ホーム > 掲載カードローン一覧 > 住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」

金利 年1.9%~年7.9%
限度額 最高1000万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
銀行より早く借りれるカードローン「プロミス」は最短1日で10万円を借り入れできます!以下のバナーをクリックして、今すぐ申し込んでみて下さい。

▽▽▽プロミス 初回利用なら30日間無利息▽▽▽

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

▽▽アコム 最短30分で審査回答▽▽▽


  • 資金使途原則自由で、他社からの借換えにもおすすめ。
  • ご利用限度額300万円までなら収入証明書原則不要。
  • 明細はインターネットで確認。明細書が郵送されず、プライバシーも安心。

住信SBIネット銀行は、最高の金利を持つ特別なカードです。 とはいえ、特に審査が厳しいと言うことはなく、ただたたお得すぎるカードなのです。 住信SBIネット銀行プレミアムコースなら、金利水準がなんと、1.99%~7.99%なのです。この脅威の金利は、ネット銀行だからこそ実現できたもの。店舗を持たず、通帳も発行しないためコストを限界まで絞って、お客様のために還元しています。 この素晴らしい金利を受けるためには、プレミアムコースとスタンダードコ-スがあり、お客様ではコースをお選びいただけません。銀行側で決めることになりますが、プレミアムコースに選ばれれば、抜群の低金利で融資を受けることが可能となります。また、一度スタンダードコースになってしまっても、完済して解約すればまたプレミアムコースになる可能性もあります。 その際には、スタンダードコースでも使用実績を積みましょう。何度も使って確実に返済して、そして完済してから解約して再度申し込んでみてください。 再度申し込むのはテクニックはありません。ただ信用実績が大切ですので、自分自身の信用実績がどれぐらいかをちゃんと確認してから申し込んでください。自分の信用情報がきれいで、実績を積んでいると自信がついたら、いったんスタンダードコースは解約して、プレミアムコースに再度チャレンジするといいでしょう。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」ってどんなローン?

三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資しているネット銀行です。
ネット専門の銀行で、SBI証券、つまり株や為替、FXなどの取引をするSBI証券との連携を強めています。
そのため、SBI証券に資産がある人のほうが審査は有利だと考えられます。
カードローンは、プレミアムコースとスタンダードコースがあり、お客様で選択することはできません。ですが、プレミアムコースならば抜群の低金利で借入できることもあり、狙うには十分でしょう。
審査の結果、スタンダードコースになってしまった方も、後日解約してもう一度審査をお願いすれば、プレミアムコースにアップされる可能性も十分あります。
大変便利ですが、一人当たり1口座のみ開設できます。

圧倒的にお得なカードですので、作る価値があります。ぜったいに一人に一枚はほしいカードとなっています。

いったんスタンダードコースになってしまった方もあきらめずに、後日信用をつんでもう一度プレミアムコースにチャレンジすることが可能となります。その場合はいったん、スタンダードコースを解約する必要があります。完済して解約して申し込めば、何度でもチャンスが訪れます。しかし闇雲に際申し込みしても何度もスタンダードコースにされるだけですので、自分の信用をまずはしっかり積み立てるところからはじめるといいでしょう。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」の長所

住信SBIネット銀行カードローンの良いところ5つ

1.圧倒的な低金利

ありえないほどの低金利が魅力です。プレミアムコースになりますと1.99%~7.99%の金利でいいのです。
100万円を30日間借りると金利はわずか1635円の金利でいいのです。
これは激安すぎる金利だと思います。
カードローンは長い付き合いになりますので、金利が大きな負担となります。その金利をこれだけ低金利におさえてくれるのは大きな魅力です。

2.ネットに慣れているなら使いやすい

ネットに慣れている方なら使いやすい銀行カードローンとなります。
手続きは何もかもネットで行います。増額審査や追加借入、繰上げ返済等もネットからお手続きいただきます。これは慣れている人には大変便利なシステムとなっています。

3.スピードが早い

口座を持っている方には審査スピードが恐ろしく速く、早ければ最短で1日で融資にこぎつけることができます。非常にスピーディーで迅速に対応してくれますのでありがたいですね。

4.スタンダードコースになってしまってもまた申し込める

プレミアムコースとスタンダードコースは選べません。万が一、プレミアムコースではなかったとしても、借り入れた分を完済して解約すれば、もう一度お申込いただけます。信用を積み重ねて何度でも試してみるといいでしょう。

5.ATMが全国規模

ほぼすべてのコンビニとATMで提携しているので、日本中のいたるところで借入が可能となります。また返済も可能です。ATMは全国で1万件以上ありますので、どこの土地でも使える便利なカードローンとなります。一枚持っておくと大変便利でしょう。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」の短所

住信SBIネット銀行カードローンの良くないところ5つ

1.プレミアムコースを選べない

プレミアムコースは、銀行の審査の結果によりますので選べません。
スタンダードコースになる可能性もありますし、審査に落ちる可能性もあります。自分から望んでプレミアムコースになれないのが残念です。

2.フリーダイヤルがない

多くの消費者金融や銀行系カードローンはフリーダイヤルを準備してオペレーターが対応してくれますが、住信SBIネット銀行カードローンは、フリーダイヤルがありません。電話で質問できないので、わからないことはフォームからか検索で調べるしかありません。これは少し不便といえます。

3.返済方法が選べない

振込みの返済等が使えないのが不便です。返済方法は毎月5日に口座から引き落としのみです。また、口座も、住信SBIネット銀行にしか引落し口座は選べません。これは少々不便だといえます。

4.ネットに明るくないと難しい

ネット専門銀行なので、ネットにある程度なれていないと非常にやりづらいことになります。フリーダイヤルもありませんので、ある程度ネットになれた人でないと操作は大変でしょう。

5.口座を持っていないと時間がかかる

口座を持っていないと、新規で口座を開設して同時に申し込みとなりますので、非常に時間がかかる可能性があります。最長で2週間ほどかかる可能性がありますので、急いでいる場合は不向きです。口座を持っていると審査は比較的早いです。最短で1日、12時間程度で借入が可能となります。

どんな人に向いている?

どんな人が住信SBIネット銀行カードローンに向いているか

1.金利をできるだけ抑えたい人

長い付き合いになるカードローンですから、金利はできるだけ低いほうがいいですよね。住信SBIネット銀行カードローンプレミアムコースなら、極端な低金利であなたをサポート。金利をできるだけ抑えて借りたい人におすすめです。

2.ネットの操作に慣れている人

ネットの操作に慣れている人もお勧めです。住信SBIネット銀行カードローンは、フリーダイヤルを持たないネット専門銀行です。ネットの操作に慣れている方は、新規の借入、増額融資審査などの申し込みもすぐにできるため、操作に慣れている方のほうが使いやすいでしょう。ネット専門の銀行ですので、ネットの操作に慣れていない人は難しくなります。ですがネットの操作に慣れている人は非常に使いやすい銀行だといえるでしょう。

3.じっくり待てる人

口座を持っていない人だと、同時に口座開設をする必要がありますので、非常に時間がかかります。最長で2週間程度かかる可能性がありますので、融資までじっくり待てる方がお勧めです。
急いでいる方は、住信SBIネット銀行はお勧めできません。その場合は消費者金融やレイクなどのスピード重視の銀行や消費者金融をあたってみるといいでしょう。

4.SBI証券の口座を持っている人

SBI証券の口座を持っている方は、金利が0.5%ほど安くなります。ただでさえ安い金利がさらに安くなるスペシャルなコラボレーションです。ぜひともご利用ください。また同時に口座を開設することも可能ですので、ぜひご利用ください。住信SBIネット銀行は、SBI証券を使いやすくするためにさまざまな工夫が凝らされています。連携されていたり、口座からの振込みが簡単だったりなど、もともとSBI証券と使いやすくするために開発されている銀行ですので、SBI証券の口座を持っていてさらに日ごろからトレードを楽しんでいる人は使いやすい銀行となっています。

金利

金利比較表(利用金額5万円)
業者名 金利
消費者金融 プロミスカードローン 4.5%~17.8%
アコムカードローン 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル「キャッシングローン」 3.0%~18.0%
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 3.8%~13.5%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8%
三井住友銀行カードローン 年12.0%~年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 12.6%~14.6%
金利比較表(利用金額10万円)
業者名 金利
消費者金融 プロミスカードローン 4.5%~17.8%
アコムカードローン 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル「キャッシングローン」 3.0%~18.0%
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 3.8%~13.5%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8%
三井住友銀行カードローン 年12.0%~年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 12.6%~14.6%
金利比較表(利用金額30万円)
業者名 金利
消費者金融 プロミスカードローン 4.5%~17.8%
アコムカードローン 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル「キャッシングローン」 3.0%~18.0%
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 3.8%~13.5%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8%
三井住友銀行カードローン 年12.0%~年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 12.6%~14.6%
金利比較表(利用金額50万円)
業者名 金利
消費者金融 プロミスカードローン 4.5%~17.8%
アコムカードローン 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル「キャッシングローン」 3.0%~18.0%
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 3.8%~13.5%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8%
三井住友銀行カードローン 年12.0%~年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 12.6%~14.6%
金利比較表(利用金額100万円)
業者名 金利
消費者金融 プロミスカードローン 4.5%~17.8%
アコムカードローン 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル「キャッシングローン」 3.0%~18.0%
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 3.8%~13.5%
みずほ銀行カードローン 年12.0%
オリックス銀行カードローン 6.0%~14.8%
三井住友銀行カードローン 年12.0%~年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 12.6%~14.6%
金利比較表(利用金額300万円以上)
業者名 金利
消費者金融 プロミスカードローン 4.5%~17.8%
アコムカードローン 年3.0%~7.7%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル「キャッシングローン」 3.0%~18.0%
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 3.8%~13.5%
みずほ銀行カードローン 年7.0%
オリックス銀行カードローン 4.5%~8.8% ※400万円以下までの場合
三井住友銀行カードローン 年4.0%~年10.0%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~7.1%

金利は1.99%~7.99%の幅がありますが、総じて安いです。

ご利用限度額 基準金利 所定の条件を満たすお客さまの適用金利
10万円以上~100万円以下 年7.99% 年7.49%
100万円超~200万円以下 年6.39%~6.99% 年5.89%~6.49%
200万円超~300万円以下 年5.29%~5.99% 年4.79%~5.49%
300万円超~500万円以下 年 4.99 % 年 4.49 %
500万円超~700万円以下 年 3.99 % 年 3.49 %
700万円超~900万円以下 年 2.99 % 年 2.49 %
900万円超~1,000万円以下 年 2.49 % 年 1.99 %

となっています。所定の条件とは、SBI 証券口座保有登録済のお客さままたは、住信SBIネット銀行の住宅ローンを組んでいるお客様です。
SBI証券の口座は開くだけでも構いません。簡単に開けますし、連携も取れていて便利ですので、ぜひSBIネット銀行の口座からSBI証券の口座を開きましょう。元々住信SBIネット銀行は、SBI証券とのやりとりがスムーズに出来るように作られているのです。

住信SBIネット証券の口座を持っている人はぜひとも住信SBIネット銀行のカードを作られるといいと思います。審査にはそれほど関係ありませんが、資産形成にお使いいただけます。また住信SBIネット証券のトレードの種銭や追証の借り入れにも住信SBIネット銀行をお使いいただけます。

限度額

限度額比較表
業者名 限度額 金利
消費者金融 プロミスカードローン 500万円 最低4.5%~最高17.8%
アコムカードローン 800万円 最低3.0%~最高18.0%
SMBCモビット 800万円 最低3.0%~最高18.0%
アイフル「キャッシングローン」 800万円 最低3.0%~最高18.0%
銀行 - -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 700万円 最低3.8%~最高13.5%
みずほ銀行カードローン 800万円 最低年2.0% ~ 最高年14.0%
オリックス銀行カードローン 800万円 最低1.700% ~ 最高17.800%
三井住友銀行カードローン 800万円(10万円単位で選択) 最低4.0%~最高14.5%
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 500万円 最低1.8%~最高14.6%

限度額は最大1000万円です。非常に枠が大きく、魅力的なカードローンであるといえます。
プレミアムコースになるかスタンダードコースになるかは、申し込んでみないとわかりませんが、一度申し込んでみる価値はあると思います。
一度プレミアムコースから外れてしまっても、完済して解約すれば再び申し込むことができます。またプレミアムコースに選ばれる可能性があるのです。
ただし、審査基準は公開されていません、
またコースがどちらになるか、はたまた審査に落ちるかどうかは、事前にはまったくわかりません。

とにかく限度額最大1000万円の大きな枠を持てるカードとなります。
限度額は最初は50万程度からスタートです。枠一杯まで借りてこまめに返すことで、だいたい半年程度で利用実績が積み重なり、増額となります。
またホームページのマイページからも増額審査を受けられます。増額審査は落ちる場合もありますが、これまでの利用状況や返済情況を見越してどれぐらいなら増額できるかを判断しています。

増額の判断は、最低でも半年は利用実績が必要となります。何度も借りて何度もちゃんと返すことで、住信SBIネット銀行側に、この人は信用できる借り手だと印象付けることが可能となります。半年程度の利用実績で増額されるのは50万が100万円になる程度ですが、それでも借りられる枠が増えることは信用が増えることであり、喜ばしいことです。こうして借り入れを繰り返してきちんと返済して信用実績を積み、利用枠を増大していくことで、最大1000万円もの大きな枠を持てることになります。ぜひとも使ってみてください。できるだけカードローンの利用はこの住信SBIネット銀行一本にしぼって、利用実績と信用を累積させていくことをお勧めします。専業にして使うだけの価値のあるカードとなっています。

申込方法

申込方法比較表
業者名 申込方法 お試し審査 お試し審査入力項目数
消費者金融 プロミスカードローン インターネット、携帯サイト、フリーコール、無人契約機、店頭窓口、郵送等 3
アコムカードローン インターネット(PC・モバイル)、自動契約機・店頭へのご来店、電話、郵送 -
SMBCモビット インターネット、携帯サイト、スマートフォン、三井住友銀行のローン契約機、電話、FAX、書類郵送、等 3
アイフル「キャッシングローン」 インターネット(パソコン・スマートフォン・携帯電話[iモード・EZweb・Yahoo!ケータイ])、ご来店(アイフル店舗、自動契約機)、お電話(はじめてのお客様専用ダイヤル、女性専用ダイヤル、会員様専用ダイヤル) 4
銀行 - - -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 インターネット 3
みずほ銀行カードローン インターネット(パソコン)、携帯電話(スマートフォン、モバイル)、電話、郵送、店頭窓口 -
オリックス銀行カードローン インターネット(パソコン)、郵送 2
三井住友銀行カードローン インターネット(パソコン)、携帯電話(モバイル)、ローン契約機(ACM)、電話、郵送、窓口、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト) -
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 インターネット、携帯サイト、電話、FAX、郵送、テレビ窓口など 3

申込方法は、インターネットのみです。
そもそもネット銀行ですので、ネット申し込みだけに特化していてもおかしくはありませんよね。
フリーダイヤルやオペレーターを用意するコストを省いて、金利の低さを実現しています。
電話や郵送の方法がないことで不便に思われるかもしれませんが、その分、金利が圧倒的に安いのです。これはトレードオフだと思います。
少し不便ですが、インターネットに慣れている方向けのネット専門銀行ですので、すべてネット上からの申請や申し込みになります。

また、口座を持っていない方は、カードローンと同時に申し込んでいただけけます。大変便利ですのでぜひとも同時に開設してください。口座がないとカードローンは使えません。
また、余裕があれば、SBI証券の口座も申し込むと、審査に通ってプレミアムコースになった後、金利が安くなります。0.5%ほどですが、タダでさえ安いプレミアムコースの金利がさらに安くなるとご好評いただいております。

電話がないので急いでいることなどを伝えることが困難になりますが、その場合はインターネット申し込みの際の備考欄に急いでいると書き加えるといいでしょう。審査は申し込みした書類の隅々まで見て行われますので、急いでいるというメッセージをかけば必ず受け取ってくれます。実際に急いでいると書けば、多少は早くまわしてくれることになります。ですが基本的に、住信SBIネット銀行の審査は比較的のんびりしています。時間に余裕があって待てる人、長期間でじっくり付き合って行きたい人にお勧めのカードとなっています。逆に言うと、時間がある人には金利も非常に安くて最強のカードとなっています。

審査にかかる時間(審査スピード)

審査については、仮審査と本審査があります。
お申込に際して、身分証明書を送付していただきます。
仮審査はオリックスクレジットに一任しており、過去の利用状況や信用記録などから判断します。仮審査に通ったらメールでご連絡いたします。
仮審査が通った後は、収入証明を提出していただきます。300万円まででしたら収入証明は不要です。
そしてその後、本審査にとりかかります。
本審査は住信SBIネット銀行が行うもので、勤務先の情報や年収などから返済能力をチェックして、審査にかけるものです。
仮審査と本審査に通りましたら、カードローンの口座が開設完了となります。
お試し審査等はありません。申し込んでみないとわかりませんが、過去に返済事故があったり、現在職についていなかったりなどでなければ、通る可能性は高いです。審査の結果、プレミアムコースかスタンダードコースかが通知されますので、ホームページにログインして確認してみてください。

そして、本人限定受取郵便でキャッシュカードが送られてきます。

融資までの時間(融資スピード)

融資スピード比較表
業者名 融資までの時間(最短)
消費者金融 プロミスカードローン 即日(申込日当日)
アコムカードローン 即日(申込日当日)
SMBCモビット 最短即日 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
アイフル「キャッシングローン」 即日(申込日当日)
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 最短1~2週間
みずほ銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 公式サイト参照
三井住友銀行カードローン 即日
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 即日(申込日当日)

融資のスピードに関してですが、口座を持っていると非常に早いです。
午前中に申請を出せば、昼には仮審査、午後には本審査に通って12時間で融資ということもありえます。
ネット銀行だけあって、非常にスピーディーに審査を行ってくれます。
ですが、口座を持っていない方の場合は、非常に時間がかかる場合があります。例えば口座開設から行っている場合、最長で2週間程度かかったという口コミも見かけます。
口座を持っていない場合はある程度の時間を覚悟したほうがよいでしょう。
ですが、口座を持っている方の場合は、非常にスピーディーに審査が進みます。プレミアムコースの場合は、厳密に審査をしている印象です。
やはり金利が極端に安いですので、審査をしっかりと行う必要があるのでしょう。
また、繁忙期があります。行楽シーズンなどは借り入れる人が多くなり、審査が時間がかかってしまう傾向があります。できるだけ連休のない時期などに審査を通しておいてカードを作っておくことをお勧めします。お正月やお盆など、ゴールデンウィークやシルバーウィークは特に混みあいますので審査が時間かかりがちとなります。ご了承ください。

借入方法

借入方法比較表
業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携
ATM
手数料
消費者金融 プロミスカードローン 電話、インターネット、プロミス自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、店頭窓口、
郵送
無料 三井住友銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
お借入れ金額により異なる
アコムカードローン インターネット、電話 - 三菱UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
ゼロバンク
E-net
地方銀行(熊本銀行、親和銀行等)
-
SMBCモビット 電話、インターネット 無料 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
1万円以下:108円、1万円超:216円
アイフル「キャッシングローン」 電話、インターネット 無料 三菱UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
親和銀行
無料
銀行 - - - - - -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 インターネット 無料 なし なし
みずほ銀行カードローン 電話
インターネット
無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
提携金融機関
(BANCS、MICS)
月4回まで無料
オリックス銀行カードローン 電話、インターネット 無料 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
三井住友銀行カードローン - なし セブン銀行
ローソン銀行ATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 電話、インターネット 無料 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
無料

借入は、サイトへログインして、カードローン借入からお手続きします。
そうするとあなた様の普通預金へお金が振替られます。借入の手続きはただそれだけ。非常に便利です。
また、カードを配布しますので、ATMに挿入して借入ボタンを押すだけでも借入が可能となります。
現金を即座に引き出すならATMで、振り込んでもらいたいならサイトから。どちらでもお借入が可能です。

借入は電話やその他の方法ではできません。
その分のコストを省いて低金利に還元しています。

また携帯電話のモバイルサイトからも借入可能です。
ログインして、カードローン>お借入 画面から借り入れて続きに進んでください。

ATMなら、カードローンを選択し、お借入を選択してください。
カードを持っていないお客様はATMからのお借入はできなくなっております。ATMは全国に10万台ありますので、いつでもどこでもお借り入れができます。また手数料も不要ですので、かかる費用は一切ありません。返すときも元本とわずかな金利だけでいいので、安心してご利用いただけます。

おまとめローン

おまとめローン比較表
業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
消費者金融 プロミスカードローン 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3%~17.8% 1~300万円 120
アコムカードローン 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7%~18.0% 1~300万円 146
SMBCモビット なし 対象 3.0~18.0% 1~800万円 -
アイフル「キャッシングローン」 おまとめMAX 対象外 3.0%~17.5% 1~800万円 120
銀行 イオン銀行カードローン「フリーローン」 イオンアシストプラン 3.8%~13.5% 30~700万円 96
みずほ銀行カードローン なし - 年2.0~年14.0% 10~800万円 -
オリックス銀行カードローン なし 直接ご確認ください 年1.7%~年17.8% 10~800万円 249
三井住友銀行カードローン なし 対象外 4.0~14.5% 10~800万円 なし
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 なし 対象外 1.8~14.6% 10~500万円 なし

おまとめローンという商品そのものはありませんが、金利が非常に安くて限度額が大きいですので、おまとめローンに最適です。
もっともおまとめローンにふさわしいカードローンだといっても過言ではないでしょう。
金利は2.49%~7.99%で、条件があえばさらに0.5%下がります。
これだけ有利な条件で借入できるカードローンは他にありませんので、なんとしてでもこちらの枠を勝ち取って、おまとめローンに使っていただきたいところです。
おまとめローンに使うには、住信SBIネット銀行の審査を徹必要があります。
保証会社による仮審査、そしてお客様の勤務先等のチェックである本審査を通って初めて、融資が受けられます。
また限度額も最初は少ないですので、おまとめローンに使うには、何度か利用実績を積み重ねて増額審査を通る必要があります。
増額審査はホームページから依頼出来ます。

無利息期間

残念ながら、無利息期間はありません。
ですが、プレミアムコースはもともとの金利がかなり安いため、金利の高い消費者金融で無利息期間つきで借りるよりも、トータルで見た返済額が少なくなる可能性があります。

例えば50万円借りて1ヵ月後に返す場合、

  

  

無利息期間1週間で金利18%の会社 利息4931円
7.99%のプレミアムコース 3283円

となります。

圧倒的にお得なのは、こちらのカードローンで借りることなのです。
ですので、無利息期間があるけれども金利が高い消費者金融よりも、こちらの住信SBIネット銀行カードローンプレミアムコースで金利を払って借りたほうがお得になるのです。
借りる額が増えればその分金利はさらに安くなりますので、さらにお得になります。

短期で返すなら無利息期間のほうが圧倒的に有利ですが、長期の利用が前提となるカードローンでは、借りる金額が増えて、返す期間が延びれば延びるほど、低い金利のほうが有利となります。そのため、無利息期間がある消費者金融で長期間借りるよりも、住信SBIネット銀行で長期間借りたほうが圧倒的に有利となります。ただし1週間で返す予定が立っているなど、かなりの短期サイクルで返済する場合は、無利息期間のある消費者金融をお使いになったほうがいいでしょう。

住信SBIネット銀行は、手続きにも時間がかかりますので、ある程度時間にゆとりのある方が、長期間の利用を前提として借りるのがいいと思います。

返済方法

返済方法比較表
業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携
ATM
手数料
消費者金融 プロミスカードローン 5日、15日、25日、末日 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
セブン銀行
イオン銀行
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
1万円以下:108円、1万円超:216円 ※三井住友銀行は手数料無料 店頭窓口、プロミスATM、口座引落
アコムカードローン お客様の都合のよい任意の日もしくは35日ごと 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合 24時間 - 三菱UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
ゼロバンク
E-net
地方銀行(熊本銀行、親和銀行等)
- 振込み、口座振替、店舗
SMBCモビット 5日、15日、25日、月末 なし なし なし 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
1万円以下:108円、1万円超:216円 口座引落、振込み
アイフル「キャッシングローン」 お客様の都合のよい任意の日もしくは35日ごと なし なし なし 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
親和銀行
無料 振込み、口座振替、店舗
銀行 - - - - - - - -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 27日 なし なし なし なし なし なし
みずほ銀行カードローン 10日 みずほ銀行 24時間 無料 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
オリックス銀行カードローン 毎月10日または月末日 なし なし なし 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落し、振込み
三井住友銀行カードローン 5日、15日、25日、月末 なし なし 無料 セブン銀行
ローソン銀行ATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 毎月指定日返済もしくは35日ごと 三菱UFJ銀行 24時間 無料 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
無料 口座引落

返済方法は、毎月5日に口座から引落しのみとなります。
少し不便なようですが、慣れると問題ないでしょう。
5日に引落しのみとなりますので、口座の管理を行うためにも、住信SBIネット銀行の口座はメインバンクにしておくことをお勧めします。

約定返済日は毎月5日、遅れると返済事故になり、遅延損害金がかかります。ご注意ください。

ATMから返済する方法は、5日までにATMでお預け入れボタンを押して、ご自身の口座に返済金額を振り込むことで、5日に自動引落しとなります。

その他の方法はありません。振り込みもATMから直接返済もできません。気をつけてください。
方法を絞っていることでコストダウンになって、低金利を実現しています。

遅延損害金は20%とかなりの高金利となっています。そして何よりも重大なのが金利よりも、返済事故として信用情報に記載されてしまうことです。これが返済事故が起きると、次の借り入れが困難になりますし、カードの更新もかなり難しくなります。他社からの借り入れもできなくなりますし、かなり不利となりますので注意してください。毎月5日の返済日をしっかりと日常生活に組み込んで、生活習慣の中で返済できるようにしておくといいでしょう。あなたのライフスタイルに合った口座を登録するのをお勧めします。返済の銀行は住信SBIネット銀行以外でも大丈夫ですので、自分がメインで使っている銀行の口座を登録するといいでしょう。

返済方式

返済方式比較表
業者名 返済方式
消費者金融 プロミスカードローン 残高スライド元利定額返済方式
アコムカードローン 定率リボルビング方式
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル「キャッシングローン」 借入後残高スライド元利定額リボルビング
銀行 -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 毎月元利均等返済
みずほ銀行カードローン 残高スライド方式
オリックス銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
三井住友銀行カードローン 残高スライド方式
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 借入後残高スライド元利定額返済方式

返済方式は、残高スライドリボルビング返済となります。
毎月、固定の額の引落しとなります。ただし、残高が減ればその分、返済する金額は自動で減っていきます。

1万円以下 月末時点の借入残高
50万円超100万円以下 2万円
100万円超 200万円以下 3万円
200万円超 300万円以下 4万円
300万円超 400万円以下 5万円
400万円超 500万円以下 6万円
500万円超 600万円以下 7万円
600万円超 8万円

となります。
毎月の返済額が固定で、減っていく一方ですから、非常に計画が立てやすいプランとなります。その他の返済方法は選べません。
繰上げ返済を行えば、残高は元本に充当されます。ぜひとも繰り上げ返済をご利用ください。繰り上げ返済手数料は無料となっています。

この残高スライドリボルビング方式は、残高に応じて返済額が決まります。100万円の残高があれば月3万円、それが50万円になれば月1万円など、残っている金額に応じて毎月の返済額が決まるものです。ほかの方式を選ぶことはできません。この残高スライドリボルビング方式は、だんだんと時間がたって残高が減ってくるに従って支払いは楽になります。圧倒的に楽になってくるので、支払いはこのペースでいいなと思うかもしれません。ですがひとつだけ注意してほしいことは、この残高スライドリボルビング払いは、支払いが進むにつれて支払う額も少なくなりますので、なかなか完済にたどり着かないのです。完済する前にまた借りて、、、というスタイルの方は気にならないでしょうが、普通は完済が気になりますよね。でも残高スライドリボルビング払いの場合は完済になかなかいたらないのでいつまでも残債が残ることになります。これを注意してください。
これを乗り越えるには、一括返済を多用する必要があります。残債が減ってきて日々の返済が少なくなってきたら、手持ちの余ったお金を自分でプールしておいて、一気にどかんと返済するのです。繰り上げ手数料も無料ですし、残高スライドリボルビング払いには一括返済が欠かせません。余ったお金は使わずにプールしておいて、必要なときに一気に返済して完済してしまいましょう。

店舗数

店舗数比較表
業者名 自社
ATM
主な提携
ATM
有人店舗の
店舗数
自動契約機の
設置数
消費者金融 プロミスカードローン 三井住友銀行
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
セブン銀行
イオン銀行
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
18 1110
アコムカードローン 三菱UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
ゼロバンク
E-net
地方銀行(熊本銀行、親和銀行等)
39 1068(※2018年12月10日現在)
SMBCモビット 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
- 303
アイフル「キャッシングローン」 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
親和銀行
25 625
銀行 - - - -
イオン銀行カードローン「フリーローン」 なし 133 -
みずほ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
461 -
オリックス銀行カードローン 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
5 -
三井住友銀行カードローン セブン銀行
ローソン銀行ATM
E-net
ゆうちょ銀行
443(2019年3月31日現在) 580(2019年3月31日現在)
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
672 627

店舗はありません。住信SBIネット銀行は、店舗を持たないネット専門の銀行としてスタートしました。
リアル店舗を構えず、経費を削減することで、お客様のご利用の利便性を高めております。
リアル店舗はないのですが、すべてインターネット上でお取引いただく形となります。提携ATMは全国にございますので、不便なことはありません。
また、提携ATMは手数料も無料です。
安心してお取引していただけます。
約100000以上のATMと提携していますので、いつでもどこでお取引していただけます。

コンビニは日本全国10万台と提携、手数料も完全無料で、これだけサービスのメリットのあるカードなのに、支払う金額はごくわずかです。圧倒的に安い金利と元金だけ払えばよいのです。これだけ便利なカードローンはほかにありません。カードローンは利便性が高く、また利益も高いので多くの金融機関が参入していますが、ここまで利便性が高くて金利が安いカードローンはほかにありません。ぜひとも使ってみてください。本サイトで一押しのカードローンとなります。

10万台以上の提携コンビニがありますので、店舗はなくとも問題はありません。ただ最初の手続きだけがネットになりますので、そこだけ注意が必要となります。

保証会社はどこ?

保証会社は、オリックスクレジットとなります。
年齢は20歳以上、60歳未満、安定継続した収入があること、外国籍の場合は永住者であること、オリックスクレジットの保証を受けられること、普通口座を申し込んでいること、です。
もちろんまだ口座を持っていなくとも、同時に開設して申し込むことは可能です。
プレミアムコースでは、ご融資限度額が100万円を超える場合、給与所得者なら源泉徴収票、確定申告書、納税証明書などが必要となります。
また、事業所得の方の場合は、納税証明書や確定申告書を添付していただく必要があります。

保証会社はオリックスクレジットのため、オリックスクレジットが保証できないと判断した場合は融資を受けることがどうやってもできません。

また、担保や保証人などは一切不要な、使い道自由のフリーローンになります。もちろん、入会金や保証金なども一切必要ありません。

また、納税証明を手に入れるのが難しい場合は、給与明細でも代用できる場合がありますので、ぜひ問い合わせしてみてください。その際は、給与明細は最新のものがあるといいでしょう。具体的には、直近3ヶ月のうちの2ヶ月連続で給与明細があると確実です。また給与明細と身分証明書に会社の加入した社会保険の保険証がある場合、在籍確認の手間が省ける場合があります。そこの会社に在籍していることが確実となるからです。ぜひとも申し込んでみてください。お申し込みの際には、納税証明の変わりにこの最近の給与明細でもいけるかどうか、一度確認してみてください。審査の結果に変わりはありませんが、スピードの面で給与明細のほうがすばやい審査になる場合があります。あまりにお得すぎる住信SBIネット銀行カードローンですが、審査の時間がかかるのが難点です。少しでも早くするために、できるだけ書類はそろえて提出したいですよね。書類がそろっていると審査も早いので、申し込む前に規約をしっかりと読んで、必要な書類をすべてちゃんと集めてから申し込むようにしてください。

また審査のスピードを上げるには、本来ならばフリーダイヤルに電話して、早くしてほしいと伝えるのが一番なのですが、住信SBIネット銀行はネット専業の銀行のためフリーダイヤルがありません。コールセンターを省くことでコストを削減して、その分だけ安い金利でお客様に還元しているのです。そのため、コールセンターがないので、メール等申し込むときに、注意事項として急いでいる旨を伝えるといいでしょう。できるだけ自分の希望する条件は、はっきりと意思表示しておいたほうが望ましいのです。

コンビニ

コンビニは日本中のコンビニと提携しています。
イオン銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、コンビニイーネット、ローソンATM、VEW ALTTEです。

E-netは

  • ファミリーマート
  • サークルK
  • スリーエフ
  • セーブオン
  • サンクス
  • コミュニティ・ストア
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

になります。

提携コンビニは100000件以上ありますので、いつでもどこでもお借入とご返済が可能です。
また、カードローン使用時には、ゆうちょ銀行とVIEW ALTTE以外のコンビニでしたら手数料は無料です。完全に無料ですので、いつでもどこでもご利用いただけます、ゆうちょ銀行とVIEW ALTTEは取り扱いをしておりませんので、住信SBIネット銀行の口座管理にご利用ください。

24時間365日、いつでもどこでもご利用いただけます。
大変便利で手数料も不要。最強のカードである住信SBIネット銀行カードローンの最もお勧めな点の一つです。手数料が、借り入れの際も返済の際も必要ないのが強い味方となってくれます。これだけ金利が安くて手数料まで無料のカードはほかにありません。とにかく時間のある人にはもっともお勧めのカードとなっております。

トータルで10万台以上を確保しているので、日本全国津々浦々で借り入れとご返済が可能となります。また手数料も一切不要ですので、必要なのは元本とわずかな利息だけです。その利息ですら、あまりの安さに評判となっています。あまり知られているカードではありませんが、圧倒的なお得さが魅力です。ぜひとも住信SBIネット銀行のカードローンのプレミアムコースにチャレンジしてみてください。

  • 申込・借入条件
  • 口コミ・評判・体験談
  • 申し込み
    申込方法 インターネット(パソコン、スマートフォン)
    申し込みから借入(融資)までの流れ(契約に必要な手続き) この画面よりお申し込み → 必要事項のご入力 → 審査結果のご連絡 → 必要書類のお手続き → カードローン口座の開設 ※カードローンのご利用にあたっては、住信SBIネット銀行の代表口座開設が必要です。
    来店 不要
    申し込みから借入(融資)までの最短時間 即日(申込日当日)
    備考 住信SBIネット銀行のカードローンには、プレミアムコースの他にスタンダードコースもあります。詳しくは住信SBIネット銀行のWEBサイトをご覧ください。
    借入
    実質年率 年1.990% ~ 年7.990%
    借入限度額別の年率 -
    金利体系 変動金利です。金利は金融情勢等により見直すことがあります。基準金利はWEBサイト、モバイルサイトの金利のご案内に表示します。
    金利優遇とその条件 SBI 証券口座保有登録済の方、住信SBIネット銀行住宅ローン残高が有る方は、基準金利より年0.5%引下げとなります
    借入限度額 1,000万円
    契約期間 12ヶ月 契約成立日の1年後の応当日の属する月の末日とし、自動更新とします。ただし、契約更新審査により更新をお断りさせていただく場合があります。
    お金の借り方 口座振込、ATM/CD(提携金融機関)、ネットによる入金依頼可、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
    借入無利息期間 -
    借入無利息期間の条件 -
    備考 ご利用限度額は、常に見直しを行なっております。ご利用状況により、ご利用限度額が減額され、新たなお借入れができなくなることがあります。
    返済
    返済金額 残高スライドリボルビング返済とし、返済額は前月末の借入残高に応じます。
    月末時点の借入残高 返済額
    1万円以下 月末時点の借入残高
    1万円超50万円以下 1万円
    50万円超100万円以下 2万円
    100万円超200万円以下 3万円
    200万円超300万円以下 4万円
    300万円超400万円以下 5万円
    400万円超500万円以下 6万円
    500万円超600万円以下 7万円
    600万円超700万円以下 8万円
    700万円超800万円以下 9万円
    800万円超900万円以下 10万円
    900万円超 11万円
    ※掲載情報は2015年 7月 6日の情報です。
    返済方式 残高スライド方式
    利息の計算方法 毎日の最終借入残高について付利単位を1円とし、1年を365日とする日割計算とします。
    お金の返し方 ATM/CD(提携金融機関)、口座振込、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
    返済日 毎月5日(銀行休業日の場合は、翌営業日)
    繰上返済 無料 金額指定返済 ・WEBサイト、モバイルサイトにて任意の金額を代表口座円普通預金から振替えることにより返済 ・利用可能ATM等からの返済(ただしキャッシュカードをお持ちでないお客さまはATMでも返済はできません)
    備考 ※毎月1日から末日までの利息を約定返済日に借入残高に組み入れます。 ※約定返済は引落としのみです。随時返済をされた場合にも約定返済は別途必要ですのでご注意ください。
    費用・機能・サービス
    手数料・年会費等 無料
    クレジットカード機能 -
    その他の付帯機能・サービス -
    会員特典等 -
    店舗
    店舗所在地 -
    無人契約機設置場所 -
    提携先
    提携金融機関 -
    借入ができるATM/CDやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア コンビニエンスストアに設置してある下記ATMでご利用が可能です。 イオン銀行、セブン銀行、E-net(ファミリーマート、スリーエフ等に設置)、ローソンATM ※一部ATMを設置していない店舗等があります。
    返済ができるATM/CDやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア コンビニエンスストアに設置してある下記ATMでご利用が可能です。 イオン銀行、セブン銀行、E-net(ファミリーマート、スリーエフ等に設置)、ローソンATM ※一部ATMを設置していない店舗等があります。
    融資条件
    契約時年齢 満20歳~ 満65歳
    申込資格 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること、安定継続した収入のあること等。詳しくは住信SBIネット銀行WEBサイトをご確認ください。
    資金使途 原則自由(ただし事業性資金はご利用いただけません)
    必要書類 ご利用限度額が300万円超の場合、収入確認書類が必要です。詳しくは住信SBIネット銀行WEBサイトをご確認ください。
    担保 不要
    保証人 不要
    保証料 不要
    対象地域 -
    備考 審査条件により、別途審査書類の提出等のお願いをすることがあります。
    その他
    遅延損害金 年率20%
    その他注意事項 ※詳しくは、住信SBIネット銀行 WEBサイトをご確認ください。
  • 住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」 への口コミ・評判・体験談

    総合満足度 -

    スピード: -  | 金利: -  | サービス: -  | 借入: -  | 返済: -

    100% 50% 0% 満足度分布
    5
    -
    4
    -
    3
    -
    2
    -
    1
    -

    口コミ・評判・体験談を投稿する

    ユーザー情報
    名前(ハンドルネームOK)
    メールアドレス(非表示)
    性別
    年代
    職業
    年収
    カードローンの借入情報について
    借入状況
    評価
    審査スピード 
    借入金利 
    サービスの質 
    借入のしやすさ 
    返済のしやすさ 
    満足度 
    カードローンの申込時の状況について
    主な借入用途
    当初借入金額
    借入までの期間
    借入時の相談者
    借入時の把握
    申込時コンタクト
    遅延時コンタクト
    利用した感想


    ※ボタンを押すと、コメント欄内に評価項目名が表示され、各項目ごとに感想を記入することができます。

    現在0文字(投稿にはあと100文字必要です)

ピックアップ

みずほ銀行カードローン

メガバンクの本格的カードローン!金利は年2.0%~14.0%、最大ご利用限度額は800万円です。みずほ銀行の口座をお持ちの場合、申込みから契約までWebで完結!来店不要でご利用可能です。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

このページの先頭へ