10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

株式会社ビートレーディング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「毎月の売掛金が資金化できる」ことを知っていますか?
中小企業の経営者の皆様にとって、毎月の資金繰りは実に頭の痛い問題です。決算上は黒字であっても、来月の入金日まで現金を手にすることができないのを当たり前のことと思ってあきらめている方々も多いことでしょう。

やはり「キャッシュフロー」は、私たちの体内を流れる血液そのものであり、一度止めてしまうと大変なことになるので、いかにうまく効率的に循環させていくかが非常に大切です。

その、循環させるための一つの手法が「ファクタリング」と呼ばれるものであり、皆様の売掛債権をスピーディーに買い取り、現金化することで、売掛金を資金繰りに上手に組み込めていくようにサポートしていくためのものです。

例えば、売上がどんどん伸びて、仕入れが追いついていかない時などに、この「ファクタリング」を活用して先行投資を行えば、売上も上がるし、キャッシュも回るようになり、企業価値も自ずと高めていくことができるようになると思います。
もっと多くの経営者の方々に、この、債権を売買する「ファクタリング」について理解を深めてもらい、もっと積極的に活用していってほしいと願っています。

名前 株式会社ビートレーディング
住所 東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル 3F
電話 03-6450-1604
URL http://betrading.jp/
事業内容 質商・古物商
経営コンサルタント
経営再建事業
対応エリア 全国
専門家コラム
地図

まずは、自己紹介をお願いします。

P2240085こんにちは。東京都港区で「株式会社ビートレーディング」という会社を経営している佐々木英世と申します。弊社は「ファクタリング」をメインに取り扱っています。あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、中小企業の新しい資金調達方法として最近注目されている手法の一つで、従来のように「金融機関から融資してもらう」のではなく、「売掛金」を用いて「借りる」のではなく「売買する」ことでスピーディーに資金を調達することで、企業のキャッシュフローのバランスを図り、成長をめざしていくための手法です。

中小企業の経営者の皆様にとって、キャッシュフローバランスは実に頭の痛い問題の一つです。決算上は黒字であっても、来月の入金日になるまで資金繰りに苦労することは少なくありません。一日でも早く売掛金を現金化したいという皆様の悩みに答えるべく登場した「ファクタリング」とは、皆様の売掛債権をスピーディーに買い取り、現金化することで、売掛金を資金繰りに組み込めていくようにサポートするものです。
当社の「ファクタリング」は、即日資金化などの審査のスピーディーさと、お客様の様々な事情を踏まえ、細かく詮索することなく対応させていただくフレキシブルさを武器に、売掛先企業や第三者に知られることなく、全国のお客様にお気軽にご利用いただけます。実際、リピートされる方やご紹介でお越しになるお客様が多いのも当社の大きな特徴の一つでしょう。資金繰りにお困りで、ご興味や関心があるお客様はお気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

なぜ、今の事業をはじめようと思ったのですか?

元々、OA機器の販売などを手がける営業スタッフとして、最初はB to CのサービスからB to Bのビジネスモデル構築に関わっていく中で、世の中の「お金の流れ」そのものに関心を抱くようになったのです。中でも、強い興味を抱いていたのが「質屋さん」でした。
実は、「質屋さん」というのは独自の流通ルートがあって、相場も決まっている。品物が偽物か本物も見分けられるし、お金を貸すこともできるのです。いつか自分も「質屋さん」をやってみたいとずって思っていた訳です。
そんな時、3年後にIPOをしたいというリサイクルショップ、いわゆる古物取扱店の会社が人材を募集しているということで、その会社に取締役として転職。夢に少し近づいた感じでしたが、例の日本振興銀行が破綻したことでMAを経て銀行の融資保証会社に異動となり、そこでいい加減な銀行経営の負債をすべて押しつけられて破綻。社長業を譲り受けて会社の後処理をしながら破産準備を進めている時に出会ったのが、ずっと探し続けていた「質屋さん」でした。「質屋さん」への新規参入は非常に難しいため諦めかけておりましたが、偶然にも「質屋さんを買わないか」という1本の電話がかかってきたのです。僕はすぐに決済し、念願の「質屋さん」を手に入れることができたのです。

というのも、僕は日本振興銀行のグループに入るまで金融のことは全く知らなかったのですが、当時、武富士さんなどのいわゆる消費者金融が利息制限法と言われるグレーゾーン金利の撤廃で軒並みつぶれていきました。15%の法定利息以上は取りすぎということで、過払い金の請求を受けたりですね。
しかし、その一方で「質屋さん」というのは月9%、年にして108%の利息でお金を貸すことができるのです。年で108%です。これってすごい話です。「何の規制もなく、108%の利息が許されている世界って、一体、何なのだろう?」と思いますよね。
僕は銀行のグループ会社にいた訳ですが、法人のお客様でお金に困っている方がいるのに、何故、質屋さんは法人にお金を貸せないのだろうと疑問に思いました。消費者金融や商工ローンも軒並みつぶれていく中で、法人企業にお金を貸すところはありません。
「法人企業に対する貸し付けを質でやりたい」、僕が「質屋さん」にこだわったのはそこなのです。そして僕がやりたいと言った時に、「日本でまだ誰もやっていないことをやろう!」と当時の社員が賛同してくれたこともあり、「株式会社ビートレーディング」という会社をつくったのです。それまでの破産手続をすべて終わらせ、新しい会社に社員を移し、社長として自分でお金を出してスタートした初めての会社で、この3月で3周年を迎えます。

そして「法人企業にお金を貸す」という事業をスタートさせたのですが、実はこれが大変でした。「お金を貸して欲しい」というお客様はたくさん来られるのですが、「担保をお願いします」というと何も持っていない。実際、お金に困っている方というのは、資産がすでに抵当に入っていたり、売却されている方がほとんどです。「担保になるものはないの?」と突き詰めたら、それが「売掛金」だった訳です。
残念なことに、ビジネスを展開するお客様はほとんど売掛金をお持ちのはずなのに、これが現金化できるということをご存知ないお客様が少なくありません。しかし、皆様の売掛債権をスピーディーに買い取って現金化し、皆様のビジネスを資金繰りの側面からサポートしていこうというのが、一般に「ファクタリング」と呼ばれている、このシステムです。
質屋さんは質屋さんでB to Cで売り買いしたり、お金を貸したりする一方で、企業のお客様に対しては「売掛金」一本に絞って、とにかく「資金にお困りの方は我々が売掛金を買い取らせてもらいます!」ということでやっています。おかげさまで現在は北海道から沖縄までお客様から毎日お問い合わせを頂いている状況です。

 

御社の特徴や強みを教えてください。

弊社は、元々、銀行のグループ会社にいた社員がそのまま残っていて、その人たちがそれぞれに豊富な金融経験や知識を持っていることです。ですから、例えば、急にまとまったお金が必要だと駆け込んでくるお客様にも、今日、お電話をいただいたら、最短でも明日とか、明後日には決済するぐらいの審査スピードを心がけています。もちろん、売掛金の売買に必要な書類を揃えるなどの決まったプロセスを経て頂くことで、その場で速やかな審査をして、この売掛金であれば買えるよね!という判断の中で、ご用意させて頂くようにしています。

飲食店以外のお店というのは、ほとんど売掛金を持っていらっしゃいます。例えば、銀行さんでお金を借りると、債権の譲渡を禁止されている売掛金とか、取引先との関わりの中で勝手に売り買いしてはいけないものなどもあるのですが、我々はそのような部分も積極的にフォローし、できるだけ「買う」ようにしています。また、どのような業種業態に関しても頭から「ノー」と決めつけてお断りすることはありません。うちの強みというのはそういうところにあると思います。

 

最近手がけた資金調達案件の事例

P2240074弊社のお客様は結構、幅が広くて、年商1億~5億円ぐらいのお客様が一番多く、売掛金も100万~500万くらいの方が大半を占めます。もちろん中には、2億、3億の案件もありますし、業種業態も様々です。そしてうちのお客様の特徴としてはリピートされる方がとても多く、長いお付き合いの方も結構いらっしゃいます。
そのようなお客様と長くお付き合いして色々なことを相談してもらったりしているうちに、「それだったら一緒にやろうよ」という話が出てきて、昨年の6月に「BISSホールディングス」という会社を作ったのですが、グループ傘下にある会社さんのほとんどは以前のお客様なのです。といっても、友好的なパートナーとしてお客様とグループ会社を作っている状況で、運送会社、車屋さん、病院(医療法人)、人材派遣会社など、業態は様々です。

ただ、誰が上とかどこが下とかという関係ではなくて、グループ間で相互にシナジー効果を生みだしていこうということで、積極的に意見交換しながら事業を進めています。
一緒に組むことのメリットは後から考えれば良い訳ですし、シナジーを作り上げていくプロセスが面白いと思うのです。弊社はどのような業種に対しても債権を買っていこうとしている訳ですから、まるで知らない領域のビジネスもあります。例えば、病院と弊社は今は水と油のように関係がありませんが、将来、診療報酬債権の分野を開拓していこうとした時に、レセプトがどうとか、点数の仕組みについて、詳細に知ることができます。一つひとつの業種を知るということは次につながっていくのです。

また、最近の事例ではないのですが、少し前のお客様で、本当に毎月の資金繰りが精一杯で、売掛金のことなどまるでご存知ない社長さんがいました。最初は「本当にそんなことができるの?」と半信半疑の様子でしたが、お付き合いをはじめて、ほぼ毎月、売掛金のお手伝いをしてすでに1年半ぐらいでしょうか。最初の頃はキャッシュフローもボロボロで、とにかく借金して回していかないと間に合わない。その会社が「売掛金のファクタリング」をはじめて、この3月で決算なのですが、資金が予想以上に回ってきたので、今年の1月に年商10億ほどの他の会社を買収できるほどの優良企業になられた経緯があります。お金が回るようになると、銀行の融資もおりるようになるし、このようなお話を聞くとやはり嬉しいですよね。

 

資金調達を検討されているお客様へのメッセージ

「売掛金は資金化できる」ということを知らない方がまだ多いので、これを色々な方々にもっと知って頂きたいですね。持っている資産をうまく活用するということをもっと積極的に考えてほしい。そのほとんどが45日サイト、60日サイトで売上がある資金なので、それを少し早めに現金化して頂くことができれば、もっと円滑に事業が回るはずです。PL(損益決算書)が黒でも、BS(貸借対照表)が真っ赤という話はよくあるのですが、BSが黒であれば、PLも大体は黒になるはずなので、そのキャッシュフローを売掛金の資金化でうまく調整していくことも必要ではないかと思いますし、今後はその部分を我々がアプローチしていかなければならないところだと思っています。

また、弊社のお客様はネットとご紹介がほとんどで、税理士さん、会計士さん、コンサル会社さん、さらにはノンバンクさんからのご紹介もあります。というのも、弊社の場合、個人情報が関係ないのです。いつ、どこからいくら借りたとか売ったとか、自己破産しているとか、一切関係ない。事業として売掛金を毎月キッチリともっている方で、キャッシュフローをキチンと回されている方であれば、充分に現金化はできる訳です。
逆に、弊社で売掛金を買った時のメリットをあげると、金融機関にわからないし、審査情報にも出ないし、そういう視点から見れば決算書が別に汚れる訳ではないのです。「どこどこで借りていましたよね」などと銀行さんは言ってくるのですが、「売掛金の売買をしていましたよね」などと言われることはないし、そういう意味では売掛金の売買というのは資金調達の方法としては最高のものなのではないかと思います。また、急に必要であるとするなら、これほど早い資金化はないでしょうね。是非、お気軽にご相談頂きたいと思います。

 

起業を成功させるためのアドバイス

弊社のお客様はすでに事業を展開されている方ばかりなので、あまり参考にはならないと思うのですが、最初に申し上げたように、「キャッシュフローは血液と同じ」ということを肝に銘じておくことが必要だと思います。お金の流れが一度、滞ってしまうと、どんな企業でも持ちこたえることができないので、どうやってその血液の循環をよくするのか、常に考えていく必要があります。

しかし残念ながら、すでに起業されて長い経営者の方でも資金繰り表をつけていません。
例えば、月初にいくらあって、月末にいくらある。月末にいくらあったものが、翌月の月初にきて、それがまた月末にくる。その繰り返しが6ヶ月分ぐらいの数字を見ながら作成しておかないと、自分の会社の資金繰りというのは正直、難しい訳です。

それなのに皆さん、大体、1ヶ月しか見ていない。その場の通帳とその場の現金を見て、いついつにいくら入ってくるからこれを回してというように、その中で考えようとする人が非常に多いです。でも、それでは全体のお金の流れがよくわからないし、気づいた時には残高はこれだけしかなかったということになりかねません。
だからキャッシュフローをしっかり見るということはとても大切なのです。
私が起業してわかったのは、自分は常に金庫をみながら仕事しているということです。やはり3ヶ月先、6ヶ月先の資金繰りを常に見ておく必要があって、その場限りの行き当たりばったりの経営をしていると、万一、突発的なことが起きた時への対応ができない。
我々のビジネスは買い取りもしなければならないし、支払いもある訳です。となると、やはり常にストックしておかなければならないお金というのは絶対に触らないでおこうというのがあります。起業したばかりの頃というのは、色々と物入りで大変だとは思いますが、初志貫徹で頑張って頂きたいですね。

このページを皆で共有する

株式会社ビートレーディング へのクチコミ

クチコミを投稿する

クチコミの内容
ニックネーム
画像認証

下の文字を入力してください。

認証用画像と入力された値が一致しません

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。
融資検討可能!東京スター・ビジネス・ファイナンス

資金調達の専門家を地域から探す

資金調達の専門家をジャンルから探す

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ