閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

「資金集めを100%成功させる」コツをみなさんに伝授しましょう。ここでは、ネットで資金を集める方法のほか(インターネット上で)資金集めができる「全サイト」を一挙に公開します。

4e9b10b3a7d9f761dc381b35104ba4f2_s

 

起業される方、学生(研究や旅行など)で企画を立ち上げたい方、サポートを希望される方、資金調達をお考えの方はぜひ本記事を参考にしてください。

 

なお、ネットを活用した資金集めは時間と労力が非常にかかります。既に会社を経営していて時間がない場合は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。

 

500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

また以下のサイトにあなたの事業内容を投稿すれば、投資家からメッセージを受け取り、数1,000万円の資金調達をする事も出来ます。登録はカンタン1分で終わります。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング

このサイトは資金調達プロの運営会社である株式会社ユービジョンが2017年3月8日にリリースしました。是非、利用してみて下さい。

 

ネットで集まる支援&資金の輪〜その流れは海外からやって来た!

 

2011年の震災時には「被災地の企業を支援しよう」と、多くのプロジェクトが(クラウドファンディングやソーシャルレンディング上)で立ち上がりました。ネットでの資金調達は、もともと海外で広く浸透していた方法です。特にアメリカや北米では、ネットを介した資金調達法や仲介ビジネスが盛んで「企業のスタートアップは、クラウドファンディングがなければ成り立たない」とまで言われています。

 

2012年、クラウドファンディングの市場は「約28億ドル=約3,390億円」にまで膨れあがりました。また、2014年には、世界のクラウドファンディング「総調達額」は2兆円を超え、2015年に入ってからは「倍の4兆円」規模にまで膨れあがっています。今後は、アジアをはじめとした国々でも、クラウドファンディングの動きが活発になるでしょう。

 

日本でも広がるクラウドファンディング投資

 

日本では個人のほか、地方公共団体の間でも「クラウドファンディング投資」が取り入れられるようになりました。また、2014年に改正金融商品取引法が成立、翌2015年には貸付型や株式型、ファンド型などの少額出資が認められています。日本でも、クラウドファンディング投資など、北米や欧米型の新しい投資が爆発的に広がっていくでしょう。

 

クラウドファンディング、ソーシャルレンディングが人気の理由

 

ネットで資金を集めるのが「なぜ流行っているのか?」人気の理由について説明したいと思います。

 

資金調達のはじまりは、イギリス

 

寄付や支援を集めるというビジネスモデルは、17世紀頃から存在しました。ただ、ネットで資金を集める方法については(諸説ありますが)1997年頃の「イギリスが発祥」とされています。最初は、ある1グループのミュージシャンの活動支援という形で始まりましたが、2000年に入ると「複数のミュージシャンを支援する」音楽専門のクラウドファンディングサイトが立ち上がりました(アメリカ)。

 

また1997年以降は、映画の分野でもさまざまなクラウドファンディング支援」が始まりました。クラウドファンディングという言葉が広く使われるようになったのは、2006年以降のことです。その後、クラウドファンディングの流れはアメリカを中心とし、大規模なビジネスモデルとして、世界的に浸透していきました。

 

photo-1443110189928-4448af4a2bc5

クラウドファンディングやソーシャルレンディング

 

クラウドファンディングやソーシャルレンディングとは、どのようなビジネスモデル(資金調達法)なのでしょうか? 簡単に見てくことにしましょう。

 

クラウドファンディングとは?

 

クラウドファンディングが広く知られるようになったのは、2000年以降のことです。「現代のパトロン制度」として、大きな注目を集めるようになりました。ファンディングは「founding=資金調達という意味を持つ英単語です。これに、クラウド「crowd=群衆」という意味を合わせて「Crowd founding」という言葉(造語)が生まれました。

 

プロジェクトのための資金を調達できない個人・団体が、ソーシャルメディアをはじめインターネット上で企画内容と必要な金額を提示し、広く支援を呼びかける手法。少額の資金提供者を多く集めることによって、目標額の達成をねらうもの。マイクロファンディング。マイクロパトロン。ソーシャルファンディング。CF。/出典:デジタル大辞泉

 

ソーシャルレンディングとは?

 

クラウドファンディングが「ネットでの資金調達」そのものを指すのに対し、ソーシャルレンディングは、ネット上でお金を「借りたい人」と「貸したい人」を仲介する業者やサービスのことを指します。現在は、さまざまな企業がソーシャルレンディング業を行っていますが、日本では「クラウドファンディング投資」と呼ぶことがあります。

 

『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。/出典:Wikipedia

 

ソーシャルレンディング最初の企業は、イギリスで立ち上がりました(2005年頃)が、その後はアメリカを中心に北米から世界へと広がっていきました。日本でも2008年以降にソーシャルレンディングのサービス(企業)が出始めましたが、法整備が追いつかなかったため(ソーシャルレンディング業の多くは)勢いを失いました。

 

ソーシャルレンディングに代わって盛り上がりを見せたのが『クラウドファンディング』です。クラウドファンディングは、個人や企業から集めた資金を事業者に融資します。また、利益が発生した場合は「出資者に配分するという」形が取られます。このほか、配分される履歴はお金ではなく「生産した商品や物、サービス等」で還元されることがあります。

 

どのような場所で資金が必要とされるのか?

 

クラウドファンディングやソーシャルレンディングによる資金調達は、大小さまざまな場所や企業、個人の間でも必要とされます。映画や音楽などのエンタメ産業への支援、アーティストの活動支援、起業を目指す若者の支援、企業の提案する新しいプロジェクトへの出資、企業の再建計画の援助など、クラウドファンディングの世界では、さまざまな形で出資が行われます。

 

※ ここまで説明したソーシャルレンディングについて「ちょっと自分に合わないな…」と感じられた方(=経営者)には、ファクタリングやビジネスローンなど、より手軽に資金調達できる方法をおすすめしています。また、成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおけば、資金ショートを確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

ネットで資金を集めるメリットとデメリット

 

ネットで資金を集める方法には、メリットとデメリットがあります。それぞれの特徴を知って、上手に資金調達を行ってください。

 

ネットで資金を集めるメリットは「莫大な宣伝効果」

 

ネットで資金を集めるメリットは、多くの人に会社や活動、サービスや商品のことを知ってもらえる点です。また、集まる資金以上に、クラウドファンディングには「莫大な宣伝効果」があります。

 

ネットで資金を集めるメリット
✓ 少額出資が多く、参加しやすい
✓ 大きな宣伝効果
✓ 銀行や公的資金に比べて資金が集めやすい

 

このほか、クラウドファンディングの多くは少額出資なので、誰でも気軽にサポートできるという利点があります。スタートアップの段階では、一人でも多くの味方を見つけることが重要です。(クラウドファンディングを通じて)自社の活動をサポートしてくれるファンや支援者が集まれば、大きな喜びが得られるでしょう。

 

クラウドファンディングに限らず、個人から出資を集める(ビジネスモデル)方法は古くから存在しました。しかし、クラウドファンディングの新しい点は、ネットで簡単「出資者を募集できる」点です。インターネットを使えば、情報収集のコストを抑えて複数の出資がすぐに集まります。また、TwitterやFacebookを通じて、情報の拡散も効率良く行えます。

 

これまでの資金調達は「銀行や金融機関」または、公的な融資に頼らざるを得ませんでした…。しかし、インターネットが普及するにつれて、個人と出資者が簡単に出会えるようになったのは「起業家」にとって大きな変化でした。ネットでの機会を生かせば、学生の起業家が誕生したり、ベンチャー企業が急成長するなど「個人にも大きなチャンス」が舞い込むようになります。

 

いまやクラウドファンディング投資は、金融機関、公的な補助金に並んぶ「資金調達法」として認識されています。また(ここ数年)話題の『エンジェル投資家』についても、クラウドファンディングに並ぶ「新しい資金調達の方法」として注目を集めています。

 

6HJtLkJSDqjqlE2NipEu_macbook

 

ネットで資金を集める「デメリット」

 

ネットを使えば、手軽に出資を募ることが可能です。しかし、ネットの世界は時に厳しく、計画性の無い状態で募集をかける(出資者を募っては)バッシングや批判を受ける可能性があります。こうしたトラブルを避けるには、以下のポイントに注意しながら「資金調達」を行ってください。

 

《 ネットで資金を集める場合・注意したいこと 》
✓ 全体の利益について計画が練られているかどうか。
✓ 独りよがりの企画、自分だけが得をするプロジェクトになっていないか?
✓ 出資者にも、大きなメリットがあるかどうか(配分の方法など)
✓ 出資者・主催者の双方がwin-winの関係にあるか?
✓ 誰が見ても「良いプロジェクト」になっているか?

 

出資を募る際「独自性は重要」ですが、独りよがりの計画では(ネットユーザーから)批判を受けてしまいます…。例えば「世界を幸せにするプロジェクトのため、取り急ぎ100万円が必要」と書かれていても、曖昧すぎて出資者を募ることはできません。 また「発展途上国を支援したいので、旅費に100万円が必要」と、大まかな部分だけ説明しても「出資金を何に使うのか怪しい」と誤解され、更なる批判を招きます。

 

トラブルに巻き込まれないためには『いつ・どこで・何のために・どのようにして・全体の利益を生むのか?』具体的な説明が必要です。また、どこから追求を受けても『大多数の人が納得』できるような、綿密な計画や将来性のあるアイデア、無駄のない方法、全体に利益を生む「確かなビジネスモデル」が必要になります。

 

ネット上では手軽にアイデアを出すことができます。しかし、大勢の前で発表していることを忘れてはなりません。まずは、企画書を「作り込む必要」があります。また、お金を集めることに対して「大きな責任感を持つ」ことが重要です。

 

ネットで資金を集める具体的な方法について

 

次に、ネットで資金を集める「具体的な方法」を説明しましょう。ネットでお金を集める方法は一種類ではありません。大きく分けると、次の五種類に分類できます。

 

『ネットで資金を集める方法』は5つある!
① 寄付型
② 貸付型(ファンド型)
③ ファンド型
④ 株式型
⑤ 購入型

 

①〜③について、以下で説明しましょう。

 

① 寄付型

寄付型は「ネットで寄付金を集める」方法です。集まった資金は、主に災害時の復興支援や紛争地域の救援に役立てられます。また、こうした方法はTwitterやFacebookを使うことで、公的機関よりも素早くピンポイントに資金を集められます。最近では、個人の医療支援や生活の再建支援にも「寄付型の資金調達」が、多く利用されるようになりました。

 

② 貸付型(ファンド型)

貸付型は別名「ソーシャルレンディング」と呼ばれます。複数の個人から少額出資を集め、個人や企業に対して出資を行います。取り扱い業者が仲介したあと貸付を行うため「出資者にはどのような事業をしているのか見えにくい」のがネックです。また、クラウドファンディングに比べると、取引や法律的な面で難しい部分があります。個人や企業に貸付をする場合「貸金業者」として登録する必要があるため、市場の拡大には課題が残されています。

 

③ ファンド型

ファンド型は、特定の事業に出資を集める方法です。日本では、2011年の震災後に「地元の産業を支援する」という形で、ファンド型の出資が広がっていきました。売り上げから配当を分配するケースもあれば、サービスや生産物で利益を還元するなど、さまざまな方法がとられます。ファンド型のメリットは小さな個人でもファンが集まりやすく、新事業の拡大に役立てられる点です。また、生産者や個人、事業者と支援者の間で意見が交換しやすく、金銭的な部分以外でも事業サポートが受けられるのは大きな魅力です。

 

④ 株式型

株式型では支援(出資)をする代わりに、企業の未上場の株を受け取ることができます。企業が上場した後は、株を売却することで出資金を回収します。株式型は、もともと「ベンチャーキャピタル」が行う、メジャーな資金調達法です。ただし、個人が「各企業の将来性を見極める」のは難しく、出資から資金の回収には大きなリスクが伴います。

 

株式型は近年「エンジェル投資」などの形で、個人でも投資しやすい土壌が整いつつあります。既にアメリカや北米では「エンジェル投資」が大きなシェアを誇り、ベンチャー企業の支援など、さまざまな場所で活用されています。

 

参考記事:エンジェル投資家とは?出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット (資金調達プロ)

 

⑤ 購入型

 

購入型は、寄付型や金融型の中間にあたる出資方法です。ここでは出資金の返還がありません。その代わりに、サービスや商品で還元されることが多く、アーティストの支援等でよく見られる(出資の)方法です。イベント等では、購入型の支援が頻繁に行われ『小さなパトロン』として投資が行われます。

 

※ ①〜⑤の方法について「条件が合わないな…」とお悩みの経営者には、ファクタリングやビジネスローンの利用をオススメします。また、資金調達の成功を確実にされたい場合には、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおけば、資金ショートを確実に回避できます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

どの方法を選ぶべきか?

 

寄付型や購入型の場合は「どのような形で支援できるのか」目に見えない部分が多いです。特に寄付型の場合は、集められた金額が「どのように使われるのか」見分けるのが難しく(資金が)私的に流用される恐れがあります。また、個人的な出資は「事業の不調や製品ができない」など、成功する確率は低いです。このため「どの方法で、誰に出資するか」はそれぞれが自己責任で調査し、きちんと見極める必要があります。

 

photo-1448318440207-ef1893eb8ac0

 

「ネットでの資金調達を100%成功させる」重要なポイントは3つ!

 

ネットでの資金調達を成功させる「最重要なポイント」を3つ紹介します。この3点をしっかりおさえておけば『ネットでの資金調達は100%成功』します。

 

『資金調達を100%成功させる方法!』
① 100%の確率で出資させる! 成功するアプローチの方法
② プロに学ぶ「ネットで資金調達を成功させる」10の心構え
③ 【完全版】ネットでの出資「必要な準備」はこれだけでOK!

①〜③の方法について、以下で詳しく解説します。

 

① 100%の確率で出資させる! 成功するアプローチの方法

 

まず、ネットで資金調達を成功させるには、正しい方法でアプローチすることです。どのような形で「自分のプロジェクトが役に立つのか」考えてみましょう。

 

最初は大まかな枠組みで構いません。マインドマップなどを用いて、徐々に細かな部分まで計画を練っていきましょう。最終的には、出資者からどんな質問が来ても(全て答えられるようになるまで)計画を詰めておいてください。「なぜ・どうして・どうやって・どのように・いつ」というという5点を意識して、資金活用の方法や企画を文章化してください。

 

理想がどんなに素晴らしいものでも、企画に穴(抜けている部分)があれば、必要な資金は集まりません。また、具体的に「いつ・どのような形で」プロジェクトが進んでいくのか、事業計画をきちんと立てておく必要があります。アプローチの段階から、綿密な市場調査を行い「ビジネスや企画の将来性」を追求するようにしましょう。

 

② プロに学ぶ「ネットで資金調達を成功させる」10の心構え

 

次に資金調達のプロに学ぶ「ネットで資金調達を成功させる」10の心構えを紹介しましょう。多くの「資金調達のプロ」は、以下のポイントを確認してから、新しいビジネスやイベントを計画し、資金調達を行います。

 

『ネットで資金調達を成功させる』10の心構え
✓ 自己満足ではなく「世の中や人のため役立っているか?」考える
✓ 資金の使い道には透明性があるか?
✓ サービスやプロジェクトは成功するか、利益はどのような形で分配できるのか?
✓ 借入を受ける場合、利益の出る時期、返済計画に無理はないか調べる
✓ 未上場株は、出資者の配分が大きすぎないか確認する
✓ 出資者は「リスクをどのくらいまで許してくれるのか」客観的に考える
✓ 資本金を集める場合「自らへの信用=集まる金額」だと理解し、責任感を持つ
✓ ネットで募集を行う以上、隙のない「完璧な計画」を発表する
✓ 分からないことは広く意見を求め、方向性を誤らないようにする
✓ ネットと金融機関のメリットとデメリットを比較・検討する

 

これらの点に注意すれば、ネットでの資金調達は必ず成功します。次の項目では「どのように準備していくのか」具体的に見ていくことにしましょう。

 

2172250553_2fb0bd9463_z

jonny goldstein

 

③【完全版】ネットでの出資「必要な準備」はこれだけでOK!

 

ネットによる出資は、次の「5つのステップ」で準備を進めていきます。

 

ネットでの出資「必要な準備」はこれだけでOK!
① まずは、計画やアイデアを文章にする(大きな枠組みをつくる)
② どのような方法で進め、計画を成功させるのか「具体的な部分」を詰めていく
③ 文章だけで無く、イメージしやすいイラストや写真、映像を作る
④ できあがった企画・計画を発表する
⑤ 出資を集める ⇒ プロジェクトの始動!

 

まずは「支援者が共感してくれるような企画」を立てます。次に「どのような方法で皆に還元し、プロジェクトが成功するのか」具体的なプロセスを文章に起こしましょう。また、文章だけで無く計画全体がイメージできるイラスト、写真、映像があれば「より多くの共感」が集まります。文章にしておけば、画像や映像にするのは簡単です。イメージ写真はフリー素材などを使い、視覚的に訴えられる資料(または作品)を制作しましょう。周りにイラストや映像に詳しい人(専門家)がいれば、協力を呼びかけてみてください。

 

このほかにも、ポジティブなイメージや理想だけでなく、トラブルが起きた場合どのように対処するのか「緊急時の対応」についても細かなイメージを持っておいてください。問題が起きた場合は、迅速に解決ができるよう準備が必要です。特に、誰も経験したことのないプロジェクトは想定外のミスやトラブルが起こります。専門家の意見や問題解決の方法をあらゆる角度から調査・確認しておきましょう。

 

また、法律的な問題についても忘れてはいけません。(法関係の)資料を作成し、分からない点は専門家に相談しましょう。これから起業する場合は、各都道府県の「起業家支援」を利用し、アイデアやアドバイスを求めても良いでしょう。

 

※ ネットで「支援者を募るのは、時間が掛かりそうだな…」とお悩みの方には、経営者の間で評価が高いファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避可能です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

ネット上の「資金調達」に関する法律

 

ネット上の資金調達は、法整備が追いついていない状態です。このため、海外に比べて「資金調達」にも限界があります。

 

クラウドファンディングについて明確な定義がありませんが、投資型や株式型については「第一種金融商標取引業者」に登録する必要があります。また、ファンド型で資金を集める場合は、第二種金融商品取引業者への登録が求められます。

 

第一種金融商標取引業者とは?

有価証券関連の売買・市場デリバティブ取引・外国市場デリバティブ取引、これら取引の媒介・取次・代理、有価証券等精算取次、有価証券等保管業務、有価証券の引き受け・募集・私募、店頭デリバティブ取引・その媒介・取次・代理、PTS(私設取引システム)等運営業務など、旧証券取引法の規定による証券業に近い業務を行う。 /出典:デジタル大辞泉

 

第二種金融商品取引業者とは?

受益証券・抵当証券・集団投資スキーム持分等の募集・私募、みなし有価証券関連の売買・市場デリバティブ取引・外国市場デリバティブ取引や、これら取引の媒介・取次・代理、有価証券・みなし有価証券関連以外の市場デリバティブ取引等のいずれかを業務とする。 /出典:デジタル大辞泉

 

ネットで資金を集めるのは、敷居が低いように見えますが、サイトを運営する以上法律的な手続きを怠ってはなりません。

 

4646164016_3b0efa734a_z

 

ネットでの資金調達「おすすめのサイト」のサイト一覧

 

ここからは、国内外の「資金調達に役立つサイト」を一挙に公開します。クラウドファンディングの世界は流れが速く、立ち上がって数年で消えていくサイトも多いです。このため、リンクやデータは新しいものに更新したいと思います(掲載サイトは、2015年12月末のデータ)。

 

国内のクラウドファンディング①(購入型)

 

まずは、購入型のサイトを紹介しましょう。

 

サイト名・URL 投資の種類
COUNTDOWN(カウントダウン) ビジネス・ゲーム・テクノロジー・アート・ファッション・社会貢献・その他
CAMPFIRE(キャンプファイヤー) 起業・ビジネス・デザイン・開発・アート・伝統文化・ものづくり・その他
CROSSクラウドファンディング 起業・ビジネス・デザイン・開発・アート・伝統文化・ものづくり・その他
DREAM ORDER ファッション
FAAVO(ファーボ) 全国の地域活性・産業支援・企業・アイデア・ものづくり
GREEN FUNDING Lab ※ 詳細は記事の後半で説明
ketsujitsu(ケツジツ) 資格・レッスン・コンサル
FUNDIY(ファンディー) アート・まんが
kibidango(きびだんご) 開発・ものづくり・アイデア・ビジネス・起業・復興
ドワンゴジェイピーストア オリジナルグッズ
Makuake(マクアケ) アート・文化・研究開発・ものづくり・アイデア・ビジネス・起業・復興
MotionGallery (モーションギャラリー) クリエイティブ・アート・デザイン
楽^2一座 オリジナルグッズ
READYFOR(レディーフォー) 社会貢献・復興支援・新規ビジネス・アイデア
ShootingStar (シューティングスター) 社会貢献・復興支援・新規ビジネス・アイデア
WESYM(ウィシム) アイデア・デザイン・アート・社会貢献・スポーツ
ガバメントクラウドファンディング(ふるさとチョイス) 政府・自治体によるクラウドファンディング(社会貢献が中心)

国内のクラウドファンディング②(投資型)

 

次には、国内の「投資型」サイトを見てみましょう。

 

サイト名・URL 投資の種類
AQUSH 投資型・不動産や資産運用
Crowd Bank 資産運用
Crowd Equity グリーンシート制度(※ 日本小計業協会が非上場企業に対して株式を円滑に売買するための制度)
Crowdcredit 投資型
jitsugen 投資型
LCレンディング 不動産投資
Lucky Bank 不動産投資
maneo 投資型
OwnersBook 不動産投資
SBIソーシャルレンディング 投資型
Smart Equity 投資型
セキュリテ 投資型
ツェートレ 海外不動産への投資

 

グリーンシートとは、日本証券業協会が未上場中小企業のために創設した株式公開制度です。ベンチャー企業の資金調達を円滑にすることを目的としています。 投資家の方にとっては、しっかりとした制度のもとで未上場 企業の投資に参加できる場となっています。グリーンシート銘柄は、証券会社の店頭で売買することができます。参考:Crowd Equity「グリーンシートとは?」

 

国内のクラウドファンディング③(GREEN FUNDING型)

 

GRREB FUNDINGとは、パートナー企業が「モール」の形を取って、各プロジェクトを応援するサイト(出資の方法)です。ここでは、国内GREEN FUNDINGの草分け的存在「GREEN FUNDING by T-SITE」のクラウドファンディングを一部紹介しましょう。T-SITEとは、TポイントやTSUTAYAでおなじみのポイントサイトで「GREEN FUNDING by T-SITE」は、T-POINTの関連事業として始まったモール形式の投資専門サイトです。

 

サイト名・URL 投資の種類
ALEEZ!japan スポーツ
bayfm78 PROJECT ROOM ラジオ
CHANGE MAKER 社会貢献
GameLife PROJECT ゲーム開発
IMA FAND! 写真
わくわく作るよ開発部 ものづくり
MeeT@UP スポーツ・社会貢献
NYLON PROJECT アイデア・デザイン・ものづくり・カルチャー
OUT IN JAPAN 写真
Sportie FUND スポーツ
SUSTENA 社会貢献・文化
TOKYO DESIGN COMMIT ファッション
オール富士ゼロックス募金サイト 社会貢献
てれびdeふぁんでぃんぐ ひろしま メディア
ハレブタイ 群馬県
ミライブックスファンド 出版と本
わくつく!【開発部】 クリエイター支援
東京カレンダー 食品
東京クラウドファンディング倶楽部 文化・起業・アイデア・デザイン・ものづくり
未来蔵人 ミライクラウド 日本酒

 

国内のクラウドファンディング④(クラウドソーシング型)

 

次に、国内の「クラウドソーシング型」ファンディングサイトを紹介しましょう。「クラウドソーシング型」は、アイデアやデザインなど「ビジネスに役立つ」仕事の募集・提供がメインです。

 

サイト名・URL 投資の種類
CUUSOO アイデア・デザイン
Dmet idea アイデア・デザイン
Wemake アイデア・デザイン

 

国内のクラウドファンディング⑤(その他・人気のあるサイト)

 

そのほか、国内で人気のクラウドファンディングサイトを紹介します。

 

サイト名・URL 投資の種類
Alive 音楽・エンタメ
A-port 朝日新聞のクラウドファンディングサイト
BrushUpArtiste 音楽・エンタメ
CROSS クラウドファンディング アニメ・漫画
MANGA ARTS アニメ・漫画
Okuyuki アニメ・漫画
muveo 音楽・エンタメ
PICNIC 音楽・エンタメ
東京楽市楽座 アニメ・漫画
ドリパス 映画
Cerevo DASH アイデア・デザイン
伝統サポーターズ 伝統・日本文化の支援
Spotlight ものづくり
MONOFunding ものづくり

 

 

海外の有名なクラウドファンディングサイト

 

photo-1427751840561-9852520f8ce8

 

最後に、海外の有名なクラウドファンディングサイトを紹介します。各国では、さまざまな投資・支援が展開されています。ただ、日本と同じように流れが速く、短期間で「消えて無くなる」サイトも多いので、取引には注意が必要です。

 

サイト名・URL 投資の種類
Cut on Your Bias ファッション・若手デザイナーの支援
Crowdcube 不動産投資
DemoHour 中国のクラウドファンディング専門サイト
Fundable スタートアップ(起業)支援
Gambitious ゲーム開発
idea.me 南米のクラウドファンディング専門サイト
indiegogo アイデア・ものづくり
Kickstarter デザイン・ものづくり
MUUSE ファッション・デザイナーの支援
Onevest 各種投資
RocketHub ものづくり・クリエイター
TeePublic デザイン・イラスト
Wujudkan.com インドネシアのクリエイター支援

 

ネットでの資金集め「注意点」

 

クラウドファンディングサイトは、日々増え続けています。しかし、多くのサイトは数年で消える傾向にあり、出資をしたプロジェクトはおろか、サイトにアクセスできないなど「運営をめぐるトラブル」が多発しています。クラウドファンディングは爆発的に普及しましたが、実際のところ、資金の配分やサービス、法律的な問題が追いついていない状況です。また、あまりにも多くのサービスが連立してしまい、小さなサイトには十分な出資が集まらなくなっています。

 

クラウドファンディングサイト・今後の課題

 

今後は、中小のサービスが大きなサイトに買収・合併されるかもしれません。高額な出資をする場合は「消えないサイト」を見極め、透明性のある取引ができるよう注意してください。これは出資側だけでなく、出資される側も「意識すべき」点です。いつでも持ちよく取引ができるよう、信頼できるサイトで出資を募ってください。

 

photo-1443770760695-e1bfa3e62229

 

ネットで資金を集める方法(まとめ)

 

今回は、ネットで資金を集める方法について解説しました。クラウドファンディングのサイトは、数えられないほどたくさんあります。自分のしたいこと・実現したい夢・ビジネスや今後の方針に合うサイトを見つけてから、資金調達をはじめましょう。

 

相性の良いサイトがあれば、銀行や金融機関よりも速く、目標とする金額が集まります。スタートアップ資金、事業の改革、新規ビジネスの参入にも上手に活用してみてください。

 

※ なお、同じネットを使った方法はクラウドファンディングに限りません。

例えば、経営者に人気の高いファクタリングやビジネスローンもネット上から申込可能です。また、資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 12/13 00:26
    無料診断がされました。
  • 12/12 23:31
    無料診断がされました。
  • 12/12 22:39
    無料診断がされました。
  • 12/12 22:23
    無料診断がされました。
  • 12/12 22:23
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

個人投資家からの借入の関連記事(41件)

1 2 3 4 5 9

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全352件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる