閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【専門家が解説する「ファクタリング」ガイド コラム】vol.5

「ファクタリング」に関する今後の展望

こんにちは。佐々木です。
前回は、当社のお客様からの会社経営全般に関するご相談内容について、当社のサービスと関連づけてご紹介しました。他にご相談されたい内容などがありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。今回はコラム最終回ということで、「ファクタリング」に関する今後の展望についてお話したいと思います。

 

「ファクタリング」をご利用になったことがない方々へ

繰り返しになってしまうのですが、「売掛金が資金化できる」ということを知らない方が世の中にはまだ多いので、私としましては、まずこのことをもっと多くの方々に知っていただきたいと思います。せっかく皆様がお持ちの資産をもっとうまく活用して、資金繰りを上手に効率よく回していただきたいということです。
例えば、45日サイト、60日サイトで売掛金があったとしても、黙ってその日が来るのを待っているだけでは、売上があるはずなのに資金が詰まってしまいます。それを早く現金化していただくことができれば、もっと円滑に事業全般を回すことができるはずです。BS(賃貸貸借表)が黒字であれば、PL(損益計算書)も大体は黒字になるはずなので、BSとPLのキャッシュフローのバランスをもっとよく見ていってほしいと思います。

我々もビジネスなのでもちろん手数料はいただきます。これは金融機関の融資で生じる利子ではなく、あくまでも「買う」という発想のもとに取引きを行う手数料です。考え方は物の売り買いと一緒で、100あるものを、たとえば85掛けで買うという発想です。また、我々が手がける「ファクタリング」は、毎月の契約となります。1年間を通して契約されるお客様がいるとしたら、毎月、契約を結び直すというシステムとなります。金融機関のような利息とか利子という概念で見られると「高い!」と思われる方もいるかもしれませんが、中には1回の契約でうまく事業が回り始める方もいるのです。「15%を1年で割って計算してみてください!」と申し上げるのですが、そのように考えると決して高くはないということに気づかれるようです。但し、1年12ヶ月、毎月というような感じで「ファクタリング」を何年も続けていたらキャッシュフローが傷んでしまうことになるので、それはやめた方がよいと思います。逆に、急に必要な時には、これほど早くて便利な資金化はないと思います。

 

「ファクタリング」の今後

専門家に調べてもらった訳ではないのですが、日本の売掛債権の市場は50兆円以上とも言われています。我々などはその中でまだ0.01%も満たしていないので決して銀行になることはできないのですが、売掛債権を買う専門の会社としてリーディングカンパニーになっていきたいと思っています。最近は競合他社も増加し、色々な方法が登場してきていますが、我々は独自の審査ノウハウで小口の案件を増やし、もっと多くの方々に知ってもらい、ご利用いただきたいですね。実際、この会社は3年目ですが「ファクタリング」の需要は驚くほど伸びています。我々の存在意義が認められてきつつあるということで嬉しく思います。

今は日本全国という感じで対応しています。ただ、条件としては必ずこのオフィスに来ていただき面談を絶対にしますし、我々が現地に出向いて、どのような事業をされているのかを必ず見にいきます。現地でちゃんと商売をされて、しっかりビジネスを展開されているという確認をさせていただいていますが、そのやり方が我々の審査システムです。当社のスタッフは金融出身者が多く、決算書、あるいは通帳、現金の流れに関して知識が深いので、帳簿類を見る能力には長けていると思います。この世界は、足し算、引き算だけではないので、経験の長さによっては数字の裏を解読することが要求されます。
また、私どもは月末に決済が集中すると言いますか、月末の資金繰りで急なお問い合わせをいただくことが少なくありません。例えば、明日は25日の給料日だから明日までにお願い!とか、明後日までに!というお話が結構多くて、それが毎月という状況です。
そのような場合はできるだけお客様のご要望にお応えして、速やかな審査をするようにしています。審査するにも通帳類だとか決算書、税金の未納がないかとかをすべてチェックしますが、お願いする書類さえ揃えていただければ1日ないしは2日以内に決済がおります。中には、お金は欲しいのだけど書類は送ってこないという方も結構多くて、そうなると審査もストップしてしまいますのでご注意いただきたいと思います。

 

キャッシュフローは体内を巡る「血液」

最後になってしまいますが、我々は基本的に「攻めの姿勢がある会社」をサポートしていきたいと考えています。裏を返せば「後ろ向きのお金」です。借金を返すための「ファクタリング」というのもそうなのですが、後ろ向きの会社というのは、往々にしてその売掛金のお金を他で使ってしまったり、先に使ってしまったりというパターンが多くなります。我々が強調したいのは、どんどん売上が上がって、仕入れが追いついていかない。そのような時に「ファクタリング」を利用していただくと、売上はどんどん上がるし、キャッシュはより一層回るようになる。PLもBSもどんどん良くなっていくはずです。従って、そういう形でファクタリングを上手に活用していただけると、企業価値を高めていくことにもつながっていくのではないかと思います。仕入れを増やして売上をどんどん上げていきたい。だけど手元には先立つものが今はなくて、売掛金が90日後に入ってくる。それを今すぐ、先に使いたい。ある意味、先行投資ですよね。そのようなビジョンをもって使っていただけると、売上を倍増させていくことにもつながっていくはずです。
やはりキャッシュフローというのは、私たちの体内の血液と一緒で常に循環させていくことがとても重要なのです。血液を止めるとどのような企業も生きていくことができなくなってしまうので、いかにその血液の循環をよくしていくかという話なのです。しかし、ほとんどの経営者の方はキャッシュフローがわかる資金繰り表などはつけていないですよね。月初にいくらあって、月末にいくらある。その月末にあったものが、また月初にきて、また月末にくる。せめて6ヶ月分ぐらいの資金繰り表を作成しておかないと全体の流れを把握することは難しいでしょう。実際、皆さんは1ヶ月分しか見ていなくて、その場の通帳とその場の現金で、いつ、いくら入ってくるからこれをあっちに回してとか、短いスパンで考えている人が多く、気づいたら残高はこれだけしかなかったと、そういう方がまだ多いのが現実です。だからキャッシュフローをしっかり見るということはとても重要です。
私が起業してわかったのは、常に自分が金庫をみながら仕事しているということです。やはり3ヶ月先、6ヶ月先の資金繰りということを常に見ておかないと、突発的なことへの対応ができなくなってしまいます。良いときは良いのですが、悪くなった時にリカバリーできないのは危険です。やはり常にストックしておかなければならないお金というのは絶対に触らないでおこう、というのはありますよね。経営者の皆さんも是非、資金繰り表を作成し、せめて半年ぐらいの期間の自社キャッシュフローを把握しておくということは、とても大切なことだと思います。

 
以上、これまで5回にわたって「ファクタリング」についてご紹介させていただきました。まだまだわからないことやご不明点はたくさんあるかと思いますが、お気軽にお電話やメールでご相談いただければ、より的確な資金調達のお手伝いをさせていただきます。

このページを皆で共有する

著者: 株式会社ビートレーディング  佐々木 英世

「毎月の売掛金が資金化できる」ことを知っていますか?
中小企業の経営者の皆様にとって、毎月の資金繰りは実に頭の痛い問題です。決算上は黒字であっても、来月の入金日まで現金を手にすることができないのを当たり前のことと思ってあきらめている方々も多いことでしょう。

やはり「キャッシュフロー」は、私たちの体内を流れる血液そのものであり、一度止めてしまうと大変なことになるので、いかにうまく効率的に循環させていくかが非常に大切です。

その、循環させるための一つの手法が「ファクタリング」と呼ばれるものであり、皆様の売掛債権をスピーディーに買い取り、現金化することで、売掛金を資金繰りに上手に組み込めていくようにサポートしていくためのものです。

例えば、売上がどんどん伸びて、仕入れが追いついていかない時などに、この「ファクタリング」を活用して先行投資を行えば、売上も上がるし、キャッシュも回るようになり、企業価値も自ずと高めていくことができるようになると思います。
もっと多くの経営者の方々に、この、債権を売買する「ファクタリング」について理解を深めてもらい、もっと積極的に活用していってほしいと願っています。

会社名 株式会社ビートレーディング
住所 東京都港区芝大門一丁目2-18  野依ビル 3F
電話 03-6450-1604
URL http://betrading.jp/
対応エリア 全国
専門家コラム

専門家コラムをカテゴリーから探す

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる