10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

『即日融資』とは、申し込んだ当日に融資が受けられる「融資商品」を指します。具体的には、カードローンやクレジットカード、ビジネスローンのほか、ファクタリングなど、事業者の間で人気の高いサービスも一部、即日での資金調達に対応しています(※ ただしファクタリングは融資では無く、売掛金の買取サービスです)。

 クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる

本記事では、即日融資の種類をはじめ「審査を通す5つのコツ」など「今スグ30万円のお金」を借入する方法を徹底解説したいと思います。お金が「1秒でも早く必要」な方は、本記事を参考に申込手続きを始めてみてください。

 

なお「どの即日融資がマッチするのか」については、以下『あなたには、この即日融資がオススメ』でカンタンに確認できます。

 

あなたには、この即日融資がオススメ!

 

ここではタイプ別に、みなさんにオススメのローンをまとめてみました。ぜひお目当てのローンを探してみてください。

 

あなたには、この即日融資がオススメ!

目的 該当する方法
☑ 30万円〜50万円の少額融資を今日中に受けたいという方 ①の「消費者金融カードローン」がオススメ!
☑ 審査が厳しくても、低金利ローンを「銀行で利用したい」という方 ②の「銀行カードローン」がオススメ!
☑ 多少利息が高くても、手軽にお金を借りたいという方 ③の「クレジットカード」がオススメ!
☑ 100万円〜300万円程度の事業資金を手軽に借りたいという方 ④の「ビジネスローン」がオススメ!
☑ 審査がカンタンで、1,000万円以上の融資を手軽に借りたいという方 ⑤の「ファクタリング」がオススメ!

 

該当するローンがあれば、以下の目次から「該当するローン」をチェックしましょう。時間が無い方でも必ず『ご自身にふさわしいローンや資金調達の方法』が見つかります。

 

▊ 即日融資で30万円を借りるのは、とってもカンタン!

 

即日融資で30万円を借りるのは、ビックリするほど簡単です。例えば、消費者金融の場合「50万円以下の貸付は所得証明書不要」となっており、実質身分証明書だけで融資が受けられます。

 

所得証明書とは?

所得証明書は、「収入証明書」とも呼ばれ、前年の1月1日から12月31日までの1年間にどれくらいの所得(収入)を得たかを証明するための書類や証書のことをいいます。

会社員や公務員などの場合は、12月の年末調整の時に職場で受け取る「源泉徴収票」が最も一般的となっています。また、自営業者などの場合は、確定申告の際の「確定申告書の控え」や税務署で請求できる申告所得税の「納税証明書」、役所で請求できる住民税の証明書(課税証明書、非課税証明書、納税証明書)などがあります。

一般に所得証明書は、住宅ローンやカードローンなど金融機関からローンを借りる時、子供の奨学金を申し込む時、所得証明が必要な行政サービスを申請する時、結婚相談所や婚活サービスを利用する時などに提出することがあります。

出典:iFinance「所得証明書とは」より

 

また、クレジットカードや信販会社ローンの場合も「年収の3分の1まで」の融資や、他社と合算して「50万円以下」のキャッシング利用については、原則・所得証明書無しで融資が受けられます。このほか銀行カードローンについては、100万円〜300万円といった金額でも「所得証明書不要」で融資が受けられるので便利です。

 

専業主婦やフリーター、学生でも即日融資は簡単に受けられる!

 

最近では、銀行や信販会社、消費者金融では「より多くの人にローンを利用して欲しい」と審査の難易度を低くして、積極的に融資を実施しています。このため、一般にお勤めの方以外にも専業主婦の方やフリーター(バイトやアルバイトで生計を立てている方)、学生の方でもカンタンに即日融資が受けられるようになりました。

 

【補足】所得証明書不要ローン、個人事業主と経営者の注意点

 

最近は「所得証明書不要ローン」の数が増えていますが、個人事業主や会社経営者の方については、金額に関係なく「所得証明書が必要」です。もちろん、職種によって審査難易度が変わる訳ではありませんが(個人事業主や会社経営者の方は)必要な書類が若干増えるので、気をつけましょう。

 

また書類が多くなると、その分準備に時間が掛かります。即日融資を希望される方は、できるだけ時間に余裕を持って申込を行ってください。

 

▊ そもそも、即日融資とは?

 

即日融資(=当日融資)とは、申込をしたその日のうち(当日中)に、融資が受けられるローンや融資商品を指します。数年前まで即日融資ができるのは消費者金融に限られていました。しかし最近では、大手銀行をはじめ、信販会社でも即日融資ができるようになりました。

 

特に審査が速いのは大手メガバンク(例:三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行)のほか、インターネットバンキングと呼ばれる「ネット系銀行」のカードローンです(例:オリックス銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行など)。

 

また、地方銀行のカードローンも大手消費者金融に保証業務を依託し、即日融資できるところが増えています。

 

即日融資のスピード「審査は最短30分」申し込んだ当日中に融資OK!

 

例えば、即日融資で人気のプロミスでは、以下のような「即日融資サービス」を実施しています。

 

24時間365日受付!いつでもお申込みいただけます。(中略)ご契約可能額を決定し、ご希望の方法(メール・電話)にてご連絡いたします。
メールの場合は、インターネット上でご契約可能額をご確認いただきます。お振込みをご希望のお客さまについて、平日14時までに契約内容をご確認いただいた場合、当日中のお振込みが可能です。

参照:プロミス公式サイト「Webからの申込」

 

上記の通り、即日融資なら月曜日の朝に申込をして、同じ月曜日の午後に融資を受けるということも可能です。また営業時間が長い金融業者なら、夕方に申込をして当日の19時〜20時頃に融資が受けられるというケースもあります。

 

プロミスの自動契約機、営業時間

例:プロミスの自動契約機営業時間(プロミス公式サイトより)

 

日中仕事などで忙しい方は、先にパソコンで申込をしておき、夕方や夜の時間帯にカードや契約書を受け取るという方法が「手堅い」です。また「昼休みも時間が取れない」という方は、朝の通勤時間等を利用して、ネット申込を済ませておかれると良いでしょう。

 

クレジットカードでも即日融資が受けられる

 

クレジットカードのセゾンカードや、消費者金融のアコムが発行するクレジットカード「ACマスターカード」でも、即日中のカード発行を実施しています。このほか、ビジネスローンでも一部(※審査が完結していれば)当日中の融資を受け付けています。

 

ACマスターカード(アコム)画像:ACマスターカード(アコム公式サイトより)

 

そして、経営者の間で人気のファクタリングでも一部、即日〜翌営業日で現金が調達できるようサービスを実施しています。ただし、ファクタリングは融資では無く、手元にある売掛金を業者が買取り「現金化してくれるサービス」です。このため、私たちが知るような「一般的な融資」とは違い、個人信用情報に影響なく資金調達が行えます。

 

ファクタリングは、融資よりも確実に資金調達できる方法

 

ファクタリングは、融資よりも確実性が高く、高額な資金調達をも可能としたサービスです。また、前述のカードローンやクレジットカード、ビジネスローンで審査が通らない(=融資が受けられない)方にとっては、最も確実に資金調達できる方法と言えます。

 

お金のトラブルを抱えている方や、至急まとまった資金が必要な方、今すぐ資金繰りを改善しなければピンチという方は、本記事で紹介する即日融資を利用されるようオススメします。

 

▊ キャッシング「審査が甘い会社」はあるのか?

 

キャッシングで、最も気になるのは「審査」のことでしょう。みなさん「審査が甘いローン会社」を知りたいのは分かります。

 

しかし、銀行や消費者金融が自ら「キャッシングが甘いこと」を言うはずはありません。なぜなら、貸金業法が改正されてから、ローンを利用する消費者に対して過剰融資(=融資をし過ぎること)が固く禁じられているからです。

 

貸金業法について(日本貸金業協会)画像:日本貸金業協会公式サイト「貸金業法について」より

 

ただし、カードローン審査の「難易度」については、ある程度分かる(=審査の傾向が立てられる)ので、ここでお伝えしましょう。

 

カードローン審査「最も甘い」のは消費者金融カードローン

 

平均的に審査が甘い(審査がカンタン)なのは、消費者金融のカードローンです。以下に銀行、消費者金融、信販会社の審査難易度をまとめてみました。

 

カードローン審査「難易度」を比較!

区分 審査難易度
① 消費者金融カードローン(銀行系) ★★★★★

(最も簡単で、審査は甘い)

② 消費者金融(ノンバンク系)

★★★★☆

(簡単で、審査は通りやすい)

③ 銀行カードローン(銀行が直接融資)

★★☆☆☆

(普通〜簡単)

④ 信販会社カードローン(クレジットカードを発行する会社)

★☆☆☆☆

(審査はやや厳し目)

 

各ローンの審査難易度(審査が甘いかどうか)について、補足をしておきます。

 

① 消費者金融カードローン(銀行系)

 

消費者金融カードローンには二種類あります。一つ目は、銀行の傘下に入った「銀行系消費者金融」と呼ばれるカードローンで、2つ目は銀行との繋がりがない「一般的な消費者金融」のカードローンです。

 

①の銀行系カードローンは、大手銀行、ネット系銀行の子会社(=グループ会社)が融資を行うローンで、利息は銀行並みに低く「審査は銀行よりもカンタン」という理由で人気があります。結果、審査は甘く「可決されやすいローン」となっています。審査が気になる方には、最もオススメのローンと言えるでしょう。

 

② 消費者金融(ノンバンク系)

 

街の小さな金融会社のように「一般的な消費者金融」は、銀行との繋がりがありません。このため、利用者の多くは①の銀行系カードローンを利用します。

 

ただし、②の一般的な消費者金融にも例外があります。例えば、消費者金融の老舗「アイフル」は、銀行の傘下には入っていませんが、銀行との繋がりが強く信頼度の高いカードローン会社です。

 

このほか、ビジネス専業の金融業者の中には、銀行の傘下には入っていないものの、大手企業への融資を行う優良企業がたくさんあります。

 

参考記事①:ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

参考記事②:ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

 

③ 銀行カードローン(銀行が直接融資するローン)

 

銀行カードローンは、その名の通り銀行が直接融資するカードローンです。一昔前まで「銀行から融資を受けるのは大変」とされていました。もちろん、1,000万円以上の事業資金を借りるのは今でも大変です。しかし、カードローンのように100万円〜1,000万円までの融資であれば、銀行ローンでも審査は簡単です。

 

特に、消費者金融カードローンを子会社に持つ銀行の審査は「普通〜やさしい」ところが増えており人気が高いです。また、これらの銀行カードローンは即日融資にも対応しています(※ 一部例外あり)。

 

参考記事:・ 即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

 

またインターネット銀行は、審査が速く、即日融資に強いという理由で人気があります。

 

参考記事:【保存版】カードローン30選!あなたも即日融資で10万円借りれるキャッシングまとめ

 

④ 信販会社カードローン(クレジットカードを発行する会社)

 

信販会社と言えば、クレジットカードを発行する会社として広く知られています。しかし信販会社でも、カードローンが利用できるのをご存じでしょうか?

 

全体的に信販会社のローン審査は厳しいと言われています。実際に、カードローン利用者の間で「審査可決率」を調べたところ、多くの利用者は「信販会社のローンは審査が通りにくい」と答えていました。

 

信販会社の中にも、審査が甘いローンがある

 

ただし、信販会社のカードローンにも審査が甘く、可決されやすいローンがあります。例えば、オリックスクレジットのカードローンは、信販会社の中では審査が通りやすく、経営者や個人事業主の間で人気が高いです。

 

例えば、以下のローンはビジネス専用のローンですが、

 

参照:オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント 

 

オリックスカードではビジネスローン以外にもVIPローンカードと呼ばれる、融資額「最高800万円」利息「3.0%~16.8%」の低金利ローンが利用できます。審査も通りやすい(=他の信販会社より審査は甘め)ので、信販会社でカードローンを利用されたい方にオススメできます。

 

カードローンのオリックス/オリックス株式会社で扱っているローンの一例

VIPローンカード オリックスクレジットの最もスタンダードなカード。最高800万円、年率 3.0%~16.8%と貸し付け条件の良さがポイント。
VIPローンカードBUSINESS 本記事で紹介した、ビジネス専用のクレジットカード(個人事業主・会社経営者向け)
カードレスVIP VIPローンカードのカード発行が無いタイプ。
VIPフリーローン オリックスクレジットのおまとめローン(総量規制の対象外)最高800万円、年率 3.0%~14.5%で返済期間は最長8年とゆとりある融資がポイント。
オリックスローンカードPontaコース “毎月”Pontaポイントがたまるローンカードで、入会時にもPontaポイントを進呈。

 

またオリックスカードは、最短60分で審査結果が分かり、平日14:30分までに手続きが終われば即日融資(=当日中の融資)が可能です。信販会社のローンは、即日融資できないところが多いのですが、オリックスカードに関しては『審査が速い』ことで定評があります。審査をお急ぎの方は「審査が速いカードローン」を利用しましょう。

 

参考記事:オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント 

 

このほか、審査が甘いローンの探し方や「審査を通すコツ」については以下の記事を参照してください。

 

参考記事: カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる 

 

▊ 即日融資のメリット・デメリット

 

即日融資について解説する前に、まずは『即日融資のメリットとデメリット』について見ておきましょう。

 

即日融資のメリットは、今すぐ資金調達できるという点

 

即日融資のメリットは、どこよりも早く融資が受けられるという点です。審査が長いカードローンの場合、通常3営業日〜1週間前後の時間が掛かります。また、日本政策金融公庫の融資や信用保証協会を通した「保証付き融資」の場合は、3週間から長くて1ヶ月以上の時間が必要になります。

 

しかし、即日融資を利用すれば、思い立ったその日に資金調達できるので大変便利です。

 

口座に即日振り込み融資。スピード回答、スピード融資
お申込み当日に、お客さまの銀行口座(他行の口座でもOK)にお振り込みが可能。
※当日融資は、12時までに契約手続を完了し、当日融資の手続きをされた方が対象です
※振込先の口座は、ご本人さま名義の口座に限ります

出典:スルガ銀行「リザーブドプラン」公式サイトより

 

上記は銀行カードローンの例ですが、消費者金融カードローンや銀行カードローンの一部は「審査は最短30分」と素早く、当日融資可能が可能なので便利です(申込から融資までは、最短1時間程度)。

 

資金繰りを早急に解決されたい方は『即日融資可能』なローンやサービスを利用してください。

即日融資のデメリットは、融資額が少ないという点

 

即日融資のデメリットは「融資額が少ない」という点にあります。特に消費者金融カードローンの場合は審査が速いものの、銀行やその他資金調達の方法に比べると融資額が少ないのがネックとなっています。

 

消費者金融の「WEB完結」は融資額が少ない

 

ネットだけで手続きができる「WEB完結」と呼ばれるサービスが人気です。WEB完結は審査が素早いことから、別名「スピード融資」と呼ばれることがあります。

 

ただ、消費者金融のスピード融資(またはスピード審査)は、申込者の属性を精査するのが難しいという理由で、可決額が「やや少なめ」なので注意が必要です。

 

消費者金融カードローンは、初回融資枠は「少なめ」に設定される

 

消費者金融カードローンで「初めて契約」する場合、融資額(=融資枠)は少なめに設定されます。このため、初回から50万円を超える融資は難しいのが現状です。

 

また即日融資の場合は「30万円〜50万円」が限度です。これより大きな融資を受けるのであれば、所得証明書を提出するか、2〜3営業日じっくり時間を掛けて審査を受けるかのどちらかになります。

 

ただし審査が速くても、ファクタリングのように「可決額が大きな」方法も例外としてあります。ファクタリングは融資では無く「売り掛けを買い取る」方法なので、審査で重視されるのは「売り掛け先の経営状況」となります。このためカードローンなどの融資審査に比べて審査が速く、よりスムーズに高額な資金が調達できるのです。

 

ファクタリングや、その他「即日融資」の詳細については、本記事の中盤で解説したいと思います。

 

参考:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

▊ 即日融資の種類は、大きく分けて5つ!

 

即日融資と聞いて「消費者金融」を思い浮かべる方も多いのですが、即日融資の方法は一つではありません。即日融資は、大きく分けて5つの種類があります。

 

即日融資の種類
① 消費者金融カードローン
② 銀行カードローン
③ クレジットカード
④ ビジネスローン
⑤ ファクタリング

 

最も良く知られているのは、①の消費者金融カードローンと②の銀行カードローンです。

 

③のクレジットカードは、通常「一週間前後」の時間が掛かるのですが、一部例外として、セゾンカードやACマスターカードのように、即日発行できるクレジットカードもあります。

 

④のビジネスローンは、銀行のほか、事業融資を専門に扱う一部金融業者で取り扱いがあり。一部は「即日融資」にも対応しています。

 

ただし、利息が低く信頼性の高いビジネスローンについては「2〜3営業日」を目安に融資を実施しています。このためビジネスローンを利用される方は、できるだけ時間に余裕を持って申し込まれた方が(今後の利用を考える上でも)良いでしょう。

 

⑤のファクタリングは、最短即日〜翌営業日に1,000万円の資金が調達できるなど、経営者や個人事業主の間で人気が高い方法です。ファクタリングは、④のビジネスローンよりも審査が速く「高額な資金が調達」できるとあって、業界内での評価も高いです。

 

なお①〜⑤の各即日融資の詳細については、次項で詳しく解説しましょう。

 

① 消費者金融カードローン

 

消費者金融カードローンは、CM等でもお馴染みの融資サービスであり、個人から事業主まで幅広い方が利用しています。

 

消費者金融カードローンは、小口融資が基本

 

消費者金融カードローンは小口融資が基本であり、どんなに融資額が大きなローンでも「最高300万円〜500万円」が限度となっています。

 

消費者金融(しょうひしゃきんゆう、英: Consumer lending)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことがある。

出典:Wikipedia「消費者金融」より

 

消費者金融と闇金融を混同している方も多いのですが、消費者金融の多くは銀行の傘下(=子会社として経営を行う)に入っており、銀行系列以外の消費者金融(例:アイフル)についても、大手であれば銀行との繋がりが強く「安全かつ信頼性の高い」取引が行えます。

 

また、常に安全な取引をするのなら、財務省や各都道府県に「貸金業者として登録を行っているか」チェックすれば簡単です。

 

現在、消費者金融を営む貸金業者は、財務局や知事へ申請し、登録番号をもらうことが法律で定められており、実際に利用する際には「登録業者」であることを確認することが必要です。(ヤミ金からは絶対に借りてはいけない)

出典:iFinance「消費者金融」より抜粋

 

消費者金融は、個人の「返済能力と返済の意思」により融資を決定します。返済能力は、現在の所得状況や資産、他社での借り入れ状況のほか、過去のカードローン利用の履歴などを見て総合的に判断されます。

 

消費者金融は、消費者(個人)の信用(返済能力や返済意思等)を担保として、個人に直接融資(金銭の貸し付け)を行うサービスをいいます。これは、ノンバンク(貸金業者)による「消費者への小口の無担保融資」を指すことが多く、主な特徴として、即時審査、多様な申込方法、多様な返済方法、リボルビング方式(利用者の信用力に応じて、予め借入限度額を設定し、その限度額の範囲内であれば自由に利用できる方式)、自由返済システムなどが挙げられます。

出典:iFinance「消費者金融」より抜粋

 

また消費者金融だけでなく、クレジットカード、ビジネスローン等、すべての融資は「個人信用情報」に基づき審査が行われます。

 

あなたも自分の信用情報を確認できる
クレジットカードの返済履歴(クレジットヒストリー)が個人の信用格付の基準になりつつあるといわれます。その履歴は個人信用情報センターに蓄積されています。

出典:All Aboutマネー「クレジットヒストリーはここをみられる!」より抜粋

 

このように審査結果が気になる方は、上記の記事を参考に「クレジットヒストリーを確認」することから始めてみましょう。なお、即日融資で審査を通すコツについては、本記事の後半で徹底解説していきます。

 

消費者金融カードローンのメリット・デメリット

 

消費者金融カードローンのメリットとデメリットは、以下の通りです。

 

消費者金融カードローンのメリット

 

消費者金融カードローンのメリットは「即日融資に強い」という点です。最近では、銀行カードローンも「即日融資対応」できるようになりましたが(確率で言えば)消費者金融カードローンの方が「即日融資に強い」と言い切ることができます。

 

また消費者金融カードローンは、コンビニや提携する銀行ATMの数が多いほか「ほぼ100%」のカードローン会社が、ネットでのキャッシングや返済にも対応しているので便利です。

 

消費者金融カードローンのデメリット

 

消費者金融カードローンのデメリットは、銀行や信販会社が「消費者金融の利用を嫌う傾向が強い」という点です。実際に銀行で住宅ローンを組んだり、各種ローンを利用する場合、消費者金融の利用がネック(=審査でマイナスに働く)となります。

 

また、ステイタスの高いクレジットカードに申込をする場合にも、消費者金融カードローンの利用が「審査に悪い影響」を与えることがあります。このため、消費者金融カードローンを利用する場合は「他の審査に影響すること」を覚えておく必要があります。

 

ただ最近は、多くの消費者金融が銀行の子会社として経営を行っており、10年前や5年前に比べると遙かに「審査にマイナスの影響を与える」ことが少なくなりました。

 

「消費者金融カードローンの利用」が気になる方は、銀行との繋がりが強いカードローンを利用してください。次項では、人気が高く安全に利用できる消費者金融カードローンを5つ紹介しておきます。

 

口コミ評価が高い、人気の消費者金融カードローン5選

 

口コミ評価が高い、人気の消費者金融カードローン(安全に利用できるローン)は以下の通りです。

 

口コミ評価が高い消費者金融カードローン5選
・ モビット
・ プロミス
・ アコム
・ アイフル
・ ノーローン

 

手軽にフリーキャッシング(使途自由なローン)を利用されやい方は、消費者金融カードローンを利用されると良いでしょう。また、以下のページでも別途、即日融資が受けられるカードローンについて詳しく解説しています。

 

参考記事:カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる

 

② 銀行カードローン

 

銀行カードローンは、銀行が直接融資を行うカードローンを指します。また。銀行カードローンは総量規制の対象外となっており、既に「年収の3分の1」以上の融資があっても(原則)新たな契約が結べます。

 

銀行カードローンは、即日融資に対応するようになった!

 

銀行では「即日融資に対応」するところが増えてきています。従来の銀行ローンでは「審査だけで2〜3営業日」の時間が掛かりました。しかし、消費者金融を子会社に持つ大手銀行は、子会社のノウハウを活かし、即日融資できるようになったのです。

 

消費者金融を子会社に持つ大手銀行の例

 

消費者金融を子会社に持つ大手銀行の例を2つ紹介しましょう。CMでもおなじみ三井住友銀行系列には、プロミスやモビットがあります。また、三菱東京UFJ銀行には「アコム」など有名なカードローンブランドがあります。銀行カードローンは、こうした子会社の審査方式を取り入れ、より便利でスピーディーな融資を可能としました。

 

三菱東京UFJ銀行(バンクイック)画像:三菱東京UFJ銀行・カードローン(バンクイック)

 

銀行ではこのほかにも、自動車ローンや住宅ローン、教育ローンや多目的ローンなどの取り扱いがありますが、フリーキャッシングのように即日融資に対応するローンはありません。即日融資を希望される方は、フリーキャッシングなど「審査が速いローン」を利用してください。

 

補足:レイクは、消費者金融ではなく「銀行カードローン」だった!

 

(間違える方が多いのですが)新生銀行レイクは消費者金融ではなく、銀行のカードローンブランドです。レイクと言えば、元々「ほのぼのレイク」のCMで知られる老舗・消費者金融会社だったのですが、2011年より新生銀行のカードローンブランド(銀行カードローン)へと生まれ変わりました。

 

銀行カードローンのメリット・デメリット

 

銀行カードローンのメリットとデメリットは、以下の通りです。

 

銀行カードローンのメリット

 

銀行カードローン最大のメリットは「誰もが安心して利用」できるという点です。もちろん、ノンバンクと言われる銀行以外の金融業者(消費者金融、信販会社、その他金融業者)でも信頼性の高い融資を行っていますが、世間的に「銀行=信頼の証」と見られる傾向は、昔から根強く残っています。

 

また「銀行で融資が受けられる」ということは、信頼できる利用者であり、返済能力の高さを表す(一種の)ステイタスとなっています。経営者の場合も同様で、銀行で事業融資が受けられるということは「会社として信頼されている証」として広く認知されています。

 

このほか、銀行からの融資は「総量規制の対象外」となっています。フリーキャッシングはもちろん、住宅ローンやその他融資もすべて、年収の制限を受けること無く融資が受けられます。

 

銀行カードローンのデメリット

 

前述の「総量規制の対象外」について補足しておきますが、年収の制限が無いとは言え(銀行で)無限に融資が受けられる訳ではありません。銀行の側でも一定の「貸付の上限」を設けており、所得と比較し「無理のない範囲内」で貸付条件を決定しています。

 

実際に、銀行カードローンの利用枠は「年収の3分の1」前後になることが多く、消費者金融と利用枠の条件はほぼ同じです。また、消費者金融や専門の業者(=ビジネスローンを扱う金融業者など)と比べると、銀行の審査は「ややハードルが高い」のが現状です。

 

このため銀行の「ローン審査が通過するかどうか」不安な方は、子会社である、銀行系消費者金融を利用するケースが多いです。

 

口コミ評価が高い銀行カードローン20選

 

銀行カードローンの数は、消費者金融、信販会社と比べても圧倒的に多いです。ここで、利用者の間で「口コミ評価が高い銀行カードローン」を20社ほど厳選して紹介したいと思います。

 

口コミ評価が高い銀行カードローン20選
・ 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・ 三井住友銀行カードローン
・ 新生銀行カードローン「レイク」
・ オリックス銀行カードローン
・ 楽天銀行スーパーローン
・ イオン銀行カードローンBIG
・ 住信SBIネット銀行「Mr. カードローン」
・ みずほ銀行カードローン「コンフォートプラン」
・ ソニー銀行カードローン
・ りそな銀行「りそなクイックカードローン」
・ ジャパンネット銀行カードローン「ネットキャッシング」
・ 横浜銀行カードローン
・ じぶん銀行カードローン「じぶんローン」
・ 東京スター銀行「スターカードローン」
・ セブン銀行カードローン
・ 北洋銀行「スーパーアルカ」
・ 千葉銀行カードローン「クイックパワー アドバンス」 
・ 東京都民銀行「Webカードローン」
・ スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
・ 十八銀行カードローン

 

いかがでしょうか? 口コミでのランキングを見ると、日本を代表するメガバンクをはじめ、都市銀行、地方銀行のほか、最近ではネット銀行(ネットバンキング)のカードローンにも人気が集まっています。

 

ネット銀行の良さは、審査の速さだけでなく、全ての申込が「オンライン上で完結する」という点にあります。

 

なお、ここで取り上げたのは数ある銀行カードローンの「ほんの一部」に過ぎません。以下のページでは、より詳しく全国のメガバンク、都市銀行、地方銀行、ネット銀行の人気カードローンを徹底解説しています。銀行カードローンの利用を希望される方は、ぜひ本記事と合わせて(以下のサイトを)チェックしてみてください。

 

参考サイト:銀行カードローン人気ランキング(資金調達プロ)

 

③ クレジットカード

 

クレジットカードでも即日キャッシングが利用できます。取り扱い数は少ないですが、当日発行できるカードなら「即日融資」が利用できます。

 

クレジットカードのメリット・デメリット

 

クレジットカードで即日融資を受けるメリットとデメリットについて説明します。

 

クレジットカードのメリット

 

クレジットカードは、使える場所や機会が多いという点にが大きいです。クレジットカードが一枚あれば、キャッシングに限らず、ショッピングにも利用できます。また、国内はもとより海外でも使用できるので「利便性が高い」サービスと言えるでしょう。

 

旅行中で現金が足りなくなった場合の海外キャッシングサービス
世界主要都市の空港や銀行のATMにて、国内と同様の操作ですぐに現金を引き出すことができます。現地通貨を引き出せるため、両替の手間はかかりません。海外旅行で現地通貨が足りなくなっても安心!海外のATM/CDで現地通貨を引き出せます。面倒な両替の手間がかかりません!
参考:楽天カード「海外キャッシング」より一部抜粋

 

また2017年1月4日からは、所得税や贈与税、法人税などの国税も、クレジットカードによって支払えるようになりました。これまで住民税や固定資産税、自動車税などの「地方税」についてはクレジットカードの支払いが認められていましたが、クレジットカードによる「支払い可能な範囲」は急速な広がりを見せています。

 

所得税や贈与税などが「クレジットカード払い」可能に 注意点は?

インターネットを利用した国税のクレジットカード納付が、2017年1月4日よりスタートした。これまでクレジットカード納税は住民税や固定資産税、自動車税といった地方税に限られていたが、これからは所得税や法人税、贈与税などの国税にも範囲が広がる。
キャッシュレス社会を目指す方策の一環

背景として、政府が掲げる「キャッシュレス決済の推進」がある。内閣官房と各省庁の連名で発表された『キャッシュレス化に向けた方策』によると、政府は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催までに、公共料金を含めたあらゆる支払いの電子化を目指すと明言している。国税のクレジットカード納付はその流れに沿ったものだ。これにより、納付書と現金を携えて金融機関やコンビニエンスストアに出向くのが主な納付方法だった国税が、自宅にいながらのカードでの支払いが可能になる。

出典:ZUU ONLINE:2017年1月19日掲載記事より一部抜粋

 

クレジットカードのデメリット

 

クレジットカードでキャッシングをするデメリットは「利息が高い」という点です。例えば、セゾンカードでキャッシング利息は12.0% ~18.0%(実質年率)です。三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の利息が1.8% 〜14.6%(実質年率)という数字なのを見ると、クレジットカードの利息が「いかに高いか」が良く分かるかと思います。

 

口コミ評価が高いクレジットカード

 

即日融資できるクレジットカードの種類は多くありません。2017年1月の時点で、即日発行できるクレジットカードは以下の二種類に限定されています。

 

口コミ評価が高いクレジットカード
・ ACマスターカード(アコム)
・ セゾンカード(クレディセゾン)

 

ACマスターカードは、三菱UFJフィナンシャルグループ「アコム」が発行するクレジットカードで、通常のカード同様、キャッシングやショッピングができます。

 

また、ACマスターカードには「アコムカードローン」が付帯しているのが最大の特徴です(クレジットカードだけでなく、フリーキャッシングをメインに使いたい方にはぴったりのカードと言えるでしょう)。

 

年会費無料、最短即時発行、ご利用明細書の郵送なし(※)! クレジットカード(ACマスターカード)は「カードローン付き」と「ショッピング専用」の2種類からお選び頂けます。

参考:ACマスターカード・アコム公式サイトより

 

西武百貨店やパルコなどでおなじみ、セゾンカードインターナショナルの「セゾンカード」も、一部店舗において即日発行を行っています。

 

セゾンカード公式サイト画像:セゾンカード公式サイトより

 

なおセゾンカードが即日発行できる店舗は、以下のページから検索できます。利用されたい方は「最寄りの店舗が対応しているかどうか」確認してみてください。

 

参考:セゾンカードインターナショナル「即日発行できる店舗一覧」

 

ただし、クレディセゾンの「セゾンカード」は一種類ではありません。以下のような種類があり、これらは全て即日融資に対応しています。

 

即日発行できる「セゾンカード」一覧

・セゾンカードインターナショナル
・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
・セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
・三井ショッピングパークカード《セゾン》
・PARCO カード
・ロフトカード
・ラゾーナ川崎プラザカード《セゾン》
・Tokyo Midtown CARD《セゾン》
・ヤマカタヤカード
・まるひろMクラブカード
・アトレMクラブカード
・リウボウカードセゾン
・コクーンシティカードセゾン
・SMARKカードセゾン
・ サッポロファクトリーカードセゾン

 

参考:「クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる」より抜粋

 

なお、クレジットカードで審査を通すコツについては、以下の記事で徹底解説しています。クレジットカードが今すぐ欲しい方、審査が簡単なクレジットカードをお探しの方は、次の記事を参考にしてみてください。

 

参考記事:クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる 

 

補足:クレジットカードにもキャッシングできないカードがある

 

クレジットカードにもキャッシングできないカードがあるので注意が必要です。

 

例えば、アメリカン・エキスプレス・カードはショッピング専用となっており、キャッシングは利用できません(※ アメリカンエキスプレスカードでも、以前は少額キャッシングサービスも利用できたが、現在は同サービスを行っていない)。

 

このほかクレジットカードにはキャッシングできない「ショッピング専用カード」があるなど『全てのクレジットカードが借入できる訳では無い』ので気をつけましょう。

 

④ ビジネスローン(事業融資)

 

ビジネスローンは、事業目的でお金を必要な個人事業主や会社経営者に融資を行います。

 

ビジネスローンとは?

ビジネスローンは、別名「事業融資」と呼ばれており、事業性のある目的に対してのみ利用できます。また、一部の金融業者では「事業費と生計費の両方に使える」ローンも取り扱っています。個人事業主の方は、生計費と事業費が併用できる「ビジネスローン」を利用すれば便利です。
(中略)事業融資は銀行のほか、信販会社(クレジットカードを発行する企業)や消費者金融で取り扱いがあります。
一方で、ノンバンク系の事業融資は「ビジネスローン」と呼んで区別することが多いです。ノンバンクは預金業務を行わない金融機関を指し、信販会社や消費者金融は、どちらも「ノンバンク」として経営を行っています。また、ビジネスローンを専門に扱う金融業者(ノンバンク)も別に存在します。

出典:ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ

 

ビジネスローンの中には、一般的な事業融資だけでなく、専用のキャッシュカードを発行し「より柔軟に事業費用が調達できるよう」融資を行うローンもあります。

 

※ このほか、ビジネス専用クレジットカードを利用し、事業費用を借入る(=キャッシングをする)こともできます。

 

ビジネスローンの審査は、経営者にとって嬉しいメリットがいっぱい

 

ビジネスローンは、会社の経営状況だけでなく今後の事業計画なども合わせて融資結果が決定されます。このため、赤字決済や税金が未納の状況でも審査が通ることも少なくなりません。

 

通常ビジネスローンを生計費として使うことはできません(=生計費での利用は認められていない)。ビジネスローンは、主に事業の運転資金や設備投資、つなぎ資金として利用されます。

 

ただし、以下プロミスの「自営者カードローン」のように、生計費と事業費の併用を認めたローンも例外として存在します。

 

自営者カードローンの内容(プロミス)
ご融資額     300万円まで
ご契約額     お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式     単一金利
借入利率     6.3%~17.8%(実質年率)
遅延利率     20.0%(実質年率)
返済方式     残高スライド元利定額返済方式
ご返済期間・ご返済回数     最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
お申込みいただける方     年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
資金使途     生計費および事業費に限ります。
担保・保証人     不要

出典:自営者カードローン(プロミス)より抜粋

 

また(上記)プロミス「自営者カードローン」についても、総量規制の対象外で融資が受けられます。事業資金が総量規制の対象外となっている理由については以下の記事が参考になります。

 

2010年6月18日、改正貸金業法が完全施行になり、総量規制が始まりました。個人がお金を借りられる上限を年収の3分の1まで、と定めた規制です。これまでに貸金業者を利用している人の中には、すでにこの規制にかかってしまっている人も多く、実質貸し金業者は貸し出しできる件数が減り、仕事が減ってしまっている状態です。
そこでなぜ個人事業者がターゲットになるのかというと、個人事業者は総量規制の「例外」としてみなされ、年収の3分の1を超えていても返済能力があると判断されればお金を借りることが認められているのです。総量規制外ということなのです。

出典:All Aboutマネー・個人事業主の借入は「総量規制外」が可能より抜粋

 

個人事業主の方、会社経営者の方は総量規制の対象外である、便利なビジネスローンを利用しましょう。

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

 

引き続き、ビジネスローンのメリットとデメリットについて解説しておきます。

 

ビジネスローンのメリット

 

ビジネスローン最大のメリットは「総量規制の対象外」という点にあります。(前項でも説明した通り)事業目的の融資に関しては、年収の制限がなく「総量規制の対象外」として融資が受けられます。

 

ビジネスローンのデメリット

 

ビジネスローンのデメリットは、使途が限られる点です。どのビジネスローンも「事業性のある使途」のため融資が実施されます。もちろん、プロミス自営者カードローンのような例外も一部ありますが、大抵のビジネスローンは、生計費と事業費の併用は認めていません。

 

同様にフリーキャッシングなどを事業性のある目的に使うことは禁じられています(※ ただし、プロミスのフリーキャッシングは例外)。ビジネス目的であればビジネスローン、生計費への使用をメインにする場合はフリーキャッシングと、カードローンを上手に使い分ける必要があります。

 

また、ビジネスローンは即日融資に対応しているところが少ないので、申込前には「審査が何日掛かるのか」確認しておく必要があります。

 

口コミ評価が高いビジネスローン5選

 

ここで、経営者の間で口コミ評価が高いビジネスローンを5つ紹介しておきましょう。「融資実施までの手続きが早いローン」を厳選したのですが(以下の表を参照)①〜⑤の中で即日融資ができるのは、①のオリックスVIPローンカードBUSINESSだけです。

 

最短60分で審査回答!
来店不要でご契約が完了いたします。※ 平日14:30までにご契約内容の同意手続をしていただいた場合、当日のお振込みによるご融資が可能です。

POINTお申込みから最短60分で審査回答
※ 審査結果のご連絡は平日9時~19時までとなります。
※ お申込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌営業日以降になる場合があります。

出典:オリックスVIPローンカードBUSINESS公式サイトより

 

⑤のCREST for Bizも「入会後即日融資可能」としていますが、審査通過〜カード発行までに最短3〜4営業日の日数が掛かるので注意しましょう。

 

ただし、③のビジネスパートナーの「スモールビジネスローン」は、最短翌営業日には融資が実施されます。融資をお急ぎの方は、①か③のビジネスパートナー「スモールビジネスローン」もしくは口コミ評価が高いオリックスVIPローンカードBUSINESSを利用されるケースが多いです。

 

口コミ評価が高いビジネスローン5選
① オリックスVIPローンカードBUSINESS
② ビジネクスト(事業者向けビジネスローン)
③ ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
④ ビジネスエール500(日本保証)
⑤ CREST for Biz(個人事業者専用ローン)オリコ

 

本サイトのユーザーは「個人事業主や経営者の方」が多いため、①〜⑤のビジネスローンについて、簡単な補足を付け加えておきます。

 

① オリックスVIPローンカードBUSINESS

 

オリックスVIPローンカードBUSINESSは、2016年の冬に新しくリリースされたビジネスローンです。実質年率は6.0%〜17.8%で、最高800万円の融資に対応しています。また、WEB完結方式(ネットからの申込)については、最短即日融資ができるので大変便利です。

 

オリックスVIPローンカードBUSINESS

画像:オリックスVIPローンカードBUSINESS(オリックスクレジット株式会社)

 

なお「オリックスVIPローンカードビジネス」で審査を通すポイントについては、以下の記事を参照してください。

 

参考記事:オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント 

 

② ビジネクスト(事業者向けビジネスローン)

 

ビジネクスト(事業者向けビジネスローン)は、最短3営業日で可決、最大1,000万円の融資を実施しています。個人事業主の方をメインに融資していますが、中小企業経営者の間でも「運転資金やつなぎ融資として使いやすい」という理由で人気があります。

 

ビジネクスト株式会社(ビジネスローン)

画像:Businext(ビジネクスト)公式サイト

 

ビジネクスト(事業者向けビジネスローン)の融資額は50万円から最高1,000万円まで対応しており、用途に合わせて「必要な資金」が調達できます。また100万円以上の融資は8.0%~15.0%(実質年率)の利息となり、100万円以下の融資には13.0%~18.0%の利息が適用されます。

 

なお、ビジネクストで審査を通すポイントについては、以下の記事を参照してください。

 

参考記事:ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

 

③ ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

 

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」は個人事業主の人気が高く、赤字決済でも審査が通りやすいという理由で評判です。

 

ここでは50万円〜最高500万円の融資が受けられます。利息は9.98%〜18.0%(実質年率)と低金利で利用できるほか、担保や保証人無しで必要な融資が受けられます。

 

なお、ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」で審査を通すポイントについては、以下の記事が参考になります。

 

参考記事:ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント 

 

④ ビジネスエール500(日本保証)

 

日本保証の「ビジネスエール500」は、最高500万円まで、年9.8%〜18.0%の実質年率で融資を行っています。また審査結果は「最短即日」となっており、融資は申込後2〜3営業日内に実施されるなど、お急ぎの方にオススメのビジネスローンとなっています。

 

参考:ビジネスエール500(日本保証)

 

⑤ CREST for Biz(個人事業者専用ローン)オリコ

 

オリコのCREST for Biz(個人事業者専用ローン)は、クレジットカード(信販会社)のオリコが発行する、ビジネス専用カードローンの名称です。

 

融資は最高300万円まで。金利は6.0%~18.0%ですが、キャンペーン時には「最大2.0%」の金利優遇が実施されます。また、全国173,000台のATMやCD機が使えるなど、提携先の多さもCREST for Bizの魅力となっています。

 

参考:CREST for Biz(オリコカード)

 

その他、オススメのビジネスローンについて

 

なお、ビジネスローンについては以下の記事で詳しく解説しています。事業融資やビジネスローンの利用をお考えの方は、ぜひ本記事と合わせてご覧になってみてください。

 

参考記事:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

 

⑤ ファクタリング(売掛金を現金化する方法)

 

ファクタリングは、ここまで紹介した融資とは違います。(ファクタリングは)業者に売掛金を買い取ってもらうことで「現金が受け取れる」便利な方法を指します。

 

ファクタリングとは、企業様が保有している売掛金をファクタリング会社が企業様に対して償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、企業様に資金を提供する仕組みです。 分かりやすくご説明すると、企業様が保有する売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 売掛先企業様の支払サイトの期日前にお支払いする仕組みです。

出典:「ファクタリングについて」ワダツミ株式会社

 

ファクタリングのメリット・デメリット

 

次に、ファクタリングのメリットとデメリットについて解説しましょう。

 

ファクタリングのメリット

 

ファクタリングのメリットは、今後の金融機関の審査(個人信用情報)に影響なく、安全に資金調達できるという点です。ファクタリングは通常の融資とは違い、負債ではありません。このため決算書にも影響なく「必要な資金」が今すぐ手に入ります。

 

このほか「売掛金さえあれば、いつでも現金が調達できる」ので、キャッシュフローの早期改善にも役立ち、銀行やその他金融機関での審査にも「良い影響」が与えられます。実際に、ファクタリングを利用して資金繰りを改善し「銀行融資に成功」した経営者や事業者は多いです。

 

ファクタリングのデメリット

 

ファクタリングのデメリットは、支払いに代行手数料が必要な点です。手数料は利用する業者やサービスによって異なりますが、手数料の相場は平均20%~25%となっています。もちろんこれよりも「低い手数料」で売掛金を買い取ってくれる業者もあるので、各業者をよく比較する必要があります。

 

口コミ評価が高い「優良ファクタリング業者」の見つけ方

 

良いファクタリング業者は、実際に「ファクタリングを利用した」人の口コミや評価を参考に見つけてください。また、事業資金に関する専門のサイト(資金調達のポータルサイト等)を参考にすれば、初めての方でも失敗することなく、簡単にファクタリングが利用できます。

 

なお、ファクタリングの詳しい概要については、以下の記事が役に立ちます。

 

参考記事:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説! 

 

また、ファクタリングの「業者選び」でお困りの方は、以下のフォームから「自分にふさわしいファクタリング業者」が検索できます。ファクタリングに興味のある方は、ここから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行ってみてください。

 

売掛金があれば、最短1日で資金調達できます。また銀行や消費者金融カードローンの審査とは異なり、売り掛け先の経営状況で審査が決定される等、審査のハードルも低いので安心です。

 

このほか、ファクタリングは「返済の必要」が無いので、今後の負担も最小限に抑えられるなど、資金繰りの改善には最良の方法です。

 

その他、今日中にお金を手に入れる方法

 

大きな金額ではありませんが1万円〜100万円といった金額であれば、当日〜数日以内に用意することは十分可能です。以下に今すぐお金を作る方法をまとめてみました。事業資金はもちろん「生計費が足りない方」は、以下の方法でお金を手にしてください。

 

参考記事①:今すぐお金を作る30の方法!お金がないピンチなあなたも1万円~100万円手に入れる方法まとめ

 

給料日までお金がない。お金がピンチで困った。お金がほしい、助けてほしい・・・。
そんなあなたでも大丈夫!今すぐお金が必要、今日中にお金が無いとピンチ…!! という方のために、本記事では「今すぐお金が作れる」30の方法をご紹介します!

出典:今すぐお金を作る30の方法!お金がないピンチなあなたも1万円~100万円手に入れる方法まとめ

 

このほかにも副業でお金を稼ぐ方法、お金を増やす方法、お金が増える習慣について以下の記事で徹底解説しています。

 

突然ですが、 皆さんはお金が欲しいですか?  本記事ではお金がグングン増える30の習慣と行動について詳しく解説しましょう。ここでのトピックは、お金がなくて困っている方はもちろん、お金はあるが「もっとお金持ちになりたい方」にもオススメできる内容です。

出典:お金が欲しい!あなたのお金が今日からグングン増える30の習慣と行動

 

参考記事②:お金を稼ぐ方法ベスト30!あなたも短期で確実に稼げる&カンタンネット副業でお金儲けが出来る

参考記事③:お金がない?金欠のあなたも今すぐできる30のラクラク解決法!

参考記事④:お金が欲しい!あなたのお金が今日からグングン増える30の習慣と行動

 

▊ 即日融資の審査を通す5つのコツ!

 

即日融資の審査を通すコツについてまとめてみました。以下の方法を実践すれば、非常に高い確率で即日融資が受けられます。

 

即日融資の審査を通す5つのコツ!
① 審査難易度を知って、自分に合うローンを利用する
② インターネットで申込を行う
③ 年収にあった金額(融資希望額)を記入する
④ 必要な書類はすべて最初に揃えておく
⑤ 電話審査での受け答えをシミュレーションしておく

 

①〜⑤について、順に解説しておきましょう。

 

① 審査難易度を知って、自分に合うローンを利用する

 

即日融資の種類は、星の数ほど存在します。特に銀行や消費者金融ローンの種類は多く、それぞれの特徴を知らなければ「自分に合うローン」が見つかりません。即日融資で失敗をしないためには、自分に合うローンはもちろん審査難易度が難し過ぎないローンを利用しましょう。

 

どんなに低金利で魅力あるローンでも「審査難易度」が厳しすぎると融資が受けられなくなります。いくつかのローンを比較し「審査がやさしい」サービスを利用してください。

 

※ 審査の難易度については、本記事の後半で詳しく説明します。

 

② インターネットで申込を行う

 

即日融資を確実に受けるには、ネット経由で申込をすることです。ローンによって、郵送や電話・FAX申込、店舗受付等の方法もありますが、最も手続きが簡単で作業がスムーズなのは「インターネット申込」と断言できます。

 

ネット申込は年中無休、24時間受付可能

 

ネット申込であれば「365日/24時間」年中無休で、好きな時間に手続きが行えるので便利です。もちろん、カード発行のあるローンやクレジットカード、その他融資については「来店でカードを受け取る」必要がありますが、最近ではカード発行が無い便利なローンや、スピード審査、数時間で対応できる資金調達の仕組みが整っています。

 

ネット申込の方法(即日融資)

 

まずは、お手持ちのスマートフォンやパソコンから申込をしてみましょう。審査は(各業者の)営業日に合わせて実施されますが、最短30分程度で審査が終わり、1時間程で契約完了するサービスもあるので快適です。

 

③ 年収にあった金額(融資希望額)を記入する

 

ローンや融資、その他資金調達のサービスを申し込む際には、年収や所得に見合った金額を「融資希望額」として記入してください。例えば年収が300万円にも関わらず、1,000万円を超えるような「高額融資」は審査を通すのが難しくなります…。

 

また消費者金融や信販会社のように「総量規制の対象」となる融資は、年収の3分の1を超える貸付ができません。もし、1,000万円以上の資金調達を望むのであれば、ファクタリングのように審査が簡単で、売掛金が買取ってもらえるサービスを利用しましょう。

 

ファクタリングであれば所得に関係なく「売掛金を現金化する方法」なので、個人信用情報にも影響なく(短期間で)高額な資金調達が可能です。

 

④ 必要な書類はすべて最初に揃えておく

 

審査に必要な書類は、最初に揃えておくと安心です。後になって、収入証明書が無いと慌ててしまったり、身分証明書の期限が切れていた…等。書類に不備があると、その分手続きが遅くなります。このため審査に必要な書類は、前もって準備をしておいてください。

 

※ 各ローンや資金調達に必要な書類は、本記事の後半で詳しく解説しています。

 

⑤ 電話審査での受け答えをシミュレーションしておく

 

電話審査では「申込内容の確認」が行われます。ここでは「申込内容に間違いが無いかどうか」チェックされるのですが、もし(先に申し込んだ)内容と相違があると「虚偽の申込をしたのでは?」と疑われてしまい、審査が通りにくなります。

 

このため「電話審査を受ける前」には、申込内容に間違いがないかどうか確認を行います。また、電話審査前に間違いが見つかった場合は、自ら「どの点に間違いがあったのか」申告をしてください。

 

電話審査が苦手な方も多いのですが、事前に「スムーズに話せるよう」シミュレーションをしておくと安心です。緊張しやすい方は、手元に、資金の使い道や申込内容をまとめたメモを準備しておくと良いでしょう。

 

電話による、職場への在籍確認

 

「一般にお勤めの方」が融資を受ける場合、職場への在籍確認が行われます。また、個人事業主や会社経営者の方については、記載した会社やオフィスに電話が入ります。

 

電話はすぐに出られるよう、申込の当日は(※ 留守電にならないよう)注意深く待っておいてください。万が一電話に出られなかった場合や、着信が入っていた場合は、こちらから電話を掛けても構いません。即日融資を受けられる方は、できる限り手続きが遅れないよう、電話連絡はスムーズに行えるようにしましょう。

 

▊ 即日融資の申込み方法(WEB完結・インターネット申込など)

 

即日融資の申込は、WEB完結と呼ばれるネットでの申込、電話、来店での方法が利用できます。もちろん郵送やFAXなどでも受付ている場合がありますが、郵送の場合は(相手が書類を)受け取るまで数日掛かるので、即日融資は受けられません。

 

またFAXの場合も「相手が受信できているかどうか」分からないので、あまりおすすめはできません。即日融資を100%可能にしたい方は、以下にあるネットでの申込か、電話、来店での申込を選択してください。

 

即日融資の申込み方法
① WEB完結(インターネット申込)
② 電話申込(フリーダイヤル)
③ 来店申込(本店・支店・自動契約機での手続き)

 

①〜③について、少し補足を加えておきます。

 

① WEB完結(インターネット申込)

 

申込から審査後の融資まで、すべてネットだけで完結する方法を「WEB完結」と呼んでいます。WEB完結は、銀行カードローンのほか、消費者金融、ビジネスローン専門の業者、ファクタリング業者でも取り扱いがあります。

 

② 電話申込(フリーダイヤル)

 

どの金融業者も、電話で融資の受付を行っています。また、多くの電話受付はフリーダイヤル(通話料無料)で利用できます。ただし、一部のネット銀行では「ネット受付のみ」としていることもあるので気をつけてください。

 

③ 来店申込(本店・支店・自動契約機での手続き)

 

実店舗を持つ金融機関や業者であれば、来店での申込を受け付けています。また、消費者金融や一部銀行では、無人契約機(自動契約機)でも審査やカード発行を行っています。ファクタリングの場合も、最寄りの支店で直接融資が受けられます。

 

一番手続きが早いのは、ネット申込!

 

①〜③の中で、最も手続きや審査が速いのは、①のWEB完結やネットでの申込です。②の電話申込や来店申込を利用される方も、先にネットで申込を済ませておきましょう。

 

ネット申込であればオンライン上で必要書類がアップロードできるほか、申請も画面上の質問に沿って入力するだけなので、より簡単でスムーズに審査が受けられます。

 

▊ 即日融資・申込に必要な書類

 

即日融資に必要な書類は、フリーキャッシング、クレジットカード、ビジネスローン(事業融資)など、それぞれのサービスによって異なります。

 

フリーキャッシングの申込に必要な書類

 

使途自由なローン「フリーキャッシング」の申込に必要な書類は、次の通りです。

 

フリーキャッシングの申込に必要な書類
① 本人確認書類
② 収入証明書(所得証明書)

 

①と②について簡単に解説しておきます。

 

① 本人確認書類(申込者本人かどうか、確認するための書類)

 

申込をした本人かどうか確認をするため、本人確認書類が必要になります。一般的には以下の書類を使って「身分証明」が行われます。

 

・ 運転免許証(記載事項がある場合は、両面を提出)

・ 健康保険証(カードタイプの場合は、両面を提出)

・ 住民票(発行より半年以内のもの)

・ パスポート(写真が掲載されたページ、裏面の住所が分かる部分も合わせて提出)

 

これらの身分証明書はいずれか一通の写し(コピー)で構いません。申込者が分かるよう、氏名、性年月日、現住所等を確認するために(身分証明書の写しが)使用されます。

 

なお、パスポートを利用される方は「住所欄」を自分で書き込む必要があるので注意してください。

 

所持人記入欄は、旅券所持人の氏名や現住所等を任意で記入する欄ですので、住所が変更になった際に以前の住所を二重線で消した上で、欄内に新たな住所を書くことができます。ただし、所持人記入欄がいっぱいになったからといって、査証欄等の他のページに住所等を記載することは控えてください。

出典:外務省「パスポートに関するよくある質問」

 

② 収入証明書(所得証明書)

 

即日融資を利用する場合、審査結果や貸付条件によっては、以下の「所得証明書」が必要になります。

 

・ 給与明細

・ 賞与明細

・ 源泉徴収票

・ 確定申告書

・ 課税(所得)証明書

・ 税額通知書

 

もちろん全てではなく、上記のうちいずれか一通の書類(コピー)があればOKです。キャッシングの希望額が大きな方、他社での借り入れ件数が多い方は、所得証明書が必要になるので注意しましょう。

 

また個人事業主や経営者の方は、必ず所得証明書が必要になります。

 

クレジットカードの申込に必要な書類

 

クレジットカードの申込に必要な書類は、以下の通りです。

 

クレジットカードの申込に必要な書類
① 本人確認書類
② 収入証明書(所得証明書)

 

本人確認書類については、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票のいずれか一通(コピー)を用意してください。クレジットカードは基本的に収入証明書(=所得証明書)が不要です。キャッシングを利用される方は所得証明書が必要なケースもあるので、事前に用意しておかれると安心です。

 

※ ①と②の詳細は、前項「カードローンに必要な書類」を参照してください。

 

ビジネスローン(事業融資)の申込に必要な書類

 

ビジネスローン(事業融資)の申込に必要な書類は、次の通りです。

 

ビジネスローン(事業融資)の申込に必要な書類
① 本人確認書類
② 収入証明書(所得証明書)

 

ビジネスローンの場合も①の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票のいずれか一通)が必要です。なお ①と②の詳細は、本項冒頭にある「カードローンに必要な書類」を参照してください。

 

また、ビジネスローンの場合は必ず収入証明書(所得証明書)が必要になります。

 

・ 給与明細

・ 賞与明細

・ 源泉徴収票

・ 確定申告書

・ 課税(所得)証明書

・ 税額通知書

 

上記のうちいずれか一通、最新の所得証明書(コピー)を用意しましょう。この他、経営者(会社の代表者)がローンを申し込む場合は、別途以下の書類が必要になります。

 

・ 決算書等事業に関する資料
・ 商業登記簿謄本(法人の場合)
・ 印鑑証明書、実印

 

このほか「借入計画書」や「事業計画書」を提出するよう求められることもありますが、ビジネスローンによって「必要な書類」は異なります。審査に際し「どのような書類が必要なのか」事前に確認してから申込を行ってください。

 

現住所と証明書の住所が異なる場合

 

どのローンや資金調達法にも共通するのですが、提出する身分証明書やその他証明書に記載された住所と、現在の住まいが異なる場合は、以下の書類を準備し「現住所の証明」を行います。

 

・ 公共料金の領収書(ガス・水道・電気・固定電話・NHKなど)

・ 納税証明書

・ 社会保険証の領収書

 

いずれか一通の写しで構いませんが、提出する書類は必ず「最新のもの」を用意しましょう(※ 古い書類は受理されないので注意してください)。また公共料金については、スマートフォンや携帯電話の領収書、プロバイダー料の領収書は受理されないので気をつけてください。

 

▊ 即日融資|審査時間は最短30分でOK!

 

即日融資できるカードローンは、審査結果は「最短30分」程度で分かります。特にインターネット経由での申込は手続きが早く、平日の昼14時頃までに全ての手続きが済めば、当日中にキャッシングできるローンがいくつかあります。

 

参考記事:・ 即日融資の審査を通す5つのコツ!あなたも今スグ30万円のお金を借入できる

 

このほか「即日融資の審査時間」については本記事で取り上げたローンや資金調達方法の詳細を参考にしてください。

 

即日融資を受ける時には、審査の難易度を忘れずにチェック!

 

本記事の冒頭でも説明しましたが、審査の難易度は、銀行や信販会社、ビジネスローン専業の金融業者によって異なります。また申し込むローンやクレジットカード、ビジネスローン(事業融資)の種類によって「審査難易度」が違ってきます。即日融資を受ける前に、必ず「審査難易度」を確認しておいてください。

 

なおおさらいとして、各金融業者の「審査難易度」を以下にまとめておきます。また今回は、売掛債権を買い取ってくれるサービス「ファクタリングの審査難易度」も合わせて載せておきます。

 

【各サービスの審査難易度】

・ 信販会社/クレジットカード(審査は厳しい)

・ 銀行(審査は普通〜簡単なところが多い)

・ 消費者金融(審査は甘く、簡単に通る)

・ ビジネスローン専門業者(審査は普通〜簡単なところが多い)

・ ファクタリング業者(審査は簡単なところが多い)

 

審査が不安な方は、消費者金融で融資を受けてみましょう。消費者金融であれば、銀行や信販会社で融資を受けるよりも「審査難易度がゆるやか」なので安心です。

 

参考記事①:カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる 

参考記事②:クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる  

 

また、事業資金を必要とされる方は、審査がやさしいビジネスローンやファクタリングを利用されると良いでしょう。

 

参考記事③:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

 

▊ 経営者が即日「事業資金」を手にする方法は2つ!

 

次に、経営者が即日「事業融資」を受ける方法を2つ紹介しましょう。経営者や個人事業主の方は、ビジネスローンやファクタリングを利用することで、必要な資金が今すぐ調達できます。

 

経営者が即日「事業資金」を手にする方法は2つ!
① ビジネスローン(即日対応)を利用する
② ファクタリング(即日対応)を利用する

 

①と②について、以下で詳しく解説しましょう。

 

① ビジネスローン(即日対応)を利用する

 

経営者や個人事業主の方は、消費者金融やビジネスローン専門の業者を通じ、手軽に融資が受けられます。特に本記事のテーマである「30万円」の融資を受けるのは簡単で(所得証明書を提出すれば)業歴の浅い方でも「100万円〜300万円以上の融資」はスムーズに受けられます。

 

もちろん、銀行でもビジネスローンが受けられますが、メガバンクや都市銀行でのプロパー融資(※ 銀行から直接融資を受けること)は、審査が厳しいので現実的ではありません。プロパー融資を利用される場合は、経営において実績があるか、余程大きな利益を上げていなければ「厳しい」のが現状です。

 

ビジネスローンを利用するのであれば、本記事の中盤で紹介した「口コミ評価の高いビジネスローン」を利用しましょう。これらは審査のハードルも低く、即日融資が受けられるなど多くの利点があります。

 

参考①:ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

参考②:ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント 

 

② ファクタリング(即日対応)を利用する

 

経営者が利用できるのは、ビジネスローンだけに限りません。ファクタリングのように「融資以外の方法」でも資金調達が行えます。ファクタリングは売掛金を現金化する方法なので「1,000万円を超える金額」であっても、最短即日〜翌営業日には事業資金が手に入ります。

 

ファクタリングとはカンタンに言うと、「売掛金を売って最短1日で現金の確保が可能な資金調達方法」のことです。金融機関から融資を断られた経営者に残された「唯一の方法」といっても過言ではありません。難しく言うと、「企業様(あなた)が保有している売掛金をファクタリング会社(ファクター)が企業様に対して償還請求権無しで『完全に買取する』ことにより、売掛先の支払サイトの期日前にお支払いして企業様に資金を提供する仕組みのこと」です。

出典:経営者なら必ず知っておくべきファクタリングでの資金調達とは?手数料や契約内容、融資との違いを徹底解説!

 

もちろんファクタリングサービスだけでなく、①のビジネスローンと併用すれば、資金ショートを起こすことも無く、確実に必要な事業資金が確保できます。特に「審査が通るかどうか不安」な方は、①のビジネスローンと同時に②のファクタリングサービスを利用してみてください。

 

▊ 即日融資で失敗しないコツは3つ!

 

最後に、即日融資で失敗しないコツをまとめてみました。

 

即日融資で失敗しないコツ
① 利用するサービスを慎重に選ぶ
② 利息や手数料が何パーセントになるのか、事前に確認する
③ 審査の難易度を知っておく

 

各項目について、簡単に説明をしておきます。

 

① 利用するサービスを慎重に選ぶ

 

即日融資を申し込む前に「どこが自分に合うのか」利用するサービスを慎重に選んでください。時々「CMで見たから」という安易な理由で申し込む方もいますが、カードローンやファクタリングを利用するなら、少しでも「良い条件で利用できる」業者を見つけるべきです。

 

サービスの利用で損をしないように、必ず複数の業者を比較し「条件に合うところ」で申込をしてください。

 

② 利息や手数料が何パーセントになるのか、事前に確認する

 

これから利用するサービスには、どのくらいの利息や手数料が掛かるのか、事前に確認しておきましょう。確認無しに申し込むと、後で「返済負担が大きく」感じる等のデメリットが生じます。

 

③ 審査の難易度を知っておく

 

利用するサービスは「審査の難易度が低いのか高いのか」事前に調べておいてください。どんなに条件が良いサービスでも、審査に通らなければ元も子もありません。

 

これから即日融資を受けられる方は、これらの①〜③のポイントをクリアした上で申込を行ってください。

 

▊ 番外編:自分のスコアリングを調べてみよう!

 

クレジットカードやカードローン審査は、すべて『クレジットスコアリング』に基づき審査結果を決定しています。

 

クレジットスコアリングとは?

クレジットスコアリングは、「スコアリングシステム」とも呼ばれ、統計的モデル(一定のロジック)に基づいて、個人または企業の信用度を点数化(スコアリング化)し、与信可否を迅速かつ中立的に判断するシステムのことをいいます(中略)。

例えば、クレジットカードにおいては、申込をした顧客の信用度合を判断するため、自動的に統計解析を用いて行う「与信システム」のことを指します。具体的には、カードの入会審査(初期与信)では、顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況等)や個人信用情報機関の個人信用情報を解析してスコアリング化し、またカード発行後の審査(途上与信)では、利用状況や支払状況をスコアリング化します。

出典:iFinance「クレジットスコアリング」より抜粋

 

一般的に「クレジットスコアリングは金融業者しか分からない」と思われがちですが、私たちでも簡単に「自分自身のクレジットスコアリング=信用力」がチェックできます。

 

クレジットスコアリングが分かるSBIホールディングスのマイスコア

 

SBIホールディングスが運営するサイトにmyscore(マイスコア)というサイトがあり、ここでは年齢や所得の状況(年収、職種や勤続年数)のほか、家族構成、他社ローンの状況(借入件数、金額)や過去の借入状況を入力すると、自らのクレジットスコアリングがその場で判明します。

出典:カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる

 

こうしたサービスを利用すれば、簡単な質問に答えるだけで、審査に通るかどうか「より正確な結果」が確認出来ます。もちろん、これらのサービスは匿名で利用できるため、信用情報機関に登録されることもなく、個人情報管理の面でも安心です。

 

信用力の調査画像:信用力診断(クレジットスコアリング)の調べ方

 

審査が不安な方は、マイスコアで得られたデータを元に利用するローンを探してみましょう。以下は、my scoreでクレジットスコアリングが分かるカードローン会社の一例です。

 

my scoreでクレジットスコアリングが分かるカードローン会社
・ オリックス銀行(オリックス銀行カードローン
・ 横浜銀行(横浜銀行カードローン
・ 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
・ 千葉銀行(ちばぎんカードローン「クイックパワー・アドバンス」
・ 中京銀行
・ 関西アーバン銀行
・ 大垣共立銀行
・ 北日本銀行
・ 南都銀行
・ 八千代銀行
・ 静岡中央銀行
・ 滋賀銀行
・ アイフル(消費者金融大手)
・ アコム(三菱東京UFJ銀行系列・三菱UFJフィナンシャルグループ)
・ SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
・ セゾンファンデックス(セゾンカード)
・ 日本保証(ビジネスローン)
・ ビジネクスト(ビジネスローン)
・ 三井住友トラスト・ローン&ファイナンス
・ モビット(三井住友銀行系列)

 

カードローン以外にも「クレジットカードの審査が通るのか」調べることもできるので便利です。また、以下の記事でもカードローン審査を通すコツについて詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

参考記事:カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる

 

▊ まとめ・即日融資は、用途に合わせて使い分けよう!

 

いかがでしたか? 今回は即日融資について徹底解説しました。即日融資はプライベート(フリーキャッシング)のほか、ビジネスにも使える便利なサービスです。

 

また経営者の方、個人事業主の方にはビジネスローンやファクタリングの併用がオススメできます。用途だけでなく、希望する金額に合わせて上手に各サービスを使い分けてみてください。

 

 

合わせて読みたい関連記事

カードローンの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のローンカードを作れる 

楽天カードの審査を通す3つのコツ!申込む前に知るべき審査のポイントとは?

クレジットカードの審査を通す4つのコツ!あなたも限度額100万円のカードを作れる  

ビジネクスト株式会社の評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイン

ビジネスパートナー(ビジネスローン)の評判・口コミ!審査を通す3つのポイント

オリックスVIPローンカードBUSINESSの評判・口コミ!ビジネスローン審査を通す3つのポイント

【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット

おまとめローン20選!100万円以上の借金返済をラクにする借り換え専用カードローンまとめ

お金が欲しい?合法的にお金をもらう30の方法!あなたも今すぐお金をゲット!

・  お金が欲しい!あなたのお金が今日からグングン増える30の習慣と行動

・ 【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向け即日ローン一覧とメリット・デメリット 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

カードローンの関連記事(30件)

1 2 3 4 5 6

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全317件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。
融資検討可能!東京スター・ビジネス・ファイナンス

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ