ベンチャーキャピタルの仕組み|VCの歴史や役割など

資金調達プロ編集部
資金調達プロ編集部
更新日2022/7/5

資金調達プロの人気記事  NEW

ベンチャーキャピタルの仕組み|VCの歴史や役割

 

ベンチャーキャピタル(VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)を意味します。本記事では、ベンチャーキャピタルの仕組みについて解説しましょう。

 

 
この記事を書いた専門家(アドバイザー)
Tommy PROFILE

著者情報|TOMMY

資金調達プロのWEBライター、金融系記事の専門家(ビジネス、ローン、クレジットカード)が専門。2010年にTommy’s WRITING.Incを設立。補助金・助成金制度日本政策金融公庫信用保証協会関連の記事、フリーランスの資金調達情報を収集・記事にしています。

Twitter

 

お金が欲しい時に参考にしたい|WEBメディア

 

資金調達プロのアンケートはコチラ!

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ベンチャーキャピタルとは?

 

 

ベンチャーキャピタル(VC)とは、高いリターンを目指して積極的な投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。ベンチャー企業やスタートアップ企業など、成長性の高い未上場企業に投資する投資会社のことを指しています。

 

ベンチャーキャピタルは、成長率の高い未上場企業に投資し、資金を投入する。投資した企業が上場または成長した後、株式の売却や事業の売却を行い、キャピタルゲイン(初期投資額とIPO後の売却価格の差額)を得ることを目的にしています。

 

ベンチャーキャピタルの意味

ベンチャーキャピタル(Venture capital、VC)とは、未上場の新興企業(ベンチャー企業)に出資して株式を取得し、将来的にその企業が株式を公開(上場)した際に株式を売却し、大きな値上がり益の獲得を目指す投資会社や投資ファンドのことを指します。

 

参考リンク:ベンチャーキャピタル(初めてでもわかりやすい用語集)

 

ベンチャーキャピタルの中には、投資した企業の価値を高めるために、経営コンサルティングなどのサービスを提供するところもある。また、担当者が取締役会などに参加し、経営陣の監視・管理・指導を行うケースもあります。

 

事業会社が所有するコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)もVCの一種ですが、VCファンドは金銭的なリターンだけではなく、ファンドを設立した企業にとっては新規事業の立ち上げに資する技術やアイデアなどの事業シーズを獲得するための情報探索ツールであり、新規事業の立ち上げを促進する手段としても活用されています。

 

ベンチャーキャピタル(VC)の仕組み

 

ベンチャーキャピタルは投資家の集合体のようなものです。投資家はベンチャーキャピタルに対して資金を提供し、ベンチャーキャピタルはその資金をベンチャー企業に投資します(中には個人投資家などから集めたお金でなく、自身が銀行などから借り入れたお金で投資を行うベンチャーキャピタルもあります)。

 

図 1資金の流れ

図 1資金の流れ

 

この構図だけ見ると間にベンチャーキャピタルが挟まるのは無駄にも思えますが、そんなことはありません。個人投資家が投資できる金額は限られています。一つの会社に数千万円~数億円を投資できるのは、けた外れに裕福な人間だけです。

 

その点、ベンチャーキャピタルは個人投資家とは比べ物にならないくらいの資金力があるため、数千万円~数億円の投資も条件次第で十分行えます。ベンチャーキャピタルは数の優位性によって大きな投資を実現しているのです。

 

図 2利益の流れ

図 2利益の流れ

 

さて、ベンチャー企業は投資を受けた見返りとして、ベンチャーキャピタルに対して株式などを提供します。ベンチャーキャピタルの目的は企業を上場させて、この株式を高値で売り抜けることです。利益が出た場合、ベンチャーキャピタルはその利益の一部を投資家に対して提供します。

 

図 3ベンチャーキャピタルの投資の循環

図 3ベンチャーキャピタルの投資の循環

 

この仕組みがうまく働いた場合、投資家は運用益を受け取れますし、ベンチャーキャピタルは株式売却による利益を得られますし、会社も投資を受けて成長することができます。まさに三方一両得の仕組みといえます。

 

ベンチャーキャピタルの働き

 

一般的なベンチャーキャピタルは、企業への出資と同時に経営コンサルティングを行い、その企業価値の向上を図ります。

 

ベンチャーキャピタルは、未上場の段階で株式を取得し、上場時に売却することで大きな値上がり益を期待できますが、投資先企業の中には上場を果たすことができずに、出資金の回収が全くできないケースもあります。その意味では、ハイリスク・ハイリターンのスタンスで企業に投資しているといえます。

 

参考リンク:ベンチャーキャピタル(初めてでもわかりやすい用語集)

 

ただし失敗した場合は投資家は運用益を得られず、ベンチャーキャピタルは株式を売却できず、会社は倒産という三方一両損で終わることもあります。だからこそベンチャーキャピタルは投資先を厳しく審査し、本当に儲かるという確信があるときだけ投資を行うのです。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

ベンチャーキャピタルの歴史

 

日本のベンチャーキャピタルの歴史はおよそ50年。1963年に中小企業投資育成株式会社法に基づき、中小企業投資育成会社が設立されたのがすべての始まりです。

 

その後1972年には民間初のベンチャーキャピタルである京都エンタープライズ・デベロップメント(KED)が誕生し、ベンチャーキャピタルという存在が広く知られるようになりました。。

 

その後1980年代から1990年代にかけて銀行系をはじめとする多数の民間企業がベンチャーキャピタルを立ち上げ、現在の日本には50社以上のベンチャーキャピタルが存在しています。ベンチャーキャピタルは今や日本経済には欠かせない重要な存在です。

 

ベンチャーキャピタルの役割

 

ベンチャーキャピタル会社とは、ベンチャー企業やスタートアップ企業など、高い成長が期待できる未上場企業に投資する投資会社のことです。

ベンチャーキャピタル会社の役割は、投資先企業に「投資(出資)」することで「成長を支援」し、「株式を売却することで資金を回収」することです。

 

投資した企業が成長しなければ、投資は失敗となり、資金を回収することはできません。そのため、ベンチャーキャピタルは投資した企業の成長を支援する。

 

ベンチャーキャピタルは、未上場企業に資金を投じるだけではない。資金を投入すると同時に、ハンズオンで経営支援を行い、企業価値を高め、キャピタルゲインの増加に貢献しています。

 

ベンチャーキャピタル(VC)の種類

 

ベンチャーキャピタルの種類は、銀行、証券会社、保険会社、ノンバンクなどの金融機関の関連会社をはじめ、事業会社、商社、通信会社などの関連会社が運営するベンチャー・キャピタルもあります。

 

また、これらのいずれにも属さない独立系のベンチャーキャピタルもあり、民間のベンチャーキャピタルとは投資基準や投資対象が異なる「政府系ベンチャーキャピタル」や、新産業の創出を通じて社会の発展に寄与することを目的とした「大学系ベンチャーキャピタル」などもあります。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

銀行とベンチャーキャピタル(VC)の違い

 

銀行は企業に資金を貸し出す(ローン)ので、企業は最終的に資金を返済しなければならず、貸し出した資金には利息がつきます。また融資を受けるには企業の信用や担保が必要ですが、ベンチャー企業や設立間もない企業は、信用や担保を持っていないことが多いため、融資を申し込んでも断られることが多いです。

 

銀行から融資を受けるためには、事業計画書、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、試算表など、さまざまな書類を用意する必要があります。

 

一方のベンチャーキャピタルは「融資」ではなく、設立したばかりのベンチャー企業やスタートアップ企業に対して、将来の成長を期待して資金を「投資」するものであり、資金を返済する必要はありません。会社が成長したり、上場したりすると、株式を売却して資金を回収する。

 

しかし投資した企業が成長しなかったり、上場しなかった場合や、最悪の場合事業に失敗したりすると、投資した資金を回収することはできません。こうしたリスクを避けるために、ベンチャーキャピタルは投資した企業の成長を支援し続けます。

 

支援の方法は、ベンチャーキャピタルによって異なります。自社の社員を投資先企業のメンバーとして参加させる場合もあれば、外部のコンサルティングサービスを利用する場合もあります。また、投資を担当したベンチャーキャピタルが投資先企業の社外取締役となり、経営に参画するケースもあります。

 

ベンチャーキャピタルから投資を受ける際には、ビジネスプランなどの書類を作成する必要があります。ただし、銀行とベンチャーキャピタルでは審査のポイントが異なり、ベンチャーキャピタルの投資では企業のビジネスモデルが重視される傾向があります。

 

ベンチャーキャピタリストとは

 

ベンチャーキャピタルの中で働く社員のことをキャピタリストといいます。キャピタリストはベンチャーキャピタル本体と企業経営者をつなぐ架け橋のような存在であり、その重要度は非常に高いです。

 

特に大事になってくるのがキャピタリストと経営者の相性です。簡単に周りに愚痴をこぼせない経営者にとって、キャピタリストはビジネスパートナーでもあり、よき理解者でもあります。

 

人間的な相性が悪い場合は交代してもらうことも可能ですが、ほとんどの場合は最初に出会ったキャピタリストと付き合っていくことになります。

 

もちろん、付き合いを重ねていくうちに関係が良化することもありますが、最初から良いキャピタリストに出会いたいのならば、経営者仲間に紹介してもらうのが一番効率的です。

 

仲介に入ってくれる経営者はあなたにとってもキャピタリストにとってもよき隣人であるため、相性面で問題が起こる可能性はぐっと低くなるはずです。

 

逆にいきなりたくさんキャピタリストを集めて説明を聞いてもらう、というやり方は避けたほうがいいでしょう。ベンチャーキャピタルに関して大した知識もないまま説明を始めてしまうと、説明もグズグズになりがちですし、キャピタリストに余計な不信感を抱かせることになります。

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

 

日本のベンチャーキャピタル

 

日本のベンチャー・キャピタルの多くは、銀行、証券会社、保険会社、ノンバンクなどの金融機関の関連会社である。また、事業会社、商社、通信会社などの関連会社が運営するベンチャーキャピタルや、これらの会社に属さない独立系のベンチャーキャピタルもあります。

 

さらに、民間のベンチャーキャピタルとは投資基準や投資対象が異なる「政府系ベンチャーキャピタル」や、新産業の創出を通じて社会の発展に貢献することを目的とした「大学系ベンチャーキャピタル」などもあります。

 

自社のビジネスプランに共感してくれるベンチャーキャピタルから資金を集めることができれば、事業が成功する確率は飛躍的に高まります。

将来、自社を上場させたいと考えている方や、大きな成長を目指している経営者の方は、ベンチャーキャピタルのメリット・デメリットを理解し、上手に活用しましょう。

 

ベンチャーキャピタル関連リンク

 

ベンチャーキャピタルの理解に役立つリンクを集めてみました。

 

 

まとめ

 

今回はベンチャーキャピタルについて、カンタンに説明をしました。より詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

 

 

【PR】 「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホやパソコンからもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来ます。お金が今すぐ必要なアナタは、下のリンクをクリック!

 

▢ 資金調達プロ|おすすめカードローン比較

2022年最新版_個人向けカードローンおすすめ比較

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

▢ 資金調達プロ|法人ビジネスローン比較

2022年最新版_法人向けビジネスローンおすすめ比較

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。

ファクタリング診断バナー

最短即日1,000万円調達する方法、お教えします!

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

安定的な売掛金があれば、100万円〜3億円の事業資金を最短即日で調達可能!売掛金を売却して、今すぐ資金繰りを改善しませんか?秘密厳守で安心。
10
カンタン資金調達チェック

昨日は0が事業資金の調達に成功しました。

今日は0が事業資金の調達に成功しました。

※来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
※NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。
  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • 無料診断がされました。

  • f****l様が
    1000万円を調達しました。

  • a******o様が
    200万円を調達しました。

  • q*****t様が
    1100万円を調達しました。

  • t**g様が
    300万円を調達しました。

  • j******y様が
    300万円を調達しました。

本日、先着10社限定。10秒簡単資金調達チェックを利用した方に、資金調達成功マニュアル(9,800円相当)3つを無料でプレゼントさせて頂きます

本日は残り10社限定なのでお早めに10秒診断を行ってください。

安定的な売掛金があればOK。無料診断後、すぐに資金調達プロがあなたに最適な事業資金を専門家をご紹介させていただきます。あなたの資金調達を全てサポートいたします
×
資金調達プロ ファクタリング