10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

個人投資家になって「成功する」7つの方法 個人投資家として起業し、成功しよう!

ここでは、個人投資家として成功する7つの方法(成功のカギ)を伝授します。各個人投資家の活躍は、国内に限らず、雑誌や新聞など、さまざまな場所(メディア)で取 り上げられています。中には、資産を 1,000倍、2,000倍と増やし、機関投資家を圧倒させる「カリスマ個人投資家」もいる程です。

b8655dffe416951188be12cc2915ca6a_s

個人投資は「ほんのお小遣い稼ぎ」から「莫大な資産を築く」ものなど、大きな幅(または個人差)があります。

 

給与所得以外に収入源を作ることは重要!

 

この時代、給与所得だけで資産を増やすことは、ほぼ望めません…。しかし、個人投資家として投資を行えば「不労所得」として、資産を大幅に増やせるチャンスがあります。個人投資はギャンブルではありません。分析をして的確に投資を行えば、着実に資産を増やすことが可能です。

 

本記事で紹介する、7つの方法を実践し『個人投資家としての成功』を勝ち取りましょう! また一定の資産を築いたら、起業を行う(会社を興す)のも良いでしょう。ぜひ、本記事を投資や起業の参考(バイブル)としてお役立てください。

 

その前に・・・個人投資家としてノウハウを掴み、実際に利益を得るには、少なくとも1〜2か月程度の時間がかかってしまいます。もし「事業資金が早急に必要」という方は、先にビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。以下にオススメのビジネスローンをピックアップしてみました。どれも、ネット申込で今すぐ審査してもらうことができ来店などの手間がありません。また、500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

このほか、既に毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業に取り組んでおられる方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

誰もが再現可能「個人投資家で成功する」7つの方法!

 

日本には、約1,800万人の個人投資家が存在します。犬も歩けば投資家に当たる…ではありませんが、ネットが普及する現代において「個人投資家になること」は、珍しいことではありません。若者からお年寄りまで、誰もが(今すぐにでも)資産運用を始めることができます。みなさんも「成功する個人投資家」を目指して、投資方法や戦略をマスターしてください。

 

この章では、個人投資家として成功するための「7つの方法」について説明します。この7つを知っておけば、投資だけでなく起業家としても、大きな成功が勝ち取れるはずです。

 

個人投資家になって成功する7つの方法
① 投資の種類をマスターしよう
② 各投資のリスクを知っておく、リスクを少なく安全な取引を心がける
③ エンジェル投資家として未来の成功を勝ち取る
④ 株式投資の仕組みを120%知り尽くせ
⑤ 初心者でも分かりやすい! 不動産投資のABCを知る
⑥ 見習いたい・成功者のマインドと哲学を知る
⑦ 株式投資で起業「準備すべきこと」を再確認する!

 

①〜⑦の内容については、以下で詳しく解説します。1項目ずつ順に(または、気になる投資法を選んでから)実践してみてください。

 

df1871329d04faec8f8f8e3721f9a23c_s

① 投資の種類をマスターしよう

 

まずは「どのような投資法」があるのか一通り確認しておきましょう。各投資の特徴やメリット・デメリットをマスターしておけば、どの投資が「自分に向いているのか」的確に判断することができます。

 

現在、日本で行われている投資は、以下のように分類できます。中でも国内株式やFXは知名度が高く、性別や年齢を問わず、多くの投資家が取り組んでいる(メジャーな)投資方法です。また、最近では「クラウドファンディング」など、低額(少ない出資で)投資できる仕組み(新しい取引の方法)が整いつつあります。

 

日本国内の「主な投資の種類」 内容
国内株式 国内の株を売買し、投資を行う方法。株価が安いタイミングに取得し、高値で売れば利益が生まれる。株を取得すれば、株主として株式総会に参加できるほか、自社製品がもらえるなど「優待制度」も魅力のひとつ。株で成功をするには、経済や社会情勢だけで無く、取引銘柄の業績など「先を見越した分析」が必要になってくる。ビギナーからプロまで、多くの投資家が参加している。
FX(エフエックス) 外国の通貨を売買して、利益を生む投資法。別名「外国為替証拠金取引」と呼ばれる。レバレッジと呼ばれる方法を使えば、大きな為替取引が可能。ただし、結果を求めすぎるとハイリスクになってしまいギャンブル性が高くなる。安全に取引を行うには、レバレッジを高くするのではなく、コツコツ「小さな結果」を長期的に求める方が、リスクは少ない。
国内債券 国や地方自治体の公債(国債・地方債)のほか、企業の発行する社債を売買する投資方法。株式よりも「安全性の高い取引ができる」と人気が高い。特に、日本の国債は「安全でリスクが少ない」が、収益性はそれほど高く無い。一方「普通社債」は当たれば収益性は大きいものの、事業体が倒産すればリスクは大きくなるので注意が必要。
先物 先物とは「ある商品を」約束の期日までに「ある値段」で売買する権利を持つことを指す。銘柄は20〜30あり、取引はオプション料(約定金額の数%)だけで済む。少額の元手が大きな資産になるチャンスがあるので人気が高い。レバレッジをかけることができるが、FX同様リスクが大きい。取引の大半はニューヨーク市場で売買されているのが特徴。
国内投資信託 国内投資信託とは、専門家にお金を渡し投資をしてもらう方法を指す。専門家は複数の投資家からお金を集め、株や債権、短期金融資産などバランスよく運用を行ってくれるため失敗は少ない。ただし、専門家を通す分、取引には多額の手数料が発生する。また、専門家が分析を誤った場合「リスクを負う」のは、他の投資法と同じである。
国内不動産 国内不動産とは、アパートや賃貸物件、駐車場のオーナーとなり、賃料を得る方法を指す。不動産による投資は、株や債権のようなリスクが少なく、長期的に安定した収入が得られるため人気は高い。賃貸物件の購入は、一部ローンを組むことが可能。住宅ローンに比べて利息は高いが、自宅と併用して建築を行えば、家賃収入分を(ローン)返済に充当できる。
金取引 金は基本的に、ドル建てで取引が行われる。地金や金貨(現物資産)のほか、金積立など、さまざまな取引が存在する。このほかにも、金鉱ファンドや金先物取引、上場投資信託(金ETF)など、金相場と連動した売買や取引が行われる。金は価格が高騰しており、現物資産の中では人気が高い。また、アンティークコインの取引など、投資ジャンルは多岐に渡る。
預金 銀行預金は、子どもでも取り組める「最も基本的な資産運用」の方法。金融機関がマイナス金利を導入しない限り、銀行に預金をすれば僅かな利息が付くので安心できる。ただし、銀行が倒産した場合やインフレが起きると、預金が目減りしてしまうので注意が必要。
年金商品 年金商品は、通常の年金を補完する役割で出来た商品。定額と変額の二種類があり、定額はリターンは少ないものの安全な取引が特徴。一般の変額年金は、保険会社の運用によって年金額が変動する。年金商品は、サラリーマンに限らず、個人事業主など「老後を豊かにする目的」で広く活用されている。
外貨預金 外貨預金は、為替相場を利用して、通貨の売買を行い資産を増やすのが目的。為替相場を見れば、どの通貨が強いのか一目で分かる。外貨預金のほかにも、外国投信(外国籍の投資信託)や外貨建てMMF(高格付け商品や短期金融商品を中心にした取引)が利用できる。
海外不動産 海外不動産は、海外にある不動産を実際に購入するか、証券化されたものに投資をする。実際に不動産を取得すれば、賃料によって資産が増やせる。一方、証券化された取引は「REIT」と呼ばれ、専門的な知識が無くても堅実な不動産取引が行える。
外国投資信託 外国投資信託は、海外のファンド会社が運営を行い、先進国の国債、債券や株式などに投資を行う。外国投資信託の中でも「MMF」は10ドルから購入でき、初心者の間でも人気が高い。ただし、外国の投資信託は為替レートの影響を受けやすく、相場によっては受けるリスクが大きくなる。
外国株式 外国株式は、海外の企業に直接投資を行う方法を指す。海外には、成長の著しい企業があり、正しく見極めることで大きな利益が還ってくる。ただし、為替の影響を受けやすく、レートによっては大きなリスクを抱えることになる。失敗をしないためには、さまざまな国や企業に分散投資することが望ましい。
外国債券 外国債権とは、海外の政府や国債機関が発行する債券を指す。発行する機関によって、さまざま通貨で取引が行える。ただし、為替レートの影響を受けやすいため、売買には一定の注意が必要。話題の投資先としては、アジア開発銀行や米州開発銀行、世界銀行などが存在する。海外の情勢に詳しければ、外国債権に投資を行うのも良いだろう。

 

このように、投資にはさまざまな手段や方法があり、コツコツ資産を増やす方法のほか、利回りの大きい取引ができるものなど多様化しています。まずは「どの方法で運用したいのか」選択し、利用する投資方法について詳しく調べてみましょう。

 

投資に自信がなければ「投資信託」という選択肢がある!

 

資産運用に自信が無ければ、専門家を交えた「投資信託」を選択することが可能です。投資信託では(専門家の意見を取り入れ)国内〜海外に渡って「より良い投資先」が、簡単に見つけられます。ただし、投資信託に関しては以下の手数料が発生するので注意しましょう。

 

《 投資信託で必要な費用 》

● 購入時や買い付けの手数料

● 信託報酬(純総資産額の0.725%〜0.525%の年率)を日割りで徴収される

● 売却時の手数料

 

また、取引先によっては、銀行や証券会社に支払う手数料が発生(買い付け額の約1.05%〜5.25%が必要)します。手数料をカットしたい方は、投資について勉強を行い、自らの力で資産運用を行ってください。

 

また、専門家をもってしても、資産運用に「絶対」というワードは存在しません。このため、確実と呼ばれる方法でも、リスクを抱える危険性は十分にあります。取引に関しては(いかなる場合でも)自己責任で、資産運用を行ってください。

 

a474ae61599025bfb5d096237a301822_s

 

② 各投資のリスクを知っておく、リスクを少なく安全に取引を行う

 

「投資はリスクを少なく、安全に取引をする」のが一番です。中には高いレバレッジをかけて、ギャンブル性の高い取引方法(資産の運用法)も存在します。しかし、余程の「目利き」やプロでない限り、ハイリスクな取引は避けるべきと言えます。(投資信託で説明した通り)プロの投資家でさえ、失敗をすることがあるので油断は禁物です。投資初心者〜中級者の方は、できるだけ「ローリスクな取引」を心がけるようにしましょう。

 

リスクの少ない運用方法

 

リスクの少ない運用法は存在します。例えば、定期貯金であれば「1,000万円までは元本の保証」があり、銀行が破綻した場合も、安全に資産運用が行えます。また、手数料は発生しますが、信頼できる(能力の高い)専門家がいれば、手数料を払ってでも、投資信託を行うのは「賢明な方法」と言えます。投資信託を利用する場合は、優秀なプロに運用を依頼しましょう。

 

ただし、どの投資にもメリットとデメリットがあります。一般的に安全でリスクの少ない方法は、利息が低いので見分けるのは簡単です。また、リスクが高く元本が崩れる可能性が高い取引は、利息が高いものの、ギャンブル性が高いのが特徴です。

 

特に、レバレッジなど「他人の資本」を使って、手持ちの利益率(倍率)を高める方法は、初心者向けではありません。レバレッジを使った取引は「玄人でも危険」なため、うかつに手を出すのは止めておいてください。

 

長期的な戦略が、大きな成功を生む

 

投資は一攫千金を狙うのではなく、長期的に見て「プラスになるよう」運用してください。ここで、経済誌「The Wall Street Journal」のアドバイスを2つご紹介したいと思います。

 

巨万の富を築くには支払うべき代償があるというのは事実だが、著名投資家のウォーレン・バフェット氏でもない限り、それは株式の銘柄選択でギャンブルを して資金を失うということではない。油断をすると、衝動、無邪気さ、特に欲や恐れといった感情は金持ちになるチャンスの深刻な妨げになり得る(出典:The Wall Street Journal)。

 

また、投資信託について(The Wall Street Journalでは)以下のようなアドバイスを行っています。

 

自分の身を守り、金銭的な目標に大きく踏み出す最善の方法は、最初に金融のプロたちのチームに投資することである。これは有能で経験豊富なファイナンシャル・アドバイザーや会計士、より複雑な場合はエステート・プランナーを雇うということを意味している。確かにプロを雇うとお金がかかり、すべて自己流の投資をすることもできるのだが、彼らの客観性、専門知識、顧客それぞれの立場に合わせた助言、継続的な監視などにはその価値が十分にあり、自分ですべて調べるというとてつもない負担からも解放される(出典:The Wall Street Journal)。

 

稼いでいる個人投資家の多くは長期的で「安全な取引」を得意としています。こうした「有名投資家」の考えを取り入れると同時に、各投資のリスクをきちんと抑えるようにしましょう。それぞれのリスクを知っておけば、誰でも「プロレベルの安全な取引」が行えます。

 

42eee6143b47672aaad33883f57eac76_s

 

※ なお、個人投資家になることや、投資にチャレンジするのは「何だか難しそう…」とお考えの方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、以下のファクタリングとビジネクストの両方に申し込んでおくと良いでしょう。両方に申し込んでおけば、賢く確実に、資金ショートを回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

③ エンジェル投資家として未来の成功を勝ち取る

 

「エンジェル投資」と呼ばれる、新たな(投資の)方法があります。エンジェルは、起業家のスタートアップを支援する個人投資家を指し「金融機関を介さない資金提供」を行います。

 

(エンジェルは)アメリカで、ポピュラーな投資方法です。また、日本でも徐々にメジャーな投資方法として、認知されつつあります。実際に(日本国内でも)若手の支援や起業支援を行う、多くのエンジェル投資家が誕生しています。

 

エンジェルから投資を受けた起業家は、得られた利益を投資家に還元します。また、大半のエンジェルは、出資した企業の「未上場株」を受け取り、後に利益を得ています。

 

「未来への投資」は、大きな利益と成功のチャンスを秘めている!

 

海外の有名な企業の多く(主にIT関連起業等)は、エンジェルの出資を得て、大きな成功をおさめました。出資先が成功することは、エンジェル投資家の資産を増やすこと(収益)と直結します。また、起業家が成功すれば、それぞれ「win-win」の関係が築けます。

 

エンジェル投資の「リスク」

 

魅力の多いエンジェル投資にも、いくつかのデメリット(やリスク)が存在します。例えば、出資先が事業に失敗すると、スタートアップに使った資金は還ってきません。このため、投資家は「リスク覚悟」で投資を行っています。仮に、見返りを求めすぎてしまっては、大きなダメージを受けるでしょう…。

 

エンジェルとして成功をするには、出資する相手を見極める必要があります。どうしても「リスクを避けたい」のなら、出資金の少ないクラウドファンディングや信頼できる「マッチングサイト」を利用してください。マッチングサイトとは、起業家とエンジェル(個人投資家)を結びつける場(WEBサイト)です。

 

幸いなことに、ネット上には「大小さまざまなマッチングサイト」が存在します。また、不特定多数が出資するクラウドファンディングは、少ない金額で起業家への出資、ビジネスサポート、事業支援が行えるので便利です。

 

80afbe6bc96a5d419bfb6ad62fe2cf7e_s

 

エンジェル投資に関する参考記事

 

未来に投資をするという意味で、エンジェル投資やクラウドファンディングは「大きな可能性」を秘めています。成功にふさわしい相手が見つかれば、個人投資家自身も、大きな利益が得られるでしょう。

 

「エンジェル投資」や「クラウドファンディング」については、以下の記事を参考にしてみてください。ネットで資金を集める方法や、エンジェル投資家になる方法について、詳しく解説しています。

 

参考記事:エンジェル投資家とは?出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット

参考記事:エンジェル投資家とは?出資を受ける5つの秘訣とメリット・デメリット資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧(資金調達プロ)

 

④ 株式投資の仕組みを120%知り尽くせ

 

国内株式投資の仕組みについて、学びを深めましょう。株式を知れば知るほど「投資のテクニック」が、より確かなものへと変化します。もちろん、株式に関する知識は、海外にまで手を広げる必要はありません。まずは国内の株式について、知識を深めて行きましょう。

 

株式投資の方法は一つではなく、さまざまな形(種類)があります。

 

国内・株式投資の種類 内容
単体株 株式を売買するための最小単位を指す。発行する企業が単体株の単位を決定するが、通常100〜1,000株単位が一般的。
株式ミニ投資 単体株の10分の1の株数で売買ができるシステム。初心者が参入しやすいが、株主は「証券会社」となり株主の特典は受けられない。
株式累積投資 月1万円から(千円単位で指定できる)指定銘柄を積み立てで購入できる仕組み。一定額で参加できるためリスクも少ない。

 

(上記の通り)株の取得方法は、大きく分けて3つあります。株主として優待や特典を受けたいのなら、単体株を取得する必要があります。 一方「株取引を少額で始めたい」という方は、株式ミニ投資や株式累積投資に取り組んでみてください。少ない資金でも、手軽に株取引を始めることができるのでおすすめです。

 

通常、株式は売買単位である単元株数でのお取引となりますが、「株式ミニ投資」なら単元株数の1/10単位からお取引いただけます。今まで株式取引の経験がなかったり、買付けのためにまとまった資金が必要なことがネックになっていた方も気軽に投資できます(出典:大和証券「株式ミニ投資」について

 

積み立てで株が取得できる「株式累積投資」は、コツコツと資産運用できるのが特徴です。ここでは「リスクを避ける」ため、複数の銘柄に分散させると良いでしょう。取引に慣れれば、国内のマーケットだけでなく、海外のマーケットと組み合わせて「複数銘柄のポートフォリオ」を作ることが、可能です。

 

ecd1cd298cd3f810b4b0b7676ad031bb_s

 

「株式積立」は、1銘柄につき月々1万円以上1,000円単位という手軽なご資金でご指定の会社の株式を買付けていく仕組みです。毎月一定額ずつ自動引き落としで購入できるため、手間をかけずにコツコツ資産形成ができます(出典:野村證券「株式積立・株式累積投資」について

 

株式を総合的に勉強するには、証券会社の公式サイトが役立ちます。また、書籍で学ぶ場合は(株取引に関する)薄目の本を一冊購入し、隅々まで何度も読み返すようにしましょう。一冊に絞れば(何冊も本を揃えるより)理解が深まり、株について「総合的な知識が得られる」はずです。

 

※ 株式など「投資の方法」について、難しそうだな…と思われた方には、よりシンプルで素早く事業資金が調達できる、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

⑤ 初心者でも分かりやすい! 不動産投資のABCを知る

 

不動産投資は国内だけでなく、海外でも人気の資産運用法です。不動産投資は、自ら物件を購入し収益を得ることができます。また、共同で物件を購入し、分配された利益を受け取ることも可能す。不動産投資の方法は、以下の4つに分類できます。

 

不動産投資の種類 内容
マンション・アパート経営 物件を所有し、家賃収入によって利益を得る方法。資産運用としては手堅い方法だが、空室や家賃が下落すると大きなリスクが生じる。
駐車場 土地を駐車場として運営し、収益を得る方法。建物代が掛からず、初期投資が少なく済むのが最大のメリット。
匿名組合型 共同で出資し、高価な不動産を取得する方法。ただし、1口あたりが高額なため一般には出資(参加)しにくいのがネック。
REIT 匿名組合型より出資金額が少なく、誰でも参加しやすい不動産投資の仕組み。一定額で参加できるためリスクも少なく利回りも高い。

 

最近では、クラウドファンディングを使った「不動産投資」も人気です。こうした物件は、1口1万円から投資が行え、利回りも7%〜10%と「良い条件」で利益が得られます。クラウドファンディングによる物件投資については、本記事の後半でも詳しく説明しています。ぜひ、投資の参考にしてみてください。

 

⑥ 見習いたい・成功者のマインドと哲学を知る

 

目標とする成功者(個人投資家)がいれば「個人投資家としての心構え」が身につきます。見習うべき投資家は、海外に求める(ウェブサイト上で探す)と良いでしょう。海外の投資家は取引のスケールも大きく、目標としてふさわしい存在です。

 

また最近では、著名な投資家の自伝や伝記を翻訳本として、手に取ることが可能です。書籍を購入する場合は、できるだけ最新の情報を手に入れましょう。もちろん、国内にも「参考にすべき投資家」はたくさんいます。特に、最近では「個人投資家のブログ」が、資産運用のバイブルとして大いに活用されています。みなさんも、国内ブログを参考に「投資の知識」を深めていってください。

 

参考サイト:個人投資家ブログ30選!ランキングベスト10は誰? 

 

⑦ 株式投資で起業「準備すべきこと」を再確認する!

 

株式投資で企業「準備すべきこと」を再確認しておきましょう。デイトレーダーとして経験を積めば、専業投資家として生計を立てることは可能です。本記事では「投資家初心者」を対象に説明を進めましたが、プロ投資家として起業される方(起業資金をお探しの方)は、以下のサイトを参考に資金調達を進めてください。

 

参考記事①:ビジネスローン100%審査ガイド。事業資金借入6つのコツ

参考記事②:【保存版】ビジネスローン30選!法人・個人事業者向けローン一覧とメリット・デメリット

 

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s
個人投資家の基本的なライフスタイルとは?

 

成功する個人投資家のライフスタイルは、いたってシンプルです。投資家はサラリーマン以上に規則正しく、ルール(や時間)に沿って、取引を行っています。また、成功者ほど生活のリズムにムダがなく、取引にメリハリを付けているのが特徴です。

 

このほか、成功者は自己投資や学びの時間を大切にしています。テレビやネットでダラダラとした時間を過ごすのではなく「時間を大切にしている」のが、成功者のライフスタイルとして共通しています。

 

個人投資家・稼いでいる人の年収を発表

 

ここからは、個人投資家として稼いでいる人の年収を「世界1位〜10位」まで、発表したいと思います。 個人投資家の方にとっては、おなじみ「カリスマ投資家」がズラリと、勢揃いしています。みなさんの好きな投資家はランクインしているでしょうか? 共にチェックしてみましょう。

 

2015年 投資家ランキング 資産
1位:ウォーレン・バフェット(アメリカ) 8兆7,200億円
2位:ジョージ・ソロス(アメリカ) 2兆9,000億円
3位:カール・アイカーン(アメリカ) 2兆8,200億円
4位:アルワリード・ビンタラール王子(サウジアラビア) 2兆7,100億円
5位:レイ・ダリオ(アメリカ) 1兆8,500億円
6位:ロナルド・ペレルマン(アメリカ) 1兆7,400億円
7位:ジェームス・ハリス・シモンズ(アメリカ) 1兆6,800億円
8位:アビゲール・ジョンソン(アメリカ) 1兆6,000億円
9位:スティーブン・シュワルツマン(アメリカ) 1兆4,400億円
10位:フィリップ・アンシュッツ(アメリカ) 1兆4,100億円

(※ランキングの結果は2015年1月〜12月の総資産を元に作成しました)

 

いかがでしたか? 今回の結果では、4位の「アルワリード・ビンタラール王子」を除いて、すべてアメリカの投資家がランキングを独占していました。1位のウォーレン・バフェットは、2位のジョージ・ソロスを抜いて「5兆8千万円も多い総資産」を発表しています。

 

日本にも和製バフェットの「竹田和平」など、カリスマと呼ばれる投資家が存在しますが(彼をもってしても)その総資産は「100億円」と言われています。

 

国内のブロガー(個人投資家)をくまなく見ても、最高1億〜10億円が限度かもしれません…。仮に(資産が)10億円を超えれば、書籍を出版するなど「日本のカリスマ投資家」として活動することができるでしょう。このように、海外と国内の投資家の格差は歴然としています。

 

アメリカ「投資スクール」への留学熱が、年々高まっている!

 

(日本人の中にも)アメリカの起業家養成学校や、トレーダースクールに留学する人が増えてきています。語学力など「入学のハードル」は高いのですが、チャレンジする価値は大いにあります。

 

海外でトレーダーを目指すことは「国内投資家の憧れ」です。英語の堪能なトレーダーは、国内にとらわれず「世界規模で投資ができる」大きなチャンスが広がっています。語学力に自信があれば、ぜひ「海外の投資法」について学びを深めてみましょう。

 

a63746832bd81728b0ab21289b0e295e_s

※ 今回の解説を見ても「国内外の投資は難しそうだな…」と思われた方には、よりシンプルでカンタンに事業資金が調達できる、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクスト(=口コミ評価が高いビジネスローンの名称)の両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避出来ます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

成功への近道! 個人投資家向けセミナーに参加しよう

 

個人投資家として、大きな成功を目指すのなら「投資家向けセミナー」に参加してみましょう。セミナーは無料のものから、高額なものまでピンキリです。ただし、初心者が高額な費用を払ってセミナーに参加するのは「時期尚早」かもしれません…。まずは、無料の投資家セミナーに参加し「投資の大きな枠組み」について勉強してみてください。投資家セミナーは、以下の場所(証券会社やスクール等)で無料参加できます。

 

無料の「投資セミナー」が見つかりやすい場所
● 証券会社
● 株式スクールの無料体験講座

 

株式投資やNISAについて勉強したい方は「日本証券業協会」の無料セミナーに参加してみましょう。初心者向けのセミナーが中心ですが、初心者〜中級者まで「ためになる」無料講座が数多く見つかります。

 

日本証券業協会による「無料セミナー」の検索ページ

 

ここでの情報は、随時更新されているので、パソコンやスマートフォンをお使いの方は「ブックマーク」をして、こまめに確認してください。

 

個人投資家が必ず呼んでおきたい「人気ブログ」はコレ!

 

次に、個人投資家の方におすすめしたい「人気ブログ」を紹介しましょう。ブログは、無料で読めるにも関わらず、最良の「投資教材」として活用できます。特に、投資のカリスマが運営するブログは「成功法則」の宝庫といえます。取引やトレードの結果だけでなく、どのようなスタンスを(投資の際)取るべきか、有名投資家のアイデアを真似してみると良いでしょう。

 

おすすめのブログ(URLも紹介)については、以下の記事で詳しく紹介しています。本記事と合わせて「投資の参考」としてお役立てください。

 

参考記事:「個人投資家ブログ30選!ランキングベスト10は誰?」

(資金調達プロ)

 

fecaa31057d7c67dd19732a9972e8f75_s

 

少額から「誰でも今すぐ不動産投資家になれる」サイト

 

人気の「不動産投資」は、誰でも手軽に始められます。ここでは、少額でも不動産投資ができる「代表的なサイト」を4つ紹介しましょう。

 

少額でも不動産投資できるサイト
OwnersBook(オーナーズブック)
Lucky Bank(ラッキーバンク)
ツェートレ
LCレンディング

 

以下で、各サイトの内容と特徴を簡単に説明しておきます。

 

OwnersBook(オーナーズブック)

 

「オーナーズブック」「1万円から不動産投資できる」画期的なサイトです。実質利回りは7.18%と、資産運用としての魅力は十分です。また(不動産運用のプロの)推薦物件だけなので、リスクも少なく、安定した投資が始められます。このほか、スタートアップの流れ(説明)も分かりやすいので、投資初心者におすすめです。

 

Lucky Bank(ラッキーバンク)

 

「ラッキーバンク」は、2015年に「累計募集金額25億円」を突破しました。今では、国内の代表的な「不動産投資サイト」として、広く知られる存在です。投資の利回りは6%〜10%と高く、全案件不動産担保が設定されるので安心です。また、利益は毎月分配されるので、コツコツと「積み立て」ながら資産運用が行えます。

 

ツェートレ

 

「ツェートレ」は、フィリピンの不動産投資や新規事業支援を扱うサイトです。1万円から参加でき、誰でも気軽に「不動産投資」が始められます。また、ツェートレで購入した物件は、サイト内(会員同士)で売買することも可能です。海外の不動産投資に興味のある方に、ピッタリの資産運用法と言えるでしょう。

 

LCレンディング

 

「LCレンディング」は、不動産売買で定評のある「株式会社ロジコム」の子会社が運営を行っています。LCレンディングの会員は、わずかな資金で、食品スーパーやドラッグストア、ショッピングモールや大型商業施設などに投資できます。また、企業側でも全国の優良な商業施設にターゲットを絞り、優良な投資先として物件の紹介や(建物の)管理を行っています。

 

まとめ|個人投資家になって「成功する」7つの方法

 

今回は、個人投資家になって「成功する」7つの方法を中心に、個人投資家として成功するアイデアをいくつか紹介しました。投資で成功するには、基本に立ち返ることが重要です。ビギナーの投資家だけでなく、中級・上級投資家のみなさんも「投資の基本」を、今一度おさらいをしてみてください。

※なお、個人投資家を探している時間が無いという方や資金調達をお急ぎの方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

個人投資家からの借入の関連記事(41件)

1 2 3 4 5 9

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全320件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ