと、5分もしないうちにすべての書類を返された。

 

約5分後、すべての書類を手渡され、「申し訳ありませんが、実際に用事があるときにまた来てくださいね」と言われました。

申し訳ありませんが、実際にビジネスができるようになってから来てください」と言われました。

会社を設立して代表取締役になるということは、あらゆる意味で信用がゼロになるということです。

 

会社の歴史もなく、事務所もいつでも閉鎖できるような小さなもので、従業員も数人しかいない。こんな会社には、銀行はお金を貸してくれないし、法人口座を開設するための信用も与えられない。

自分でも起業する気になったが、これは甘くて形だけの考えだった。

そして、客観的に見れば当然のことなのに、世の中の理不尽さに憤りを感じることも多かった。

 

確かに日本での起業の難易度は少々高すぎますが、一方でこれは、起業を装って悪いことをする人が多いということでもあります。

自分だけが信頼されて誠実にビジネスをしていると思うのは無駄なことです。

ビジネスマンにとっての信頼とは、ビジネスを始めてからの期間の長さ、売り上げ、利益の大きさです。

 

誠実な言葉を100個並べても、創業半年の会社の信用にはかないません。

 

これから起業する方、日本政策金融公庫の融資を利用する方は、起業するという行為は、自分が思っているよりも100倍難しいこと、客観的に信用できない立場からお付き合いを始めるということを念頭に置いてください。

 

信用度を高めることができれば、融資や営業を受けることができるようになります。この記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

 

なお、法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

参考記事:今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2021年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

日本政策金融公庫の関連記事

 

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資|KOUKO.GUIDE

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫国の教育ローン

融資制度一覧|日本政策金融公庫

各種書式|日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の店舗案内

Googleニュース|日本政策金融公庫

 

この記事を書いた専門家

この記事は、資金調達プロのお金&資産運用の専門家Tommyが作成しました。

著者:資金調達プロ編集部

 

2014年12月のサイト開設後から、金融に関係する記事をメインに投稿を行っています。複数人の著者が在籍しており、法人向け融資を20年勤めた銀行員や累積500名の顧客を持つファイナンシャルプランナーなど、法人・個人問わず複数名の金融のプロフェッショナルがノウハウを提供しています。

 

 

【資金調達プロ】YouTubeチャンネル


資金調達プロ(YouTube)

 

資金調達プロのSNS

□ 資金調達プロのInstagram

□ 資金調達プロのFacebook

□ 資金調達プロのnewspicks

□ 資金調達プロのAmebaブログ

□ note|資金調達プロ

 

資金調達プロ|関連リンク集

資金調達プロ|関連リンク集

ビジネス関連|ニュースサイト一覧

労働問題の解決に役立つサイト一覧

上場・IPO・証券取引関連情報

お金の問題解決・信用情報に役立つサイト一覧

公的制度の借入と融資に役立つサイト一覧

中小企業・起業に役立つサイト一覧

官公庁の公式SNS(Twitter・Facebook)

日本政策金融公庫の関連サイト一覧

日本政策金融公庫

クラウドファンディング協会

信用保証協会

日本信用情報機構(JICC)

CIC|割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター

全国の銀行一覧|都市銀行、地方銀行、ネット銀行

金融庁

中小企業庁

日本弁護士連合会

フリーランス協会

一般社団法人 全国銀行協会

一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)

一般社団法人日本クレジット協会

JCCA 日本クレジットカード協会

JCCO 日本クレジットカウンセリング協会

 

日本政策金融公庫

 

にほんブログ村 経済ブログへ

The following two tabs change content below.
kosame97

kosame97

大学卒業後、証券会社に勤務。その後、縁あってIPOを目指す製造業やサービス業、IT業の会社でCFOを務め、資本政策や資金調達など財務畑の責任者を担当してきました。 その間、買い手・売り手の双方で繰り返しM&Aや事業承継を主導し、また債権の係争で訴訟に訴えるなど、財務とリーガルに関する法務的な立ち回りも求められ、一定程度の総務・法務の現場経験有り。 その後独立を経て、現在は記事ライティングや専門知識の提供を行い活動しています。
JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 06/16 17:32
    無料診断がされました。
  • 06/16 16:34
    無料診断がされました。
  • 06/16 16:14
    無料診断がされました。
  • 06/16 14:47
    無料診断がされました。
  • 06/16 13:22
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

公的融資制度の関連記事(95件)

1 2 3 4 5 17

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,417件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

JSX

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる