閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

公的融資制度を使って資金調達しよう!事業資金が必要&資金繰りを改善したいアナタにオススメ(2018年最新版)

起業や事業拡大に当たって必要な資金を用意する方法はたくさんありますが、その中でも比較的ハードルが低いのが「公的融資制度」です。公的融資制度とは政府や自治体などの公的機関が行う融資のことです。

公的融資制度を使って資金調達しよう!事業資金が必要&資金繰りを改善したいアナタにオススメ(2018年最新版)

公的融資制度の最大のメリットは民間系金融機関と比較して審査が比較的「ゆるい」こと。もちろん適切な事業計画がなければ審査には受かりませんが、銀行などと比べれば創業したての企業にも優しいです。そのため、アイデアと勝算はあれどそれを実現する資金がないという中小企業に重宝されています。

 

本記事では、公的融資制度の仕組みについて説明します。資金繰りを改善したい方は、ぜひ本記事を参考に資金を調達してください!

 

関連記事:日本政策金融公庫で融資を受ける|メリットとデメリット総まとめ

 

その前に・・・公的融資制度の審査は通常3週間〜1カ月程度の時間がかかってしまいます。公的融資制度の審査や手続きが間に合わない方は、まず以下のビジネスローンに申込まれた方が良いでしょう。

これらはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また起業後、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生する「BtoBの事業」に取り組まれた方については、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)との併用がオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

はじめに|公的融資制度とは?

 

公的融資制度(こうてきゆうしせいど)は、国や地方自治体などの公的機関が中小個人事業主や開業予定者の支援を目的として設けている制度で、公的融資制度を設けている主な機関には日本政策金融公庫・信用保証協会・商工会議所があります。

 

日本政策金融公庫は、個人、中小企業をはじめ、農林漁業従事者などへの事業資金融資、日本企業の海外活動支援を中心に行っています。また学生向けに「国の教育ローン」を設け、低金利で返済負担も少なく「学業に専念できる融資制度」が利用できます。

 

公的融資制度は、日本政策金融公庫と信用保証協会、商工会議所で成り立っている

 

冒頭でも説明しましたが、公的融資制度は大きく分けて日本政策金融公庫・信用保証協会・商工会議所の3つに分類することが出来ます。

 

公的融資制度

 

どの融資制度にもそれぞれ違ったメリットがありますので、自身にとって最適なものを選択することが重要になります。

 

公的融資制度① 日本政策金融公庫

 

日本政策金融公庫は、正式名を株式会社日本政策金融公庫(にっぽんせいさくきんゆうこうこ、英語: Japan Finance Corporation, JFC)と言います。名前からも分かるとおり、国が100%出資をする金融機関であり、株式会社日本政策金融公庫法に基づいて2008年10月1日付で設立された財務省所管の特殊会社です。

 

参考リンク:日本政策金融公庫

 

公的融資制度② 信用保証協会

 

信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関で、全国47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)に支店を持っています。

 

信用保証協会を利用するメリットは大きく分けて5つあります。

 

信用保証協会を利用するメリット① 融資枠の拡大を図ることができる

信用保証協会では、取引金融機関のプロパー融資と保証付融資の併用により、融資枠の拡大を図ることができます。

 

信用保証協会を利用するメリット② ニーズに合わせた保証制度が利用できる

利用者それぞれニーズに応じた、多様な保証制度が利用できます。

 

信用保証協会を利用するメリット③ 長期借入れが利用できる

 

長期の借入れに対応した保証制度があり、ゆとりのある利用・返済計画が立てられます。

 

信用保証協会を利用するメリット④ 原則、法人代表者以外の連帯保証人は不要

個人事業者の場合、保証人は原則必要ありません。

 

信用保証協会を利用するメリット⑤ 担保がなくてもご利用いただけます。

不動産担保に過度に依存しない、保証の推進に努めているため、担保無しで大きな融資が受けられます。

 

参考リンク:一般社団法人全国信用保証協会連合会

 

 

※ このほか生計費に関しては、消費者金融カードローンなどの利用で資金ショートを回避しましょう。以下、おすすめのカードローンをまとめておきます。いずれもネットから申し込みができ、最短30分で審査、最短当日キャッシングできるので「お金の悩み」をスピーディーに解決してくれます。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

※ 申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

公的融資制度③ 商工会議所

 

商工会議所は、商工会議所法 (昭和 28年法律 143号) によって設立された非営利団体です。営利を目的としていないため、区域内の一定資格の商工業者を会員(経営者や個人事業主など)は、経営サポートや資金調達についてアドバイスが得られるほか、今申請できる補助金や助成金、申し込める公的融資制度についても有益な意見が得られます。

 

関連サイト:日本商工会議所

 

2018年〜2019年に利用できる制度融資

 

参考として、東京・神奈川・埼玉・愛知・大阪・広島・福岡で『2018年〜2019年』に利用できる制度融資をまとめてみました。

 

東京都で利用できる制度融資

・ 小規模企業向け融資
・ 一般事業資金融資
・ 創業融資
・ 産業力強化融資
・ 経営支援融資
・ 企業再生支援融資
東京都中小企業制度融資の一覧【PDF】

 

神奈川で利用できる制度融資

神奈川県中小企業制度融資
・ かながわ中小企業再生ファンド
・ 中小企業高度化資金
・ 小規模企業者等設備貸与事業(新設備貸与事業)
・ 企業誘致促進融資
融資メニュー一覧

 

埼玉県で利用できる制度融資

一般貸付
経営者保証ガイドライン対応貸付
働き方改革企業優遇貸付
短期貸付
小規模事業資金
事業創出貸付
独立開業貸付
女性起業家支援貸付
女性経営者支援貸付
企業成長設備資金
経営革新計画促進融資
産業創造資金
産業立地資金
経営安定資金
経営あんしん資金
企業パワーアップ資金
借換資金
埼玉県中小企業制度融資(平成29年度)

 

愛知県で利用できる制度融資

・ 小規模企業等振興資金(通常・小口)
・ 一般事業資金
・ 中小企業組織強化資金
・ 経済環境適応資金
・ サポート資金【セーフティネット】
・ サポート資金【経営あんしん】
・ サポート資金【経済対策特別】
・ サポート資金【条件変更改善】
・ パワーアップ資金(企業立地を除く)
・ パワーアップ資金(企業立地)
・ 創業等支援資金
・ 再生・事業承継支援資金【再生】
・ 再生・事業承継支援資金【事業承継】
・ パワーアップ資金【設備投資促進枠】
・ パワーアップ資金【クラウドファンディング活用促進枠
愛知県融資制度の取扱いについて 【PDF】

 

大阪で利用できる制度融資

・ 開業サポート資金(開業資金)
・ 開業サポート資金(地域支援ネットワーク型)
・ 小規模企業サポート資金(小規模資金)
・ 小規模企業サポート資金(地域支援ネットワーク型)
・ 小規模企業サポート資金(市町村連携型)
・ チャレンジ応援資金(法認定型)
・ チャレンジ応援資金(金融機関提案型)
・ チャレンジ応援資金(経営力強化資金)
・ チャレンジ応援資金(設備投資応援融資)
・ 経営安定サポート資金(経営安定資金)
平成29年度版大阪府制度融資のご案内

 

広島で利用できる制度融資

・ 小規模融資|小口資金
・ 小規模融資|無担保資金
・ 経営安定融資|一般資金
・ 経営安定融資|流動資産担保資金
・ 緊急対応融資|セーフティネット資金(国指定)
・ 緊急対応融資|倒産防止等資金(県指定等)
・ 緊急対応融資|緊急経営基盤強化資金
・ 緊急対応融資|借換資金
・ 緊急対応融資|特別資金
・ 産業支援融資|創業支援資金
・ 産業支援融資|事業活動支援資金
・ 産業支援融資|新成長分野支援資金
・ 労働支援融資|雇用促進支援資金
・ 労働支援融資|仕事と家庭の両立支援資金
広島県制度融資(平成29年)

 

福岡で利用できる制度融資

・ 小規模事業者振興資金
・ 長期経営安定資金
・ 短期運転資金
・ 緊急経済対策資金
・ 新規創業資金
・ 経営革新支援資金
・ 自動車産業振興資金
・ アジアビジネス展開支援資金
平成29年度福岡県中小企業融資制度一覧表 【PDF】

 

このほか、2018年〜2019年に利用できる制度融資は、以下の記事にて検索できます。

 

関連記事:制度融資の審査を通す5つの手順!あなたも1%の低金利で借入できる

 

公的融資制度を利用するメリット

 

公的融資制度を利用するメリットは、一般的な金融機関(銀行など)とは違い、利息が低く据え置き期間など「返済負担が少ない」よう工夫されている点にあります。また信用保証協会を通じた融資は、銀行でプロパー融資を利用するよりも審査が通りやすく、銀行の側も「貸し倒れのリスクが無い」という点で積極的に融資を行っています。

 

プロパー融資とは、銀行が直接融資を行う仕組みを指します。proper(プロパー)には元々「本来の、固有の」といった意味があり、銀行が本来行うべき金融サービスから「プロパー融資」と呼ばれるようになりました。

なおプロパー融資に対して、事業資金調達に使われるのが、信用保証協会を通じた融資です。これらは、「信用保証付き融資」と呼ばれており、一定の保証料は掛かるものの「銀行側に貸し倒れのリスクが無い」といった理由で審査が通りやすく、事業資金の調達にふさわしい制度となっています。

プロパー融資とは?| 資金調達プロ

 

信用保証協会を通した場合、保証料が必要ですが「信用保証料率」も1%台とわずかな費用で済みます。ちなみに貸付金額1,200万円,信用保証料率 年1.15%,保証期間24ヶ月の場合、必要な費用は「165,600円」で済みます(計算式:信用保証料=12,000,000円×1.15%×24/12×0.60=165,600円)。

 

大きな融資もわずかな費用で、信用保証を付けることができ、融資の可決率も高くなるのですから「利用しない手」はありません。

 

なお、公的融資制度の審査は通常3週間〜1カ月程度の時間がかかってしまいます。公的融資制度の審査や手続きが間に合わない方は、まず以下のビジネスローンに申込まれた方が良いでしょう。

これらはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

また起業後、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生する「BtoBの事業」に取り組まれた方については、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)との併用がオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

公的融資制度を利用するデメリット

 

公的融資制度を利用するデメリットですが、手続きや審査に時間が掛かるという点です。銀行や消費者金融カードローンの場合、最短数日で審査が終わりますが、公的融資制度の場合は、書類の準備から審査〜融資実施までに一ヶ月以上の時間が掛かります。

 

このため、途中で「資金ショート」が起こる可能性もあり、公的融資制度だけでは「運転資金が工面できない」という方も多いです。こうした問題をクリアするには、公的融資制度だけでなく、カードローンやビジネスローン、その他(自治体の)補助金や助成金制度などを併用することです。

 

例えば、以下のローンはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また起業後、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生する「BtoBの事業」に取り組まれた方については、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)との併用がオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ このほか生計費に関しては、消費者金融カードローンなどの利用で資金ショートを回避しましょう。以下、おすすめのカードローンをまとめておきます。いずれもネットから申し込みができ、最短30分で審査、最短当日キャッシングできるので「お金の悩み」をスピーディーに解決してくれます。

 

■プロミス スマホ・PCでラクラク申込み

※契約後の返済状況に応じ、与信上限額を変更する(上げる)ことも可能なため、まずは契約することを最優先にしましょう。

■SMBCモビット 即日融資も可能(※ ただし、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

■アコム 最大30日間金利0円

※ 申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

 

公的融資の審査に必要な書類

 

公的融資の審査に必要な書類は、次の通りです。

 

公的融資制度の審査に必要な書類
☑ 借入申込書
☑ 直近二期分の確定申告書
☑ 決済後半年を経過している場合は、最新の試算表
☑ 法人の登記簿謄本
☑ 身分証明書(運転免許証やパスポート等)

 

利用する融資制度によって必要な書類は異なります。上の書類にプラスして、何が必要なのか日本政策金融公庫、信用保証協会などのサイトでチェックしてみてください。なお日本政策金融公庫の融資に必要な書類は、以下の記事が参考になります。

 

参考記事:日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

 

公的融資制度を120%フルに活用する方法

 

公的融資制度を120%フルに活用する方法ですが、本記事の前半でも紹介した通り、一般的な融資商品と組み合わせて使うことです。

 

● 消費者金融カードローン

● ビジネスローン(銀行・消費者金融・信販会社)

● 地方自治体の補助金や助成金

 

このほか、起業家の方であればビジネスコンテストなどを活用するのも良いでしょう。

 

 

・ 【最新版】全国の「ビジネスコンテストとコンペ」総まとめ(2018年更新)

・ 【最新版】2018-2019|全国「ビジネスコンテストとコンペ」全110種類を一挙公開!

 

そして最近では、ネットを通じた「クラウドファンディング」で資金調達する方も増えています。クラウドファンディングであれば、返済の必要も無く、事業やプロジェクトを応援してくれる「支援者」も集められるので一石二鳥です。

 

参考記事①:【2018年最新版】クラウドファンディングとは?プロジェクトで資金調達・支援・投資を受ける3つのコツ!

参考記事②:クラウドファンディングやソーシャルレンディングで「資金調達」するメリットを徹底解説!

関連記事③:【最新】クラウドファンディングとは?ネットで資金を集める、最新情報まとめ(2018年更新)

 

またソーシャルレンディングで資金調達する方も多いです。

 

関連記事:【保存版】ソーシャルレンディングとは?融資型クラウドファンディングで資金調達を120%成功させる5つのコツ!

 

このほか、個人投資家(エンジェル投資家など)から出資を受けて、事業資金を調達する人もいます。

 

関連記事①:エンジェル投資家とは?個人投資家から出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット(2018年更新)

関連記事②:【エンジェル投資家のすべて】個人投資家から資金援助を受ける方法

 

いずれも返済の必要が無いので、制度融資と平行して利用してみてください。

 

公的融資を理解するのに役立つ記事一覧

 

最後に「公的融資」制度を理解するのに役立つ記事を【日本政策金融公庫/信用保証協会/商工会議所】別にまとめてみました。

 

日本政策金融公庫

 

・ 日本政策金融公庫で融資を受ける|メリットとデメリット総まとめ

・   【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣  

・    日本政策金融公庫完全ガイド 気になる概要を徹底解説!

・ 日本政策金融公庫の融資「必要な書類」と成功する準備の進め方

・ 日本政策金融公庫(株式会社日本政策金融公庫)の理念をみてみよう!

・ 2018年〜2019年に利用できる、日本政策金融公庫の融資制度一覧

・ 創業計画書100%書き方ガイド!日本政策金融公庫から創業融資を受けるための5つのポイント

・  【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツ!1000万円の借入申込の秘訣  

・  【実録】日本政策金融公庫に断られた!リベンジに必要な正しい審査対策

・ 日本政策金融公庫とは?日本公庫を支える3つの機能と3つの目的

・  【2018年度版】日本政策金融公庫(国民金融公庫)で融資を受ける際、注意すべきデメリットは4つ!

 

信用保証協会

・ 信用保証協会で「審査に申し込む方法」と、審査に受かるポイント2つ!

・ 信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ

・【保存版】出資と融資、どちらが有利か?資金調達で成功する5つのコツ!

【保存版】信用保証協会から借入できる!あなたも融資審査を100%通す3つのコツ

【保存版】銀行融資や公的融資に役立つ・信用保証協会を攻略する「3つの裏技」とは?

 

商工会議所

・ 商工会議所

 

まとめ|公的融資制度は起業家・個人事業主、中小企業経営者の強い味方!

 

公的融資制度は起業家・個人事業主、中小企業経営者の強い味方です。

 

なお、公的融資制度の審査は通常3週間〜1カ月程度の時間がかかってしまいます。公的融資制度の審査や手続きが間に合わない方は、まず以下のビジネスローンに申込まれた方が良いでしょう。

 

これらはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】MRF 大阪・兵庫・岡山・広島・山口・香川・愛媛・九州各県(沖縄を除く)の方限定、個人事業主でも申込み可能です。
【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【4位】しずぎんビジネスクイックローン 東京・神奈川・大阪・愛知・静岡の方はこちら。個人事業主も安心の銀行ローン。
【5位】ユニーファイナンス 無担保で300万円まで借り入れ可能。

 

また起業後、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生する「BtoBの事業」に取り組まれた方については、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)との併用がオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/15 20:22
    無料診断がされました。
  • 12/15 19:19
    無料診断がされました。
  • 12/15 19:13
    無料診断がされました。
  • 12/15 18:51
    無料診断がされました。
  • 12/15 17:31
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

公的融資制度の関連記事(39件)

1 2 3 4 5 8

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全522件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる