閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【クラウドファンディング】7日で100万円も可能!ネットで資金集めをしよう!

【クラウドファンディング】7日で100万円も可能!ネットで資金集めをしよう!

クラウドファンディング比較

 

 

みなさんはクラウドファンディングという言葉を聞いたことがありますか? 資金を募るにあたって、最近人気の方法でインターネットを使い、資金の支援者を募ることにより資金調達を行う方法のことを指します。

 

クラウドファンディングはもともと北米が発祥の地といわれている資金調達方法ですが、近年は日本国内でもこの手法が今大変注目を集めています。人気タレントや俳優が、この方法を利用して資金集めを行っているという話をニュース等で耳にすることもあるのではないでしょうか。

 

ここでは、このクラウドファンディングという資金調達方法にスポットをあて、その内容や利用することのメリット・デメリット、人気の高いクラウドファンディングサイトについて紹介をしていきたいと思います。

クラウドファンディングを利用しての資金調達を検討している経営者の方は、是非参考にしてみてくださいね。

 

※ なお本記事で紹介する「クラウドファウンディングサービス」は、審査や資金調達において時間がかかる傾向にあります。資金調達をお急ぎの経営者の方は、ぜひ口コミ評価が高い『カードローン』に申し込んでみましょう。スマホやパソコンからの「ネット申込」後、即審査が可能となっており、正式契約時には来店の必要もありません。すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

***

 

この記事は、資金調達プロ『お金の専門家』Tommyが作成しました。

 

Twitterアカウント(資金調達プロ)

 

Tommy shikinproのニュースサイト(Infoseek Social News)

最新Newsはここでも紹介(NewsPicks)

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
Amebaブログでもビジネス記事を更新中!

noteでも情報発信中!(Tommyのnote)

 

資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう


【中小企業・起業】

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

【公的制度の借入と融資に役立つリンク】

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

 

クラウドファンディングとは何か?

 

そもそもクラウドファンディングとは、どのようなものなのでしょうか。クラウドファンディングという言葉は、「Crowd(群衆)」と「Funding(資金調達)」という英語を組み合わせた造語であり、「不特定多数の支援者が、あるプロジェクトやアイディアに対して共同で出資を行う」というものを指します。
そのため、プロジェクトやアイディアの起案者は、インターネット上で資金提供を呼びかけることにより、多くの支援者から資金を集めることができます。

 

そして、各々の支援者が出す出資額は100円といった少額でもOKですので、支援者側でも比較的ハードルが低く、気軽に参加することが可能なものとなっています。この気軽さから、近年は日本国内でもクラウドファンディングは身近なものとして多くの方に捉えられるサービスとなりました。

 

日本でクラウドファンディングのサービスが、資金調達の方法として広く普及し始めたのは、2011年の東日本大震災がきっかけと言われています。復興支援を目的とした、寄付型のクラウドファンディングサービスが多くの方に認知されはじめたのもちょうどこの頃です。

 

その後、国内のクラウドファンディングサービスは、2014年に規制が緩和されたこともあり、数多くの運営サービスが誕生する運びとなりました。そして、現在、クラウドファンディングは、大きな市場を持つ成長著しい資金調達方法として、注目を集めるサービスとなっています。

 

クラウドファンディングサービスの種類

 

それでは、この「だれでも気軽にプロジェクトや企業の支援者になることができる」クラウドファンディングサービスの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。一般的に、クラウドファンディングサービスは、次の3つの種類にわけられると言われています。

 

・購入型クラウドファンディング

・寄付型クラウドファンディング

・融資型クラウドファンディング

 

ここでは、それぞれの型の特徴について、その内容を簡単に確認していきたいと思います。

 

購入型クラウドファンディング

 

購入型クラウドファンディングは、起案者に対して支援者がお金を出資しますが、原則、お金がリターン(=お返し)として戻ってくることはありません。あくまでも支援者は起案者から、商品やサービスなど、金銭以外のものがリターンとして受け取ることができる、というものです。そのため、起案者がより多くの出資を募るには、リターンとして提供する商品・サービスに魅力あるものを用意することが重要となってきます。

 

そして、この購入型クラウドファンディングは、国内のクラウドファンディングサイトで最も多く採用されている形式となっています。有名なサイトとして、ReadyforやCAMPFIRE、MotionGalleyなどがよく知られています。

 

寄付型クラウドファンディング

 

寄付型クラウドファンディングは、起案者が支援者から集めたお金は全額寄付にあてられます。原則、起案者から支援者へのリターンは発生しませんが、サービスによっては物や商品などのリターンがあるものもありますので、支援を行う前に一度チェックしてみるとよいかもしれません。また、支援者は寄付を受けた起案者からの感謝を受けることができるという点で、他のクラウドファンディングサービスにはない「社会貢献意識」も芽生えます。

 

なお、寄付型クラウドファンディングでは、「寄付金控除」など税制面での優遇を受けることが可能な場合もあります。制度を利用したい場合は最寄りの税務署まで詳細を問い合わせてみるとよいでしょう。

 

融資型クラウドファンディング

 

融資型クラウドファンディングは、別名ソーシャルレンディングともいわれ、出資を行った支援者に「利子」として一定のリターンを渡すものとなります。融資型を取り扱うクラウドファンディングサイトは、投資商品でもあるため、「金融商品取引法」と「貸金業法」という2つの法律にのっとって運営されています。

 

支援者が行った出資は、クラウドファンディングサービスを利用して資金を集めようとしている企業や個人に対して貸付という形で行われ、その代わりに支援者には利子として分配金が支払われることになります。もともとは海外のクラウドファンディングサイトに多く見られたサービスでしたが、近年、日本でもこの融資型クラウドファンディングを取り扱う企業が増加傾向となってきました。

 

「投資したお金が必ず返済されるわけではない」「融資先の企業情報が明かされない」といったデメリットもありますが、「年利約2.5%~15%」とリターンの大きなサービスでもあるため、投資商品としての人気も高まっています。このように、クラウドファウンディングサービスの種類により、サービスの内容が異なります。そのため、支援者・起案者どちらの立場においても、内容をしっかり確認した上で利用するようにしましょう。

 

また、これらクラウドファウンディングサービスの詳細やそのメリットについては、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

参考記事:クラウドファンディングやソーシャルレンディングで「資金調達」するメリットを徹底解説!

 

※ なお本記事で紹介する「クラウドファウンディングサービス」は、審査や資金調達において時間がかかる傾向にあります。資金調達をお急ぎの経営者の方は、ぜひ口コミ評価が高い『カードローン』に申し込んでみましょう。スマホやパソコンからの「ネット申込」後、即審査が可能となっており、正式契約時には来店の必要もありません。すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

クラウドファンディングのメリット・デメリット

 

それでは、クラウドファンディングのメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここで確認をしておきましょう。

 

メリット

 

クラウドファンディングを利用することによるメリットには、次のようなものが挙げられます。

・過去に実績がない企業やプロジェクトでも資金を集めることが可能

・ファンの傾向を分析し、今後のマーケティングに活かすことができる

 

これらのメリットについて確認をしていきましょう。

 

過去に実績がない企業やプロジェクトでも資金を集めることが可能

 

クラウドファンディングサービスを利用することにより、過去に実績がない企業やプロジェクトでも資金を集めることが可能です。また、インターネット上で多くの人々から資金を募ることにより、銀行などの金融機関から融資を受けるよりもより多くの資金を調達することが可能な場合もあります。

 

ファンの傾向を分析し、今後のマーケティングに活かすことができる

クラウドファンディングサービスでは、支援者(=ファン)の関心の傾向を分析することができます。そのため、ファンのニーズを今後のマーケティングツールとして利用することも可能です。

また、ファンに商品やサービスを使ってもらうことで、製品の開発に役立てることもできます。

 

デメリット

反面、クラウドファンディングを利用することによるデメリットには、次のようなものが挙げられます。

・支援者を保護するための法整備が未完成

・出資を募ったプロジェクトが成功するとは限らない

それでは、このデメリットについて確認をしていきたいと思います。

支援者を保護するための法整備が未完成

 

クラウドファンディングの一番のデメリットとして、支援者を保護するたための法整備が未熟な点があります。そのため、クラウドファンディングで出資を行った支援者側がトラブルに巻き込まれてしまったという事例も多数報告されています。例えば、企業やプロジェクトに出資したものの、集めた資金をそのまま持ち逃げされてしまった…というケースや、購入型のクラウドファンディングサービスで購入した商品が届かなかったというケース等々…こういった場合にも、せっかく支援を行った出資者側が泣き寝入りをしなくてはならない…これが現状です。

 

そのため、クラウドファンディングに出資を検討する際には、支援する相手が信頼できるかどうか、しっかりと見極めた上で利用する必要があります。様々な観点から情報収集を行い、納得の上で支援を行うようにしましょう。

 

出資を募ったプロジェクトが成功するとは限らない

 

クラウドファンディングでは、出資を募ったプロジェクトが必ず成功するとは限りません。そのため、たとえ出資を行ったとしても、見返りが無いばかりでなく、出資したお金も戻ってこない場合もあります。そのため、出資を行う際には、プロジェクトが失敗した場合の保証の有無などについてきちんと確認しておくことをおすすめします。

 

クラウドファンディングサービスに参加する際には、このようなメリット・デメリットを考慮に入れた上で利用するようにしましょう。

 

代表的なクラウドファンディングサイトと、それぞれの特徴

 

それでは、人気の高い主なクラウドファンディングサイトについて、挙げていきたいと思います。クラウドファンディングサイトを比較・検討される方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。例えば、日本国内で人気の高いクラウドファンディングサイトには次のようなサイトがあります。

 

・CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

・Readyfor(レディーフォー)

・Makuake(マクアケ)

・A-port(エーポート)

・FAAVO(ファーボ)

・MotionGallery(モーションギャラリー)

・GREENFUNDING(グリーンファンディング)

 

それでは、これらのクラウドファンディングサイトについて個々の特徴を簡単に確認していきましょう。

 

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

株式会社CAMPFIREが運営する、クラウドファンディングサイトです。2011年にサービスを開始し、日本最大のクラウドファンディングサイトとして、確固たる地位を築いてきました。2018年8月現在、15,000件以上のプロジェクトが71万人の支援者から総額70億円もの資金調達に成功している、という点からもうかがい知ることができるのではないでしょうか。

また、CAMPFIREは、アートや写真・ジャーナリズム、ファッションなどカルチャー方面に強いクラウドファンディングサイトであるため、芸術家や芸能人・モデルなどの著名人が多く参加しているのも特徴の一つとなっています。

 

参考記事:CAMPFIRE(キャンプファイヤー)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

Readyfor(レディーフォー)

 

READYFOR株式会社が運営する、クラウドファンディングサイト。2011年にリリースされた、日本初のクラウドファンディングサービス会社です。「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をモットーに、社会支援や地域振興、そしてものづくりやアートへの支援を多く行っています。

 

参考記事:Readyfor(レディーフォー)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

Makuake(マクアケ)

 

IT大手サイバーエージェント傘下にある、株式会社マクアケが運営するクラウドファンディングサイト。他のクラウドファンディングサイトと比較しても、多種多様なジャンルの支援を行っています。
実施プロジェクト数の多さや調達資金の大きさから、「Readyfor」と並び、日本のクラウドファンディング業界を牽引してきた存在ともいわれています。

 

参考記事:Makuake(マクアケ)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

A-port(エーポート)

 

2015年に設立され、大手新聞社である朝日新聞社が運営するクラウドファンディングサイトです。新聞社が母体となっているサイトとなっているため、その情報発信力を活かしたサービスを提供しています。プロダクトやアート・ジャーナリズム・アニメ・ファッションなど様々なジャンルへの支援を行っており、多くのプロジェクトを成功に導いた実績もある、注目のサイトです。

 

参考記事:A-port(エーポート)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

FAAVO(ファーボ)

 

地域単位でのサイトを持つ、全国でもめずらしいクラウドファンディングサイトです。「ふるさとのために何かしたい」「地域をもっと盛り上げたい」そのような思いに応えるべく、地域活性化を目的としたプロジェクトが数多く掲載されています。そのため、各地域での取り組みやアイディアに共感した全国の支援者から資金を募ることが可能となっています。

 

参考記事:FAAVO(ファーボ)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

MotionGallery(モーションギャラリー)

 

主に映画やゲーム・アート等クリエイティブ系のプロジェクトが多く資金調達に利用するクラウドファンディングサイト。2011年からサービスを開始し、2015年にはアメリカの2大クラウドファンディングサービスである「Indiegogo」とも提携を結んでいます。また、資金調達方法にコンセプト・ファンディング(従来の購入型クラウドファンディング)とプロダクション・ファンディング(目標金額に達成しなくても資金調達が行わる方法)の2種類が用意されています。

 

参考記事:Motion Gallery(モーションギャラリー)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

GREENFUNDING(グリーンファンディング)

 

2013年にサービスを開始したGREENFUNDING(グリーンファンディング)。CCC(TSUTAYA)グループの運営するクラウドファンディングサービスです。1450以上の店舗と連携し、映画や出版・音楽など様々なプロジェクトが掲載されています。

他のサービスと異なる点は、一般的なクラウドファンディングサービスで採用されている「購入型」の他、「モール型」と呼ばれるサービスを提供している点です。「モール型」とは、GREEN FUNDINGが企業向けに「クラウドファンディングASPサービス」を提供するシステムのことを指しています。複数の企業がまるで「ショッピングモール」のような形で集まり、クラウドファンディングの事業を展開していくという新しいスタイルを展開しています。

 

参考記事:GREEN FUNDINGの口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

 

また、その他にも資金調達に役立つクラウドファンディングサイトが多くあります。以下の記事を参考に、参加するサイトを検討してみるとよいでしょう。

参考記事:クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!

 

海外のクラウドファンディングサイトと、それぞれの特徴

 

海外のクラウドファンディングサイトも人気や実績のあるサイトがいくつか存在します。ここでは、それらの特徴について紹介していきたいと思います。クラウドファンディングサイトを検討する際の参考にしてみてくださいね。

 

海外のクラウドファンディングサービスには、次のようなサイトが挙げられます。

 

・Kickstarter(キックスケーター)

・Indiegogo(インディーゴーゴー)

・GoFundMe(ゴーファンドミー)

・RAZOO(ラズー)

・Crowdfunder(クラウドファウンダー)

 

これらのサービスの特徴として、同じ国内だけでなく、世界各国からの「参加者が多いため、多くの資金が集まりやすい」といった点が挙げられます。そのため、資金の取引額は、日本のクラウドファンディングサービスの比ではないとも言われており、日本からも海外のクラウドファンディングサービスに参入する方も増えているのです。

 

ただし、これら海外のサイトを日本国内から利用したい場合は、いくつかの手順を踏む必要があります。海外のクラウドファウンディングサービスを利用するにあたっては、以下の記事も参考にしてみてください。

 

参考記事:海外のクラウドファンディングに参加しよう!資金調達を120%成功させるヒント

 

クラウドファンディングで注意したいトラブル

 

クラウドファンディングを利用するにあたっては、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。例えば、よく起こりうるクラウドファンディングでのトラブルとして、次のようなものが挙げられるのではないでしょうか。

・嫌がらせや風評被害
・インターネット上での炎上
・商品やサービスの受け渡しでトラブル
・アイデアや著作に関する問題…等々

 

インターネット上での取引は、誤解が生まれやすく、そのトラブルの内容によっては解決に時間を要する場合もあります。そのようなことがないよう、あらかじめトラブルを回避する方法について、次の記事を参考にしてみるとよいでしょう。

 

参考記事:クラウドファンディング内で、炎上や誤解、金銭トラブルを回避する方法3つ!

 

まとめ|クラウドファンディングの準備は、炎上しないよう慎重に!

 

クラウドファンディングは「返済不要」ですが、炎上に注意して慎重に準備を進めましょう。

 

なお、「急いでお金が必要!」という方には、審査がスピーディーなカードローンの利用がオススメです♪ ネットだけで申し込みでき(スマホや携帯からもOK!)すぐに10万円のお金を借りることが出来るので、お急ぎの方は今すぐこちらの記事をご覧ください。

 

個人向けカードローン

今日中に借りたい!個人向けカードローンおすすめ比較【2020年最新版】

 

法人・個人事業主の方で今すぐ「事業資金が必要だ」という方には、当サイトに登録されている1,300人の専門家がおすすめの調達方法を紹介しています。500万円くらいの資金であれば『最短1日』で資金調達が可能。お急ぎの場合はすぐに以下の記事をどうぞ。

 

今すぐ借りたい!法人向けビジネスローンおすすめランキング【2020年最新版】

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

資金調達プロで特集を組んでいる【起業・開業・資金集め】関連記事を集めてみました。お金が今すぐ欲しいという方、「今すぐお金が必要!」というアナタはぜひ、本記事と合わせてチェックしてみてください。

 

・ 【保存版】お金を稼ぐ方法50選!副業にもオススメ、ネットやスマホでお金が稼げる世界一カンタンな方法!

・  お金がない?金欠のあなたも今すぐできる30のラクラク解決法!

・ 【2020年最新】お金を作る方法30選!カードローンやキャッシング以外の方法で今すぐ1万円〜100万円手に入れる方法(まとめ) 

・    【保存版】今すぐお金が必要!カードローン申込「5つのステップ」を解説!

・ 【保存版】仮想通貨完全ガイド!1000倍以上に跳ね上がる仮想通貨で『億り人』になろう!

・ 【2019年12月版】お金が欲しい?合法的にお金をもらう30の方法!あなたも今すぐお金をゲット!

・ お金が欲しい!あなたのお金が今日からグングン増える30の習慣と行動

・ 【2019年12月最新】今すぐお金を借りる25の方法!あなたの必要な欲しい金額は?5万10万30万借りれる/最短30分で融資審査OK

即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

 

【クラウドファンディングでお金を集める・稼ぐ方法】

・ クラウドファンディングやソーシャルレンディングで「資金調達」するメリットを徹底解説!

クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!

【話題の資金調達方法】最新のクラウドファンディングまとめ

【最新版】クラウドファンディング「資金調達額」ベスト100

クラウドファンディング内で、トラブルを回避する方法3つ!

海外のクラウドファンディングに参加しよう!資金調達を120%成功させるヒント

飲食業をはじめる! クラウドファンディングで資金調達すべき4つの理由

 

【フィンテックでお金を集める・稼ぐ方法】

・ 【最新】フィンテックで話題の資金調達法を5つ紹介!2018年〜2019年版

・ 【完全保存版】資金調達の方法100選!あなたも今スグ100万円の事業資金が手に入る(2018年最新版)

・ TIMEBANK(タイムバンク)って何?タイムバンクで資金調達する方法!

・ 【保存版】レターポットの使い方|登録から資金調達までを徹底ガイド!

 


資金調達プロでは通常、ビジネスに役立つ「資金調達」情報を紹介していますが、本記事は【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】シリーズとして、日常生活やビジネスで役立つ「お金の話」を特集記事として紹介しています。

■ shikin-pro.com 2019-2020

【資金調達プロのお金の仕組みが分かるコラム】

ビジネス関連のニュース

Googleニュース「ビジネス」

Googleニュース「日本」

Googleニュース「国際」

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

Google for Startups(Twitter)

Googleがスタートアップを東京で支援!Google Startups Campusで起業しよう

新型コロナウイルス対策

【新型コロナ情報を発信中!】内閣官房国際感染症対策調整室

労働問題の解決

雇用・労働 |厚生労働省

総合労働相談コーナーのご案内|厚生労働省

労働政策全般 |厚生労働省

労働基準行政の相談窓口 |厚生労働省

労働 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

JFBA日本弁護士連合会

法テラス 公式ホームページ

労働(法テラス)

上場・IPO・証券取引関連情報

JPX 日本取引所グループ

JSDA日本証券業協会

お金の問題解決・信用情報

金融庁

一般社団法人全国銀行協会

CIC割賦販売法・貸金業指定信用情報機関

JICC日本信用情報機構

公的制度の借入と融資

 JFC日本政策金融公庫

日本政策金融公庫東京支店国民生活事業

(社)全国信用保証協会連合会

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

法務省

中小企業庁

独立行政法人 中小企業基盤整備機構

J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

中小企業・起業

Google Cloud スタートアップ | Google Cloud

Google for Startups Campus TOKYO – Campus.co

日本商工会議所

中小機構

公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter

厚生労働省【公式】Twitter

日本年金機構【公式】Twitter

内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter

国民生活センター【公式】Twitter

金融庁【公式】Twitter

法務省【公式】Twitter

消費者庁【公式】Twitter

首相官邸【公式】Twitter

内閣官房【公式】Twitter

Study Abroad

BBC Business

BBC News (World)

その他

経済産業省チャンネル(YouTube)

国税庁動画チャンネル(YouTube)

首相官邸(YouTube)

金融庁チャンネル(YouTube)

にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

【資金調達プロ】日本最大の資金調達情報サイト!

Twitterアカウント(資金調達プロ)

Tommyの公式Twitterアカウント

 

The following two tabs change content below.
吉永 あき

吉永 あき

Webライティング歴4年の元システムエンジニア。 資金調達プロでは、「カードローン」や「クレジットカード」の情報を中心に、記事制作を行っています。 「日常生活の中で切っても切り離せない「お金」について、皆さまの疑問についてしっかりとお応えしていきたい」 そんな気持ちで自分自身も日々お金についての知識を勉強中です。 「より正確な記事」であることはもちろんのこと、「だれにでもわかりやすい記事」を目指した執筆を心がけています。

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/30 01:16
    無料診断がされました。
  • 09/29 23:58
    無料診断がされました。
  • 09/29 23:54
    無料診断がされました。
  • 09/29 22:09
    無料診断がされました。
  • 09/29 22:04
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

診断中・・・

 
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

個人投資家からの借入の関連記事(75件)

1 2 3 4 5 15

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全1,107件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

診断中・・・

「資金調達プロ」は東証一部上場企業である株式会社セレスが運営しているため、安心してご利用いただけます。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる