閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【保存版】事業資金調達100%成功ガイド|3つの方法と審査のポイント

ここでは、事業資金の調達を「100%成功させる方法」を3つ紹介します。資金繰りでお困りの方は、本記事で取り上げる「審査のポイント」と合わせて参考にしてみてください。

564743e445fd6c8473f335d83130c793_s

 

その前に・・・説明よりも「今スグ事業資金を調達したい!」とお急ぎの方のために、オススメのビジネスローンを3つご紹介しておきます。

 

「事業資金を今すぐ借り入れしたい」という場合は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。

500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

【2位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

 

また、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

はじめに:100%事業融資を成功させるために必要な3つのポイント

 

まずは「100%事業融資を成功させる」ために、必要な3つのポイントについて説明しましょう。以下、3つのポイントをマスターしておけば、資金調達はラクになります。

 

はじめに:100%事業融資を成功させるために必要な3つのポイント
1. 100%融資を成功させるには「知識」が必要!
2. 審査で「重視されるポイント」を知る!
3. 「審査が甘い金融機関」で100%の可決を目指す

 

以上、1〜3の内容については「3つの章」に分けて、詳しく説明したいと思います。

 

その前に・・・事業資金調達の中でも人気が高い、銀行融資の審査は通常1〜2か月程度の時間がかかってしまいます。

 

また、起業家・経営者の間で人気の日本政策金融公庫の場合も同様に、2〜3カ月の時間が掛かります。このため「資金調達が間に合わない!」という方には、以下のビジネスローンを先にオススメしています。これらはインターネットで申込ができ、今すぐ審査が受けられるほか来店の手間もありません。

 

また、500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

【2位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

【3位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

 

このほか「既に、毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている」という方には、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

第1章: 100%融資を成功させるには「知識」が必要!

 

まず、事業融資を成功させるポイントの1つ目「知識」について見ていくことにしましょう。事業資金を集めるには、借入できる金融機関、申請に必要な書類のほか、融資の種類について、詳しく知っておく必要があります。

 

3f5f9a579cc4c682d940a47c368a16fe_s

ここからは「事業資金に関する基礎知識」について説明していきます。

 

事業資金は、会社に必要な借入のこと

 

事業資金とは、会社や事業の運営に必要な資金を指します。また、本ページで取り上げている「事業融資」は、事業資金の借入(融資を受ける)を意味します。事業資金は会社の運転資金や設備投資だけでなく、事業規模の拡大や、事業を興す(起業する)際にも必要となる資金です。

 

会社が設立されたり、事業規模が拡大されると「新たな雇用」が生まれ、産業の発展や地方の活性化、ひいては「国の利益」へと発展します。このため、国や地方自治体では積極的に、創業資金や事業融資を行っています。

 

また、日本政策金融公庫や自治体では、会社が倒産しないよう運転資金の貸付を行ったり、倒産した会社には「再生資金」を融資するなど、さまざまな「支援制度」を設けています。

 

借入できる金融機関|銀行とその他の機関

 

事業資金は、銀行などの金融機関のほか、地方自治体、国からも融資が受けられます。このほか、少額融資に関しては消費者金融、ビジネスローン専業の金融機関でも貸付を行っています。事業資金が借りられる金融機関、公的機関の一覧は次の通りです。

 

事業融資が受けられる機関 融資の種類
日本政策金融公庫 ・ 運転資金の貸付
・ 設備投資の貸付
・ 起業資金の貸付
・ 再生資金の貸付
地方自治体 ・ 補助金・助成金
・ 公的融資
銀行 ・ プロパー融資
・ 信用保証付き融資
・ 不動産担保融資
消費者金融 ・ 個人事業者向け融資
・ ビジネスローン
ビジネス専業の金融業者 ・ ビジネスローン
・ 不動産担保融資

 

日本政策金融公庫や地方自治体からの融資は「公的融資」と言います。(銀行などの金融機関と違い)公的融資は「経済や地方の活性化」を主な目的としています。このため、金融機関よりも「貸付利息」が低く、借入負担が少ないのが、公的融資最大の特徴(メリット)です。また、公的融資では「返済の猶予期間」が設けられるなど、事業者にとって「お得な融資」制度です。

 

ただし、公的融資にもデメリットがあります。最もネックになるのは「融資実施までに時間が掛かる」という点です。例えば、日本政策金融公庫で申し込む場合、融資実施までに「約3週間前後」の時間が必要です。また、融資の金額が大きくなれば、審査の時間はより長くなるので注意が必要です。消費者金融や(一部の)銀行ローンのように「即日可能」な制度は(公的融資の中に)ありません。

 

融資の受け取りを急ぐのであれば、即日融資可能なローンや「最短2〜3営業日内に融資可能」なローンを利用しましょう。本記事の後半では、即日融資可能な事業者融資やビジネスローンについて、詳しく説明しています。

 

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

資金の確保や申請に「必要な書類」

 

資金を調達するのに「必要な書類」が、いくつかあります。各機関ごとに「必要な書類」を見ておきましょう。

 

「日本政策金融公庫」の審査で、必要な書類

 

日本政策金融公庫で融資を受ける場合は、以下の書類が必要です。

 

日本政策金融公庫の融資で必要な書類
✓ 借入申込書
✓ 企業概要書
✓ 事業計画書
✓ 事業計画進捗報告書
✓ 住民票の写し、または住民票記載事項証明書
✓ 身分証明書(運転免許証またはパスポート)
✓ 源泉徴収票または、確定申告書の控え
✓ 既に取引がある場合は、預金残高の証明書
✓ 創業融資を申請する場合は、所定の「創業計画書」
✓ 経営改善関連の融資を受ける場合は「経営改善計画書」
✓ 公庫の個人情報取り扱いに関する同意書

 

もちろん、融資(各制度)の種類によって、必要な書類は変わってきます。どのような書類が必要なのか(日本政策金融公庫を利用する場合は)以下のページを確認しておいてください。

 

● 日本政策金融公庫「融資制度一覧から探す」

● 日本政策金融公庫 国民生活事業「借入申込書等ダウンロード」

 

また、日本政策金融公庫の融資に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。本記事と合わせて、資金調達や審査の参考にしてください。

 

【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツとメリット・デメリット

(資金調達プロ)

 

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

 

※ なお、日本政策金融公庫から融資を受ける場合や、地方自治体の補助金申請には最低でも2〜3カ月の時間が必要です。資金調達が間に合わないという方は、先にファクタリングやビジネスローンを利用しましょう。

 

また、資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することができるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.   ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

3.   ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

4.オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

 

地方自治体の融資・補助金の申請で必要な書類

 

地方自治体の融資や補助金の申請に必要な書類は、各制度によって大きく異なります。中小企業庁の「全国の支援施策」検索ツールを使って、利用したい融資や補助金制度を探してみましょう。「ミラサポ」と呼ばれるサイト(中小企業庁運営のページ)では、全国の補助金・助成金・融資制度・専門家の派遣・起業支援など、さまざまな制度が一括検索できます。

 

ミラサポ「未来の企業応援サイト」施策マップ(中小企業庁)

 

お目当ての制度が見つかったら「申請に必要な書類」をメモしましょう。申込期間は、各制度によって異なります。締め切りに間に合うよう、準備は早めに取りかかるようにしてください。特に「事業計画書」や企業外証書の作成には(予想以上に)多くの時間が必要です。提出した後で後悔しないよう、見本を参考にしながら「正しいフォーマット」で作成を進めてください。

 

銀行の融資で必要な書類

 

次に、銀行融資で必要な書類を見ておきましょう。銀行の事業融資は、プロパー融資と信用保証付融資、担保付き融資の三種類に分類できます。プロパー融資とは、信用保証協会を利用しない融資で「企業の信頼度」に基づき審査を行い、貸付を行う方法です。

 

一方「信用保証付き融資」とは、信用保証協会を通した融資方法です。信用保証協会の役割は「私たち」中小企業や、個人事業主の信用保証を行うことです。万が一、債務者(事業者)が返済出来なくなっても、信用保証協会が代位返済を行います。このため、銀行は安心して事業者に融資が実施できます。

 

信用保証協会で保証が受けられると、銀行の審査が通りやすくなります。ただし、機関を利用する場合は、一定の保証料が必要です。「信用保証」を受ける(利用する)場合は、保証料の支払いに注意しましょう。信用保証協会を利用した融資や資金調達については、以下の記事が参考になります。

 

【保存版】信用保証協会とは? 「100%融資審査を通す!」3つのコツとメリット・デメリット

(資金調達プロ)

 

また、銀行では「担保付き融資」を実施しています。担保があれば、大口の融資(ビジネスローン)が受けられます。担保付きの融資の必要書類は、次の通りです。

 

銀行の不動産担保融資で必要な書類
✓ 申込書類
✓ 本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
✓ 固定資産税評価証明書または、建物の建築確認通知書
✓ 消費者金融の審査で必要な書類

 

このほか、銀行でも「無担保・保証人なし」 で利用できる事業融資(ローン)を扱っています。例えば、三菱東京UFJ銀行では「融活力」と呼ばれるビジネスローンがあり、以下の必要書類を集めて申請すれば、最高5,000万円の事業融資が受けられます。

 

(例)三菱東京UFJ銀行「ビジネスローン・融活力」で必要な書類
✓ 申込書類
✓ 本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
✓ 2期分の決算書
✓ 納税証明書(法人税、地方税、消費税など各1通)
✓ 商業登記簿謄本(発行三ヶ月以内のもの)

 

銀行融資は、公的融資に比べて「必要な書類」が(比較的)少なく済みます。また(公的融資に比べて)融資時間が、短く済むので便利です。

 

会社として、ある程度の実績があれば、銀行のビジネスローンや事業融資に申込をしてみましょう。また、不動産担保融資に関しては「いざという時の担保」があるため、通常の(プロパー)融資に比べて、審査が通りやすくなります。

 

保証人なしで申し込める

 

ビジネスローンの多くは「原則保証人なし」で申し込めます。代表者を連帯保証人に立てる必要がありますが「第三者に保証人を頼む手間」が省けるので、便利です。

 

ed941390d5d4bdda7c2dda7c5fbb8e74_s

 

消費者金融の審査で必要な書類

 

消費者金融でも、事業者融資やビジネスローンを扱っています。また、個人事業者向けの「少額融資」を扱っているので、気軽に利用できます。また、消費者金融の審査は、原則「担保無し・保証人なし」で利用できます。

 

ここでは、プロミス(三井住友フィナンシャルグループ)の「自営者ローン」 を例に、どのような書類が必要なのか確認してみましょう。

 

(例)プロミス「自営者カードローン」で必要な書類
✓ 本人確認書類(運転免許証またはパスポート)
✓ 収入証明書(最新の確定申告書、または青色申告書類、収支内訳書など)
✓ 事業実態を疎明する書類(受注書・営業許可書・納品書など)

 

消費者金融が便利なのは「必要な書類が少なく済む」点です。また、審査の時間も短く「即日融資に強い」のも(消費者金融ローンにおける)魅力のひとつです。プロミスの場合、融資の金額は「最高300万円」と少なめですが、事業資金として活用できるので「運転資金」としても活用できます。「銀行の審査が可決されない…」という方は、消費者金融ローンの申込を検討しましょう。

 

消費者金融(ノンバンク)での事業資金調達については、以下の記事を参考にしてください。借入のコツや審査に通る秘訣など「融資に関する情報」を詳しく紹介しています。

 

【保存版】ノンバンクから借入!融資審査を通す3つの秘訣とメリット・デメリット

(資金調達プロ)

 

メモ: 即日融資に強い・消費者金融ローン

ネット経由で申込をすれば、最短30分で審査結果が分かり、申込の当日中に必要な資金が調達できます。特に、事業融資でおすすめなのは、大手銀行系のカードローン商品です。大手銀行系のローンならが既に利用中の方はもちろん、初めての方でも安心して利用できます。

 

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

 

事業資金を調達して起業をしよう(株式会社の設立)

 

会社の設立をお考えの方は、起業資金(創業資金)を調達しましょう。起業前の方はもちろん、起業後間もない方でも「起業融資」が利用できます。例えば、日本政策金融公庫「創業融資」における、資金の使い道(貸付条件)は次の通りです。

 

新規開業資金の概要 《 資金の使い道 》新規開業資金の概要 新たに事業を始めるため、または事業開始後に必要とする資金(出典:株式会社 日本政策金融公庫

 

創業融資に関しては「創業後、7年まで融資可能」とする寛大な制度も存在します。会社の設立から「数年経った方」でも、創業融資を受けることが(一部の制度において)可能です。まずは、運転資金や設備投資向け融資と比べて「どの制度が最もお得なのか」それぞれの利息や貸し付け条件、返済猶予期間などを細かく比較してみましょう。

 

創業融資の良い点は「実績が少ない企業」にも、融資をしてくれる点です。通常、企業としての実績が無ければ(審査の)可決率は厳しくなります。これは、融資した企業が倒産してしまったら、貸した側が負債を抱えるなど「大きなリスク」が生じるからです。このため、銀行のプロパー融資を「創業資金に充てる」ことは、ほぼ不可能と言えるでしょう。

 

しかし、日本政策金融公庫の融資は「経済支援」という面が大きいため、一般の金融機関より「審査が通りやすく」なっています。また、信用保証協会を通した融資は「貸し倒れのリスク」を分散させ、安全な貸付が行えます。このため、信用保証経由の審査は可決率も高く、事業資金の調達が容易になります。

 

新しい融資の形「インターネットを使った」資金調達法!

 

ここまで、代表的な「事業資金の調達方法」を紹介しました。しかし、型通りの方法だけではありません。最近では、インターネットを使った新しい「資金集めの方法」も注目を大きな集めています。

 

例えば、不特定多数に資金を募る「クラウドファンディング」や、現代のパトロン制度と呼ばれる「グッドエンジェル」など、斬新な方法で資金を集めることが可能です。

 

9edaca2e1d406ec4e476c3c051e24144_s

 

ネットで出来る資金調達法は、次のように分類できます(2016年1月時点の情報)。

 

ネットで出来る「資金調達」の方法
1. クラウドファンディングの投資サイトを使う
2. エンジェル投資家とのマッチングサイトを利用する
3. 事業家にメールをする、コンタクトを取る
4. 個人のサイトやブログなどで告知し、支援者から資金を集める

 

なお「ネットによる資金調達」の方法は、以下の記事を参考にしてください。話題のクラウドファンディングやエンジェル投資など「次世代の資金調達方法」について、詳しく解説をしています。

 

資金集め100%ガイド。ネットで資金集めが出来る全サイト一覧

(資金調達プロ)

 

第2章: 審査で「重視されるポイント」を知る!

 

「審査で重視されるポイント」を知っておけば、審査の通過率もアップし、ストレス無く「必要な資金」が集められます。

 

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

 

ここでは「審査で重視されるポイント」を3つ紹介しましょう。

 

審査で重視されるポイント「企業の過去と未来」

 

審査では「企業の過去と未来」が重視されます。日本政策金融公庫、地方自治体の融資、銀行、消費者金融など、どの融資でも「会社が今後どのくらい発展し、どのくらいの収益が得られるのか、各企業の未来を査定しているのです。通常の申込では「企業の概要」と共に、事業計画書を提出しますが(審査する側は)これらの計画書を見て、審査の可決を決定します。

 

審査を受ける際、会社の経歴はもちろん、これから「どのように事業を進めていくのか」正確な計画表を作成しましょう。もちろん、使用する数字に間違いがあってはいけません。誤字のチェックと共に、計算ミスが無いかどうか、何度も確認をしましょう。

 

メモ:消費者金融の場合、申込はカンタンに完結する!

消費者金融ローンなどの「少額融資」は、この限りではありません。消費者金融の場合は必要な書類が少なく、直近の所得証明書や事業を疎明する書類(発注書や受注書、納品書など)で、簡単に申し込める融資もあります。もちろん、消費者金融でも「会社の未来」や業歴はチェックします。しかし、銀行や公的融資のように(計画書作成の)ハードルは高くありません。

 

審査は「返済能力の有無」に掛かっている

 

審査では「返済能力の高さ」も重視されます。返済能力があれば、貸し倒れのリスクも無く、安心して融資が実施できます。このため、会社の業績が良ければ、金融機関はスムーズに融資をしてくれます。また、過去の業績やこれからの「集積性の高さ」が証明できれば「返済能力が高い」と判断され、融資の可決率は大幅にアップします。

 

もちろん、会社だけではありません。経営者の手腕や「経営者の素質」についても、審査では重要なポイントとして見られます。面談を受ける時には「誠実さ」をアピールする必要があるでしょう。経営者は会社の顔であり、会社を象徴する存在です。このため、経営者が信頼されないと、会社全体の信用も無くしてしまいます。

 

返済能力を証明するためにも、会社と経営者は「良い印象を与える」ことが大切です。もちろん、会社としての魅力や将来性、過去の実績もきちんとアピールしてください。

 

審査は焦らない・慌てないことが重要!

 

資金繰りが苦しい時、運転資金が足りない時は、誰でも「融資可決までに余裕がない」はずです。しかし、時間的な問題で焦ってはいけません。申込前で焦ってしまうと、思わぬミスを招いてしまいます。審査の流れをスムーズにするためにも落ち着いて(冷静な状態で)書類や申請の準備を進めてください。

 

もしも、融資の受け取りまでに(時間的)余裕が無い場合は、ファクタリングサービスを利用しましょう。ファクタリングとは、売掛金や手形を現金化するサービスです。早ければ「最短1日」というスピードで、必要な資金が調達できます。ファクタリングサービスについては、以下のページを参考にしてみてください。ファクタリングをはじめとした「資金繰り改善の方法」が、わずか10秒で診断できます。

 

資金繰りの解決策が「10秒で診断」できる! 資金調達プロの「ファクタリング」

 

第3章: 「審査が甘い金融機関」で100%の可決を目指す

 

金融機関や利用するローンによって、審査の難易度は大きく異なります。ただし「どのローンが通りやすい」と断定したり「審査が甘い」と言い切ることはできません。なぜなら、申し込む人の属性によって、審査の難易度が変わってくるからです。

fe2d5d5fbf8ab72395ea585c91db9cce_s

 

ここでの「属性」とは、申込者の年齢や性別、住所、家族構成などの「個人情報」のほか、勤め先の情報、年収、持ち家やマイカーの有無など「どのような人物なのか」総合的な評価を意味します。最も重視されるのは、過去や現在の借入状況(他社の借入件数)で、カードの利用履歴なども「属性」の中に含まれます。

 

属性は「入試」のように点数(ポイント)化されているのが特徴です。例えば、借家よりも持ち家の方がポイントが高く、サラリーマンよりも公務員の方が高いポイントが付きます。ポイントが高くなると、審査において有利に働きます(可決率が高まる)。また、勤続年数が長ければ「仕事が安定している」とみなされ、属性のポイントが高くなります。

 

審査が通りやすいのは「こんな人」

 

事業者ローンを利用する場合「どんな人が」可決されやすいのか、簡単にまとめてみました。審査のポイントとして、一度チェックしてみてください。

 

「ビジネスローン」審査が通りやすいのは、こんな人!
✓ 勤続年数、業歴が長い(3年以上が望ましい)
✓ 他社での借入件数は2件以内におさまっている
✓ 年収の3分の1以上の借入(キャッシング)が無い
✓ ローン返済の遅延がない、過去に自己破産などの経験がない
✓ 安定した所得と、過去の経歴(実績)が証明できる

 

以上のポイントがクリアできれば、審査が通りやすくなります。会社として「安定した状態」が続いていれば、審査の内容は難しくありません。また、個人事業主の方でも業歴が3年以上あり、毎月安定した収入があれば「事業者ローン」は、難なく可決されます。

 

審査の難易度は銀行>公的融資>ノンバンク(消費者金融・ビジネスローン専門業者)の順にやさしくなります。

 

もちろん「審査が厳しい」とされる銀行融資でも、信用保証協会を通せば安心です。信用保証協会を利用すれば、審査難易度はゆるやかに(通りやすく)なります。また、担保や保証人が用意できれば、審査の可決率は高くなります。

 

公的融資を受ける場合、保証人に「同じ公的融資の利用者」を探しましょう。例えば、日本政策金融公庫の場合、現在公庫融資を利用している人(過去の利用者でもOK)を探せば、審査が通りやすくなります。知り合いの中に「公的融資の利用者」がいれば、保証人になってくれるよう、お願いしてみてください。

 

参考記事:【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツとメリット・デメリット

(資金調達プロ)

 

事業資金は「ブラック」でも借りられる!

 

あまり大きな声では言えませんが、事業資金は「ブラックな状況」でも(審査が)可決されるケースがあります。日本政策金融公庫は、全国銀行信用情報センターに加盟しており「銀行と同じように、審査基準が厳しい」と考えるのが一般的です。

 

しかし、日本政策金融公庫の審査は「信用情報」や「自己破産歴」を細かくチェックしないことがあります(あくまでもケースバイケースですが…)。このため、自己破産歴や債務整理の過去があっても「事業融資が受けられる」可能性は0ではありません。また、補助金や公的融資の一部は、金融機関と異なる審査方式を採用しており(属性がブラックの場合でも)事業資金が調達できる可能性があります。

 

ただし「ブラックでも100%公的融資が受かる」という訳ではありません。特に、他社での借入状況が悪ければ、審査に通る可能性は低くなります。

 

メモ:自己破産の問題をクリアするには?

自己破産歴があっても、諦める必要はありません。審査では、自己破産の後に「築いた資産」をアピールしてみてください。確かに、自己破産歴は「マイナス要素」を含んでいますが、その後「目に見える資産」が築けたのなら、マイナスからプラスに評価してもらえる可能性があります。面談を受ける場合は「現在の返済能力について」説明をしましょう。計画的に資産を築いていれば、会社経営にも「力が発揮されるだろう」と見なされます。

 

【メモ】ローンを利用する場合は、総量規制について知っておこう!

 

みなさんは、総量規制(そうりょうきせい)をご存じですか? 総量規制とは「借りすぎを防ぐお金のルール」で、年収の3分の1以上は融資できない規律(改正貸金業法)を指します。

 

例えば、年収600万円のサラリーマンは「200万円以上の融資」は受けられません。同じく、年収300万円のアルバイト従業員は「100万円を越える融資」は受けられないよう、総量規制が適用されます。

 

ただし、総量規制にも例外となる融資があります。例えば、クレジットカードの「ショッピング分」についても総量規制の対象外として扱われます。このほか、一部のローンは銀行法の下で融資が行われるため、総量規制とは違うルールで融資が実施されます。総量規制についてもっと知りたい方は、以下のサイトをご覧ください。

 

参考リンク:総量規制とは | 貸金業法について(日本貸金業協会)

 

※ なお、総量規制対象外ローンに興味を持たれた方には、同じく「総量規制外」のファクタリングやビジネスローンの利用をオススメしています。

 

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.   ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

3.   ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

4.オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

 

db4d705951df4e1fd649577e7964ef45_s

 

 

ローンを使い分けて、資金に余裕を持つ!

 

それぞれのローンを上手に使い分ければ、余裕を持った資金調達が可能です。例えば「他社での返済負担が厳しい」場合は、おまとめローンを利用して「今ある借入」を一気に完済しましょう。おまとめローンを利用すれば、借入件数を1本にまとめることが可能です。

 

実は、事業者融資に限らず、他社での借入件数は少なければ少ないほど「審査ポイントは高く」なります。例えば、消費者金融ローンを3社で借入している事業主と、銀行ローン1社にまとめている事業者では「後者の方が」返済能力が高いと見なされるのです。

 

まずは、各ローンの特徴を知り、上手に借入の負担を減らしていきましょう。また「属性が良くなった時点」で、信用保証付きローンや銀行ローン、公的融資制度にチャレンジすると良いでしょう。返済能力が高くなれば、事業資金の調達もよりスムーズでラクになります。

 

事業資金の申込方法

 

続いて「事業資金の申込方法」について、簡単に説明しておきましょう。

 

公的融資の審査|申込方法と「可決までの」流れ

 

公的資金は、日本政策金融公庫のほか、各地方自治体で融資が受けられます。 地方自治体の融資は、県や区・市町村のホームページで確認できます(※ 申請時期は各制度によって異なります)。審査から融資の実施には、3週間〜1カ月ほどの時間が掛かります。融資を急いでいる方は、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

 

「公的融資」の申込で、参考になるページ:

● 日本政策金融公庫

● 中小企業庁

● 施策マップ(ミラサポ・中小企業庁)

 

銀行ローンの審査|申込方法と「可決までの」流れ

 

銀行ローンは、プロパー融資(銀行から直接融資)を受ける場合と、保証付きローンを利用する場合では「手続きの方法」が異なります。通常、銀行から保証協会に申請する方法が一般的ですが、一部、信用保証協会に出向いて「利用できる金融機関」を紹介してもらう方法もあります。

 

信用保証協会は北海道から沖縄まで、全国に拠点を設けています。信用保証協会経由で融資を申し込む場合は、以下のサイトを参考にしてください。

 

「信用保証協会」の申込で、参考になるページ:

● 一般社団法人 全国信用保証協会連合会

● 全国信用保証協会連合会「お近くの信用保証協会」

 

参考記事: 【保存版】信用保証協会とは? 「100%融資審査を通す!」3つのコツとメリット・デメリット

 

消費者金融のローン審査|申込方法と「可決までの」流れ

 

消費者金融のローン審査は、個人事業主から主婦まで、誰でもカンタンに申し込めます(※ ここまで紹介した機関の中では、最もスピーディーに審査や融資が受けられます)。

 

消費者金融の場合、早ければ「その日の内に」必要な資金が受け取れるでしょう。消費者金融のローンは、インターネットで申し込むのが一番です。ネットで手続きをすれば、申込直後に結果が分かるローンがあり、大変便利です。

 

通常、消費者金融のローンは1,000万円を超えることがなく、審査のハードルも低めに設定されます。このため、審査で必要な書類も(銀行や公的融資に比べて)少なく済みます。消費者金融の多くは、土日や祝日でも営業しています(※ ただし、年末年始は除く)このため、審査がどんなに遅くても、2〜3営業日内に必要な融資が受けられます。

 

消費者金融ローンは「カード発行あり」と「カード無し(カードレス)ローン」の二種類があります。カード有りの場合は、郵送か店舗(無人契約機も含む)で受け取ります。また、カードなしの場合は、直接(資金を)振り込んでもらうか、ネットバンキングを経由して「オンラインキャッシング」が利用できます。

 

メモ:申込ブラックとは?

1 カ月以内に3社以上の申込をすると、どのローンも通らなくなるので注意しましょう。短期間に複数の申込をすると(俗に言う)申込ブラックと呼ばれる状況に 陥り、多重債務者と間違えられてしまいます…。申込ブラックになった場合は、約半年の間を待ってから、再度申し込むようにします。この場合も、短期間に2 社〜3社を越える申込は避けるようにしてください。

 

ビジネスローン専門業者の審査|申込方法と「可決までの」流れ

 

ビジネスローン専門業者の場合は、店舗で手続きをするケースが多いです。申込は「ネットや電話でもOK」という業者も見られますが、審査や受け取りに関しては「来店契約」を指定するケースがあります。利用するローンが「どのような手続きを薦めているのか」先に確認をしてから、手続きを進めましょう。

 

事業資金は「専門の金融業者」に任せて、安心!

 

ここまで、公的融資や銀行、消費者金融ローンさまざまな融資や貸付制度を見てきました。最後に取り上げた「ビジネスローン専門業者」に関しては、赤字や税金の滞納があっても「融資を前向きに検討」してくれます。

 

銀行や公的融資の金利も魅力魅力的ですが、審査の柔軟度から言えば「ビジネスローン専門」業者は、頼りになる存在です。どこに申し込んでも「審査が通らない」場合は、審査難易度の緩やかな業者を選びましょう。ビジネスローン専門の業者を選べば、資金繰りが苦しい時でも安心して相談できるので、おすすめです。

 

※ なお、事業資金の業者を選ぶのが難しいとお悩みの方には、ファクタリングやビジネスローンの利用を推奨しています。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.   ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

3.   ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

4.オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

 

b5f5a9e576552e24b2f1e4934acdb353_s

 

事業資金の調達で良くある質問

 

事業資金の調達で「良くある質問」を紹介したいと思います。みなさんが気になること、疑問に思うことがあれば、以下の回答を参考にしてみてください。

 

【質問1】 赤字決済でも事業資金は借入できるの?

 

はい。赤字決済でも、金融機関によって「融資を行う場合」があります。銀行の場合(融資は)難しいのですが、ビジネスローン専業の金融業者は、赤字でも融資を行う可能性が高いです。もちろん、会社の将来性が無ければ可決されませんが、赤字を理由に融資を断ることは(ビジネスローン専門の金融業者に関しては)殆どありません。会社の将来性や、今後の「収益性」を調査してみて「返済能力あり」と認められると、融資は(高い割合で)可決されます。税金の滞納でお困りの方、業績不振でお悩みの方は、ビジネスローン専門業者に相談をしてみましょう。

 

参考サイト:

● ビジネクスト「ビジネスローン」

● 日本保証「事業者向けファイナンス事業」エール500

● オーナーズセレクト(新生銀行グループ)

 

【質問2】 事業資金の調達に担保は必要ですか?

 

いいえ。事業目的の融資は、原則として「担保なし」で、貸付を行っています。ただし、担保融資型ビジネスローン等は、土地担保を元に融資を実施します。一般的に、担保があれば「数千万円〜億を超える」大きな融資が受けられます。これは、担保を元に「貸し倒れのリスク」が防げるからです。また、担保無しの審査に比べても(担保有りの場合は)可決率が高くなります。

 

【質問3】 事業資金は、保証人無しでもOKってホント?

 

はい。事業融資は、原則「保証人なし」で融資が受けられます。ただし、審査結果によっては「第三者保証」が必要です。また、一部のローンは「代表者を連帯保証人」として契約を結びます。利用するローンが、どのような「申込条件」を設けているのか、必ず確認してから申込をしましょう。

 

【質問4】 事業資金は個人事業主でも借りられる

 

事業資金は、個人事業主の方でも融資が受けられます。日本政策金融公庫からの融資や自治体の助成金(補助金)のほか、銀行融資、消費者金融でも、個人事業者向けの融資を実施しています。特に、政府や自治体では「女性や若手起業家」への融資を積極的に行っています。貸付金額は、平均100万円〜300万円前後と少なめですが、金融機関に比べて低金利なので安心です。また、一定期間は返済猶予が設けられるため、借入負担は最小限で済ませられます。

 

出典①:日本政策金融公庫「女性、若者/シニア起業家支援資金」

出典②:日本政策金融公庫「新創業融資制度」

出典③:日本政策金融公庫「女性小口創業特例」

 

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

 

事業資金「人気の申し込み先」ランキング

 

ここでは、事業資金の調達先として「人気の申し込み先」を5つ紹介しましょう。

 

ビジネスで人気のカードローン 限度額 実質年率
1. 資金調達プロ ファクタリング 調達先によって異なる 調達先によって異なる
3. ビジネクスト 最高1,000万円 8.0%〜
4. ビジネスパートナー|スモールビジネスローン 最高500万円 9.98% 〜 18.0%
5. モビット(株式会社SMBCモビット) 最高800万円 3.0%〜18.0%
6. オリコ CREST for Biz(クレスト フォービズ) 最高300万円 6.0%〜18.0%
7. プロミス(三井住友フィナンシャルグループ) 500万円まで(自営者ローンの場合は300万円) 4.5%~17.8%

 

この中で人気のモビット(株式会社SMBCモビット)は、以下の理由で人気があります。

 

☑️ 2018年オリコン顧客満足度ランキング ノンバンクカードローンNo.1
(2年連続受賞です!!)

☑️ 三井住友銀行内にあるローン契約機でもカード受取が可能
☑️ WEB完結の申込条件に“ゆうちょ銀行”が追加

参考:モビット(株式会社SMBCモビット)

 

カードローン以外にも、ファクタリングサービスのほか、信販会社などさまざまな場所で融資が受けられます。また、申込先に迷ったら「10秒診断」できる、資金調達プロ ファクタリングを活用してみてください。

 

d844df879711f2c992f599adc3e76865_s

 

まとめ「事業資金調達100%成功ガイド」

 

いかがでしたか? 今回は「事業資金調達100%成功ガイド」と題して、成功に役立つ3つの方法と「審査ポイント」を詳しく説明しました。本記事を活用して、資金調達を100%成功させましょう!

 

※ なお、事業資金調達の方法を「ひとつに絞るのは難しそう…」という方や「どの方法で事業資金を調達すべきか分からない」とお悩みの方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なよう、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避できます。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.   ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

3.   ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。

4.オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。

 

《 本記事と合わせて読みたい・おすすめのテーマ3本!》

・ 【保存版】日本政策金融公庫の融資審査を100%通す3つのコツとメリット・デメリット

・ 【保存版】信用保証協会とは? 「100%融資審査を通す!」3つのコツとメリット・デメリット

・ 【保存版】ノンバンクから借入!融資審査を通す3つの秘訣とメリット・デメリット

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 02/19 12:42
    無料診断がされました。
  • 02/19 10:09
    無料診断がされました。
  • 02/19 08:07
    無料診断がされました。
  • 02/19 07:55
    無料診断がされました。
  • 02/19 07:32
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
  • プライバシーポリシーをご確認ください。
    同意いただき、下の「同意する」にチェックを入れてください。
    同意する
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

金融機関からの借入の関連記事(65件)

1 2 3 4 5 13

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全363件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

プライバシーポリシーをご確認ください。
同意いただき、下の「同意する」にチェックを入れてください。
同意する
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる