10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

クラウドファンディング徹底比較|資金調達に役立つサイト50選!

みなさんは「クラウドファンディング」という言葉をご存じですか? クラウドファンディングは、わずか100円〜1,000円といった金額から、アーティストや才能のある起業家、中小企業等に出資(サポート)できるサービスです。

 

また、出資するだけはありません。銀行を使わず「必要な資金が集められる」のが、クラウドファンディング最大の魅力です。

 

 

クラウドファンディングで集めた資金は、起業資金、運転資金、サークルや研究の費用、学費、地域の活性化など、幅広い目的に使えます。こうした仕組みは「新しい資金調達のモデル」として、大きな注目を集めています。

 

その前に・・・クラウドファンディングは、プロジェクトが達成するかどうか、結果が分かるまでに平均1カ月〜2カ月の時間が掛かります。

経営者(既に起業後の方)の中で、より速く「事業資金を調達したい」という方は、先に以下のビジネスローンを申込まれた方が良いでしょう。これらはネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

また既に起業されていて、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生する「BtoBの事業」に取り組まれている方には、ファクタリング(=売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

クラウドファンディングなら、誰でも投資家になれる!

 

みなさん「投資家になるには、お金がかかる」というイメージを持っていませんか? クラウドファンディングは違います。クラウドファンディングは、不特定多数の出資者と「共同して投資」を行います。このため、100円や1,000円といった少ない金額でも「今すぐ、投資家になる」ことができるのです。

 

こうした出資方法は、数年前からブームとなっています。特に、クラウドファンディングが盛んなのは「アメリカ」です。世界的に有名な企業、IT関連の会社などもクラウドファンディングで、融資を受けています。

 

銀行を脅かす「クラウドファンディング」のビジネス戦略

 

みなさんもご存じの通り、銀行融資を受けるのは(審査などの)手続きが大変です…。しかし、クラウドファンディングを利用すれば、銀行を通す必要から解放されます。すばやく資金調達できるのが、クラウドファンディング人気の秘密です。こうした「融資の形」は、日銀や国内の金融機関でも「新しい資金調達の方法」として注目を集めています。

 

クラウドファンディングは、数年内の間に「銀行業務を脅かす存在」となるでしょう。

 

事業者も積極的に活用したい! 資金調達に優れたクラウドファンディング

 

クラウドファンディングの仕組みは、個人事業主や経営者にとって「魅力あるビジネスモデル」です。クラウドファンディングを使えば、アイデアに賛同してくれるファンがどんどん集まってきます。また、銀行や地方自治体に融資と違って、審査が速く(原則)保証人も必要ありません。スピーディーな資金調達なら、クラウドファンディングなど「新しい資金調達法」が、役立ってくれるでしょう。

 

ここでは「国内の人気クラウドファンディングサービス」を50サイト紹介します。みなさんもクラウドファンディングを活用して、会社を設立してみませんか? もちろん、運転資金として使えるほか、サークルやNPO法人の資金としても利用できます。ぜひ、本記事を参考にして資金調達をしてみてください。

 

起業を強力にサポートする「クラウドファンディング」

 

クラウドファンディングを利用すれば、会社のスタートアップ資金(起業資金・創業資金)のほか、デザイン制作や、ものづくりに必要な費用、団体の活動費、会社の運転資金(仕入れ代なども含む)の調達が素早く実現できます。

 

クラウド・ファンディングは、製品や作品を作りたいイノベーターやクリエーターが、インターネットを通じでアイデアを公開、アピールし、それを見た普通の人々に資金を提供してもらうというしくみ(出典:ニューズウィーク日本語版

 

会社の資金調達は、銀行など「金融機関融資」のほか、自治体の支援制度が有名です。しかし、従来のシステムは書類の作成や面談もあり、融資が下りるまでに長い時間がかかります…。

 

しかし、クラウドファンディングは違います。クラウドファンディングは、融資が実施までの時間が早く、ビジネスチャンスを逃す心配がありません。もちろん、クラウドファンディングにも一定の「参加基準」はあります。しかし、銀行よりも審査のハードルが低く、起業者にとっては使いやすいサービスとして人気です。審査が心配な方は、金融機関を通さないクラウドファンディングで、資金集めを始めましょう。

 

 

心強い味方! ファンが応援してくれる

 

資金面だけではありません。クラウドファンディングでは、はじめに「プロジェクトや企画」を公表(サイトで説明)します。企画を見て「共感してくれる」人は、ファンとして出資してくれます。会社にとって「応援してくれるサポーター」がいるのは、何よりも心強いことです。

 

一方、支援者にとっても「クラウドファンディングには大きな魅力」があります。まず、他の資産運用法より「提供する資金が少なく済む」ので、リスク(失敗する確率)が少ないです。また、日本国内では「クラウドファンディングの支援は50万円まで」と制限されているので、初心者でも安全に投資が行えます。

 

参考文献| 2015年5月15日、2014年の金融商品取引法改正の細則を定める一連の政令、内閣府令などの改正が行われた

<中略>

①投資型クラウドファンディングに関する業務を「電子募集取扱業務」と位置づける

②電子募集取扱業務を行う金融商品取引業者等に対しては、必要な体制の整備(例えば、発行者に対する審査など)、ウェブサイトを通じた情報提供などを義務付ける

③少額(発行総額1億円未満、一人当たり投資額50万円以下)の投資型クラウドファンディングのみを行う場合については、その参入規制を緩和するなどである

以上は、2015年5月29日から施行されている(出典:大和総研)。

 

新しい資産運用(手持ちのお金や預金を増やす方法)として、クラウドファンディングを利用するのは「賢いアイデア」です。実際に、海外・国内の富裕層は、クラウドファンディングやエンジェル投資などの方法で資産運用を行い、莫大な財産を築きました。

 

これまで比較的自由に発展してきたクラウドファンディングですが、金銭的なリターンが得られることで注目も浴び、参加を検討する方も多いことは間違いありません(出典:ニューズウィーク日本語版)。

 

クラウドファンディングより「出資金の多い方法」には「エンジェル投資」があります。エンジェル投資については、以下の記事で分かりやすく説明しています。ぜひ、本記事と合わせてチェックしてみてください。

 

参考記事:エンジェル投資家とは?出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット 

 

※ なお「ネットを使った資金調達は、難しそう…」とお考えの経営者(既に起業された)には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおくと良いでしょう。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

そもそも、クラウドファンディングとは? 意味と制度の特徴

クラウドファンディング(Crowdfunding)は、不特定多数の群衆”crowd”と、資金調達を意味する”funding”を組み合わせた、新しい時代のキーワードです。

 

 

なぜ、クラウドファンディングが注目を集めているのか…? それは、銀行を使わない「融資システム」を採用しているからです。これまで資金調達(事業のためにお金を借りること)を行うには、銀行やビジネスローンを利用するのが一般的でした。また、自治体(県や区、村単位)の補助金制度、国の「事業支援制度」を利用するしか、事業資金を集める方法は無かったのです…。

 

しかし、クラウドファンディング「従来の常識」を打ち破った、画期的なビジネスモデルです。まず、クラウドファンディングを使えば、銀行融資のような手間を掛けず、ファンや支援者のほか、必要な資金が集まります。また「インターネットを使う」ことで、新しいプロジェクトが効率良くPRできます。

 

たくさんのファンや支援者が集まれば、その分、会社を「軌道にのせる」のがラクになります。クラウドファンディングを使って「大きなビジネスの流れ」を作り出しましょう。会社や団体はもちろんですが、サークルや中小企業の活動資金としても、クラウドファンディングが活用できます。

 

また、学生の学費を負担したり、研究者の開発・研究費をサポートするなど、さまざまな形で「出資者」になる(もしくは、出資を受ける)ことが可能です。

 

クラウドファンディングのメリット8つ

 

クラウドファンディングには、出資者・出資を受ける側の両方にとって「数多くのメリット」があります。ここでは、クラウドファンディングのメリットを8つに分類してみました。

 

クラウドファンディングのメリット8つ!
① 会社設立・スタートアップ資金の調達に役立てられる
② 複数のメディアに取り上げてもらう・ソーシャル上で拡散効果を狙う
③ 世間のニーズを知る・マーケティングツールとして使える
④ プロジェクトの初期段階から、多くのファンを獲得できる
⑤ より良いアイデアが集められる、製品開発に意見を役立てられる
⑥ 同じ目的を持った仲間、仕事のパートナーを見つかる
⑦ 共感を原動力にして、資金を集められる
⑧ 「支援して良かった」と思われるプロジェクトにし、事業が拡大できる

 

①〜⑧の項目については、以下で簡単に説明しましょう。

 

 

※ なお、クラウドファンディングは通常「プロジェクトの結果」が通るかどうか、確実ではありません。また、結果が出るまで1〜2カ月以上掛かることもあります。このため、事業資金調達をお急ぎの経営者(既に起業された)は、ファクタリングやビジネスローンを利用してください。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおくと良いでしょう。両方申し込んでおくことで、資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

① 会社設立・スタートアップ資金の調達に役立てられる

 

クラウドファンディングを利用すれば、実績のない会社でも(会社設立に)必要なお金が集められます。また、これから企画・運営したいプロジェクトに対しても、支援者や資金が集まります。

 

② 複数のメディアに取り上げてもらう・ソーシャル上で拡散効果を狙う

 

クラウドファンディングの良さは「拡散性の高さ」です。ネットを使うサービスなので、TwitterやFacebookで情報が広く、拡散・共有されていきます。

 

③ 世間のニーズを知る・マーケティングツールとして使える

 

「何に感心を持ってもらえるのか」世の中のニーズが分かりやすくなります。マーケティングツールとして使えば、有効なビックデータ(顧客データ)が集まるでしょう。

 

 

④ プロジェクトの初期段階から、多くのファンを獲得できる

 

②で説明した通り「拡散性が高い」ので、沢山のファンや支援者、アイデアに共感してくれる人が一気に(爆発的に)集まります。

 

⑤ より良いアイデアが集められる、製品開発に意見を役立てられる

 

ファンや支援者に、商品やサービスを使ってもらいましょう。また、使用レポートや口コミを集め、新しいアイデアやテーマの研究、新製品の開発に役立てられます。

 

⑥ 同じ目的を持った仲間、仕事のパートナーを見つかる

 

ファンが集まるということは、同じ目的や志を持った「仕事のパートナー」が見つけやすくなります。

⑦ 共感を原動力にして、資金を集められる

 

ファンの応援を「がんばる原動力」にしてみましょう。力強い「行動力」を手に入れると、ビジネスの拡大、資金調達がテンポ良く進められます。

 

⑧ 「支援して良かった」と思われるプロジェクトにすれば、支援者との絆が深まる

 

プロジェクトを成功させれば、支援者と企業の両方がWIN WIN(両方にメリットがあること)の関係になれます。ファンとの絆を深め「より良い会社」を目指しましょう。

 

クラウドファンディングのデメリット

 

魅力の大きなクラウドファンディングにも、一定のデメリットがあります。まず、インターネットを利用する際は、個人情報などの「セキュリティ問題」には気をつけましょう。お金や支援者のデータを扱う際には、ウイルス対策や情報漏洩が無い様、慎重に作業を行ってください。

 

また、万が一プロジェクトが失敗した場合、会社が「風評被害」を受ける心配があります。こうしたリスクを回避するには、プロジェクトの内容を正確に伝え、理解を求めることです。また「資金の使い道」が支援者に見えるよう、透明性のある事業活動を行ってください。

 

このほか、支援者とのやり取り(メール/Twitter/Facebook)は「スピード感」が重要です。連絡が途絶えてしまうと、お金を支援した側は不安を感じてしまいます。相手に不信感を与えないよう、支援を受ける側は「気配りのある」やりとりや連絡、誠実な行動に努めてください。

 

 

競争が激しく、消えゆくサイトも多い

 

最も注意したいのは「クラウドファンディング」運営会社のことです。国内のクラウドファンディングサービスを見ると、わずかな期間で「消えてしまうサイト」がたくさんあります。昨日まで使っていたサイトが消えたり、無くなることは珍しくありません。特に「小さな運営会社」は、消えて無くなる危険性を秘めています。

 

実際に、一年前や半年前まで「話題を集めていた」小規模サイトは、早いスピードで消えています。クラウドファンディングの世界は、日々淘汰(競争によって強いサイトしか生き残れない)されています。せっかく出資したのに、会社が丸ごと消える…ということでは、出資者も企画した側も「残念な結果」に終わってしまいます。

 

(投資や資金集めで)失敗しないよう、利用するサイトは、なるべく大きなサイトや「信頼性の高いサイト」を選びましょう。信頼性の高いサイトとは、長い期間サービスを提供しているサイトや「資本のしっかりしている」サイトです。こうした企業を選べば、お金を失うリスクが少なく、誰でも安心して出資できます。

 

例えば、大手企業の運営するサイト(サイバーエージェントやT-SITEなど)なら、基盤がしっかりしているので安全です。大手サイトを使えば、安定した支援と、サービスの継続が期待できます。ぜひ、今後の「サイト選び」の参考にしてみてください。

 

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake(マクアケ)」は、まずPCサイトにて提供を開始し、今秋を目処にスマートフォン向けサイトも公開いたします。今後も随時プロジェクトを追加するとともに、サイバーエージェントが提供する「Ameba」との連携を通じ、プロジェクトのプロモーション支援を積極的に行うなど、サイバーエージェントグループの強みを活かしたサービス提供を図り、2014年3月には月間流通総額1億円のサービスを目指してまいります

(出典:株式会社サイバーエージェント プレスリリース)

 

※ このように、話題のクラウドファンディングにも複数のデメリットが存在します。デメリットを回避して「安全かつ素早く資金調達をしたい」という経営者の方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

国内の代表的なクラウドファンディング|ベスト50

 

ここからは、国内の有名なクラウドファンディングサイトを紹介します。50社は五十音順に表記しています。支援内容、支援のジャンルを見て「使いたいサイト」や支援を受けたいサービスを見つけてみてください。

 

(五十音順 敬称略)

社名 支援内容 ジャンル
1. Allez! japan アスリートを支援するサイト スポーツ
2. academist(アカデミスト) 研究者を支援するサイト、学術系に特化しているのが特徴 学術・研究支援/研究者の育成
3. ACT NOW(アクトナウ) 地域活性化、地域支援に特化したクラウドファンディングサービス。 地域活性化/社会貢献
4. A-port    朝日新聞社のクラウドファンディングサイト プロダクト/アート/ジャーナリズム/アニメ/ファッション/音楽/伝統工芸/ダンス/旅行、その他
5. AQUSH 平均投資利回り約5.50%のソーシャルレンディングサイト 保証ローンファンド/海外ファンド/エコエネルギーファンド/マーケット方式ファンド
6. CAMPFIRE(キャンプファイヤー) 日本最大級のクラウドファンディングサイト 社会貢献/アート/ジャーナリズム/ファッション/本/ビジネス/ダンス/パフォーマンス/フード、その他
7. BOOSTER PARCO(ブースターパルコ) PARCOが運営する、クリエイティブ活動に特化したサイト アーティスト支援/ものづくり/プロダクト/デザイン
8. BYNAL WOMAN(バイナルウーマン) 女性の活動・起業等を支援するサイト、利用できるジャンルの幅は広い。 創業・起業支援/ものづくり/アート・デザイン/社会貢献/フード/旅行/ゲーム/演劇・ダンス/ファッション/音楽他
9. CEREVO DASH(セレボダッシュ)  ガジェットの企画者と、ガジェットが欲しい人をマッチングさせるクラウドファンディングプラットフォーム ガジェットの企画/ガジェット開発/デザイン
10. COUNTDOWN(カウントダウン) 購入型のクラウドファンディングサイトで、チャレンジ成功時にのみ「お金のやり取りが発生する」 コンテンツ作成/アプリ開発/ものづくり/社会貢献/地域活性化/伝統工芸/アート/起業、その他
11. Credo:Re(クレドア) 取材や調査、実験などを支援するサイト。出来たばかりで件数は少ないが、将来性は期待されている。 研究/取材/出版/調査
12. CROSSクラウドファンディング 完全受注生産に特化した、ショッピングプラットフォーム式サイト アニメ/ゲーム/アート/クリエイター作品
13. Crowdcredit(クラウドクレジット) 海外の事業者支援に特化したサイト。定期セミナーなども多く、堅実な資産運用が得意。 海外の事業者支援
14. FAAVO(ファーボ) 地域活性化に特化したサイト、都道府県別に支援内容が検索できる 地域活性/創業支援/ものづくり
15. First Flight(ファーストフライト) ソニーが支援するクラウドファンディングサイト、プロダクト系に強い ガジェット/デザイン/ものづくり
16. Frekul(フリクル) ミュージシャンと交流できるほか、音楽活動を応援できるサイト 音楽
17. Frekul Wonder Plan(フリクルワンダープラン) ミュージシャンのライブやイベント活動の支援に特化したサイト 音楽/ライブ/イベント運営
18. FUNDIY(ファンディー) 国内最大級のアート・漫画に特化したクラウドファンディングサイト アート/アニメ/コミック制作
19. Game Life PROJECT(ゲームライフプロジェクト) T-SITEによる、ゲームに特化したクラウドファンディングサービス ゲーム制作支援/イベント
20. Give One(ギブワン) 社会貢献に強いクラウドファンディングサイト。クレジットカード決済できるのがポイント 社会貢献/国際協力/雇用支援/人権/街づくり/ものづくり/地域活性化他
21. GREENFUNDING(グリーンファンディング) T-SITEによる、国内最大級のクラウドファンディングサイト。日本のほか、海外の起案もサポートしている。 社会貢献/アート/ジャーナリズム/ファッション/本/ビジネス/ダンス/パフォーマンス/フード、その他
22. Haps! (ハップス) 東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス実行委員会による、京都在住のアーティストを支援するサイト(京都市の事業企画) 京都市内でのアーティストの居住支援、展覧会、創作活動の支援
23. IMA FANd(イマファンド) T-SITEが運営する、写真に特化したサイト。フォトグラファーの支援を行っている。 写真/フォトグラファー支援
24. JustGiving Japan(ジャパンギビング) NPO団体の支援、運営サポートに特化したサイト(旧ジャストギビング) 社会貢献/NPO団体の運営サポートと支援
25. Ketsu Jitsu(ケツジツ) KADOKAWAが支援するサイト、文芸と出版に特化している 出版
26. kibidango【きびだんご】 手数料10%、成功率80%(リスクが少ない)が、自慢のクラウドファンディングサイト。 デザイン・ものづくり/起業/社会貢献/地域活性化/アート/海外支援/旅行/フード/イベント運営、その他
27. KICK STARTER(キックスターター) TポイントでおなじみT-SITEが運営するサイト。海外のデザインプロジェクト、アート、起業を支援している アート/ものづくり/ビジネス
28. LCレンディング 不動産に特化した、投資機会を提供するサイト 不動産/担保融資
29. LOCAL GOOD YOKOHAMA(ローカルグッドヨコハマ) 横浜のものづくり、創業支援、地域活性化に対応したサイト 社会貢献/ものづくり/地域活性化/創業支援/事業者支援
30. Makuake(マクアケ) Amebaでおなじみ「サイバーエージェント」が運営する、クラウドファンディングサイト。受け入れるジャンルの広さでは、日本最大規模を誇る。 アート/プロダクト/スポーツ/テクノロジー/音楽/ファッション/アニメ・漫画/フード/ゲーム/映像・映画制作/演劇・エンタメ/教育/旅行/社会貢献/コスメ/ジャーナリズム/レストラン、その他
31. Maneo(マネオ) 日本初のソーシャルレンディングサイト、7年以上の実績があり、信頼度も高い(総契約数は417億円以上)。 ローンファンド
32. MONO Funding(モノファンディング) ビジネス企画の立案から、研究、ものづくり、製造、販売までを支援する。 創業支援/研究/販売/マーケティング戦略/事業者支援/デザイン/プロダクト
33. moonshot(ムーンショット) 2014年に出来た比較的新しいサイト。目標金額に達成しなければ、支援者に全額返金が行われるのでリスクが少ない。 社会貢献/イベント/プロダクト/フード他
34. MotionGallery (モーションギャラリー) クリエイティブ活動を支援する、クラウドファンディングサイト。二種類の資金調達方法があり「成約数が多い」のが特徴 アート/音楽/ゲーム/出版/映画/イベント運営
35. NYLON PROJECT(ナイロンプロジェクト) T-SITEと雑誌「NYLON JAPAN」の共同企画によるクラウドファンディングサイト。アート、ファッション、トレンド性のある企画が採用されやすい。 アート/ファッション、その他
36. PICNIC(ピクニック) アーティストとファンが交流できるサイト。ライブやコンサート、制作支援ができる。 アート/音楽/ライブ・コンサート畝位
37. READY FOR?(レディーフォー) 日本最大級、社会貢献や地域活性化、アート支援に定評があるクラウドファンディングサイト。 社会貢献/ものづくり/地域活性化/アーティスト支援
38. ShootingStar (シューティングスター) コンサルタントに相談しながら、プロジェクトに必要な資金集め、ファンの拡大ができる。成功率の高さで人気。 ゲーム/出版/アニメ/デザイン/アート/スポーツ/ファッション/家電/テクノロジー/建築/写真/報道/旅行/政治、その他
39. Sportie FUND(スポーティーファンド) T-SITE運営のスポーツ選手、アスリートのサポートに特化したサイト。個人だけでなく、団体やスポーツ施設の支援も行う。 スポーツ/アスリート育成/施設運営
40. study gift(スタディーギフト) 年齢や学歴を問わず「学びたい」という学生の「学費を支援」するサイト 教育
41. WESYM(ウィシム) Tポイントやセゾンの「永久不滅ポイント」楽天スーパーポイント、クレジットカード等で応援できる、日本唯一のサイト。 社会貢献/ものづくり/アート/スポーツ/ダンス/地域活性/NPO支援/音楽/フード/ファッション/アニメ/旅行、その他
42. アスリートエール アスリートの資金調達・PR活動をサポートするサイト。スポーツ系に特化している。 スポーツ/アスリートの育成
43. ガバメントクラウドファンディング 地域の活性化、社会福祉活動、地方のものづくりを支援するクラウドファンディング。 地域活性/ものづくり・伝統工芸/社会貢献
44. CrowdBank(クラウドバンク) 少額融資から高額のファンドまで、中小企業の応援や不動産担保型ローンファンド、エネルギー開発など、資産運用のエキスパートが運営するサイト 起業支援/エネルギー・産業支援/不動産型ファンド等
45. SUSTENA CROWD FUNDING(サステナクラウドファンディング) 社会貢献に強いクラウドファンディング。その他、アートやものづくり、音楽など幅広い支援を行う 社会貢献/ものづくり・デザイン/音楽/アート/フード/ゲーム/テクノロジー/イベント/出版/ファッション他
46. セキュリテ 国内外の事業が支援できるサイト。事業者の顔や資金の使い道が見えやすくファンが多い。 ファイナンス/環境/漁業/農業/製造/広告・出版/コスメ/音楽/エネルギー/観光業/教育/医療/スポーツ/IT/飲食業/イベント
47. micromecenat(マイクロメセナ) 現代アートに特化したサイト。アーティストの創作活動を支援する。 現代アート
48. 芸人ラボ お笑い芸人の活動を支援するサイト。目標額に達しなかった場合は、paypal経由で払い戻しがあるのでリスクは少ない。 お笑い芸人・コメディアンの支援
49. 東京カレンダーファンド T-SITE内にある、食をテーマにしたクラウドファンディングサイト。 食品製造/レストラン・飲食業の支援
50. TimeOut Tokyo(東京クラウドファンディング倶楽部) T-SITE内にある「東京のものづくり」に特化したサイト。 アート・デザイン/ものづくり/ファッション/イベント/音楽/フード/出版/ゲーム/テクノロジー/映像・映画/社会貢献/起業支援

 

このほかにも、大きな注目を集めるサイトが沢山あります。上記以外の「おすすめサイト」を簡単に見ておきましょう。

 

● つくろう!日本の手仕事の未来(ものづくり・伝統産業)

● オール富士ゼロックス募金サイト(ゼロックスの社員に支援を行うサイト)

● UNEEDZONE.jp (サブカルチャーの支援)

● Wannabee(アニメ・サブカル系の創作支援)

● TOKYO DESIGN COMMIT伊勢丹ファッション雑誌・装苑によるファッションデザイナーの支援)

● アスレチック・ユニ・バース (学生による社会貢献への発案・支援サイト)

● さすがOB (母校を支援するサイト)

● カンパミー! (ネット配信を支援するサイト)

 

世界のクラウドファンディング情報が、一目で分かるサイト!

 

流れの速い「クラウドファンディング」業界の情報が、ひとめで分かるWebマガジンをご紹介します。T-SITEの運営する「グリーンマガジン」は、国内外のクラウドファンディングや「ネットでお金を集める方法」について、詳しい説明を行っています。

 

参考サイト:世界のクラウドファンディング情報が、一目で分かるサイト!

GREEN MAGAZINE by T-SITE(グリーンマガジン)

 

また、本サイトでも「ネットでお金を集める方法」を分かりやすく説明しています。この記事と合わせて、資金集めの参考にしてみてください。

 

役に立つ記事:資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

 

番外編|自分でクラウドファンディングサイトを作る

 

番外編として「自分でクラウドファンディングサイトを作る方法」を簡単にご紹介します。クラウドファンディングは、利用するだけはありません。私たちが「主催者や運営者」になって、クラウドファンディングを持てるのです。

 

 

クラウドファンディングサイトの運営は、難しくありません。すでに「出来上がったシステム」を使えば、誰でも簡単に「クラウドファンディングサイト」が作成できます。以下は、クラウドファンディングサイトが無料〜もしくは安い費用で作れる「おすすめ」サイトです。

 

クラウドファンディングの作成におすすめのサイト
FUNDEE(ファンディー)
クラウドファンディングサイト構築システム
クラウドファンディングシステム【CFS-Cube】
WESYM(ウィシム)
IGNITIONDECK(英語)

 

デザインなども自由にカスタマイズできるので、自分の好みに合ったサイトを作ってみましょう。また、サイトの作成や「プログラムができない!」という方には、カスタマイズプラン(基本情報の入力だけでOKなサービス)を利用しましょう。

 

このほか、ネット上の「アウトソーシングサービス」を利用して(クラウドファンディング)のサイト作成を依頼するのも、賢い方法です。

 

クラウドソーシング(英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。 このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる(出典:wikipedia

 

例えば、ランサーズやクラウドワークスなどの「クラウドソーシングサービス」では、安い価格で、優れたデザイナー(サイト作成をしてくれる人)が簡単に見つけられます。

 

《クラウドソーシングで人気のサイト》

● Lancers(ランサーズ)

● Crowd Works(クラウドワークス)

 

このように、誰もが「クラウドファンディングの主催者」になれます。みなさんも、今後注目を集める「クラウドファンディング業界」に、参入されてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ|クラウドファンディングを活用した資金調達

 

いかがでしたか? クラウドファンディングを使う方法には、投資家になる側、資金を提供してもらう側、クラウドファンディングサイトの管理者になる側の「3パターン」がありました。

 

クラウドファンディングで資産運用(手持ちのお金を増やす)のも良し。また、起業家としてビジネスチャンスを拡大するのも良いでしょう。このほか、クラウドファンディングサイトを運営して、新しいビジネスモデルを成功させるのも「素晴らしいアイデア」と言えます。みなさんもぜひ、クラウドファンディングの魅力に触れてみてください!

 

※ なお、クラウドファンディングでは、審査〜プロジェクトの結果が出るまで平均1〜2カ月の時間が掛かります。このため「結果が出るまで待てない」という経営者の(既に起業された)方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

<合わせて読んでおきたい>

役に立つ記事:① 資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

役に立つ記事:② 個人投資家のマッチングサイト

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

個人投資家からの借入の関連記事(40件)

1 2 3 4 5 8

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全298件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。
融資検討可能!東京スター・ビジネス・ファイナンス

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ