閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【保存版】ノンバンクから借入!融資審査を通す3つの秘訣とメリット・デメリット

『ノンバンク』は、中小企業や個人事業主にとって欠かせない「取引先のひとつ」です。資金調達は、銀行だけではありません。公的資金のほか、ノンバンクからも融資を受けることが可能です。

 

05

 

ノンバンクは危険な取引先ではありません。クレジットカードを発行する信販会社や、信頼性の高い銀行系カードローン会社も「ノンバンク」に分類されます。

 

ここでは、ノンバンクからの融資審査を100%通す『3つの秘訣』について紹介します。また審査だけでなく、ノンバンクのメリットとデメリットも合わせて解説します。ぜひ、資金調達の参考にお役立てください。

 

その前に・・・ノンバンクの融資は「利息が高そう」と感じられるる方は多いです。低金利で「貸し付け条件の良い」ローン方をお探しの方は、まずは以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。これらビジネスローンも「ノンバンクの融資」であり、ネット申込で今すぐ審査してもらえます。また、500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

このほか、既に「月200万円以上」の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をされていいる方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※ 資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

ノンバンクは6種類に分類できる

 

ノンバンクは、預金業務を行わない金融機関を指します。クレジットカードの発行やローンを扱う信販会社、銀行系の消費者金融もノンバンクに分類されます。

 

ノンバンクの種類
① 信販会社(クレジットカード・ローンを扱う)
② 消費者金融
③ 銀行系のローン会社(消費者金融)
④ 事業系専門のビジネスローン会社
⑤ リース会社
⑥ 不動産金融専門会社

 

① 信販会社の・種類と主な業務

 

信販会社はクレジットカードの発行を行う金融機関です。日本の「有名な信販会社」は、以下の通りです。

 

《日本の有名な信販会社》

アプラス
イオンクレジットサービス
オリエントコーポレーション
クレディセゾン
セゾンファンデックス
セディナ
ライフカード

楽天クレジット
DCカード
三菱UFJニコス
ジャックス
三井住友トラストクラブ(旧シティカード)
トヨタファイナンス
JCBカード

 

② 消費者金融・種類と主な業務

 

『消費者金融』は、非常に広い意味で使用されます。通常、消費者金融業者は「一般の個人に対して、無担保・保証人なしで貸付を行う少額融資」を行います。

 

消費者金融には銀行系と非銀行系の二種類があり(銀行系については、下の③を参照のこと)非銀行系としては、アイフルのように銀行と繋がりのない消費者金融のほかに、小規模の街金融なども分類されます。消費者金融は貸金業者として各財務局や都道府県に「貸金業者」として届け出る必要があり、届け出の無い業者は「闇業者や違法業者」と呼ばれます。

 

②の消費者金融と③の銀行系ローンの融資は、年収の3分の1を上限に融資を実施します。これ以上の金額に関しては、総量規制(平成18年12月成立の貸金業法に含まれる法律)の対象となり融資が認められません。

 

貸金業法ができた理由:近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が深刻な社会問題となっていました(「多重債務問題」)。この「多重債務問題」を解決することを目的として、従来の法律を抜本的に改正し、新しい「貸金業法」が作られることとなりました。/出典:金融庁「貸金業法Q&A」

 

③ 銀行系のローン会社(消費者金融)

 

②と共通するのですが、消費者金融の多くは、銀行の子会社(グループ会社)が経営を行っています。銀行系の中には、親銀行の店舗で契約できる「新しいタイプの融資商品」も多いです。また、親銀行の口座を開設することで『審査が速くなる』など、銀行系で融資を受けるメリットは大きいです。このほか、一部のローンではATMを無料にするなど、利用者の目線に立ったサービスを得意としています。

 

銀行系ローンの一例として、アコムは三菱東京UFJ銀行のカードローン会社に分類されます。このほか女優の菜々緒でおなじみ、カードローンのレイクは「消費者金融」と間違えられやすいのですが、新生銀行の個人ローン商品の名称です。レイクは貸金業者では無いので、総量規制の対象外となります。年収の制限がなく融資が受けられるため、まとまった資金の借入に活用できます。

 

参考:新生銀行のカードローン「レイク」

 

④ 事業系専門のビジネスローン会社

 

ノンバンクの中には、ビジネスローン(事業融資)を専門に扱う金融業者が存在します。銀行やローン会社の多くは、フリーキャッシングや目的別ローンを扱いますが、事業系専門の業者は、ビジネスローンを専門に融資を行います。各業者によって(取り扱うローンの)内容は異なりますが、個人事業主向けの少額融資から、設備投資に対応した大口の融資まで、さまざまなローンを扱っています。

 

事業系専門業者のメリットは「前期決算分が赤字でも、柔軟に対応してくれる」点です。また、税金の滞納があった場合でも、今後の事業計画や返済計画に基づいて、融資を検討してくれます。銀行での借入が難しい場合は、事業融資専門の業者に相談をしてみてください。

 

⑤ リース会社(リース業者)

 

「リース会社」とは、企業が必要とする物件や設備(機械)などを貸し出す業者を指します。リース業者は、企業の代わりに物件や設備を購入してからリース(貸し出し)を行います。リースを受ける場合は「賃貸借契約」を行い、借り手は物件価格・金利・税金・手数料などを(リース会社)返済する仕組みです。

 

⑥ 不動産金融専門会社

 

不動産金融専門会社とは、銀行などが設立した不動産融資専門の金融業者です(通称:住専)業務は個人に住宅ローンを融資がメインですが、不動産投資、不動産の証券化など、幅広い融資に対応しています。また、不動産を担保にして事業資金を融資する場合があります。

 

1970年代に銀行などが設立した,個人向け住宅ローンを扱ったノンバンク。8社あり住専と略称された。当時,銀行,信託銀行などが企業向け融資を優先していたことと,個人向け住宅ローンは煩雑な事務負担がかかることから専門会社が設立された。 /出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

 

※ なお、ノンバンクの業者は種類が多過ぎるため「どれに申し込むべきか分からない…!」とお悩みの経営者は多いです。この場合は、素早く資金繰りが改善できるファクタリングやビジネスローンを利用しましょう。また「資金調達を確実に進めたい」という方は、初めからファクタリングとビジネクストの両方に申込をしておいてください。これなら、どちらかの審査がダメだった場合でも慌てること無く「資金調達に成功」できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

ノンバンクで借りられる「融資一覧」

 

ノンバンクで借りられる(利用できる)融資は、大きく分けて二種類あります。

 

ノンバンク融資の種類
① 個人向けローン(フリーキャッシング・目的ローンなど)
② 事業資金(ビジネスローン)

 

①の個人向けローンは、使途(融資の使い道)が自由なローンを指します。対して、②のビジネスローンは「事業資金に限る」など使い道を限定することが多いです。また、一部のローンでは生計費と事業費の併用を認めています。

 

例えば、銀行系ローンでおなじみのプロミス(三井住友フィナンシャルグループのカードローン)では、使途自由なフリーキャッシングを生計費と事業費として併用できます(事業者に限る)。

 

① 個人向けローン(フリーキャッシング・目的ローンなど)

 

個人向けローンの中で最も利用者が多いのは「フリーキャッシング」と呼ばれるローンです。フリーキャッシングは使途が自由で、一部のローンでは「事業費での利用」を認めています。大半のローンは事業費としての利用を禁じていますが、以下のローン会社では(事業者に限り)生計費と事業費の併用が可能です。

 

1. 生計費と事業費の両方に使えるローン

 

・ フリーキャッシング(プロミス)

・ 自営者カードローン(プロミス)

・ オリックスVIPローンカード BUSINESS(オリックス・クレジット)

 

プロミスオリックス・クレジットのカードローンは「事業費と生計費の併用がOK」と明記しています。事業費として使えるのは「個人事業主の方」に限られますが、ローンの使える範囲が大きいため、急な資金繰りにも対応できます。

 

2. 明記していないが生計費と事業費の両方に使えるローン(要相談)

 

・ 三井住友銀行グループのモビット

・ キャッシング専用アコムカード(アコム)

・ ビジネスサポートカードローン(アコム)

アイフル キャッシングローン(アイフル)

キャッシングカードローン(ノーローン)

 

3. 生計費と事業費に対応したビジネスローン

 

・ カードローン(ビジネクスト)

・ ビジネスローン(ビジネクスト)

 

一般的に個人融資(ローン)の上限額は 、1,000万円を超えることはありません。大半は300〜500万円まで、多くても800万円までの融資に限られます。1,000万円を超える融資は、担保や保証人が必要なケースが多いです。

 

一時的なつなぎ融資としては「個人融資」を利用すると良いでしょう。個人融資は融資額が少ないため「ビジネスローンよりも審査のハードルが低い」のが特徴です。また、融資可決までの時間も短いので(融資を)お急ぎの方におすすめです。

 

② 事業資金(ビジネスローン)

 

事業融資は、別名「ビジネスローン」と言います。ビジネスローンは「事業性のある目的」に対して融資を行います。主な目的は、運転資金やつなぎ資金、事業の拡大、設備投資などに使われます。事業資金は、融資額が大きいのが特徴です。また、100万円〜1億を超える「ビジネスローン」も珍しくありません。

 


Image by “ NUCB

 

『ビジネスローン』は中小企業の利用が中心ですが、一部のローンは、個人事業主の方でも利用可能です。また、小規模事業の経営者が「仕入れ資金」としてビジネスローンを使うことも多いです。

 

ただし、借入の金額が大きくなれば、担保や保証人の取り扱いも変わってきます。原則、第三者による保証人は不要ですが、ビジネスローンの多くは「代表者を連帯保証人」に立てる必要があります。

 

※ 「どのノンバンクを選ぶべきか分からない」とお悩みの経営者には、口コミ評価が高い「ビジネクスト」の利用がおすすめです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合はビジネスローンだけでなく、ファクタリングサービスの両方を今から申し込んでおきましょう。ファクタリングは、ノンバンク融資とは異なる独自の審査基準を設けています。このため、ノンバンクの融資審査がダメだった場合でも、ファクタリングは「資金調達OK」という可能性も高いです。また、両方を申し込んでおけば(万が一、どちらかがダメだったでも)資金ショートが確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

ノンバンクの融資を「100%成功させる」三箇条!

 

ノンバンクからの融資を100%成功させる三箇条は以下の通りです。

 

ノンバンク系で人気の「ビジネスローン」
① 100%の融資実施を勝ち取った「賢い事業者の心構え」
② ノンバンクからの融資を100倍速くさせる「完璧な書類準備」
③ ノンバンクの融資で覚えておきたい「心構え」

 

これらの三箇条をマスターしておけば、ノンバンクからの融資は100%成功します。①〜③について、以下で詳しく解説しましょう。

 

① 100%の融資実施を勝ち取った「賢い事業者の心構え」

 

事業融資を100%勝ち取るには「成功している事業者」の心構えをマスターしましょう。成功する事業者は、以下のように「持つべき心構え」について述べています。

 

ビジネスローンで一番チェックされるのは「経営者の返済能力」です。ビジネスローンは、決して審査が甘い訳ではありません。このため、経営者が過去のクレジットヒストリーで問題が無いか、税金の滞納がないか詳しく審査されます。「返済能力」が認められれば、審査は通ったも同然です。

 

他社(他行の)カードローンで借入があれば、先に完済してから審査を受けるようにしましょう。ここでの「クレジットヒストリー」とはクレジットカードのほか、カードローンのキャッシング利用歴・返済状況のことを指します。各カード会社は、どの信用情報に属しているのか一度確認してみてください。

 

カード会社、消費者金融会社は以下の「信用情報機関」に属しています(いずれか一社もしくは複数に所属している)。

 

● 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
● 日本信用情報機構(JICC)
● CIC(シー・アイ・シー) 

 

同じく「成功している事業者」は、次のように語っています。

 

事業内容や業歴、決算の内容も大切ですが「会社の成長」を見るには、経営者の人柄や真面目さが審査の可否を決めます。このため、融資担当者に会うって話す機会があれば、きちんとした服装で挑むようにしています。また、電話で話すときにも「きちんとした印象」が与えられるよう努力しています。

 

このほかにも(ビジネスローン審査では)次の項目をチェックして融資を実施しています。審査を受ける前に「条件にあてはまっているか」確認しましょう。

 

● 経営者の信用情報(返済能力+経営者の人柄などもチェックされる)
● 事業の内容
● 税金の滞納が無いか
● 会社の信用情報(過去の借入状況などを確認)
● 業歴の長さ
● 決算書・確定申告書

 

業歴はノンバンク系なら1年、銀行なら2年以上なければ、融資の可決は厳しいです…。ただ、ビジネスローン専門の金融機関なら「今後の事業内容を重視」して(1年でも)融資をしてくれるケースもあります。銀行の場合は「赤字決算に厳しい」のが特徴です。

 

しかし、ビジネスローン専門の金融機関は「赤字決算があっても融資を前向きに検討する」ケースが大半を占めます銀行で借入が難しい場合は、ビジネスローン専門の金融業者に借入を相談してみてください。

 

② ノンバンクからの融資を100倍速くさせる「完璧な書類準備」のコツ

 

ノンバンクからの融資を速く受け取るには、書類を完璧にしておくことです。書類の作成が100%完成されていれば、即日中に結果を受け取ることが可能です。また、完璧な書類であれば、融資の額も大きく変わってきます。このほか、事業者ローンでは「今後、良いお付き合いができるかどうか」がチェックされるので「良い顧客」として、電話での応対や話方にも注意しましょう。

 

書類の作成が簡単なのは、ノンバンクの強み!

 

銀行で事業融資を受ける場合、多くの書類が必要です。例えば、融資の額が多ければ、第三者保証人や担保(+関係する書類)も提出します。もちろん、担保が用意できない場合は、日本政策金融公庫の融資や担保不要ローンを探すことも可能ですが、通常の銀行(事業)融資は、担保と保証人が求められます。

 

対して、ノンバンクのビジネスローンは「必要書類が少なく済む」ので安心です。納税証明書や決算書、確定申告書、代表者の身分証明書があれば、ビジネスローンが利用できます。ただ、業歴が浅い場合は収支計画書や事業計画書の提出が必要です。業歴1年未満の方は、以下の書類を準備してください。

 

《ノンバンクの融資で必要な書類》
・ 納税証明書

・ 決算に関する書類
・ 確定申告書
・ 収支計画書(業歴が浅い場合)
・ 事業計画書(業歴が浅い場合)

 

このほか、『書類の書き方』にもポイントがあります。①で紹介した「成功する事業者」は、次の点に注意して書類を作成しています。

 

《 成功する事業者からのアドバイス① 》 誤字や脱字があると、それだけで書類の印象は「マイナス」になります。プラスの印象を与えるには誤字脱字無く、計算まできちんと合わせておく必要があります。間違いは一人では気が付きにくいので「第三者のチェック」があれば良いですね。

 

書類に誤字があるだけで、審査の印象は変わります。また、おかしな日本語を使用すると「経営者としてどうなのか…?」と(融資担当者に)不安を与える可能性があります。

 

《 成功する事業者からのアドバイス② 》 書類の書き方が分からない場合は、専用のフォーマットを使えば安心です。わざわざ分厚い事業計画書を作成する経営者もいますが、必要事項を埋めておけば審査は通りやすくなります。何より「読みやすい」書類を意識して作成してください。

 

③ ノンバンク融資は「契約内容」を何度も確認しよう!

 

融資を受ける場合は「契約事項」を何度も確認しましょう。特に、返済方法については(借りた後に後悔しないよう)注意深くチェックする必要があります。主な返済方法としては、残高スライドリボ払いや元利均等返済、元本一括返済方式等があり、多くの場合(債務者が)返済方法を選択できます。

 

ノンバンクで借りる・メリット5つとデメリット3つ

 

ノンバンクからの融資は、個人事業主や小規模事業の経営者〜中小企業の経営者の間で「高い評価」を得ています。ここからは、ノンバンクで借りる 『メリットとデメリット』について詳しく説明しましょう。

 

ノンバンクで借りる メリット

 

ノンバンクで借りる利点は非常に多く、大きく分けて「4つのメリット」が存在します。

 

《ノンバンクで借りる メリット 》
① 審査に関して独自のノウハウを持っている
② 審査から融資実施までのスピードが速い
③ 年々金利の見直しが進んでいる
④ 即日融資に対応している

 

①〜⑤について、以下で詳しく見ていきましょう。

 

① 審査に関して独自のノウハウを持っている

 

ノンバンクは、銀行よりも柔軟な審査を実施しています、これは各業者が独自の審査ノウハウを持っているためです。ノンバンクは、赤字決済や税金の滞納にも柔軟に対応してくれます。事業融資の顧客を多く抱えているため、ビジネスに対して柔軟に理解を示してくれます。一方、銀行の場合は赤字決済に厳しく、税金の滞納があれば融資を即否決します。

 

② 審査から融資実施までのスピードが速い

 

①と共通しますが(ノンバンクは)独自の審査基準を持っているため、融資までのスピードが速いです。特に、ビジネス専門の金融業者なら、最短当日中に審査結果を連絡してくれます。また、実施の融資まで「最短2〜3業日以内」に手続きをしてくれるので、急な資金繰りのピンチにも冷静に対処できます。

 

即日融資に強い「銀行系消費者金融ローン」

銀行系の消費者金融を利用すれば、即日融資にも対応しています。消費者金融はフリーキャッシング(個人事業主メイン)のほか、大口のビジネスローンにも対応しています。融資額は1,000万円以下に設定されることが多いですが「融資までの速さ」は(金融業者の中では)群を抜いています。

 

③ 年々金利の見直しが進んでいる

 

かつてのノンバンクは「金利が高い」など、危険なイメージを伴っていました。しかし、ここ10年の間にノンバンクを取り巻く環境は大きく変わりました。まず、ほとんどのノンバンクは金利の見直しを行い、銀行に負けない低金利で融資を実施しています。

 

実際に銀行系のローン会社(消費者金融)では、最低金利3〜4%台から融資を行い安全な取引が行えます。また、大口融資には低金利が適用されるなど、返済負担の少ない借入が可能となりました。

07-01

④ 即日融資に対応している

 

ノンバンクを利用する方は、男性だけでなく女性やシニア層など、非常に幅広く、CMなどの影響もあり人気は徐々に高まっています。例えばCMでおなじみモビットは、三井住友銀行グループの会社です。また、クレジットカードも扱う「アコム」は三菱東京UFJ銀行系列のカードローン会社です。こうした銀行系のローンは、メガバンクならではの低金利、サービスの良さで人気です。また、メガバンク系列では自動審査などを取り入れ「最短30分」で審査結果が分かります。

 

「審査の受けやすさ」も大きな魅力

銀行系の融資は「銀行のローン」より審査が速く、借入のハードルも低めに設定されます。銀行の事業融資が借りられない方は「ノンバンク」の銀行系ローンのほか(前述の)ビジネスローン専門の金融業者で「事業融資」を申し込んでみましょう。

 

銀行系以外の「ビジネスローン専門」金融会社でも、速ければ「最短2〜3営業日以内」に融資を実施しています。融資をお急ぎの方は(ノンバンクを中心に)ビジネスローンの申込を検討してみてください。

 

※ 即日融資という点では、上記で紹介したビジネスローンのほかに「ファクタリング」の利用が大変オススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ビジネスローン(例:経営者の間で評価が高いビジネクスト等のビジネスローン)や以下ファクタリングの両方を今から申し込んでおきましょう。両方を申し込んでおけば、資金ショートが確実に回避できるので安心です。

 

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

ノンバンクで借りるデメリット

 

便利なノンバンク融資ですが、いくつかデメリットも存在します。以下で詳しく説明しましょう。

 

《ノンバンクで借りる デメリット 》
① 銀行に比べると金利が高くなりやすい
② ノンバンクの安全性を確認するのが難しい
③ 借入の限度額は、やや少なめ…

①〜③のデメリットについて、以下で説明しましょう。

 

① 銀行に比べると金利が高くなりやすい

 

銀行の事業者ローンに比べると、ビジネスローンの金利はやや高めです。借入額によって変動しますが、銀行の金利が2%〜(優遇金利もある)と低金利なのに対し、ビジネスローンは「実質年率8.0%〜18.0%」 と高くなるケースが多いです。

 

ただ、大手銀行系列のローンで事業者ローンを利用した場合(最低金利)4〜6%台の低金利ローンが存在します。借入の金額に合わせて、銀行系の「低金利ローン」を活用してみてください。金利が低ければ、返済負担は大幅にカットできます。

 

② ノンバンクの安全性を確認するのが難しい

 

ノンバンクの中には稀に「安全性の確認が難しいケース」があります。例えば「街金融」と呼ばれる小さな金融業者は、安全性の確認が難しく、安易に融資を受けるのはおすすめできません。

 

安全な業者かどうかは、金融庁のサイトで簡単に確認できます。貸金業者は必ず、金融庁に登録する必要がありますが、悪質な業者は金融庁への登録がありません。借入で不安を感じたら、金融庁のサイトから「業者名」を検索してみてください。また、ネット上の「ローン比較サイト」の口コミを参考にしても構いません。利用者の口コミをチェックして、安全な業者かどうか確認しましょう。

 

金融庁における「貸し金業者の確認方法」

 

③ 借入の限度額は、やや少なめ…

 

ノンバンクの融資限額の平均は「300〜800万円」とやや少なめです。大口の融資を受ける場合は(※1,000万円以上の借入)他の担保融資や国の借入・自治体の補助金等を取り入れてください。場合によっては、借入の併用も可能です。

 

メモ:個人事業主の悩み「生活に困った場合は、どうすべき?」

 

事業にお金を回していて、生活が困窮している場合は「フリーキャッシング」を上手に活用してください。フリーキャッシングの中には、事業費と兼用できるものがあり、使い分けをすれば資金繰りが楽になります。

 

10760928685_fc01f4be4e_z-620x349

 

ノンバンクに関する「良くある質問」

 

ここからは、ノンバンクに関する「良くある質問」を5つ紹介しましょう。それぞれの質問に対して回答だけで無く、問題解決の方法や「事業融資に役立つ」豆知識を載せておきました。該当する質問を探して「事業資金のトラブルシューティング」としてお役立てください。

 

質問① 「ノンバンクは危険じゃないの?」

 

今や、ノンバンクは、中小企業の資金調達に欠かせない存在です。ノンバンクは預金や為替業務を行わない企業ですが、クレジットカードを発行する信販会社や銀行系のローン会社もすべて「ノンバンク」に分類されます。以前は「ノンバンクの業務運営」を否定する意見が一部にありました。ノンバンクは金利が高いという理由や「ノンバンクの利用実績」が、銀行融資の審査に影響すると考えられたからです。

 

実際に、ノンバンクは銀行から融資を受けて融資を実施します。このため、銀行よりも(ノンバンクの)貸付金利は高くなります。また、銀行側はノンバンクの利用実績がある債務者を嫌う傾向があります。銀行で借りられない相手に対し「返済能力に乏しい」と判断します。

 

ノンバンクからの融資は、審査手続きが簡単で即日融資に対応しています。また、銀行系列以外の「ビジネスローン専門の金融業者」も審査を簡略化し、融資を積極的に実施しています。

 

2006年には、最高裁にて「グレーゾーン金利」を否認する判決が下りました。この結果、高利貸しの業者は淘汰されて消え、金融業界全体の利息が引き下げられました。ノンバンクの多くは低金利で融資するようになり、年々「利息の見直し」が進んでいます。また、ノンバンクから融資でも保証業務が確立され、安全な形で資金調達できるようになりました。ノンバンクの借入は、資金不足の改善に役立ちます。

 

※ なお、ノンバンクは「金利などのデメリットが不安だな…」とお考えの方には、経営者の間で人気が高い、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。

さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

 

質問② 「返済出来ない場合、取り立てが厳しいってホント?」

 

返済出来ない場合、ノンバンクと銀行の「取り立て方法」は、ほぼ同じです。ノンバンクだから厳しい、銀行だから甘いという訳ではありません。延滞が続く場合は、法的な手続きに沿って(もちろん危険な闇金融や街の金融業者は例外です)延滞の処理が行われます。

 

信用保証協会で保証を受けて「銀行から事業融資」を受けている場合、信用保証協会が「代位弁済」を行います。代位弁済とは、債務者の代わりに第三者が支払いを行うことです。代位弁済が行われると、次は、信用保証協会から債務者に「支払いの督促」が送られてきます。

 

支払いが遅れると督促状のほか、電話で「返済の確認」が実施されます。また電話が繋がらない場合のみ、自宅を訪問することがあります。それでも支払いが行われない場合、簡易裁判所に「支払い督促」の申し立てが行われます。ノンバンクを利用した場合も、返済が遅れると「内容証明郵便」などで督促状が送られてきます。督促が来た場合は(書面に記載された)期限内に支払いを行ってください。期限内の支払いも難しい場合は、銀行と同じく法的な手続きが取られます。

 

銀行・ノンバンクともに「連絡のある」延滞に対しては非常に柔軟です。最も問題視されるのは「返済しないまま、連絡が取れなくなる」ことです。この場合は「支払いの意思がない」とみなされ、全ての取引は停止されます。また、今後の融資が受けられないことはもちろん、他社での新しい借入も全て「否決」されてしまいます。延滞や遅延を起こすと、信用情報を著しく損なうので注意しましょう。

 

返済が厳しい場合は、債権者(銀行やノンバンク、ビジネスローンの業者等)に相談をしましょう。早めに相談を行えば、無理のない返済方法が提案してもらえます。

creditcard_syakkin

質問③ 「ノンバンクは破綻しないの? 保証の安全性は?」

 

2008年頃より、多くの消費者金融は次々とメガバンク傘下の企業へと再編されました。また、ビジネスローン専門業の多くも淘汰され、現在残っている業者は「健全経営」の認められる企業ばかりです。ビジネスローンを利用する場合は、信販会社や銀行系列のローン会社で契約を結べば(失敗せずに)安全な形で資金調達が行えます。

 

破綻が不安視されるのは、銀行との繋がりがない小規模の金融業者、街金融やヤミ金融だけです。取引をする業者が「健全かどうか」は、金融庁のサイトで簡単に確認できます。登録貸金業者情報検索サービスには、正式に登録をした貸金業者が検索できます。ここに載っていない業者は、違法業者である可能性が高いので注意しましょう。

 

最近は、個人間による融資も活発化しています。ここ数年のうちに、インターネット上では多くの「個人融資」専門サイトが見られるようになりました。ただ、ネット社会の中には、健全な出資者と「騙そうとする業者」の二種類があります。資金調達を焦るあまり、悪質な業者に騙されないよう気をつけてください。

 

11122904363_45a6a90ee4_z

 

質問④ 「ノンバンクの上手な活用法を知りたい」

 

ノンバンク融資は、個人事業主〜中小企業の方まで幅広く使えます。各業者によって「1〜300万円までの小規模融資」や「1,000万円〜数億円の大型融資」まで、さまざまな事業融資(ローン)を扱っています。

 

大口の融資を受ける場合は、担保や保証人が必要です。審査を受ける場合(小規模融資よりも)必要な書類が多くなります。対して、1,000万円以下の融資は必要な書類は少なく、審査も最短即日・申込当日の融資も原則として可能です。

 

「一時的な資金調達」でおすすめしたいのは、大手銀行系の『事業者向けローン』です。カード発行型と証書貸付型に種類が分かれますが、身分証明証や所得証明書(場合によっては事業計画書も一部必要)だけで簡単に融資が受けられます。中には、生計費との併用を認めるケースがあるので、目的に合わせた借り方が可能です。銀行の融資にこだわらず、ノンバンク融資も上手に取り入れてみてください。

 

質問⑤ 「ノンバンクは「過去ブラック」でも使えるの?」

 

「ブラックでも融資OK」という広告を時々見かけます。しかし、甘い言葉に騙されてはいけません。ここでのブラックとは、次の状況を指しています。

『ブラックとは、どのような状況を指すのか?』・ 過去、自己破産や個人再生の申し立てをした
・ 任意整理で借入を減額した過去がある
・ 返済ができていない借入、返済を長期間延滞している
・ その他、信用情報上に「借入に関する問題」が残っている

一旦ブラックになると、事業融資やビジネスローンの利用は難しくなります。厳密には「ブラックリスト」は存在しませんが、信用情報機関においては「返済能力が無い」との情報が残ってしまいます。自分にどのような情報が登録されているのか、一度信用情報機関に開示請求をすると安心です。

 

信用情報の問い合わせ先(一覧)
① 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
② 株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
③ 株式会社日本信用情報機構

 

ただし、ブラックの状況でも事業融資のチャンスが断たれたわけではありません。ビジネスローン専門の業者は「赤字や経営に問題があっても、将来性を判断して融資を前向きに検討」する傾向が強いので、融資のチャンスは大いにあります。

 

また、国民生活金融公庫の事業融資なら、信用情報機関の情報とリンクしないため、原則「ブラックの状況にあっても」融資を受けることは可能です。通常、銀行やノンバンクの金融機関は、信用情報機関のデータを見て審査の可否を決定します。しかし、国民生活金融公庫では信用情報機関を使わず、面接時の話や事業計画書、通帳の数字だけを見て審査を行います。

 

ブラックでどこからも借りられないという場合は、ビジネスローン専門の業者(ノンバンク)や国民生活金融公庫の融資を利用しましょう。

 

ノンバンク「おすすめローン」を5つ紹介!

 

ノンバンク系で人気の「ビジネスローン」を5つ紹介しましょう。

 

ノンバンク系で人気の「ビジネスローン」
① ビジネスローン(ビジネクスト)
② 三井住友銀行グループのモビット
③ 自営者カードローン(プロミス)
④ Crest for Biz(オリコ)
⑤ 事業サポートローン(アイフル)

 

① ビジネスローン(ビジネクスト)

 

ビジネスローン専門の「ビジネクスト」は、二種類の金利タイプを採用し、返済負担を抑えた借入が可能です。また「オンライン融資」を拡大し、スピーディーな事業融資を実施しています。

 

限度額:50〜1,000万円
金利:タイプは二種類
① 利用限度額100万円以上・・・8.0%~15.0%② 利用限度額100万円未満・・・13.0%~18.0%使途:事業資金
年齢:満20歳~満69歳まで

 

② 三井住友銀行グループのモビット

 

モビットは三井住友銀行グループの会社です。保証人や担保不要で、最高800万円の大型融資を実施しています。またモビットは即日融資に強く、急な資金不足にも迅速に対応してくれます。

 

限度額:1〜800万円
金利:3.0%〜18.0%
使途:事業資金
年齢:満20歳~満69歳まで

 

③ 自営者カードローン(プロミス)

 

プロミスは、モビットと同じ三井住友銀行グループの会社です。。プロミスの良さは、無利息期間を設けていることです。初回の借入から30日間は「利息0円」で融資が受けられます。また、個人事業主の場合は、生計費と事業融資の併用が認められているので「自由度の高い」借入が可能です。

 

限度額:1〜300万円
金利:6.3%〜17.8%
使途:事業資金
年齢:満20歳~満65歳まで

 

 ④ Crest for Biz(オリコ)

 

ビジネスローンでおなじみの「Crest for Biz」は、個人事業主を対象にした低金利ローンです。融資のスピードも速く、最高300万円までの借入が可能です。カード発行型と証書型の二種類がありますが、カードタイプは個人事業主の方のみ利用できます。また、証書発行型のローンは、個人・法人問わず自由な借入が可能です。

 

限度額:300万円
金利:6.0%〜18.0%
使途:事業資金
年齢:満20歳以上の個人事業主(証書発行型は個人・法人問わず利用可)

 

⑤ 事業サポートローン(アイフル)

 

バナナマンのCMでおなじみのアイフルは、保証人や無担保不要で、最高300万円の融資が受けられます。また、大口融資を受ける場合は、最高1億円(担保が必要)の不動産担保ローン 事業サポートプラン」も利用できます。事業の規模に合わせて「会社にふさわしい」ローンを選択しましょう。

 

限度額:300万円(個人事業主は250万円まで)
金利:12.775%~18.0%
使途:事業資金
年齢:満20歳以上

 

「ノンバンクから借入」まとめ

 

ノンバンクからの借入は、安全かつスピーディーな融資が実現します。また、ローンの種類が多く、少額融資や大口融資など「事業規模に合わせた」自由な借り方が可能です。銀行からの融資がダメだった方は、ノンバンク融資で資金繰りを改善しましょう。

※なお、ノンバンク融資の「審査が可決されるかどうか不安…」という方は、ファクタリングやビジネスローンの利用がオススメです。さらに資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネクストの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

1.ファクタリング(資金調達プロの10秒カンタン無料診断)
安定した売掛金があれば、その売掛金を売却して最短1日で資金調達できる。

2.ビジネクスト
最大1,000万円融資可能。1番人気。申込は10分でカンタン。

3.オリックスVIPローンカードBUSINESS
最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。申込は10分でカンタン。

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

金融機関からの借入の関連記事(60件)

1 2 3 4 5 12

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全334件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる