10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

55歳~65歳以上の方必見「シニア起業家支援資金」を活用し、会社を設立しよう!

最近は、比較的早い時期に会社を退職し「第二の人生」を起業家としてスタートする、シニア世代が増えてきています。

Image via Unsplash

Image via Unsplash

また、国や自治体もシニアの起業を全面的にサポートしています。なぜなら「高齢者社会」が進む中、シニア世代がやりがいを持って働くことは、経済や地域の活性化に繋がるからです。

 

ここでは「シニア起業家支援資金」を活用した、会社設立の方法を紹介したいと思います。55歳~65歳以上の方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

シニア世代が活躍する社会を、国や自治体が応援!

 

国や自治体は、シニア世代が活躍する社会を「起業支援」という形でサポートしています。例えば、日本政策金融公庫では「最高7,200万円」の制度を用意し、特別優遇の利率で事業融資を行っています。

 

中小企業白書(2014年版)によると、起業家の年齢別でもっとも多い層は60歳以上で、起業家約22万3000人の3割超を占める。30年前と比較すると、その割合は約4倍に相当する。支援体制も充実しつつある。日本政策金融公庫ではシニア起業家支援として、55歳以上を対象に特別優遇利率で最大7200万円という融資制度を用意。国や自治体もシニア起業を後押しする補助金制度を、相次いで打ち出している。/出典:産経ニュース「シニア起業が静かなブーム 定年も収入も決めるのは自分だ!」2016年4月28日掲載記事より

 

このように制度が拡大するにしたがって、シニアの間で起業をする人が増えています。また各地方自治体でも(シニアの起業を応援すべく)さまざまな補助金制度を新設しています。

 

経験が強み「シニア起業」 団塊世代退職 国も雇用創出へ支援

会社を退職後に自分で事業を立ち上げる「シニア起業」が盛んだ。現役時代に培った経験や知識、人脈を強みに「第二の人生」のやりがいを見いだし、はつらつと働く。雇用創出を期待して国も後押ししている。/出典:SankeiBiz 2016年5月5日掲載記事より

 

シニアで世代の起業は、利益を追求するよりも「セカンドライフを楽しむ」という目的意識が強く、若者や30代〜40代の起業家にも「ゆとりある経営方針」が、良い影響を与えています。

 

厚生労働省は中高年の起業家が60歳以上を2人か、40歳以上を3人雇った場合に、求人や採用の費用を最大200万円助成する事業を4月から開始。シニア起業と雇用創出の両方を狙う。(中略)意欲旺盛な団塊世代の大量退職もあり、シニア起業は増えている。同公庫によると、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を受け近年急増した太陽光発電事業を除いても、55歳以上への創業融資は2015年度見込みで約2650件と3年間で1.2倍になった。/出典:SankeiBiz 2016年5月5日掲載記事より

 

国や自治体で利用できる「創業資金」の仕組みとは?

 

利用できる「創業資金」は、大きく分けて二種類あります。まず一つ目の『補助金や助成金』と呼ばれる制度は、原則返済が不要な資金として受けとれます。

 

これに対し、政策金融公庫関連の資金は「返済が必要」な制度です。ただ、国の融資制度なので(他の金融機関とは違い)優遇利率が適用されます。また返済の猶予期間もあり、事業が軌道に乗るまでは安心して、新しい事業に専念できるのが特徴です。

 

6ff6f06abd91409354810a8cdebcae40_s

 

このほかにも、返済不要なクラウドファンディングなど、資金調達の方法は豊富に用意されています。実際に(起業で)利用できる資金や補助金の内容については、本記事の後半で解説しましょう。

 

受け取れる限度額と、資金の使い道について

 

融資を受ける場合、借入の限度額には幅があります。融資額の大きな制度であれば、最高7,200万円もの資金が調達できます(例:政策金融公庫)。しかし、一般的な創業資金や補助金であれば「100万円〜200万円」と(受けられる金額は)やや少な目に設定されています。

 

日本政策金融公庫 国民生活事業では、新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方に無担保・無保証人でご利用いただける「新創業融資制度」をお取り扱いしています。/日本政策金融公庫公式サイト「新創業融資制度」より

 

資金の使い道は「起業に必要な資金」が原則ですが、制度によっては「利用できない」項目があるので注意しましょう。例えば、創業補助金であれば、収入印紙代や車の購入費用、役員給与、事業以外に使える設備資金に関しては「補助対象外」としています。各制度が、どのような資金に対応しているのか、必ず確認してから申し込むようにしましょう。

 

シニアの起業は融資が受けやすい

 

シニア世代の起業は「追い風にのって」勢いを増しています。国や自治体だけでなく、IT企業なども積極的に「シニアの企業」をサポートしています。

 

76ba062095dceaf9db7c318451dbbb11_s

 

例えば、大手クラウドファンディングサービスでは、シニア世代でも参加できるプロジェクトを作り、地方での起業を積極的に推進しています(※ 詳細は、記事の後半で解説します)。

 

55歳〜65歳以上の方に「おすすめの資金調達先」

 

ここからは、55歳〜65歳以上の方に「おすすめの資金調達先」を3つ紹介しましょう。

 

55歳〜65歳以上の方に「おすすめの資金調達先」
① 創業補助金
② 政策金融公庫のシニア向け創業資金
③ クラウドファンディングサービス

 

①〜③について、以下で詳しく説明します。

 

① 創業補助金

 

認定されている市町区村のサポートを受けながら、補助金申請ができる制度です。事業計画書(創業計画書)を提出する必要はあるものの、『返済不要な資金』が受け取れ、起業時には「起業資金」として活用できます。

 

平成28年度創業・第二創業促進補助金(公式サイト)より

平成28年度創業・第二創業促進補助金(公式サイト)より

 

補助金の額は、経費の3分の2までと決まっていますが「100万円から、最高200万円」の補助金が受け取れるので大きいです。

 

以下は「平成28年度」の募集ページです。既に、募集は終わってしまいましたが「平成29年度以降」のページは、以下のサイトで確認をしてみてください。毎年3月末〜4月上旬頃に、新しい情報が確認できます(※ 毎年、募集期間が短いので、申請時期に遅れないよう注意しましょう)。

 

参考ページ:「助成金・補助金関連」中小機構公式サイト

 

申込の条件

 

認定されている市町区村において、所定の事業計画書を提出し、採択された事業者に対して補助金が与えられます。補助金は一種類ではなく、創業を支援する補助金と、事業継承に必要な資金を補助する制度の二種類があります。

 

参考サイト:創業関係の窓口を設けている都道府県一覧

 

審査の難易度

 

本制度は募集期間が短く、応募開始から資料作成、提出までの期間が短いのがネックです。例えば、平成28年度の場合は「4月1日」に募集要項が告知され、同月28日には申請募集が締め切られているため、起業家は「わずか2~3週間の間に、創業計画書」を書き上げ、提出する必要があります。

 

このように(同制度は)審査の難易度が高いのでは無く、応募書類を作成する「時間が短い」というのが最大の難関になります。この問題さえクリアすれば、他の銀行融資や助成金よりも採択率は高く、創業時には「ぜひとも、申し込んでおきたい制度」と言えます。

 

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s

 

実際に、創業補助金の採択率は「約50%」と高い数字です。また、一度事業計画書を作成しておけば、他の補助金や融資制度にも活用できます。慣れないうちは、書類作成に苦労するかもしれませんが「最初のチャレンジ」として、創業補助金に応募してみてはいかがでしょうか。

 

全国・各自治体での「特定創業支援事業」の最新情報については、以下のページから検索できます。地元の支援状況について、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

参考サイト:「各認定市区町村等による特定創業支援事業」

https://www.mirasapo.jp/starting/specialist/chiikimadoguchi.html

 

② 政策金融公庫のシニア向け創業資金

 

政策金融公庫では一般の「創業支援」のほか、シニア向けの創業支援融資を実施しています。

 

JFC「日本政策金融公庫」公式サイトより

JFC「日本政策金融公庫」公式サイトより

 

シニア向けの創業支援融資制度は、以下のように定義付けられています。

 

女性、若者/シニア起業家支援資金の概要
「女性、若者/シニア起業家支援資金(新企業育成貸付)」などのご融資を通じて、事業開始後おおむね7年以内の女性の方、30歳未満か55歳以上の方のお手伝いをさせていただいております。/出典:日本政策金融公庫公式サイト「女性、若者/シニア起業家支援資金」より

 

融資限度額は、7,200万円ですが、運転資金に関しては「4,800万円まで」に限定されています。

 

申込の条件

 

55歳以上の方で、 新たに事業を始める方が対象ですが、既に事業を始めている方も「7年以内」であれば申込可能です。

 

審査の難易度

 

審査の難易度は、公表されていませんが、民間の金融機関(銀行など)に比べると、融資が受けやすくなっています(=可決率が高い)。このため、銀行やその他の融資を受ける前に、政策金融公庫の融資にチャレンジされることをおすすめします。

 

③ クラウドファンディングサービス

 

ここ数年で、クラウドファンディングを利用し、起業資金を調達する人が増えています。

 

クラウドファンディングとは、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題を、こんなふうに解決したい」といったアイデアやプロジェクトを持つ起案者が、専用のインターネットサイトを通じて、世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。/出典:A-port「クラウドファンディングとは」

 

クラウドファンディングは、若者向けのサービスではありません。実際に50歳以上、中には80代の起業家が、資金調達のチャンスとして、同サービスを利用しています。クラウドファンディングの良さは、ネット上で支援してくれる相手を募り、資金とファンを同時に集められる点です。

 

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

 

また(目標額の達成後)集まった資金は原則「返済不要」なのも、大きな魅力です。その代わりに資金を受けた側は、支援者に『モノやサービス』でお礼をする必要があります。

 

支援者のお礼には、開業時のパーティーに支援者を招待したり、生産した商品、店で販売するアイテムや、サービスを送っても良いでしょう。利用するサイトによって条件は異なりますが、プロジェクトが達成した場合でも「手数料が低い」サイトがいくつかあります(例:無料〜5%までの手数料で利用できるサイトがある)。

 

70aa0bbe0b48201e84301a1c6dc5a5ca_s

申込の条件

 

各企画の申込には「運営側の審査」が実施されます。企画を提出し、運営側の承諾が得られれば『プロジェクトが掲載』される仕組みです。クラウドファンディングサービスの具体的な使い方、おすすめのサイトについては、以下の記事を参考にしてみてください。

 

参考記事:クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選! (資金調達プロ)

 

無料の起業相談会に参加しよう!

 

日本政策金融公庫では、起業家支援の無料セミナーを実施しています。最寄りの地域で、創業セミナーやスキルアップ研修に参加してみましょう。

 

日本政策金融公庫公式サイト「セミナー情報」より

日本政策金融公庫公式サイト「セミナー情報」より

 

全国では以下のような「創業支援セミナー」に、無料(一部有料もあり)で参加できます。

 

全国のセミナー情報(日本政策金融公庫・公式サイトより)

 

また、以下の窓口では起業・創業相談を『無料で実施』しています。ぜひ最寄りの相談窓口を探し、コンタクトを取ってみてください。

 

参考リンク:地域の相談窓口(ミラサポ)

 

まとめ|シニア世代にとって、大きな「起業チャンス」が到来!

 

今回は、55歳~65歳以上の方を対象に「シニア起業家支援資金」を活用する方法や、起業に役立つ「補助金と融資制度」について説明しました。みなさんも第二の人生をエンジョイすべく、利用できる制度を使い『叶えたかった夢』を実現させてみてください!

 

シニア起業家支援資金の関連情報

 

・ 【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す、3つのコツとメリット・デメリット  

・ 【保存版】信用保証協会とは? 「100%融資審査を通す!」3つのコツとメリット・デメリット

・ クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選! (資金調達プロ)

・ A-port(エーポート)口コミ・評判などクラウドファンディングを9要素から徹底解説

・ 【保存版】事業資金調達100%成功ガイド|3つの方法と審査のポイント

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

親族・知人からの借入の関連記事(16件)

1 2 3 4

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全296件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。
融資検討可能!東京スター・ビジネス・ファイナンス

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ