あなたの周りに、急な資金調達で お困りの経営者様はいませんか?事業資金の悩みを解決できる、ファクタリングという 資金調達方法があります。資金調達プロ

    1~4は「資金に困っている方の情報」を入力して下さい。
    [あなたのお客様]=[資金に困っている方]という意味です。
  • ご希望金額を選択してください。
  • 希望日を選択してください。
  • あなたのお客様の会社所在地を選択してください。
  • 5~8は「このページを見ているあなた自身の情報」を入力して下さい。
  • 会社名を入力してください。
  • お名前を入力してください。
  • メールアドレスを入力してください。
    メールアドレスが不正です。
  • 電話番号を入力してください。
    電話番号が不正です。

※現在困った知人がいない場合でも、提携可能です。
※機密情報の取り扱いは厳重に注意いたします。

調達金額の3%~を仲介手数料としてお支払いさせて頂きます。

Q.ファクタリングって

企業様(あなた)が保有している売掛金をファクタリング会社が買取ることにより、企業様へ最短即日入金。

まだ入ってきていない売上先に資金化する事が出来るサービスです。

売掛金とは:納品・サービス提供が完了しており既に請求書を出しているが、支払いサイトの都合によりまだ入って来ていないキャッシュ

カンタン4STEPでわかる、ファクタリングの仕組み

  1. STEP1 請求書の発行(売掛金の発生)
  2. STEP2 請求金額の先払い(スムーズな資金調達)
  3. STEP3 売掛金の入金
  4. STEP4 入金後のお支払い

「借りない資金調達」

なぜファクタリングを利用して資金調達をした方がいいのか?メリット10選

これまでの資金調達でよくあるお悩み
金融機関の問題

審査〜入金まで1ヶ月以上

リスケ(返済猶予)中
不動産や保証人がない
税金滞納
信用情報に問題あり
融資を断られた
会社経営の問題 資金ショート寸前
急な注文、事業拡大への対応
赤字決算
債務超過
ファクタリングで全て解決
最短即日・スピード資金調達!
100万円〜3億円まで対応可能
融資ではない、借りない資金調達
キャッシュ・フローの改善で企業価値の向上
金融機関やビジネスローンと審査方法が違う
信用情報への影響なし
バランスシート(賃借対照表)上、負債にならない
資金繰りの改善で銀行融資の再開も可能に!
売掛金さえあれば、即時資金化
秘密厳守!売掛先へ通知しません

ファクタリングを活用すると、メリットがこんなにたくさん!

ファクタリングは金融機関と審査方法が全く違うので、売掛金さえあればすぐに資金調達が可能です。
しかも銀行の融資履歴に残らないので、決算書や信用情報には何の問題も残りません。融資ではないので負債にもなりません
あくまで「売掛金の売買」なので、モノの売買と同じです。今後の金融機関などの審査に影響を与えることもありません。
それどころか、キャッシュフローを改善させることで銀行融資の再開も可能になり、さらなるビジネスチャンスの拡大も!
現段階で融資を断られていても、毎月ファクタリングを利用する事で、毎月「即時資金調達」をする事が出来ます。

さらに、売掛金を活用した資金調達は、 中小企業における資金調達の課題として国も認めています。

【経済産業省の見解】
中小企業における資金調達の課題
~売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて~
より抜粋
中小企業では自己資本の比率が27.3%であるのに対し、借入金の占める割合が40.7%と高く、金融機関の貸出態度の影響を受けやすい資金調達構造となっている。

売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である。

【参考文献】
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/keizai_prism/backnumber/h19pdf/20073801.pdf
(参議院のWEBサイトに公開されているレポート)

中小企業のバランスシート構成
現金預金 85.7兆円
受取手形 15.4兆円
売掛債権 75.6兆円
在庫(棚卸資産) 46.9兆円
有価証券 5.1兆円
土地 86.9兆円
その他建物機械設備等 109.3兆円

「売掛債権を担保にした資金調達」というと、売掛債権担保融資(ABL)とファクタリングを
混同される方が非常に多いです。ですが、融資ファクタリングは全く違うものです。
2つの違いを下記の表で見比べてみましょう。

  融資 ファクタリング
調達可能金額 100万円~3億円程度
(商品内容や審査による)
売掛債権の金額の範囲内
(月商以上は調達できない)
バランスシート 借入金・負債
借入金(負債)の増加
借入ではない・負債ではない
現金(資産)の増加
調達コスト 低い。
調達金額の2%~20%(1年間)
高い。
調達金額の5%~30%(30~45日)
業種 貸金業・ローン 債権の売買
返済期間* 1年~15年 30~45日程度
返済回数* 12~180回
(商品内容による)
1~2回
負担費用の概念 金利や実質年率 手数料
リスク 売掛先が破綻した時の責任を負う。
償還請求権がある。
売掛先が破綻した時の責任を負わない。
償還請求権がない。
審査ポイント 審査が厳しい。
企業様の借り入れ状況やお支払いの
リスケジュール等の確認、財務内容や
資産状況、場合によっては個人資産の
調査、担保設定など
融資とは審査基準が違う。
取引履歴と取引先(売掛先)の
審査が重要視される
審査期間 遅い。1~2ヶ月 早い。1日~1週間
NGポイント 債務超過・税金滞納は即NG 債務超過・税金滞納でもOK
税金は分割納付で合意し、
口座の差押えリスクがなければOK
認知度 古くからある一般的な資金調達方法 日本ではあまり知られていない
画期的な方法
信用情報 信用情報に関与される 信用情報に関与されない
その後の問題 融資後の追加融資は難しい ファクタリング後、融資の可能性有

*表をわかりやすくするため「返済期間・返済回数」と記載していますが、ファクタリングには「返済」という概念はありません。 返済ではなく、あくまで「既に譲渡した売掛金の支払い」です。

いかがでしたか?注目してほしい所は、ファクタリングはコストは高いもののスピードや審査の通過性が非常に優れているため、中小企業の経営者の皆様にとっては非常に有効な資金調達手段となるのです。ひとつ言えるのは、「銀行融資の審査に落ちてもファクタリングは利用可能」ということです。その逆はありません。

ファクタリングを利用するべき方、そうでない方

売掛金の買取手数料について

1~5% 3社間取引。入金口座の変更や管理権限の譲渡、売掛先への通知が必須。
6%~15% 2社間取引。売掛先や利用企業の信用力が高い。2回目以降は安くなる傾向にある。
15%~20% 2社間取引。1回目の利用は基本的にこの手数料から始まる場合が多い。
20%~40% 2社間取引。信用力が低い。売掛金額が非常に小さい場合。

※延滞事故なければ繰り返し利用で逓減の可能性

(例)2社間のファクタリングでは、「1ヶ月後に入金される予定の100万円の売掛債権を、手数料を20万円支払うことで、今すぐに80万円を資金化することが可能」ということです。手形のような割引率とファクタリングの手数料を置き換えるとイメージが湧きやすいと思われます。

手数料だけをみると確かに3社間ファクタリングが安いのですが、売り掛け先に対して「私の会社は資金繰りに困っています」と宣言してしまう事になります。この場合、取引先から信用力を損ない、取引停止など経営に悪影響を及ぼしてしまう事もあります。その為、多くの場合2社間ファクタリングを使う方が多いのです。

また、3社間の場合はどうしても売り掛け先を交えての契約になってしまう為、緊急の資金調達の場合は、即日調達可能な「2社間ファクタリング」を利用するほうが効率的です。

    1~4は「資金に困っている方の情報」を入力して下さい。
    [あなたのお客様]=[資金に困っている方]という意味です。
  • ご希望金額を選択してください。
  • 希望日を選択してください。
  • あなたのお客様の会社所在地を選択してください。
  • 5~8は「このページを見ているあなた自身の情報」を入力して下さい。
  • 会社名を入力してください。
  • お名前を入力してください。
  • メールアドレスを入力してください。
    メールアドレスが不正です。
  • 電話番号を入力してください。
    電話番号が不正です。

※現在困った知人がいない場合でも、提携可能です。
※機密情報の取り扱いは厳重に注意いたします。

調達金額の3%~を仲介手数料としてお支払いさせて頂きます。