ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ

ビジネスローンの審査を100%可決させるには、たった「6つのコツ」を実践するだけでOKです。ここでは、事業資金調達に役立つ「事業資金借入のコツ」を紹介しましょう。

 

本記事では、特に「審査」に重点を置いて、どうすれば審査に通るのか詳しく解説したいと思います。「審査が不安」な方や「審査で否決されやすい」方は、ローン審査の参考にしてみてください。本ガイドを参考にすれば、100%審査に通るコツが掴めるはずです!

その前に・・・説明よりも「今すぐビジネスローンについて知りたい!」とお急ぎの方のために、オススメのビジネスローンを3つご紹介しておきます。

「事業資金を今すぐ借り入れしたい」という場合は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

経営者必見ビジネスローン審査を成功させる方法

 

ここから「ビジネスローン審査を100%成功」させる方法について『ガイド形式』で説明しましょう。

 

ビジネスローンとは?

 

ビジネスローンは、別名「事業融資」と呼ばれており、事業性のある目的に対してのみ利用できます。

 

また、一部の金融業者では「事業費と生計費の両方に使える」ローンも取り扱っています。個人事業主の方は、生計費と事業費が併用できる「ビジネスローン」を利用すれば便利です。

 

ビジネスローンはどこで借りられるのか?

 

事業融資は銀行のほか、信販会社(クレジットカードを発行する企業)や消費者金融で取り扱いがあります。

 

一方で、ノンバンク系の事業融資は「ビジネスローン」と呼んで区別することが多いです。ノンバンクは預金業務を行わない金融機関を指し、信販会社や消費者金融は、どちらも「ノンバンク」として経営を行っています。また、ビジネスローンを専門に扱う金融業者(ノンバンク)も別に存在します。

 

※ 本記事では、利便性の高い「ノンバンク系・ビジネスローン」にターゲットを絞り「審査に通るコツ」を説明していきます。

 

17628-NR7PXK-620x620

 

ビジネスローンを活用するメリットは「事業目的」で融資が受けられる点です。カードローンやクレジットカードは、事業目的への利用が禁じられていますが(※一部例外あり)、ビジネスローンは事業目的での利用が認められている、貴重な融資商品です。

 

会社の資金繰りでお困りの方は、ビジネスローンの申込をしてみましょう。銀行の場合は、審査に数日かかりますが、ノンバンク系の場合は「最短・当日融資可能」で、急なピンチにも迅速に対応できます。

 

また、ノンバンクのメリットは、銀行ローンより審査可決率が高い点です。審査に自信が無い方は、信販会社や銀行系消費者金融、事業融資専門の金融業者の『ビジネスローン』に申し込んでみましょう。また、ネット申込できるローンは、よりスピーディーに審査が進められます。

 

ビジネスローンの審査「100%融資を勝ち取る」6つのコツ

 

ビジネスローンの審査で「100%可決されるコツ」は6つあります。審査や可決のポイントを知り、事業資金をスムーズに調達しましょう。

 

ビジネスローンの審査で「100%可決されるコツ
① ビジネスローンの審査で重視されるのは「業歴」
② 事業計画と資金計画を100%完璧に準備する
③ 保証人を付けて、融資の可決率を上げる!
④ 決算書で見られるのはココ! 審査のポイントを要チェック
⑤ 長期利益計画・短期利益計画をきっちり計算する
⑥ 会社の将来性と代表者の「人柄」も重視される

 

①〜⑥について、以下で詳しく解説します。

 

創業融資

Image by Roman Kruglov

 

① ビジネスローンの審査で重視されるのは「業歴」

 

審査では「企業の業歴」が重視されます。 「何年経営を行っているのか」経営が長ければ長いほど「安定した企業」と判断されます。銀行の場合は(事業性融資の実施条件として)2年以上の業歴が求められます。このため、ある程度の実績や業歴がなければ、銀行ローンの可決は厳しくなります…。

 

しかし、ビジネス専門の金融業者では「業歴1年以上でもOK」とするケースがあります。金利や上限額も気になりますが、まずは「業歴の部分」を確認してから、利用できるビジネスローンを絞り込みましょう。

 

② 事業計画と資金計画を100%完璧に準備する

 

事業と資金計画を万全にすれば「融資の可決率は100%完璧」に近づきます。まずは、正しい方法で事業と資金計画の書類を作成しましょう。資金調達で必要な書類は以下の通りです。

 

《 金融機関から融資を受けるのに必要な書類 》

● 事業概況の書類(会社の概要や事業内容、会社案内など)

● 商業登記簿謄本

● 資金の使途(借入金の使い道について)

● 決算書一式(※決算書については、本項の後半で説明します)

 

どんなに良いことが書いてあっても、読みにくい書類はNGです。まずは「記入例」を参照し、正しい方法で書類を作成してください。会社の概要(企業概要書)や事業計画書の記入例は、日本政策金融公庫のサイトでも、参考資料がダウンロードできます。

 

日本政策金融公庫の融資「書類一式と書き方」

借入申込書等

企業概要書記入例

事業計画書記入例

20576-NSP9TH

 

次に、事業計画書の「融資が通りやすくなる」書き方について解説します。

 

事業計画書はココに気をつけて作成すれば「100点満点」になる!
✓ 会社の理念と自社の強みをアピール
✓ 略歴・事業内容について詳しく書く(市場やターゲットも説明)
✓ 主な仕入れ先と販売先を説明
✓ 資金計画と返済計画は、数字を間違えない
✓ 長期利益計画・短期利益計画をきっちり計算する

 

上のポイントを守るほか、書類は簡潔にまとめましょう。良いことを書いていても、文章が長いのはNGです。いつでも、審査をする側が読みやすく、チェックしやすい書類を作成してください。

 

資金計画表は、数字のミスに注意

 

書き方の基本ですが「誤字脱字が無いように」書類を確認してください。ミスを防ぐには2〜3人で計算し、チェックすることです。一人では気が付かない点も、確認する人数が増えればケアレスミスは防げます。提出する書類が正確であれば、その分「信頼できる会社」として効果的なアピールが可能です。

 

文章を長くすることは、必ずしも良い結果を招きません。『正しく簡潔に、見やすく書く』のが(審査可決に必要な)最重要ポイントです。

 

③ 保証人を付けて、融資の可決率を上げる!

 

大口の融資は、信用保証協会に保証人を依頼すれば、融資が受けやすくなります。一定の保証料が必要ですが、貸し倒れのリスクが無くなり(金額的に)大きな融資もスムーズに可決されます。ただ、銀行融資の貸し付け条件は、ビジネスローンよりも厳しく設定されます。税金の滞納や前期の経営状態が悪ければ(たとえ、信用保証協会の後ろ盾があったとしても)融資に結び付く可能性は低いです。

 

保証が難しい場合は、ノンバンクに融資をお願いしよう

保証を立てることが難しいのなら、ノンバンクの金融業者に申込をしましょう。特に「ビジネスローン専門の金融業者」では、赤字決済や税金未納の問題にも柔軟に対応してくれます。事業融資で分からないことがあれば、ビジネスローン専門の金融業者に相談をしてみてください。

 

ナゼ保証人が必要なのか?

銀行融資の中でも「1,000万円以下の少額融資」に関しては、担保や保証人を必要としません。しかし、大きな融資を受ける場合は、貸し倒れが無いよう「保証人を立てる」必要があります。設備投資など『多額の費用」が必要な場合は(審査に通りやすくするため)保証人を立ててから、申し込むようにしましょう。

 

保証人を付けたくないなら「少額融資がベスト」

保証人を付けたくない場合は、300万円〜500万円までの少額融資を利用しましょう。少額融資は、銀行系のローン会社や、事業融資専門の業者(どちらもノンバンク)で申し込めます。また、一部のフリーキャッシングは事業資金として使えるほか、契約から30日間(プロミスは初回借入から30日間)無利息で融資が受けられます。ただし、無利息で借入を受ける場合には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。キャッシングをする前に、忘れずに登録をしておきましょう!

 

みなさんもお得な方法で、保証人無しのローンを利用してくださいね。

 

※ このほか、保証人を付けたくない方には以下のビジネスローンに加え、ファクタリングサービスの利用を推奨しています。ファクタリングは売掛金さえあれば「最短一日」で必要な事業資金が調達ができるので便利です。また、ファクタリングとビジネクストの両方に申し込んでおけば、確実に資金ショートが回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

④ 決算書で見られるのはココ! 審査のポイントを要チェック

 

(審査では)決算書の「どのような点」チェックされるのか、確認しましょう。審査では、決算書を一式提出します。ここでの『決算書』とは、法人概況説明書、勘定科目明細、貸借対照表、損益計算書、販売費一般管理費明細、製造原価報告書、株主資本変動計算書のことを指します。

 

メモ・決算書とは、企業が利害関係者(債権者等)に対して、経営成績や財務状態等明らかにするために作成する書類を指す。

 

《決算書とは》
・ 法人概況説明書
・ 勘定科目明細
・ 貸借対照表
・ 損益計算書
・ 販売費一般管理費明細
・ 製造原価報告書
・ 株主資本変動計算書

 

「決算書で細かくチェックされるポイント」は、以下の通りです。

 

【決算書・審査で見られるポイント】
✓ 会社の経営状態、代表者が「確実に返済できるか」どうか
✓ 財務の内容に問題が無いか、財務状況が「好転する材料」が見られるか?
✓ 借入予定の融資は、どのようにして返済できるのか。
✓ 返済の原資は、どのように準備するのか(利益 or 売り上げ金)。
✓ 融資の希望額は妥当かどうか、借入資金の使途
✓ 担保や保証人の有無。保証人は返済能力のある人物かどうか。

 

1〜5の内容は総合的に審査され、融資の可否が決定されます。また「損益計算書」に関しては、重点的にチェックが入ります。法人の場合、今期の純利益から報酬や減価償却費などをすべて洗い出し「黒字か赤字か」損益の幅を確認・審査します。

 

個人事業主は、決算書に赤字があると危険…

 

個人の場合は「赤字が見られる」と、融資を受けるのは難しくなります。なぜなら、個人事業主は『収支から生活費など、すべて事業費から捻出する必要』があるからです。もし、定期的な収入が別にあれば(審査で有利に働きます)副収入も忘れずに申告しましょう。副収入が認められれば、審査の状況はより良く(可決されやすく)なります。

 

このほか、審査では「減価償却費」が重要視されます。

 

『減価償却費とは?』 建物や機械設備など,企業が長期間にわたって利用する資産を購入した場合,その購入価額をいったん資産として計上した後,当該金額を資産の耐用年数にわたって規則的に費用として配分される金額。

 

赤字への転落を防ぐため「減価償却費を計上しない」企業が一部に見られます。ただ、未計上のまま審査を受けると「償却の負担ができない」と見なされます(マイナスの行為あたる)。中には、一部だけ計上をするというケースもありますが、審査で不利にならないよう、全体のバランスを見て計上してください。

 

15768-NQEAR4

 

⑤ 長期利益計画・短期利益計画をきっちり計算する

 

審査では、資本の合計が資本金を上回っているかどうか、今期は黒字に転じているのかが確認されます( ⇒ 書類の数字から「純資産」を見て「会社の経営が順調かどうか」がチェックされる)。また、企業の資産は「換金性のある財産かどうかが」重要視されます。すべてを総合的に見て、会社の経営に問題が無ければ「安全な会社」として融資が下ります。

 

このほかにも、回収できない債権があるかどうか、在庫の水増しや無駄な固定資産も詳しく洗い出されます。総合的に「安全な企業」だと認められれば、融資額だけでなく金利の面でも優遇されます。資金計画を立てる際には、長期的なビジョンとともに、短期的な利益計画もチェックしましょう。

 

⑥ 会社の将来性と代表者の「人柄」も重視される

 

会社の経営はもちろんですが、会社の顔である代表者の人柄や信頼性も詳しくチェックされます。「この代表者の会社に融資をしても、きちんと返してもらえるか」人を見て、会社の全体の安全性が確認されます。このほかにも、社長や役員に無駄な貸付金があれば、審査はNGとなります。 会社の将来性・代表者の人柄に問題がないか「自分自身と会社」の姿を(審査する側の目線で客観的に)見てみましょう。

 

また、審査で問題になりそうな点があれば、早めに問題を解決しましょう。問題の解決法については、以下の記事を参照してください。

 

参考記事:【保存版】銀行融資を受ける為の12の秘訣。金融機関からの借入の審査対策!

 

 

融資のプロに学ぶ! 「ローンで失敗しないコツ」とは?

 

ここからは、融資のプロに学ぶ「失敗しないローン選び」を見ておきしましょう。金融機関の元融資担当者は「ローンで失敗しないコツ」次のようにアドバイスをしています。

 

“ローンで失敗しないコツは3つ”

・ 業者の競争で「低金利」を打ち出す、銀行系ローンが狙い目!
・ ノンバンクは上手に使い分けろ!
・ 真似したくない「融資で落とされる人の特徴3つ」を知っておく

 

3つのポイントの詳細は以下で 説明します。

 

 業者の競争で「低金利」を打ち出す、銀行系ローンが狙い目!

 

金融機関は、業者間の競争が激しくなり「低金利」を全面に出す銀行が増えてきました。特に「店舗を持たないネット銀行」は、メガバンクでは実現が難しい「低金利ローン」扱い、メガバンクとの「サービスの差別化」を謀っています。店舗を持たず、人件費をカットし「利息還元」をするのが、ネットバンクの強みです。

 

また、銀行系カードローンの動きも活発化しています。銀行の子会社が運営する「ノンバンク融資」は、無人店舗を取り入れて人件費をカットし、低金利での融資を実現しています。銀行系ローンの良さは、大手銀行が親会社としてバックアップしている点です。

 

以前は「ノンバンクの破綻」がニュースになりましたが、大きな親会社が付いていれば破綻の心配もありません。また、親銀行の各支店や出張所、全国のATMでも、契約や借入・返済手続きができるなど(ローン)の利便性は高いです。

 

ノンバンク融資は上手に使い分けろ!

 

ノンバンク融資は、上手に使い分けることが重要です。ノンバンクという理由だけで、利用しない(敬遠する)方も多いのですが、ノンバンクの大半「安全な金融業者」です。もちろん、一部の街金融や悪質な業者は別ですが、銀行系のノンバンクやビジネスローンを専門に扱うローン会社(例:日本保証やビジネクスト等)は、他社の保証業務まで請け負う企業として機能しています。

 

例えば、ビジネスローンでおなじみの日本保証は、東京スター銀行や愛媛銀行、西京銀行、近畿産業信用組合の保証業務(融資審査)を実施する金融業者です。ノンバンクのなかでも「保証業務を行う業者」なら、より安全な取引が期待できます。

 

競争の中で淘汰される銀行とノンバンク

 

年々、金融業者は淘汰されています。ネット社会である今、危険な業者は破綻し「安全性の確かな業者」のみ残された状態です。また、各行は「貸し渋り」が多く、審査の状況は年々厳しくなってきています。特に大手銀行の場合は、返済能力のある企業以外は融資をしません。

 

こうした「貸し渋り」の問題を解決してくれるのが、ノンバンクの存在です。ノンバンクは、銀行や国の制度融資の中間にある「最も使い勝手が良い」企業です。もちろん、国の制度融資や自治体のサポートを受けながら事業を回していくことは可能です。ただ(国や自治体の制度は)審査から融資を受け取るまでに、長い時間が必要になります。また、全ての融資が可決される訳ではなく、集めるべき書類や審査の手続きも複雑なため「ハードルの高い作業」と言えます。

 

(国や自治体の融資は)銀行融資よりも、審査が簡単な部分はあります。例えば、過去のクレジットヒストリーが多少悪くても、信用情報を必要としないので融資が受けやすくなります。こうしたポイントは、破綻の経験者や債務整理後の事業者には、有益な情報です。実際に、国や自治体の融資なら「借入ブラックな状況」の方でも融資に通る可能性は十分あります。

 

事業融資は銀行がすべてではありません。ノンバンクや国・地方自治体の融資などを上手に使い分け、無駄のない借入を実現しましょう。

 

※ なお、ノンバンクや地方自治体の融資は「どうやって申し込むのか、イマイチ分からない…」という方には、よりスピーディーで資金繰り改善に効果が高い、以下ビジネスローンとファクタリングサービスの利用をオススメしています。

ファクタリングは通常の審査とは異なり、取引先の経営状況に応じて審査が実施されます。このため、審査に自身が無い方でも確実な形で資金が調達できるのです。また、以下ビジネクストやオリックスVIPローンカード BUSINESSは審査がスピーディーな上に、ネットから申込ができるので、面倒な来店の必要もありません。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

真似したくない「融資で落とされる人の特徴3つ」

 

融資で落とされる人(否決されやすい属性)には、共通した特徴が5つあります。

 

あなたは大丈夫? 融資で落とされるのは「こんな人」
✓ あまり下調べをせず、融資を申し込んだ
✓ 正しい書類の書き方が分からず、審査で信頼(信用)を失っている
✓ 思い込みだけで「銀行融資は無理」と諦めてしまっている
✓ 借入の目的がハッキリしていない。申告で曖昧な点が多い
✓ 返済計画・事業計画に「正確さ」が見られない

 

事業資金を受ける際、下調べや情報収集は重要です。審査に何が必要なのか、貸付条件にマッチしているか、それぞれのローンを比較しましょう。調べずに申し込んでは、せっかくの「受かるチャンス」を台無しにしてしまいます。

 

また、事業計画書や使途についても「正確さ」がなければ可決されません。誤字脱字が無いのはもちろん、文章はいつでも簡潔に「いつ・どこで・どのように」を意識しましょう。このほか、借入資金の使途や目的も、分かりやすく説明してください。

 

34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9_s

 

審査はオドオドしない

 

審査を受ける際、説明に曖昧な点が多いと「誠実さが見られない=返済能力に乏しい」と見なされます。実際に、融資の担当者は借手側の身なりや話方、態度など細かい点までチェックしています。またノンバンクの場合でも無人契約機のカメラを通して「誠実な人物かどうか」確認しているので注意が必要です。

 

審査や金融機関からの電話は、ハキハキとした態度で接しましょう。どんなに資金繰りが大変な時でも、ネガティブな態度はいけません。代表者の顔や表情、態度から会社の信用が調査されます。もちろん、書類と人物、これまでの業歴・実績は総合的に見て審査が決定されます。ただ、第一印象は審査に大きく影響します。審査を受ける際は、服装や身だしなみにも十分注意してから臨んでください。

 

書類の最終チェック!

提出する書類は他の社員や家族、知人にも目を通してもらうと良いでしょう。誤字は比較的気が付きやすいのですが、数字のミスは気が付かないことが多いです。書類で引っ掛からないよう(申請する書類は)何度も目を通してから、提出しましょう。

 

ビジネスローンを借りるべき場所

 

ビジネスローンは銀行のほか、ノンバンクでも融資が受けられます。また、創業資金や運転資金は、日本政策金融公庫や各自治体でも融資を行っています。

 

地方公共団体金融機構「貸付の種類・一般貸付」

 

メモ:創業時の資金は、どこで借りられる?

創業前に融資を必要とするのなら「スタートアップ資金」を調達しましょう。日本政策金融公庫では「新規開業資金」を融資しています。このほか、全国の自治体でもそれぞれ「起業家の支援」を行っています。

融資のほかにも、補助金を上手に活用しましょう。起業に関しては、日本政策金融公庫のサイトに詳しい「創業の手引き」があります。会社を立ち上げる方は、ぜひ参考にしてみてください。資金調達を含めた「起業の方法」が丁寧に説明されています。

 

参考リンク:日本政策金融公庫「創業の手引き」

 

【スタートアップに役立つ融資】

① 日本政策金融公庫の融資「新創業融資制度」

② 日本政策金融公庫「新規開業資金」

 

このほか『創業時の借入』については、以下のサイトを参照してください。

 

①:中小企業庁「創業前後の資金調達」

②:「エンジェル投資家とは? 出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット 」

 

06

おすすめのビジネスローン/銀行とノンバンク

 

最後に、自営者・法人の中で人気の「ビジネスローン」を8社紹介しておきます。

 

おすすめの銀行ローン(銀行)
① ビジネスセレクトローン(三井住友銀行)
② スタービジネスカードローン(東京スター銀行)
③ ビジネスローン融活力(三菱東京UFJ銀行)
④ ビジネスクイックローン(静岡銀行)

 

次に、人気のノンバンク系ローンについて見ておきましょう。ノンバンクにも銀行の子会社が運営するローン、ビジネス専業のローン会社など多種多様です。

 

おすすめのローン(ノンバンク)
⑤ ビジネスローン(ビジネクスト)
⑥ 自営者カードローン(プロミス)
⑦ Crest for Biz(オリコ)
⑧ 事業サポートローン(アイフル)

 

ビジネスローンや資金繰りの改善には、資金調達プロの10秒診断を試してみましょう。自分に合った借り方・融資の受け方が、誰でも簡単にシミュレーションできます。

 

まとめ|ビジネスローン100%審査ガイド

 

今回は、ビジネスローンの「審査」に的を絞って「100%審査に通るコツ」を紹介しました。審査に通るコツについて最後にもう一度、おさらいしておきましょう。

 

《ビジネスローンの融資審査を100%クリアさせるコツ!》
「業歴」は2年以上あればベスト!無い場合は、ノンバンクを活用する
事業計画と資金計画は、正しい方法で書く
決算書で見られるポイント・重視される点を知っておく
借入の使途、返済計画に無理がないこと
代表者の「人柄」や返済能力が重視される!

 

いかがでしたか?  事業資金は「審査のポイント」をおさえておけば、可決の確立はより高くなります。本記事「事業資金借入6つのコツ」を実践して、可決率を100%に近づけましょう!

 

※ なお、今回ご紹介したビジネスローンだけでなく「より万全に、資金繰りを改善したい」とお考えの方には、以下のオススメビジネスローンに加え、ファクタリングの利用を推奨しています。例えば、ファクタリングとビジネクストの両方に申し込んでおけば、より「潤沢な資金」を得て、資金繰りの悪化を確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカード BUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

事業者ローンの関連記事(20件)

1 2 3 4

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全324件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる