10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?
閉じる

新規開業資金とは

17-1事業を起こす際には、必ず資金が必要になります。中には元手がほぼない状態で起こせる事業もありますが、大体の場合は数百万円~数千万円程度、もしくはそれ以上の資金が要ることになります。

当然、そんなたくさんの資金を用意することはできませんから何らかの融資制度に頼ることになります。が、銀行は新規事業者には冷たいのでいきなり1000万円単位の融資を引き出すことはほぼ不可能と見て間違いないでしょう。そこで活用したいのが、日本政策金融公庫の新規開業資金制度です。

 

その前に・・・日本政策金融公庫の新規開業資金の審査は、通常「1〜2か月程度」かかってしまいます。このため、新規開業資金の審査が間に合わない方は、以下のビジネスローンに申込んだ方が良いでしょう。ネット申込で今すぐ審査してもらうことができ、来店などの手間がありません。500万円くらいの資金であれば最短1日で調達することができるので、お急ぎの場合は今すぐ以下のリンクをクリックして申し込んでください。申込みは10分で終わるのでカンタンです。

 

【1位】ビジネクスト 最大1,000万円融資可能。1番人気。
【2位】オリックスVIPローンカードBUSINESS 最大500万円融資可能。個人事業主にもオススメ。
【3位】ビジネスパートナー 最大500万円融資可能。審査スピードが早い。

 

毎月200万円以上の安定した売掛金が発生するBtoBの事業をしている方は、ファクタリング(売掛金を売却して資金調達する方法)もオススメです。ご希望の方はこちらのフォームから「ファクタリング10秒カンタン無料診断」を行って下さい。売掛金があれば、最短1日で資金調達をすることができます。

※資金調達の成功を確実にしたい場合は、どちらかの審査に落ちても大丈夫なように、ファクタリングとビジネスローンの両方に今から申し込んでおいて下さい。両方申し込んでおくことで資金ショートを確実に回避することが出来ます。

 

新規開業資金の融資を受ける条件

  • 現在勤務中の企業と同一の事業を始める場合、6年間以上の勤務経験が必要(転職していても業種が同じならOK)
  • 大学で習得した技術と関連する職種に2年以上勤めており、それと同一の事業を始める
  • 技術やサービスに工夫をして、多様なニーズに対応する事業を始める
  • 雇用創出になる事業を始める
  • 上記のいずれか1つ以上を満たす事業を始めてから7年以内

 

以上のいずれか一つ以上の条件を満たす必要があります。なお、上記の条件を満たしているからといって、必ず融資が受けられるわけではありません。

 

新規開業資金の特徴

融資限度額は7200万円、うち運転資金は4800万円

このように書くと数千万円単位の融資も不可能ではないように思えますが、結論から言えばいきなり数千万円の融資を受けるのはまず無理です。経済の活性化を主たる目的としている日本政策金融公庫といえども、さすがに初心者に数千万も貸し付けるほど甘くはありません。

初めての融資額の目安は~1000万円です。担保価値のある不動産を持っていたり、年収が高い(おおむね1000万円以上)保証人がいたりすれば話は別ですが、何の後ろ盾も財産もない場合は1000万円の借り入れは難しい、というよりも無理と考えて間違いないでしょう。

自己資金の2倍まで融資が可能

自己資金とは簡単にいえば銀行預金残高の合計です(生命保険の積立額などがプラスされることもあります)。融資限度額はその2倍です。たとえば、預金合計が200万円の場合、最大融資額は400万円です。

image

見せ金は通用しない

17-2ちょっと悪知恵を働かせて見せ金を増やそうとする人がいます。最初に200万円の資金を元手に400万円の融資を受けて、その後200万円+400万円=600万円の資金を自己資金に見せかけて1200万円の融資を受けて、さらにその後600万円+1200万円=1800万円の資金を自己資金に見せかけて3600万円の融資を受ける……

一見、無限に融資を受けられる裏ワザのように思えますが、当然日本政策金融公庫はこうしたズルを見逃しません。いきなり預金が400万円も増えていればその理由を聞かれます。信頼を失うようなまねはしないでおきましょう。

利率は変動制

借入期間や経営状態によって異なりますが、大体0.7~2.3%以内です。

保証人と担保について

相談次第です。あれば当然融資が受けやすくなりますし、金利も安くなりますが、ない場合も事業計画次第で融資を受けられます。

資金用途について

新規事業、もしくは事業開始後に必要な費用に充てることが出来ます。

返済期間について

設備資金は15年以内(一部のケースでは20年)、運転資金は5年(一部のケースでは7年)以内となっています。

 

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

このページを皆で共有する

公的融資制度の関連記事(27件)

1 2 3 4 5 6

資金調達ガイド 人気記事ランキング 全317件

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。
融資検討可能!東京スター・ビジネス・ファイナンス

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング

銀行融資を断られた100名中82名の経営者が1週間以内に1,000万円の事業資金を調達することが出来た、たった一つのカンタンな方法とは?

1分でわかる!
  • 最短即日!スピード資金調達
  • 100万円〜3億円まで対応可能
  • 税金滞納・赤字決算・債務超過でも大丈夫

「事業資金カンタン調達方法」を、無料メール講座にてご提供いたします。

今すぐメールアドレスを入力して登録して下さい。

このページの先頭へ