閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【保存版】資金繰りを改善するための7つの対策方法とメリット・デメリット総まとめ

会社の経営において、「資金繰り」は常に意識するべき重要なポイントです。「売り上げが良いから関係ない」と考えていては、いざ資金不足に陥った時に対処をすることができません。

また、資金繰り改善は利益の増加につながることもあります。資金繰りを改善するだけで、会社の預金残高が6ヶ月で2倍になるようなケースも見られるので、資金不足に陥っていない会社も積極的に資金繰りを見直すべきでしょう。

そこで今回は、資金繰りを徹底的に改善する方法をご紹介していきます。

 

その前に・・・資金繰り改善で「どうしても上手く行かない…」とお悩みの方や資金調達で行き詰まりを感じておられる方はまず、以下のビジネスローンに申込まれることをオススメします。これらのローンはネット申込で、今すぐ審査してもらうことができ来店などの手間等もありません。また、500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

また既に「毎月200万円以上」の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている経営者の方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)の利用もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

 

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

■そもそも資金繰りって?なぜ資金繰りは必要?

資金繰りを見直す前に、まずは資金繰りの概要や必要性について見ていきましょう。資金繰りとは、会社のお金を管理することを指します。

会社を経営する上では、さまざまなコストがかかってきます。代表的なコストとしては、仕入れ費や税金、店舗の維持費などが挙げられるでしょう。会社はこれらのコストを、事業によって得た利益などから捻出しなければなりません。

仮に資金繰りが滞ると、会社はこれらのコストを支払えなくなるので、スムーズな経営は難しくなります。以下では資金繰りの必要性をもう少し詳しく説明するために、「資金繰りが滞るとどのようなリスクが生じるのか?」という観点から解説していきましょう。

 

【リスクその1】事業が進められなくなる

会社の現金が不足すると、仕入れ費や店舗の維持費などが支払えなくなるため、会社は事業を思い通りに進められなくなります。そうなれば、当然得るはずであった利益が減少し、さらなる資金繰りの悪化を招きます。

場合によっては仕入れ先への支払いを一時的に滞納することも可能ですが、これを繰り返すと社会的な信用を失ってしまう恐れも考えられるでしょう。

 

【リスクその2】従業員に給与を支払えなくなる

従業員に給与を支払えなくなる点も、深刻なリスクと言えます。ほとんどの従業員は給与のために労働をしているので、給与の不払いがあると有能な人材を逃してしまうかもしれません。

また、退職した従業員が周囲に自社の状況を話すことで、会社の信用を大きく落としてしまう恐れも考えられます。

 

【リスクその3】黒字倒産を引き起こす

黒字倒産」という言葉をご存じでしょうか?実は黒字の状態でも、資金繰りが悪化すると会社は倒産することがあります。

例えば、事業の売掛金の回収が3ヶ月後に来るとしましょう。その期間までにコストの支払いが生じると、黒字の状態でも経営はスムーズに進みません。

コストの支払い時にはキャッシュが必要になるので、黒字の状況でも経営者は資金繰りを常に意識するべきです。

 

上記のような状況が続くと、会社は借入などによって資金を調達することになります。その結果借金のみが膨らみ、倒産に追い込まれてしまう会社も珍しくはありません。

また、資金繰りを改善すると会社には以下のようなメリットが生じます。

①投資活動や規模拡大に取り組みやすくなる
②資金不足に早急に気付けるようになる
③未回収の債権に気付きやすくなる
④不要なコストを節約することで、会社の利益を増やせる

 

このように、資金繰り改善は会社のメリットリスク対策につながるので、どのような会社においても積極的に実践するべきと言えるでしょう。

 

■資金繰り表とは?キャッシュフローの改善には必須!

資金繰りを改善する上で、避けては通れないのが「資金繰り表」です。事業の収益・支出など、会社の全体的なお金の流れを「キャッシュフロー」と言いますが、このキャッシュフローの改善に資金繰り表は欠かせません。

前述でも軽く触れた通り、会社にはさまざまな収益・支出が発生します。取引先や仕入れ先が多いほど財務状況の把握は困難になりますし、小規模な会社でも経営者の頭だけで全てのキャッシュフローを把握することは簡単ではありません。

そのため、一般的な会社では一定の科目や区分に分けて、現金収入と現金支出を表にまとめる形で資金繰りを行っています。この表を資金繰り表と言い、資金繰り表を作成することで明確な財務状況がひと目で分かるようになります。

資金繰り表に明確なフォーマットなどはありませんが、一般的には以下の6区に分けて資金繰り表は作成されています。

 

①前月繰越 前月分からの繰越金。
②収入 買掛金や支払手形の支払いなど、事業に関する収益。
③支出 仕入れ費や人件費など、事業に関する支出。
④差引過不足 収入合計から支出合計を差し引いた、会社の利益となる現金。
⑤財務収支 融資などの借入や返済金、設備投資などの収支。
⑥次月繰越 (前月繰越金+差引過不足+財務収支)で表される、翌月へ繰り越せる会社の現金。

 

上記の項目を盛り込んだ資金繰り表を毎月作成することで、会社のキャッシュフローは今よりも明確になるはずです。以下は、上記の6区分を盛り込んだシンプルな資金繰り表の例となります。

 

4月 5月 6月
前月繰越 0 1,000 1,250
収入 1,000 500 200
支出 100 200 350
差引過不足 900 300 -150
財務収支 100 -50 -100
翌月繰越 1,000 1,250 1,000

 

上記の表は1ヶ月を区切りとしているため「月次資金繰り表」と呼ばれますが、1日単位で区切る「日次資金繰り表」を作成している会社も見られます。この日次資金繰り表や、各区分をさらに細かく分けた資金繰り表などを作成すれば、さらに会社のキャッシュフローを把握しやすくなるでしょう。

仮に上記の「翌月繰越」の欄が0未満となっている場合は、資金不足や資金ショートを引き起こしている可能性が高いので、早急な対策が必要になります。

 

■資金繰りを基礎から理解!基本的な3つの手順を解説

ここからは、いよいよ資金繰り改善の方法について解説していきます。資金繰り改善の基本的な手順を以下で身につけていきましょう。

 

【STEP1】入金と出金を具体化する

まずは資金繰り表を作成するために、会社の入金(キャッシュイン)・出金(キャッシュアウト)を明確にします。会社の入出金を簡単に図で表すと、以下のようになります。

 

B-01-01_1

 

上記の図の入金・出金の内訳や金額を明確にすることが、資金繰り改善のスタートです。例えば、これらの項目を簡単な日次資金繰り表にまとめると、以下のような表が作成されるでしょう。

 

B-01-01_2

 

【STEP2】入出金を3つの区分に分ける

会社の入出金は、以下の3つに大きく分類できます。上記で明確にした入出金の内訳を、以下の3つの区分に分けてさらに具体化していきます。

①営業収支 事業に関する収支。
②投資収支 事業や規模拡大のために行う投資に関する収支。
③財務収支 会社の財務管理にともなう収支。

各区分の具体的な項目としては、以下が挙げられるでしょう。

 

B-01-01_3

 

このように入出金を細かく区分分けするのは、問題を抱えている経営部門を明確にするためです。「どこにコストをかけすぎているのか」「どこを節約できるのか」を明確にすれば、利益を増やしてコストを抑えるための対策を立てられるでしょう。

月次資金繰り表を例にすると、3つの区分に分けた資金繰り表は以下のようになります。

 

B-01-01_4

 

【STEP3】「実績」と「予定」の項目に分ける

上記の資金繰り表を作成すればこれまでの会社の収支、つまり「実績」は明確になったはずです。しかし、資金不足を確実に防ぎたいのであれば、「予定」も意識した資金繰り表を作成しなくてはなりません。

したがって、実績の部分とは別に予定についても資金繰り表に記載していきましょう。予定を記載して会社の資金繰りを予測すれば、「いつまでにいくらの現金を用意するべきか」が明確になってきます。

例えば以下のように、毎月の実績と予測を分けて記載しておけば、短いスパンでの資金繰りを把握しやすくなるでしょう。

 

B-01-01_5

 

ここまで出来れば、会社の資金繰りが今までよりも明確になったはずです。しかし、「資金繰りを本気で改善したい」と考えている場合は、それだけでは不十分と言えます。

そこで次からは、資金繰り改善の方法をさらに詳しくご紹介していきましょう。

 

■【資金繰り改善の方法その1】経常収支と経常外収支を区別する

これまで何度も解説してきましたが、資金繰り改善に資金繰り表は欠かせません。そのため、資金繰り表を作成している会社は多く見られますが、繰越分や収支のみを記載したシンプルな資金繰り表では、細かく分析することは難しいでしょう。

資金繰り表に決まった形式はありませんが、より具体化するために「経常収支」と「経常外収支」を区別することは、最低限必要になると言えます。「できる限りシンプルにまとめたい!」と考えている方も、少なくとも以下の項目を盛り込んだ資金繰り表を作成するようにしましょう。

4月 5月 6月
前月繰越
経常収支
・経常収入
・現金売上
・売掛金回収
・雑収入
経常支出
・買掛金支払
・人件費
・諸経費
・支払利息
経常外収支
・経常外収入
・固定資産売却
・借入金調達
経常外支出
・固定資産購入
・借入金返済
収支不足
次月繰越

 

資金繰り表は、インターネット上でさまざまなテンプレートが公開されているので、そのようなテンプレートを使用する形で構いません。もちろん、表計算ソフトなどで自作しても問題ありませんが、上記の項目は必ず含めた資金繰り表を作成するようにしましょう。

 

エクセル資金繰り表テンプレート、フォーマット、書き方|無料ダウンロードは書式の王様

 

また、可能であれば月次資金繰り表だけでなく、日次資金繰り表も作成しておくべきです。例えば月末に売掛金回収が集中していると、その月の収支がプラスであっても月末前の資金繰りに悩まされる可能性があるためです。特に以下のケースに該当する場合は、日次資金繰り表の作成が必須と言えるでしょう。

 

月末の現金残高≦月間の売上

 

資金繰り表は自分で財務状況を把握するだけでなく、銀行など金融機関から融資を受ける場合にも活用します。資金繰り表の作成を習慣づけておけば、早急に借入が必要になった場合でもスムーズに対処できるはずです。

 

■【資金繰り改善の方法その2】売掛金や受取手形の回収サイトを早める

売掛金や手形による売上が多い会社は、売上から実際に現金が手元に入るまでタイムラグが生じます。このタイムラグによって、現金不足に陥る会社は意外と多く見られるので注意が必要です。

では、仮に2ヶ月後に入金される予定であった売掛金や受取手形の回収サイトを、1ヶ月短縮するとどのような変化が生じるのでしょうか?以下で具体例を見てみましょう。

 

前提条件

①4月から3月までの1年間における売上、費用は以下の表に示した通り。
②費用は全て現金支払いとする。
③売上全体のうち4割は現金売上、残りの6割は掛売上とする。
④期首現金残高は600万円。

 

○回収サイトが2ヶ月の場合

回収サイトにヶ月表

 

○回収サイトが1ヶ月の場合

回収サイト1ヶ月表

 

○回収サイト2ヶ月の場合と回収サイト1ヶ月の場合の現金残高の比較

回収サイト2ヶ月

 

上記の表を見て分かる通り、回収サイトを1ヶ月早めるだけで各月の現金残高が一気に増えることがあります。上記の回収サイト1ヶ月の表のように、毎月現金残高に余裕がある状況を作り出せば、各種支払いに困ることはありません。

また、回収サイト2ヶ月の表の7月に着目してみてください。年間としては黒字経営ですが、7月は一時的に資金ショートの状態に陥っており、黒字倒産のリスクを抱えていることが分かります。

この黒字倒産を防ぐためにも、可能な限り回収サイトを早める努力をするべきでしょう。では、回収サイトを早めるには、具体的にどのような行動を起こせば良いのでしょうか?

 

【回収サイトを早める方法その1】取引先などに交渉をする

取引先やお得意先に、直接「回収サイトを早めたい」と伝える方法です。手数料などのコストや手間もかからないので、比較的取り組みやすい対策と言えるでしょう。

しかし、自社の回収サイトを早めることは、取引先などの現金不足を引き起こす恐れがあります。そのため、交渉は確実に成功する方法ではありませんし、場合によっては「そんな話は聞いていない」と反発されて信用を失ってしま可能性も考えられるでしょう。

したがって、回収サイトを早めるには以下でご紹介する手段も検討するべきです。

 

メリット デメリット カンタン度
・余計なコストがかからない

・手軽に取り組める

・交渉が失敗する可能性もある

・取引先の信用を失う恐れがある

★★★☆☆

 

【回収サイトを早める方法その2】手形割引を利用する

取引先などから受け取った受取手形を利用して、銀行や手形割引業者から融資を受ける方法を手形割引と言います。受取手形を支払期日前に現金化できるので、手形割引も資金繰り対策としては効果的と言えます。

ただし、手形割引を利用すると「割引料」と呼ばれるコストがかかりますし、仮に振出人の会社が倒産をすると受取手形を買い戻す必要性が生じることもあります。

その結果、かえって資金繰りに悩まされてしまう恐れがあるので、手形割引を利用するかどうかは慎重に検討するべきでしょう。

 

メリット デメリット カンタン度
・支払期日前に受取手形を現金化できる

・振出人の信用性が高ければ、現金化できる可能性が高い

・割引料などのコストが発生する

・振出人の倒産リスクを抱える

★★★★☆

 

【回収サイトを早める方法その3】ファクタリングを利用する

ファクタリングとは、売掛金や受取手形を現金化する手段のことです。手形割引と違い、手形の振出人が倒産した場合であっても受取手形を買い戻す必要はありません。

最短で即日の現金化が可能ですし、信用情報の影響も受けない手段であるため、ファクタリングを利用することで手っ取り早く資金繰りを改善できる可能性があるでしょう。

 

メリット デメリット カンタン度
・最短で即日の現金化が可能

・信用情報の影響を受けない

・取引先との関係が悪化しにくい

・手数料などのコストが発生する ★★★★★

 

※ 回収サイトを早めたい方には、ファクタリングの利用が大変オススメです。またファクタリングだけでなく、ビジネクストのような「経営者の間で評価の高いビジネスローン」を併用すれば、資金繰りはより素早く改善できます。そして資金調達の成功を確実にしたい方は、ファクタリングとビジネクストの両方を申し込んでおいてください。平行して申し込んでおけば(仮に)どちらかの審査に落ちたとしても、資金ショートが確実に回避できるので安心です。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

■【資金繰り改善の方法その3】支払いサイトを遅らせる

「回収サイトを早める」とは逆の発想で、「支払いサイトを遅らせる」という手段も資金繰り改善には役立ちます。利益が増えるわけではありませんが、支払いサイトを遅らせれば手元に残せる現金が増えるので、一時的な資金不足を解消できるでしょう。

上記の回収サイトを早める見出しでは、回収サイトが2ヶ月の場合に7月時点で資金ショートを起こしている点を解説しました。では、この7月以降に支払いサイトを1ヶ月遅らせると、具体的にどのような変化が生じるのでしょうか?

 

○支払いサイトを遅らせない場合

○支払いサイトを1ヶ月遅らせた場合

支払いサイト

支払いサイトグラフ

 

上記の表を比較すると分かる通り、支払いサイトを1ヶ月遅らせるだけで以下の2つの変化が生じました。

①各月の現金残高が増えた。
②7月の資金ショートが改善された。

では、支払いサイトを遅らせるにはどのような行動を起こせば良いのでしょうか?具体的な手段としては、取引先などに対して「支払いを遅らせて欲しい」と交渉をする方法が挙げられます。掛け取引(買掛金)や手形の振出人になるなどの手段も考えた上で、一度交渉することを検討してみましょう。

 

【交渉時の注意点】

自社からの支払いを遅らせることは、取引先などの現金不足を招く恐れがあります。そのため、相手によっては断られる可能性がありますし、交渉の方法次第では以下のようなリスクが発生します。

①取引先などからの信用を失う。
②取引自体が中止になってしまう。
③自社の評判が下がる。

交渉をする際には上記のリスクを意識した上で、相手に不満・不安を与えない手段を選ぶようにしましょう。

 

メリット デメリット カンタン度
・余計なコストがかからない

・手軽に取り組める

・取引先に断られる可能性がある

・交渉方法によっては、取引先や社会からの信用を落としてしまう

★★★☆☆

 

■【資金繰り改善の方法その4】在庫を処分する

多くの在庫を抱えていると、売上が好調でも資金不足に陥ることがあります。では、どのような場合に在庫が資金不足を引き起こすのかについて、商品勘定合計残高試算表(※)を用いて以下で例を見てみましょう。

(※)

・商品勘定…商品の仕入れ・売上を処理したもの。

・合計残高試算表…科目に分けて合計金額や残高を処理したもの。

 

前提条件

期首の合計残高試算表の金額は、現金400、商品100、資本金500とする
当期の売上は1,500、売上原価は1,000、利益は500とする。

 

○仕入れ費が1,000であった場合

①商品勘定

仕入れ1000商品

②合計残高試算表

仕入れ1000試算表

 

○仕入れ費が2,000であった場合

③商品勘定

仕入れ2000商品

④合計残高試算表

仕入れ2000試算表

 

上記を比較して分かる通り、売上が好調だからと言って仕入れを2倍にすると、一気に資金不足を引き起こしてしまう恐れがあります。したがって、一度自社の在庫を見直し、仕入れや在庫が過剰になっていないかを確認してみましょう。

では、仮に在庫に問題を抱えていた場合、どのような対処をするべきでしょうか?

 

【過剰在庫の対処その1】在庫を処分する

手っ取り早い方法が、在庫を売却などで処分する方法です。在庫の価値が仕入れ時と変わらないと仮定すると、1,000の在庫(商品)を売却しただけで上記④の合計残高試算表の現金は、「-100+1,000=900」でプラスに転じることになります。

また、商品によっては在庫の管理コストもかかってくるので、仮に仕入れ時より在庫の価値が下がったとしても、処分するだけで資金繰りは改善する可能性があります。

 

メリット デメリット カンタン度
・手っ取り早く資金を増やせる

・在庫の管理コストを削減できる

・在庫の価値が下がると、期待通りの価格で処分できない ★★★★☆

 

【過剰在庫の対処その2】在庫を利用して融資を受ける

ある程度価値のある在庫に関しては、その在庫を担保として融資を受けることも可能です。在庫担保融資は中小企業にとっては効果的な資金調達手段になることもあるので、多くの在庫を抱えている場合は積極的に検討してみましょう。

 

メリット デメリット カンタン度
・会社や在庫によっては、多額の資金を調達できる

・在庫を保有したまま資金調達ができる(営業活動に支障が出ない)

・返済義務が発生する

・返済不能に陥ると、全ての在庫を失う恐れがある

★★★★☆

 

■【資金繰り改善の方法その5】税金の延納・振替納税をする

資金が不足しているからと言って、つい税金を滞納してしまっていませんか?税金の滞納は「会社の資金難」を意味するので、社会的な信用を失ってしまう恐れがあります。

では、仮に税金を滞納すると、具体的にどのようなリスクが生じるのでしょうか?

①銀行融資を受けられなくなる。
②ファクタリング契約を結べなくなる。
③取引先・お得意先からの信用を失う。

つまり、税金の滞納は資金繰りのさらなる悪化を招く恐れがあるのです。それに加えて、「延滞金」と呼ばれる余計なコストが生じる点も、税金滞納の深刻なリスクと言えるでしょう。

したがって、税金は会社が確実に捻出しなければならないコストです。ただし、以下の2つの方法を実践すれば、一時的に税金の負担を抑えられる可能性があります。

 

【税金の負担を抑える方法その1】税金の延納

税金の延納とは、所得税の納付を2ヶ月半先まで延ばせる制度です。法人税には適用されませんが、所得税を納付するタイミングを遅らせれば、会社の現金を一時的に増やせるでしょう。

ただし、この延納制度を利用するには以下の条件を満たさなくてはなりません。

①当初の納付期限までに2分の1以上の税金を納めること。
②申告書第一表に延納金額を記載して、所定の手続きを済ませること。

また、延納期間中に年1.8%の利子税がかかる点にも注意が必要です。延滞をした場合にかかる延滞税(年2.8%)に比べると低い税率ですが、結果として支払うべき税金が増えてしまうので、延納する金額は慎重に設定するべきでしょう。

手続き自体は簡単ですが、多額の税金を延納すると利子税により経営が圧迫されてしまうため、延納する場合でもある程度の納税資金は確保しておくことが重要です。

 

メリット デメリット カンタン度
・所得税の納付を2ヶ月半延ばせる

・手続きに手間がかからない

・年1.8%の利子税がかかる ★★★★★

 

【税金の負担を抑える方法その2】税金の振替納税

所得税と消費税に関しては、預貯金口座から振り替える形で納めることで納付を1ヶ月遅らせることができます。これを「振替納税」と言いますが、振替納税の利用には以下の条件を満たす必要があるのでチェックしておきましょう。

①口座の残高が納税額より多いこと。
②確定申告において、期限内申告をしていること。
③税金の種類ごと、税務署ごとに手続きをしていること。

振替納税の手続きについては、以下が基本的な流れとなります。

【STEP1】「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」を作成する。

【STEP2】税務署、もしくは依頼書に記載した金融機関に書類を提出する。

 

手続き自体はシンプルですが、上記③の条件には注意が必要です。所得税と消費税の2つを振替納税したい場合は、両方の税金で手続きを済ませる必要があります。所轄の税務署が変わった場合も、その税務署での手続きが必要になるので注意しておきましょう。

なお、手続きの期限については、振替納税したい申告所得税及び復興特別所得税、消費税および地方消費税の納付期限までとされています。

 

メリット デメリット カンタン度
・所得税と消費税の、2つの税金の納付を遅らせられる

・指定口座からの納付となるので、資金管理がしやすくなる

・各税金で手続きが必要になる ★★★★☆

 

※ ファクタリングが利用できるかどうか不安な方は、以下の10秒無料診断を利用し「自社にマッチするファクタリング業者」を見つけてみましょう。また、ファクタリングだけでなくビジネスローンを併用すれば、資金繰りはよりスピーディーに改善できます。このほか、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおけば安心です。何故なら(仮に)どちらかの審査に落ちたとしても、資金ショートが確実に回避できるからです。資金調達の成功を確実にしたい方は、ぜひ以下の方法を試してみてください。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

■【資金繰り改善の方法その6】運転資金と設備資金を明確に分ける

特に起業当初の方は、運転資金と設備資金を明確に分けて考えるべきです。この2つを混同して資金繰りを把握していると、運転資金の不足に気付けず資金ショートを引き起こしてしまう恐れがあるためです。

業種によっても異なりますが、特に小売業など売上金の回収が後回しになる業種では、上記のようなケースが起こりがちです。「いつどのようなコストが発生するのか」を把握するために、起業当初は運転資金と設備資金をきちんと区別するようにしましょう。

運転資金 固定費や仕入れ費など、事業継続のために必要なコスト。
設備資金 テナント料や設備代など、起業や事業の当初だけ必要になるコスト。

上記2つの資金を分けて表などにまとめておくことで、運転資金のショートを防げるはずです。

 

■【資金繰り改善の方法その7】専門家を頼る

ここまでを読んで「資金繰りは難しい…」と感じた方は、専門家を頼る方法も検討してみましょう。具体的な専門家としては、会計士や税理士などが挙げられます。

専門家は資金繰りをシミュレーションしてくれるケースが多いので、例えば「資金投下をしたいけれど、リスクが大きすぎないか不安」という場合などでも、専門家を頼ることで冷静に対処しやすくなります。ほかにも、専門家を頼れば以下のようなメリットを感じられるでしょう。

①過剰な投資など、経営のリスクを避けられる。
②最善の節税対策を教えてもらえる。
③経営者が事業に集中できる。

専門家に依頼をするともちろんコストはかかりますが、そのコストを支払ってでも専門家に任せたほうがお得になるケースも少なくありません。近年では無料相談を受け付けている専門家も見られるので、「1人では難しい…」と悩んでいる方はまず相談をするところから検討してみましょう。

 

メリット デメリット カンタン度
・効率的に節税できる

・事業にも集中した状態で資金繰りに取り組める

・専門的なアドバイスを受けられる

・コストが発生する

・専門家探しに手間がかかる

★★★★★

 

■資金繰りが悪化する6つの原因

ここまで、資金繰り改善の方法について詳しくご紹介してきました。しかし、資金繰りを本当に改善しようと考えているのであれば、改善の方法ではなく「悪化する原因」もつかんでおく必要があります。原因を把握しておけば、悪化する前に対策を立てることができるでしょう。

そこで以下では、資金繰りが悪化する原因をご紹介していきます。

 

【悪化する原因その1】収益の少なさ

事業の収益が少なくなると、どうしても会社の資金繰りは悪化してしまいます。一時的に収益が好調であったとしても、流行の変化などで収益が大きく減ると、短期間で資金繰りが悪化してしまう可能性もあるでしょう。

業種によっては、ほかに季節や災害などの影響も受けるので注意が必要です。

 

【悪化する原因その2】借入金の返済

借入金の返済も、資金繰りの悪化要因として多く見られるものです。資金不足だからと言って、「借入をすれば乗り切れる」と考えてはいませんか?

過剰な借入は経営の負担を増大させ、その結果さらなる資金繰りの悪化を招く恐れがあるので、借入は慎重に行う必要があるでしょう。

 

【悪化する原因その3】売掛金・受取手形

売掛金や受取手形は、貸し倒れリスクがあるものです。また、売上から実際の入金までにはタイムラグが生じるので、その期間中に資金繰りに困らないよう細心の注意を払う必要があるでしょう。

資金繰りを改善するには、未収金の売上を可能な限り早めに回収することが重要です。

 

【悪化する原因その4】売上の急増

商品・サービスの売上が急増すると、会社は仕入れや人材確保の必要性に迫られます。売上金をすぐに回収できれば問題ありませんが、売掛金などで入金までにタイムラグが生じると、仕入れや人材確保のコストによって資金ショートを引き起こす恐れがあります。

発注から納品までの期間を延ばす、商品の数を限定するなどの対策も時には必要になるでしょう。

 

【悪化する原因その5】設備投資・規模拡大

設備投資や規模の拡大も、資金繰り悪化を招く要因となり得ます。特に融資によって資金を用意し、以下の式に該当する場合は要注意です。

 

購入資産の減価償却費<借入の返済額

 

上記の式に該当すると、全ての利益を返済に充てる形になり、最終的には税金のみを支払う状況になってしまいます。そのため、資金投下はより慎重に判断し、過度な投下は避けるべきでしょう。

 

【悪化する原因その6】在庫の増加

在庫の管理には以下のようなコストがかかるので、大量の在庫を抱えるとそれだけで資金繰りは悪化していきます。

①場所代
②人件費
③光熱費
④利息(※借入金で在庫を増やした場合)

在庫は売却できなければただ負担になるだけですし、売却できても長い期間管理していると、管理コストが売上を上回って利益になりません。低価格などに惑わされず、必要以上の在庫は抱えないように意識しましょう。

 

〇要チェック!資金繰りが悪化しやすい業種もある?

資金繰りの容易さは、実は業種によって大きく変わってきます。例えば以下で挙げる特徴に該当する業種は、上記でご紹介した原因が生じやすいので、資金繰りが悪化しやすい業種と言えます。

①季節や時期によって売上が大きく変動する。
②天候や災害の影響を大きく受ける。
③仕入れなどの買掛金が多い。
④売上1件あたりの単価が大きい。
⑤入金までのスパンが長い。
⑥機材や車両など、大きな設備(機材)を利用する。
⑦在庫を抱えるケースが多い。

では、具体的にはどのような業種が該当するのでしょうか?これから起業を始める方などは、以下の業種を避けることで資金繰りが容易になる可能性があります。

建設・建築
製造業
アパレル関係
ネットショップ
運送業
メンテナンス業
卸売業
小売業
食品加工業
エンジニア
観光業

 

※なお、急激な資金繰り悪化が原因で「資金調達」をお急ぎの方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

■最後にチェック!3つ以上該当する場合は要注意!

資金繰り改善の方法については、上記の見出しまでで詳しく解説しました。ここからは「改善するべきか分からない…」とお悩みの方のために、自社の財務状況を把握するためのチェックシートをご紹介します。

以下のチェックシートに3つ以上該当する欄がある方は、資金繰りに対して危機感を持つようにしましょう。

 

B-01-02_1

 

以下では上記の項目のうち、本記事で詳しく触れていない部分について解説していきましょう。

 

【1】資金繰りを意識した経営を行っていない

資金繰りの方法を知らない、どんぶり勘定による経営をしている会社などが該当します。そのような会社の場合、売上が好調であっても黒字倒産などに追い込まれる恐れがあります。

 

対策:経営者や財務担当者が資金繰りについて知り、会社のキャッシュフローを確認する必要があります。公認会計士や税理士などに相談する方法も効果的です。

 

【2】売上高の向上に気を配っていない

売上高を軽視していると、流行や需要の変化などに上手く対応することができません。その結果、売上高が低下することで資金繰りの悪化を招きます。

 

対策:まずは財務諸表などを用いて売上を把握し、必要に応じて販路拡大・経営資源の確保などに取り組みます。

 

【3】返済可能額を把握していない

返済可能額を把握していないと、過剰な借入などにより「入金<出金」の状態になってしまう恐れがあります。そうなると手元の現金はどんどん減っていくので、資金繰りの悪化を招きます。

 

対策:会社が自由に使える現金、つまり「フリーキャッシュフロー」の把握が必要です。以下の式を用いてフリーキャッシュフローを計算し、返済に充てられるキャッシュ量を常に把握しておきましょう。

 

[営業利益×(1-税率)]+減価償却費-投資-運転資本増加額

 

【4】取引先の経営状態に注意を払っていない

取引先の経営状態も、自社の経営状態に影響を及ぼします。取引先の経営状態が悪化すると、例えば買掛金の支払いを催促されたり売掛金を回収できなくなったりするでしょう。

 

対策:ウェブサイトなどを確認し、取引先に異常が起きていないかを確認する必要があります。万が一回収不能となった場合に、損失金額として計上できる貸倒金」を正しく設定しておくことも意識しましょう。

 

【5】緊急時の資金調達方法がない

経営状態が悪化しても、キャッシュインがあれば倒産をせずに済みます。そのため、万が一に備えて資金調達方法を知っておく必要があります。

 

対策:可能な限り、資金の調達方法を把握しておきましょう。代表的な資金調達方法としては、金融機関からの借入やファクタリング、売掛金担保融資、補助金・助成金の活用などが挙げられます。

 

【6】保有している現金量を把握していない

保有している現金量を把握していないと、支払時にキャッシュ不足を起こしかねません。保有している現金量はもちろん、現金で支払わなければいけないキャッシュアウトも常に把握しておく必要があります。

 

対策:キャッシュフロー計算書を作成しましょう。また、自社が保有している流動化資産(分離して現金化できる資産)を把握しておくことも効果的です。

 

【8】多くの在庫を抱えている

在庫の管理にはコストがかかるので、在庫の増加は資金不足を招く恐れがあります。また、仮に在庫を売却できたとしても、現金化されるまでにはある程度の時間を要するので注意が必要です。

 

対策:在庫回転期間(率)を確認して、適切な在庫量を維持します。在庫回転期間は以下の式で計算できます。

 

在庫回転期間=在庫金額÷月間仕入額

 

【10】未収金の回収漏れが発生している

未収金は本来、キャッシュインとなっているはずの収益です。回収見込みがあればまだしも、見込みのないものが多いと経営を圧迫しやすくなります。

 

対策:未収金の原因を探り、回収の催促を行います。貸し倒れの可能性がある場合は、そのリスクも踏まえて今後の資金計画を立てる必要があるでしょう。

 

【13】不要な不動産投資を行っている

経営上必要ない不動産を購入すると、本来必要なものに支払いを充てられなくなります。不動産は高額なケースが多いですし、所有しているだけで固定資産税や管理費などのコストがかかるので注意が必要です。

 

対策:不動産投資をする場合は、直接的に事業へ関係するものだけに限ると良いでしょう。また、購入する際には支払い財源を確認することが大切です。

 

【14】借入金の返済に遅滞が起きている

銀行などの金融機関から借入している、元本・利息の支払いが遅れている会社が該当します。返済の遅滞は、会社の信用問題にも関わるので深刻な状況と言えるでしょう。

 

対策:返済条件を変更してもらえるように、リスケ交渉を行います。また、そもそも返済できる範囲での借入に限定することも大切です。

 

【15】経費の無駄遣いが発生している

広告費や人件費、交際費など、必要以外の経費を遣ってはいませんか?経費は上手に活用すれば節税対策になりますが、経費の無駄遣いは資金繰り悪化の要因となり得ます。

 

対策:経費もコストの一部なので、できる限り経費を抑える方向性で検討することが大切です。従業員が無駄遣いしないよう、経費の細かいルールを定めておく必要もあるでしょう。

 

【17】給与などの支払い遅れが起きている

従業員への給与支払いが遅れている状態です。給与支払いが遅れると人材確保が難しくなったり、有能な人材を手放したりしてしまう恐れがあります。

 

対策:従業員への給与支払い遅れは、内部混乱の原因になります。遅れないように努めることは当然ですが、万が一遅れてしまう場合は社員からの理解を得られるように説明しましょう。

 

【18】借入利息が経営状態を圧迫している

借入利息が増えすぎると、利益を利息の返済に充てるだけの自転車操業になってしまいます。営業キャッシュフローで財務キャッシュフローを補えていません。

 

対策:不採算部門を切り離す必要があります。また、金融機関へリスケの交渉をしたり、リストラを実行したりする必要もあるでしょう。

 

【19】正しい節税対策を知らない

事業に必要ないもの、損金計上できないものを多く購入している会社が該当します。節税対策は数多く見られますが、自社に適した方法で節税を行うことが大切です。

 

対策:節税対策について詳しく知る必要があります。専門家などに相談し、事業に関係のあるものへ資金を使うようにしましょう。

 

【20】公認会計士など財務の相談相手がいない

資金繰りに関する相談相手がいない会社が該当します。経営状態の分析は複雑になるケースも多いので、財務面から適切に判断してくれる相談相手は、会社にとって必要不可欠な存在と言えます。

 

対策:会計士や税理士などの専門家を雇う方法が効果的です。

 

※ なお、チェックシートを作成する時間が無い方や、事業資金を緊急に必要とされる方には、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおけば、万が一どちらかの審査に落ちても、資金ショートを確実に回避できます。資金調達の成功を確実にしたい方は、ぜひ以下の方法を実践してみてください。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した内容を見て、中には「本当にそんなに変わるの?」と感じる方もいるかもしれません。しかし、回収サイトが2ヶ月の場合と、回収サイト(1ヶ月短縮)・支払いサイト(1ヶ月延長)の対策を施した場合とを以下のグラフで比べると、その差は一目瞭然です。

 

改善後表

改善後グラフ

 

改善前に比べると、6ヶ月後(9月)の現金残高2倍以上になっていることがお分かり頂けるでしょう。

そのため、どのような業種でも資金繰り改善を軽視せず、今一度自社の資金繰りを見直すことが大切です。

 

※ なお、本記事の方法を試してみても「資金繰りの改善が厳しい…」と感じられる方は、ファクタリングやビジネスローンを併用し、資金繰りを早急に改善しましょう。ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおけば、万が一どちらかの審査に落ちても、資金ショートを確実に回避できます。資金調達の成功を確実にしたい方は、ぜひ以下の方法を実践してみてください。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

ベンチャーキャピタルからの出資の関連記事(27件)

1 2 3 4 5 6

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全328件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる