閉じる
10秒でカンタン 今すぐ500万円の資金調達!銀行融資を断られても調達できる裏ワザとは?

資金繰りを改善して資金ショートを回避する6つの対策とは?

資金繰りに苦労している経営者は少なくないでしょう。手元にキャッシュは十分にあるので全く困っていない、という方は新規事業や投資関連のサイトへどうぞ。
さて黒字倒産という言葉があるように、利益が出ていてもキャッシュが足りなくなることがありますし、逆に赤字でもキャッシュが十分にあれば倒産はしません。しかしキャッシュが十分にないから資金繰りに苦労するわけです。ここではいざというときに資金繰りを改善して、資金ショートを回避する6つの対策をご紹介します。

 

資金繰り改善の基本4パターン

その前に、資金繰りを改善するための基本的な4つのパターンを考えましょう。

・キャッシュインを早める
・キャッシュアウトを遅らせる
・キャッシュインをつくる
・キャッシュアウトを防ぐ

どの対策も原則としてこれら4つの基本パターンに当てはまるはずです。例えば銀行からの借入ですが、これは「キャッシュインをつくる」です。また手形を切ることは「キャッシュアウトを遅らせる」に該当します。これらをまとめたのが以下の図です。

002

対策はいろいろとありますが、資金繰りが厳しいときに当然行っているというものを除いて、比較的実現性が高い以下の6つの対策をピックアップしてご紹介します。

・取引先との交渉
・リスケジュール
・当座貸越(事業性カードローン)
・ファクタリング
・売掛債権担保融資
・リースバック

 

取引先との交渉

資金繰りを改善するための取引先との交渉は、「キャッシュインを早める」と「キャッシュアウトを遅らせる」の両方のケースがあります。「キャッシュインを早める」は、販売先に対して入金サイトを早めてもらう交渉で、具体的には月末締め翌々月払いを翌月払いへの変更や、手形の場合は現金払いにしてもらうといったことです。「キャッシュインを遅らせる」は、仕入先に対して支払いサイトを遅らせてもらう交渉で、具体的には、月末締め翌月払いを翌々月払いへの変更や、現金払いの場合は手形を切らせてもらうといったことです。ただし新規に手形を切る場合は、短期的には資金繰りが改善しますが、長期的には悪影響を及ぼす可能性が高いので注意が必要です。
対象となる取引先としては、取引金額が大きい、入出金サイトが2か月以上、手形を受け取っている販売先、現金で支払っている仕入先などです。交渉といっても取引先のメリットはなく実際にはお願いになりますから、関係がいい取引先であることが必要条件です。

メリットは以下の通りです。

・費用がかからない
・先方が了解してくれれば時間はかからない

デメリットは以下の通りです。

・取引先への信用力が低下する
・資金繰りが厳しい状況であることが取引先以外にも漏れる可能性がある

 

リスケジュール

リスケジュールとは主に金融機関への返済のスケジュールを見直すことをいい、「キャッシュアウトを遅らせる」ことで資金繰りの改善になります。毎月の返済額を減額するために返済期間を長くしたり、ある一定期間は利息だけの支払いにしたりすることが多いです。
金融機関は慈善事業ではありませんから、リスケジューリングの申し込みに対して簡単に了解することはありません。余剰資産の売却や役員報酬の減額などやるべきことをやった上で、改善計画書、資金繰り表、返済計画書などを作成して提出する必要があります。

メリットは以下の通りです。

・毎月の返済金額が減る

デメリットは以下の通りです。

・新たな借入ができなくなる
・改善計画書、資金繰り表、返済計画書などを作成する必要がある
・審査があるため、ある程度時間がかかる
・金利が上がる
・余剰資産の売却や役員報酬の減額などを行ったうえで申し込む必要がある(申し込めないわけではないが、申し込んでも当然先方は了解しない)

 

当座貸越(事業性カードローン)

銀行からの借入では当座貸越は一番ハードルが高いですが、ここではノンバンクなどのカードローンを想定しています。一般的なカードローンの資金使途は事業性資金を除いていることがほとんどなので、ここでは事業性のカードローンとします。当座貸越とは、融資の限度額を設定し、その限度額以内であれば自由に借りたり返したりすることができる借入です。「キャッシュインをつくる」ことで資金繰りの改善を行います。金利は事前に決まっていて、借りた分に対して借りた期間だけ金利が発生します。カードローンも同様の仕組みで、銀行の当座貸越と比較すると審査が簡単で信用がそれほど厚くなくてもカードの発行は可能です。非常に使い勝手がいいので、もしものときのために経営者は事業性カードローンの契約だけでもしておくことをお勧めします。
カードローンの詳細については以下をご参照ください。
https://shikin-pro.com/guide/101

 

ファクタリング

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却して資金回収を早める仕組みのことです。「キャッシュインをつくる」ことで資金繰りを改善します。19世紀末頃にアメリカで開発され、欧米では中小企業にとっては当たり前の資金調達手段として発達しましたが、日本では手形取引が一般的だったため発達しませんでした。しかし1990年代以降、手形取引は最盛期の10分の1にまで落ち込み、売掛金の現金化の手段が失われました。そのため経済産業省の方でも売掛債権の現金化による資金調達手段は正当なものであるとしていて、今後ファクタリングは拡大していく可能性は十分にあると考えられます。
ファクタリングの仕組みとしては、事前に利用会社は取引先とファクタリングの承諾をしておき、請求金額をファクタリング事業会社から期日前に割り引いた金額を支払ってもらいます。そして取引先は期日までにファクタリング事業者会社に支払うという仕組みです。別途、利用会社はファクタリング会社に手数料を支払います。
https://shikin-pro.com/factoring

メリットは以下の通りです。

・売掛金を早期に現金化できる
・販売先が倒産しても売掛金の回収もれにはならない(償還請求権がない場合、ただし手数料は高くなる)
・金融機関の審査と比べて比較的緩い

デメリットは以下の通りです。

・割り引かれるため売掛金全額は現金化できない
・手数料がかかる
・取引先にファクタリングをしていることを知られることになる

 

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは、売掛債権を担保にして売掛金が入金されるまでの間、運転資金を金融機関が融資するものです。これもファクタリングと同様に「キャッシュインをつくる」ことで資金繰りを改善します。

メリットは以下の通りです。

・売掛金を早期に現金化できる
・ファクタリングと違って取引先に知らせる必要はない

デメリットは以下の通りです。

・ファクタリングと比較して時間がかかる
・金利が高い

 

リースバック

リースバックとは、利用する企業がその所有する物件(不動産や自動車など)をリース会社に売却して、リース会社からその物件のリースを受けるというものです。企業が所有している物件をリース会社以外の一般の会社に売却してしまうと、通常はその物件を使用することができなくなってしまいます。そこでリース会社に資産を売却してリース契約を結ぶことにより、売却後も引き続きその物件を使用できるようにするというわけです。

メリットは以下の通りです。

・売却後も物件をそのまま使用することができる
・原則として簿価で物件をリース会社に売却できる
・物件のメンテナンス、管理業務が不要になる

デメリットは以下の通りです。

・簿外債務としてリース債務が発生する
・リース会社からの借入コストは金融機関からの借入コストよりも高いことが多い
・リース期間を超えて物件を使用する場合は再リース料が発生しコストがかさむ

 
おまけとして、最後に契約者貸付制度という生命保険からの借入を紹介します。貯蓄性の高い生命保険に加入している場合は、一般的に中途解約すると解約返戻金がもらえます(掛け捨ての保険は、解約返戻金はありません)。ただ中途解約しなくても、解約返戻金の範囲内(一般的に90%以内)で保険会社から貸付を受けることができます。加入したばかりの生命保険だと解約返戻金は少なくて資金繰りの改善にはなりませんが、長年加入してきたものだと、それなりの金額になっているかもしれません。いざというときのために解約返戻金の金額を把握しておいた方がいいでしょう。

専門家コラムをカテゴリーから探す

資金調達できる金額は今いくら?10秒カンタン無料診断
昨日0が事業資金の調達に
成功しました。
今日0が事業資金の調達に
成功しました。
  • 09/26 21:33
    無料診断がされました。
  • 09/26 14:02
    無料診断がされました。
  • 09/26 13:17
    無料診断がされました。
  • 09/26 13:17
    無料診断がされました。
  • 09/26 13:17
    無料診断がされました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 2/25 様が
    を調達しました。
  • 来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
    売掛金とは?
    売掛金とは、来月あなたの会社に入金される予定の金額のことです。合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 再来月あなたの会社に入金される予定の合計金額を選択して下さい。大体でかまいません。
  • 種別 
  • 売掛先への通知
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
    売掛先への通知とは?
    NGにしておくことで、あなたの取引先(売掛先)へ知られることなく資金調達をすることが可能です。よくわからない場合は、NGのままにしておいてください。
  • 診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
    診断結果が届くので、正しいメールアドレスを入力して下さい。
  • 1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
    1時間でも早くお手続きを行う為、正しい番号を入力して下さい。
ご希望金額を選択してください。
会社の所在地を選択してください。
翌月の売掛金を選択してください。
翌々月の売掛金を選択してください。
会社名を入力してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
資金調達成功マニュアル3つ(9,800円相当)を無料でプレゼントさせて頂きます。
本日はあと残り社限定なので、
お早めに10秒診断を行って下さい。
あなたの資金調達を全てサポートいたします

10秒カンタン資金調達チェック

あなたが入力した情報は送信されました。
メールボックスのご確認をお願いします。

ご希望金額を選択してください。
都道府県を選択してください。
創業時期を選択してください。
年商を選択してください。
借入残高を選択してください。
事業形態を選択してください。
お名前を入力してください。
メールアドレスを入力してください。
メールアドレスが不正です。
電話番号を入力してください。
電話番号が不正です。
現在の状況を入力してください。

みんなに良く読まれている
人気の資金調達ガイド

新着の専門家

資金調達ニュース

カードローン人気ランキング
資金調達プロ 無料掲載のご案内
資金調達プロ ファクタリング
このページの先頭へ

資金調達の無料相談はコチラ

閉じる