閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

【専門家が解説する「ファクタリング」ガイド コラム】vol.2

「ファクタリング」の専門業者の選び方

こんにちは。佐々木です。
前回は、売掛金を速やかに現金化する「ファクタリング」の考え方や概要についてご紹介しましたが、ご理解いただけましたでしょうか?
今回は少し踏み込んで、「ファクタリング」の会社の選び方についてお話したいと思います。

 

会社の選び方

ファクタリング会社を比較検討する際は、以下の点をチェックするといいでしょう。

1.サービスの方式

最近は「ファクタリング」という言葉自体が流行にのって一人歩きしている感じもあるのですが、一言で「ファクタリング」と言っても、そのサービス内容には下記のように大きな違いがあります。

A.売掛債権を担保として融資を受ける方式
B.売掛債権を譲渡して資金を得る方式
C.売掛金の代金回収を保証する方式  など

当社が採用しているのが、Bの「売掛債権を譲渡して資金を得る方式」で、これは借金をすることなく売掛債権をスピーディーに資金化できるという点でお勧めです。

 

2.契約方法(2社間・3社間)

「売掛債権を譲渡するファクタリング」は、自社(お客様)・売掛先企業・ファクタリング会社の「3社間取引」となるのが一般的です。しかし、日本という国の古い体質として、売掛先企業は得意先でもあるため、先方に知られることなく「ファクタリング」を利用する「2社間取引」を希望する企業も少なくありません。得意先との今後の関係も考慮して、そのような個別の事情にも柔軟に対応してくれる専門のファクタリング会社を探すことも大切です。というのも、既存取引に影響なく売掛債権の資金化が可能となるからです。

 

▼ 3社間ファクタリングのイメージ

1

 

▼ 2社間ファクタリングのイメージ

2

 
当社では、お客様のニーズやご要望に応じて、「3社間ファクタリング」、「2社間ファクタリング」両方のサービスを提供しています。
実際、売掛金を先に現金化していることを取引先に知られてしまうと、これからの取引ができなくなってしまう恐れがあるから知られたくないというお客様が多いというのも事実です。我々業者サイドから捉えると、一番安心なのは「2社間ファクタリング」なのです。というのも、最もリスクが少なくて、直接、売掛先から回収することができるからです。しかし万一、売掛先が倒産するような場合があった場合に、結局、我々の手元にお金が入ってこなくなってしまうので、どうしても3社間契約ということになってしまうのですが、本来は2社間で契約するのがベストなのです。ただ、「ファクタリング」をやっていることが取引先に知られてしまうと、取引先との今までの信頼関係が崩れたり、契約が立ち消えになってしまうこともあったりするらしいのです。どうしようもないことではあるのですが、やはり売掛先には内緒でお願いしたいということで「2社間ファクタリング」を希望されるお客様が多くなります。
「直接やって大丈夫ですよ!」というのは医療系ぐらいです。医療系になると、売掛先が国保・社保になるので、私たち業者は「A社さんから債権を売ってもらいました」という通知を出せる訳です。対象は国となるので、それをされたからといって取引を停止することはないですし、「わかりました」ということで、当社に直接、国からお金が入ってくるのです。
これが国ではなくて大手企業さんだとしたら、やはりA社と大手企業は取引がずっとあり、この取引がなくなってしまうと生活が成り立たなくなってしまうので、黙っておいて、とか内緒にして!ということが多くなります。ただ、このA社が私たちに払ってくれない時には、その大手企業に対して直接、払って下さい!という通知は出さないといけなくなります。つまり、当社からお客様の売掛先に通知を出す訳ですが、やはり、皆さん、それは困るということで、きちんと払ってくれるようです。

このページを皆で共有する

著者: 株式会社ビートレーディング  佐々木 英世

「毎月の売掛金が資金化できる」ことを知っていますか?
中小企業の経営者の皆様にとって、毎月の資金繰りは実に頭の痛い問題です。決算上は黒字であっても、来月の入金日まで現金を手にすることができないのを当たり前のことと思ってあきらめている方々も多いことでしょう。

やはり「キャッシュフロー」は、私たちの体内を流れる血液そのものであり、一度止めてしまうと大変なことになるので、いかにうまく効率的に循環させていくかが非常に大切です。

その、循環させるための一つの手法が「ファクタリング」と呼ばれるものであり、皆様の売掛債権をスピーディーに買い取り、現金化することで、売掛金を資金繰りに上手に組み込めていくようにサポートしていくためのものです。

例えば、売上がどんどん伸びて、仕入れが追いついていかない時などに、この「ファクタリング」を活用して先行投資を行えば、売上も上がるし、キャッシュも回るようになり、企業価値も自ずと高めていくことができるようになると思います。
もっと多くの経営者の方々に、この、債権を売買する「ファクタリング」について理解を深めてもらい、もっと積極的に活用していってほしいと願っています。

会社名 株式会社ビートレーディング
住所 東京都港区芝大門一丁目2-18  野依ビル 3F
電話 03-6450-1604
URL http://betrading.jp/
対応エリア 全国
専門家コラム

専門家コラムをカテゴリーから探す

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる