閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【保存版】信用保証協会から借入できる!あなたも融資審査を100%通す3つのコツ

信用保証協会を利用し「保証付き融資」を受けたい方は、非常に多いです。以下のポイントに当てはまる方はぜひ、本記事の内容を実践してみてください。

 

本記事は、こんな人におすすめ!
☑ 金融機関で融資をはじめて申込む
☑ 保証付融資を申し込んでいるが審査がなかなか通らない
☑ 会社の資金繰りに悪戦苦闘している

 

中小企業・小規模企業での資金調達は、信用保証協会付融資(以下、保証付融資)が基本です。金融機関の融資には、保証付融資やプロパー融資(保証付でない融資)がありますが「保証付融資」は、信用保証協会が保証を付けてくれる分、審査のハードルは低くなります。

 

しかし逆に言うと「保証付融資を受けられない企業」は、金融機関からの融資が受けられないことになります。

 

保証付融資は、金融機関の融資に信用保証協会の保証が付いたものであり、金融機関・信用保証協会、両方の審査が必要となります。ただ保証が付いているた め、プロパー融資に比べて銀行での審査のハードルは大きく下がります。本記事では【保存版】として、信用保証協会の概要と「融資審査を120%通す」コツを3つご紹介します。ぜひ、審査を受ける前にチェックしてみてください。

 

その前に・・・信用保証協会を通じた審査は、通常3週間から1か月程度時間がかかってしまいます。信用保証からの融資が間に合わない方は「ビジネスローン」を申し込まれた方が良いでしょう。例えば、以下のビジネスであれば『ネット申込』で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。

 

また、500万円くらいの資金であれば『最短1日』で調達できるのでお急ぎの方にもオススメです。資金調達をお急ぎの場合は今すぐ、以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みはわずか10分で終わるので、初めての方でもカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

また以下のサイトにあなたの事業内容を投稿すれば、投資家からメッセージを受け取り、数1,000万円の資金調達をする事も出来ます。登録はカンタン1分で終わります。

エンジェル投資家&起業家の募集ならFounder(ファウンダー)日本最大級のビジネスマッチング

このサイトは資金調達プロの運営会社である株式会社ユービジョンが2017年3月8日にリリースしました。是非、利用してみて下さい。

 

知っておくと得をする! 信用保証協会の役割について

 

まずは「信用保証協会」について説明しましょう。信用保証協会は金融機関ではなく、直接お金を貸してくれる訳ではありません。保証協会の主な業務は「申込者が資金を調達できるよう保証を行う」ことです。

 

信用保証協会の基本情報

 

「信用保証協会」は、昭和28年に設立された公的な機関です。ここでは、中小企業や個人事業主を資金調達の場面でバックアップし金融の円滑化を図っています。信用保証協会は「保証人」の代わりを務め「信用保証」を行い、資金調達ができるようサポートしてくれます。

 

「信用保証協会」は、中小企業・小規模事業者の皆さまが金融機関から「事業資金」を調達する際に、 保証人となって融資を受けやすくなるようサポートする公的機関です。 (出典:全国信用保証協会連合会 保証付き融資の基本を知る

 

信用保証協会は、全国47都道府県と4市(横浜・川崎・名古屋・岐阜)に拠点を構えています。   参考:一般社団法人「全国信用保証協会連合会」全国の信用保証協会

「保証付融資」とは、多くの中小企業・個人事業主が利用するメジャーな融資制度

 

全国に存在する企業のうち「大企業の割合」は非常に少なく、わずか全体の0.3%に過ぎません。一方で多数を占めるのは「中小企業と小規模事業者」で、全体の約99.7%(385万企業)にも上ります。実際に(平成26年の時点)で、約146万もの企業が信用保証制度を利用し、融資を受けています。

政策金融の区分 利用する企業の数
日本政策金融公庫(中小生活事業) 4.7万企業
日本政策金融公庫(国民生活事業) 93万企業
商工組合中央公庫 7.3万企業
信用保証協会 146万企業

 

参考:全国信用保証協会連合会「初めての融資と信用保証」 ※今スグ1,000万円調達したい場合はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。

 

連帯保証人は代表者のみ

 

保証付融資では、法人の場合は代表者のみが連帯保証人となり、個人事業主の場合は代表者自身が借入人になることから他の連帯保証人を付ける必要はありません。

 

信用保証制度(資金調達プロ)

 

保証付融資は、企業が融資の返済ができなくなったら信用保証協会が企業の代わりに銀行に全額支払いをして(これを代位弁済と言います)、その後は保証協会が債権者となり企業と連帯保証人から回収を行います。

参考:一般社団法人「全国信用保証協会連合会」信用保証制度について

 

信用保証協会で100%融資を通す3つのコツ!

 

いよいよ、本ページのメインテーマである「信用保証協会で審査を100%通す3つのコツ」を紹介しましょう。信用保証協会で「審査を100%成功させる」には次の項目をチェックし、実践してみてください。

 

信用保証協会で審査を100%通す3つのコツ
① 既に取引のある銀行から、信用保証を申し込む
② 銀行の担当者と連携して「保証が受けられやすい」よう動いてもらう
③ 信用保証協会に直接申し込む場合は「企業概要欄」を埋め、事業計画書を添付する

 

①〜③の内容について、以下で詳しく説明しましょう。

 

① 既に取引のある銀行から、信用保証を申し込む

 

「取引している銀行」があれば、まずは銀行経由で「信用保証協会」に申し込んでもらいましょう。付き合いの長い銀行は、各企業の業績や経営状況を細かく把握しています。このため、信用保証協会にも(銀行経由で)会社の状況が伝えやすく、取引がスムーズになります。

 

なお銀行との取引が預金ぐらいで、担当者も知らないのであれば、銀行の支店の融資窓口に行って、担当者を紹介してもらいましょう。ただその場合でも預金取引のない銀行よりは預金取引のある銀行、そして近隣の銀行にした方がよいです。預金取引のない企業や近隣でない企業から銀行に融資の相談に訪問してこられても、なぜ自分の銀行に来たのか銀行員は疑問に思い、警戒するかもしれません。

 

良い関係は良い融資につながる

 

銀行と良い関係を築いていれば、担当者が「融資が受けやすい」よう書類を作成してくれます。もちろん、正確な数字を用いて書類が作成されますが「審査に受かる書類」には共通した特徴があります。融資を多くこなしている銀行員であれば、こうした「審査に通りやすい書類作成のコツ」をマスターしているはずです。

 

なお、保証協会への交渉上手な銀行員がいます。そのような銀行の担当者は保証協会の保証金額をできるだけ大きくするために交渉してくれるのです。そのような担当者に当たればよいのですが、そうでないこともあります。

 

良い担当者に当たるためには、1つの銀行だけでなく3、4つの銀行とつきあって、それぞれの担当者の力量を見ておくと、資金調達の可能性、大きく融資を受ける可能性を高めることができます。   借入の件数金額が増えることは銀行の利息収入が増え「銀行の利益」にも繋がります。

 

また(信用保証協会の)保証が受けられると「貸し倒れのリスクが回避できる」など(銀行と事業者の)双方にとって、大きなメリットが生まれます。

 

※今スグ1,000万円調達したい場合はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。

 

② 銀行の担当者と連携して「保証が受けられやすい」よう動いてもらう

 

①の内容と共通しますが、銀行経由で信用保証を申し込む場合、書類を作成するのは「銀行の担当者」です。このため、担当者と連携をして「良い書類」を作ることが、融資を通す大原則です。   特に書類の内容は、審査の内容を大きく左右します。

 

まずは、銀行の担当者に「会社の状況」を良く知ってもらい、今後の事業計画について良く話し合うようにしましょう。良い連携が深めれば(信用保証協会の)審査は通りやすくなります。   また、信用保証協会を先に利用する場合は、信用保証協会の担当者と「良い融資が受けられるよう連携」を深めてください。

 

どちらが先でも、審査の可決率は「書類を作成する人の腕」にかかっています(※ 書類作成のコツは、本記事の後半でも詳しく説明しています)。

 

③ 企業概要欄を埋め、事業計画書を添付する

 

「企業概要欄」を作成する場合は、きちんと余白を埋め「内容のある文章」を作成してください。信用保証協会に申込をする際「企業概要欄」は重要な役割を果たします。

 

ここでは、申込者の会社が「どのような事業を行っているのか」審査側にアピールする大切な場です。「融資したい!」と思われるよう、会社の魅力を思う存分アピールしましょう。

 

参考:信用保証協会書類「記入例」/愛媛信用保証協会

ただし、書類上の企業概要欄(のスペース)は大きくありません。このため「事業内容を十分にアピール」するには、別紙として「事業計画書」を添付されることをおすすめします。事業計画書を通して「どのように売り上げアップの努力をしているか」正確に知らせることができれば、融資の可決率はアップします。

 

実際に「元融資担当者」に話を聞くと(融資可決のポイントについて)次のように答えています。

 

「保証審査を通すかどうかは売り上げアップ等、企業の取り組みを詳しくチェックし可否を決めています。また、企業概要欄や事業計画書(の内容)がお粗末な企業には、融資をするメリットは無いと考えています。」

 

企業概要は丁寧に作成をしましょう。正しい書き方については、以下のポイントを参考にしてください。

 

企業概要欄作成のポイント
✓ どのような事業を行っているのか正確に伝える
✓ 会社の業績はどのように推移し、今後どのように推移するか分かりやすく説明する。
✓ 業績は将来にポジティブな面が見えるよう、文面を工夫する
✓ 正しいな数字を用いて、業績を報告する

 

業績が思わしくない場合は「今後の希望が見える」よう、文章を作成してみてください。一見マイナスに思われる状況でも、書き方次第で「希望の見える」良い文面に変えられます。

文例1: マイナスからプラスに転じることをアピール① 『前年のA事業売り上げは縮小してしまったが、昨年始めたB部門の粗利は大幅にアップしている。このため次期売り上げ目標の数字は、次期早々にも達成する予定である』

 

同様に、マイナスの状況は以下のように書き換えられます。

 

文例2:マイナスからプラスに転じることをアピール② 『前年のA事業売り上げは縮小してしまったが、昨年始めたB部門の粗利は大幅にアップしている。このため時期売り上げ目標の数字は、次期早々にも達成する予定である』

 

書き方のコツは、文章の前半部分にマイナスの事象を置き、文章の後半で希望の見える文章(ポジティブな流れ)にすることです。マイナスの要素も、書き方次第で「全体的にはプラスに転じる」ことが効果的にアピールできます。   具体的には(文章の後半で)成長や売り上げアップ、目標達成など「企業の発展が見られる点」を表現しましょう。

 

もちろん、曖昧な説明や希望的観測だけではいけません。具体的な数字を使って、何パーセントの成長があり、いくら儲かるのか「目に見えるよう」に、数値化してください。

 

※今スグ1,000万円調達したい場合はこちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。

 

書類に嘘を書くのはNG!

 

融資を通す目的で「嘘の数字」を書くのはいけません。審査で求められるのは正しい数字です。「良い数字」に改ざんしても、審査が通ることはありません…。融資を勝ち取るには必ず、正しい数値が必要になります。誤った計算や嘘の申告をすると「通る審査も通らなくなる」ので注意しましょう。

 

 

このほかにも(審査の流れがスムーズになるよう)計算を何度もチェックし、完璧な状態で、書類を提出してください。銀行経由で申し込む場合は、融資の担当者に数字を確認してもらいましょう。既に付き合いのある銀行なら、会社の状況が伝わっているため書類の作成が楽になります。

 

まとめ

 

最後に「信用保証協会の融資を成功させるポイント」について、簡単にまとめておきます。

 

まとめ/審査を100%通すコツ
☑ 取引している銀行経由で信用保証を申し込む
☑ 銀行・保証協会の担当者と連携する
☑ 企業概要欄や事業計画書など、書類は正しく作成する
☑ 「文章力」が会社の経営状況を美しく見せる!
☑ 審査で重視されるポイントを知って、面談を上手に乗り切る

 

いかがでしたか? みなさんも「信用保証協会」を上手に活用し、会社に必要な資金をスムーズに調達してください。

 

※ なお、信用保証協会の融資は、早くても3週間から1カ月以上の時間が掛かります。このため、資金調達が間に合わない方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

 

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネクストの両方に申し込んでおいて下さい。両方を申し込んでおくことで、資金ショートは確実に回避出来ます。安心して経営に専念するためにも、ぜひファクタリングとビジネスローンの併用を試してみてください。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

「信用保証協会」の関連記事

・ 信用保証協会で「審査に申し込む方法」と、審査に受かるポイント2つ!

・ 信用保証協会で「融資を受ける」メリット・デメリット総まとめ

・【保存版】出資と融資、どちらが有利か?資金調達で成功する5つのコツ!

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 02/21 13:25
    無料診断がされました。
  • 02/21 13:13
    無料診断がされました。
  • 02/21 12:32
    無料診断がされました。
  • 02/21 11:25
    無料診断がされました。
  • 02/21 10:20
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
  • プライバシーポリシーをご確認ください。
    同意いただき、下の「同意する」にチェックを入れてください。
    同意する
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

公的融資制度の関連記事(30件)

1 2 3 4 5 6

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全363件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

プライバシーポリシーをご確認ください。
同意いただき、下の「同意する」にチェックを入れてください。
同意する
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる