ホーム > 掲載カードローン一覧 > みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

金利 年2.0%~年14.0%
限度額 最高800万円
審査スピード 詳細は直接お問い合わせください
融資スピード 詳細は直接お問い合わせください
銀行より早く借りれるカードローン「アイフル」「アコム」は最短1日で10万円を借り入れできます!以下のバナーをクリックして、今すぐ申し込んでみて下さい。

▽▽▽アイフル 最短30分で審査完了▽▽▽


▽▽▽アコム 来店不要 借入可能か3秒診断▽▽▽


  • メガバンクの本格的カードローン!
  • 金利は年2.0%~年14.0%、最大ご利用限度額は800万円です。
  • みずほ銀行の口座をお持ちの場合、申込みから契約までWebで完結!来店不要でご利用可能です。

みずほ銀行カードローンって、どんなカードローンか知ってますか?
今回はぜひ知っておいて頂きたいみずほ銀行カードローンについてご説明します。

日頃、みずほ銀行をメインバンクに使っている方には特におすすめですよ。
口座を持っていない方でも安心してお使いいただけます。
またWebから申込対応で、みずほ銀行に口座を持っていれば、完全にインターネットだけで完結した申し込みが可能なことも大きな特徴といえるでしょう。

みずほ銀行カードローンを利用する上で、いくつか注意しておきたい点があります。
今回はそれをまとめましたので、ぜひご覧になってください。

みずほ銀行カードローンってどんなローン?

みずほ銀行カードローンですが、当然みずほ銀行が運営しています。
みずほ銀行は日本の三大メガバンクのひとつで、日本で最も有名な銀行のひとつです。
法人向けのみならず、富裕層向けにも、一般人向けにも預金を展開しており、多くの企業のメインバンクとして利用されています。
カードローンも行っており、通常よりも安い金利でローンが受けられる場合があります。
みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は特におすすめといえるでしょう。
また、抜群のネットワークを活かして、全国に支店ATMがあります。非常に使い勝手の良いカードローンといえます。
大手コンビニとも提携しておりますので、日本全国で借入と返済ができない場所はほぼないといっても過言ではないでしょう。旅行先などの急な対応ももちろん可能です。

大きな特徴として、すでにみずほ銀行で住宅ローンを借りている方は、カードローンの金利が年0.5%安くなります。これはすでに信頼している方であることや、返済実績等を考慮したサービスとなります。
みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方はみずほ銀行のカードローンがぜひおすすめです。

みずほ銀行カードローンの長所

みずほ銀行カードローンの良いところ4つをお伝えします。

1.最高限度額が高い

みずほ銀行カードローンは、最高限度額が高いというのがあります。
最高800万円ですので、限度額が高いのです。
これは大きな額ですよね。

2.金利が安い

800万円の限度額なら、なんと年2.0%の金利で借りることが可能となります。
100万円は年12.0%。抜群に低い金利ですね。

3.キャッシュカードに見える

みずほ銀行カードローンは、キャッシュカードに似ています。
またキャッシュカードと一体型も選択できます。
ですので、お財布に入れていても、借金用のカードだとわからないのです。
人様に見られても安心ですね。
また、みずほATMを操作していても、借入をしているとはたから見てわからないのも嬉しいです。

4.Webで完結している

ネット完結で借入まで完了するのもこのみずほ銀行カードローンの魅力です。
みずほ銀行の口座を持っていれば、Webで完結した申込が可能となります。

みずほ銀行カードローンの短所

みずほ銀行カードローンの良くないところ4つをお伝えします。

1.返済口座がみずほ銀行だけとなる

返済口座がみずほ銀行だけなのは、非常に使いにくいところです。
コンビニ返済等もなく、不便だと思います。
また、繰上げ返済は出来ますが、手数料がかかります。
こういった細かい不便さがなかなか解消されません。

2.返済日が10日のみ

返済日も選ぶことができません。毎月10日のみです。
毎月10日にみずほ銀行の口座に残高を残しておかないといけないので、みずほ銀行をメインバンクに使っていない人はとても使いづらく感じるでしょう。

3.ATMに手数料がかかる

コンビニATMは日本中にありますが、ほとんどの時間帯で手数料がかかってしまいます。
みずほ銀行カードローンは、一度使うと長い付き合いになりますので、毎回手数料がかかるのは積み重なると大きな負担となってしまいます。

4.審査に時間がかかる

審査が少し時間がかかるのも困るところです。
みずほ銀行カードローンの場合は、みずほ銀行に口座を持っていない場合、最長で1ヶ月ほどかかる場合があります。
これでは借りたいときに借りられない、不便さがあります。
スピードを上げるには、みずほ銀行の口座を持っている状態でネット申込をするのがいいでしょう。

どんな人に向いている?

みずほ銀行カードローンに向いている人5つをご紹介します。

1.みずほ銀行をメインバンクにしている方

みずほ銀行カードローンは、返済がみずほ銀行の口座のみになります。
ですので、日頃からみずほ銀行を使っている方には大変便利なカードローンとなります。
みずほ銀行を使っていない方には使いづらいかもしれません。

2.みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方

みずほ銀行カードローンは、すでにみずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は金利が年0.5%ほどお得になります。
これは使わない手はないでしょう。
すでに住宅ローンを組む歳に審査に通っていますので、カードローンの審査も比較的簡単になります。

3.急いでいない方

ゆっくり手続きして、数日後に借入できればよいや、という方はみずほ銀行カードローンでじっくり審査してもらうのが向いています。
今すぐ振り込んでもらいたいという方は他社を当たったほうが早いです。

4.金利を払いたくない方

できるだけ元本だけ返したい、金利をたくさんとられたくないと言う方は、みずほ銀行カードローンはおすすめです。
金利が低いですので、安心して長期間お付き合いしていただけます。

5.枠が大きいので、たくさん借りたい方

将来的に大きな金額を無担保で借入したい方は、みずほ銀行カードローンに向いています。最初は少ない枠からですが、徐々に大きな金額を借りいれることが可能となります。
使って返しているうちに、限度額上限が徐々に上がっていきます。
最高で800万円を年2.0%の低金利で借入できますので、たくさん借りたい方には非常にお得なカードローンとなります。

金利

金利比較表(利用金額100万円)
業者名 金利
消費者金融 プロミスカードローン 4.5%~17.8%
アコムカードローン 7.7%~18.0%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル「キャッシングローン」 4.5%~18.0%
銀行 新生銀行「レイク」 12.0%~15.0%
イオン銀行カードローン「フリーローン」 3.8%~13.5%
みずほ銀行カードローン 年12.0%
オリックス銀行カードローン 12.0%~17.8%、9.0%~14.8%
三井住友銀行カードローン 12.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 12.6%~14.6%

金利は、融資額によって異なります。

融資額別 金利一覧
10万円以上 100万円未満 年14.0%
100万円以上 200万円未満 年12.0%
200万円以上 300万円未満 年9.0%
300万円以上 400万円未満 年7.0%
400万円以上 500万円未満 年6.0%
500万円以上 600万円未満 年5.0%
600万円以上 800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

となっております。
金利は最大限度額に比例します。つまり、借り入れたい枠に応じて金利が異なるのです。
限度額を上げるには、使って返すを繰り返すといいでしょう。
何度も利用して、しっかり期日までに返す、を繰り返していると、自動的に限度額の上限があがります。

限度額

限度額比較表
業者名 限度額 金利
消費者金融 プロミスカードローン 500万円 最低4.5%~最高17.8%
アコムカードローン 800万円 最低3.0%~最高18.0%
SMBCモビット 800万円 最低3.0%~最高18.0%
アイフル「キャッシングローン」 500万円 最低4.5%~最高18.0%
銀行 新生銀行「レイク」 500万円 最低4.500% ~ 最高18.000%
イオン銀行カードローン「フリーローン」 700万円 最低3.8%~最高13.5%
みずほ銀行カードローン 800万円 最低年2.0% ~ 最高年14.0%
オリックス銀行カードローン 800万円 最低3.000% ~ 最高17.800%
三井住友銀行カードローン 800万円(10万円単位で選択) 最低4.0%~最高14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 500万円 最低1.8%~最高14.6%

限度額は最大800万円までです。
ですが、最初から800万の枠が付与されることはまずありません。
最初は10 万円、20 万円、30 万円、50 万円、100 万円前後からのスタートとなります。
100万円以上は、100万円単位でお選びいただけるようになっております。
最初は10万円でも、使って返すを繰り返していると、だいたい半年を過ぎたころに、限度額上限がアップするお知らせが届きます。
基本的に、限度額を上げるかどうか判断するのはみずほ銀行側です。
限度額を上げたいならば、それを待つしかないでしょう。
こちらから限度額を上げたいと連絡することも可能です。
その際は、増額審査がありますのでご注意ください。

申込方法

申込方法比較表
業者名 申込方法 お試し審査 お試し審査入力項目数
消費者金融 プロミスカードローン インターネット、携帯サイト、フリーコール、無人契約機、店頭窓口、郵送等 3
アコムカードローン インターネット(PC・モバイル)、むじんくん・店頭へのご来店、電話、郵送 -
SMBCモビット インターネット、携帯サイト、スマートフォン、SMBCモビットローン申込機、電話、FAX、書類郵送、等 3
アイフル「キャッシングローン」 インターネット(パソコン・スマートフォン・携帯電話[iモード・EZweb・Yahoo!ケータイ])、ご来店(アイフル店舗、自動契約機)、お電話(はじめてのお客様専用ダイヤル、女性専用ダイヤル、会員様専用ダイヤル) 4
銀行 新生銀行「レイク」 パソコン・スマートフォン、携帯電話、自動契約機、電話、郵送でお申込いただけます。 4
イオン銀行カードローン「フリーローン」 インターネット 3
みずほ銀行カードローン インターネット(パソコン)、携帯電話(スマートフォン、モバイル)、電話、郵送、店頭窓口 -
オリックス銀行カードローン インターネット(パソコン)、電話、郵送 2
三井住友銀行カードローン インターネット(パソコン)、携帯電話(モバイル)、ローン契約機(ACM)、電話、郵送、窓口、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト) 3
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 インターネット、携帯サイト、電話、FAX、郵送、テレビ窓口など 3

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行に口座を持っている方と、持っていない方で大きく申込方法が異なります。

みずほ銀行に口座を持っている方:パソコン、モバイル、郵送、電話、窓口等からお申込いただけます。
パソコンやモバイルの場合は、午前中までなら当日の審査になります。
ただし午後からは翌営業日となってしまいます。
店舗は原則として翌営業日のご回答となります。申し込みが午後の場合は2営業日後になることもあります。
郵送は到着後、原則翌営業日に結果を回答します。
電話では、原則として2~3営業日後に回答となります。

みずほ銀行に口座を持っていないか方:まずは口座作成からになります。
そのため、多少なりとも時間が必要となります。
Web完結以外の方法で、例えばネットやモバイル、電話等からの申し込みが可能です。
ですが、完結までに2~3週間かかることがあります。
ですので、口座を持っていない方は、一番いいのは窓口で口座を作ることです。

審査にかかる時間(審査スピード)

みずほ銀行カードローンの審査スピードについては、直接お問い合わせください。審査自体はオリコが行っています。
審査される項目は、名前・生年月日・住所などの基本情報、住居区分・家族・年収・他社からの借り入れなどの生活情報、そして勤務先の名称・事業規模・電話番号などとなります。
これらは基本的に、どこの銀行のカードローンでも同じとなります。

注意すべき点として、勤続年数は少なくとも1年はあったほうがいいでしょう。
転職直後だと特に、収入が不安定だとみなされてしまいます。
見かけ上の年収があがったとしてもです。ですので、作るのであれば、転職前にカードローンを作っておくことをおすすめします。

また、債務整理や自己破産をしている方はもちろん借り入れできません。

借入件数もチェックされます。1社で100万円ならOKでも、3社で30万ずつですと嫌がられる可能性が高いです。
理由は、そういった方は多重債務に陥りやすいからです。

他社での申込件数が多いのも危険です。申込履歴は信用情報に残りますので、一度落ちると、それが不利になって余計に通りにくくなるという弱点があります。気をつけましょう。

融資までの時間(融資スピード)

融資スピード比較表
業者名 融資までの時間(最短)
消費者金融 プロミスカードローン 即日(申込日当日)
アコムカードローン 即日(申込日当日)
SMBCモビット 即日(申込日当日)
アイフル「キャッシングローン」 即日(申込日当日)
銀行 新生銀行「レイク」 最短即日 ※平日14時までに、申込と必要書類の確認が必要
イオン銀行カードローン「フリーローン」 最短1~2週間
みずほ銀行カードローン
オリックス銀行カードローン 即日(ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方)
三井住友銀行カードローン 即日
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 即日(申込日当日)

審査スピードについても、直接みずほ銀行にお問い合わせされることをおすすめします。
なお、みずほダイレクトに加入していれば、1日程度で入金が可能となります。
これはありがたいサービスですよね。
ただし、時間帯は0時~15時の間となりますので、注意が必要です。
その時間帯に申し込めば、みずほダイレクトを経由して、指定の口座に振り込まれます。
ただし、休日のお取り扱いは、翌営業日になります。
どちらも手数料は無料です。みずほ銀行カードローンをつくるなら、ぜひみずほダイレクトに加入しましょう。
あとは、ATMから引き出すのが最も早い方法となります。

借入方法

借入方法比較表
業者名 振込みによる借入れ 提携ATM(銀行・コンビニ)からの借入れ
可否 申込方法 当日中の借入れ 手数料 主な提携
ATM
手数料
消費者金融 プロミスカードローン 電話、インターネット、プロミス自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、店頭窓口、
郵送
無料 三井住友銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行
ローソンATM
E-net
お借入れ金額により異なる
アコムカードローン インターネット、電話 - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
ゼロバンク
E-net
地方銀行(熊本銀行、親和銀行等)
-
SMBCモビット 電話、インターネット 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
1万円以下:108円、1万円超:216円
アイフル「キャッシングローン」 電話、インターネット 無料 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
親和銀行
無料
銀行 新生銀行「レイク」 インターネット 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
イオン銀行
無料
イオン銀行カードローン「フリーローン」 インターネット 無料 なし なし
みずほ銀行カードローン 電話
インターネット
無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
提携金融機関
(BANCS、MICS)
月4回まで無料
オリックス銀行カードローン 電話、インターネット 無料 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
三井住友銀行カードローン - なし セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 電話、インターネット 無料 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
無料

借入方法は3種類あります。
まず、ATMで引き出す方式。カードとパスワードがあればすぐに引き出しできます。
ATMは日本全国にありますし、コンビニ各社、銀行各社と提携しておりますので、いつでもどこでもお使いいただけますよ。
ATMご使用ですと土日祝日もお使いいただけますが、手数料がかかる場合があります。

また、みずほダイレクトをご使用の方は、みずほダイレクトを使って、パソコン、スマホ、固定電話等からお申込いただけます。ただしみずほダイレクトは土日祝日はお使いいただけません。

そして自動貸越機能を使えば、キャッシュカードで預金を引き出す歳に、残高が不足していればその残高を限度額内でカードローンから貸越できます。お引き出しのような感覚でお使いただけます。

おまとめローン

おまとめローン比較表
業者名 おまとめ専用商品 総量規制 金利 限度額 最長返済回数
消費者金融 プロミスカードローン 貸金業法に基づくおまとめローン 対象外 6.3%~17.8% 1~300万円 120
アコムカードローン 貸金業法に基づく借換え専用ローン 対象外 7.7%~18.0% 1~300万円 146
SMBCモビット なし 対象 3.0~18.0% 1~800万円 -
アイフル「キャッシングローン」 おまとめMAX 対象外 12.0%~15.0% 1~500万円 120
銀行 イオン銀行カードローン「フリーローン」 イオンアシストプラン 3.8%~13.5% 30~700万円 96
みずほ銀行カードローン なし - 年2.0~年14.0% 10~800万円 -
オリックス銀行カードローン なし 対象外 年3.0%~年17.8% 0~800万円 249
三井住友銀行カードローン なし 対象外 4.0~14.5% 10~800万円 なし
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 なし 対象外 1.8~14.6% 10~500万円 なし

みずほ銀行カードローンには、おまとめローンとしてのサービスは用意されていません。

無利息期間

残念ながら、みずほ銀行カードローンには、無利息期間はありません。
借りた翌日から利息が発生します。ご注意ください。
金利の計算方法は、たとえば100万円を12%で30日借りた場合、
100万円×12%÷365×30=9,863円が利息となります。
これは、借入の翌日から金利が発生します。

返済方法

返済方法比較表
業者名 返済期日 インターネットからの振込みによる返済 提携ATM(銀行・コンビニ)からの返済 その他返済方法
可否 対応金融機関 利用可能時間 手数料 主な提携
ATM
手数料
消費者金融 プロミスカードローン 5日、15日、25日、末日 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行
みずほ銀行
楽天銀行
24時間 無料 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
西日本シティ銀行
セブン銀行
イオン銀行
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
1万円以下:108円、1万円超:216円 ※三井住友銀行は手数料無料 店頭窓口、プロミスATM、口座引落
アコムカードローン お客様の都合のよい任意の日もしくは35日ごと 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合 24時間 - 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
ゼロバンク
E-net
地方銀行(熊本銀行、親和銀行等)
- 振込み、口座振替、店舗
SMBCモビット 5日、15日、25日、月末 なし なし なし 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
1万円以下:108円、1万円超:216円 口座引落、振込み
アイフル「キャッシングローン」 お客様の都合のよい任意の日もしくは35日ごと なし なし なし 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
親和銀行
無料 振込み、口座振替、店舗
銀行 新生銀行「レイク」 毎月任意の指定日 全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合・漁業協同組合 24時間 無料 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
イオン銀行
無料 レイクATM、口座引落、振込み
イオン銀行カードローン「フリーローン」 27日 なし なし なし なし なし なし
みずほ銀行カードローン 10日 みずほ銀行 24時間 無料 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
オリックス銀行カードローン 毎月10日または月末日 なし なし なし 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落し、振込み
三井住友銀行カードローン 5日、15日、25日、月末 なし なし 無料 セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
無料 口座引落
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 毎月指定日返済もしくは35日ごと 三菱東京UFJ銀行 24時間 無料 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
無料 口座引落

返済方法は、じつはみずほ銀行の口座から自動引落しのみになります。
これは少し不便かもしれませんが、みずほ銀行をメインで使っている方には非常に便利です。
ですが、口座を持っていない方は、口座を開設して、そちらに期日までに入金していただくという方法になります。
期日は毎月10日になります。

返済方式

返済方式比較表
業者名 返済方式
消費者金融 プロミスカードローン 残高スライド元利定額返済方式
アコムカードローン 定率リボルビング方式
SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
アイフル「キャッシングローン」 借入後残高スライド元利定額リボルビング
銀行 新生銀行「レイク」 残高スライドリボルビング方式または元利定額リボルビング方式
イオン銀行カードローン「フリーローン」 毎月元利均等返済
みずほ銀行カードローン 残高スライド方式
オリックス銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
三井住友銀行カードローン 残高スライド方式
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 借入後残高スライド元利定額返済方式

残高スライド方式を採用しています。

前月10日のご利用残高(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)と毎月のご返済額は

毎月のご返済額一覧
1万円未満 前月10日現在のご利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
300万円超400万円以下 4万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円
800万円超900万円以下 9万円
900万円超1,000万円以下 10万円

の通りとなります。残高スライド方式は、リボルビング払いと同様、同じ金額を毎月引き落とすという形式です。
毎月10日に、みずほ銀行の指定の口座から引き落とされます。

この方式のメリットは、残高が少なくなると支払う金額が少なくなり、月々の支払がとても楽になります。
その反対で、支払い期間が長期化し、金利の総額がふくらんでしまうというデメリットもあります。

店舗数

店舗数比較表
業者名 自社
ATM
主な提携
ATM
有人店舗の
店舗数
自動契約機の
設置数
消費者金融 プロミスカードローン 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
西日本シティ銀行
セブン銀行
イオン銀行
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
18 1110
アコムカードローン 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
ゼロバンク
E-net
地方銀行(熊本銀行、親和銀行等)
39 1068
SMBCモビット 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカード
ローソンATM
E-net
全国の地方銀行・信用金庫
- 303
アイフル「キャッシングローン」 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
親和銀行
25 625
銀行 新生銀行「レイク」 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
イオン銀行
- 796
イオン銀行カードローン「フリーローン」 なし 133 -
みずほ銀行カードローン セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
461 -
オリックス銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
5 -
三井住友銀行カードローン セブン銀行
ローソンATM
E-net
ゆうちょ銀行
457 719
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 セブン銀行ATM
ローソンATM
E-net
672 627

店舗数ですが、10000店舗近くあります。
メガバンクで全国展開していますので、どこの町にでも気軽にATMをご利用いただけるようになっております。これは嬉しいですよね。
身近にあるみずほ銀行のATMをぜひご利用ください。
またコンビニATMもあわせれば何十万店舗となるでしょう。
いつでもどこでも気軽に借入と返済が可能になります。
大変便利なカードローンとなっております。
ただし、コンビニATMとなりますと、利用時間によっては手数料がかかります。それだけはご注意ください。
また、ゆうちょ銀行や提携金融機関はMANCSとMICS(全国キャッシュサービス)に加入している銀行が含まれますので、ほぼすべての金融機関のATMをお使いいただけると思っていいでしょう。

保証会社はどこ?

保証会社はオリコとなります。株式会社オリエントコーポレーションです。
メガバンクなので自社で保証をつけているかと思われるかもしれませんが、実際の保証はオリコが行っています。
そのため、審査に通るかどうかはオリコ次第となります。ご注意ください。
オリコでは、ご契約時20歳以上66歳未満で、安定した収入がある方で、オリコの保証が受けられる方、という審査基準となります。

コンビニ

提携コンビニは、まずEnetとなります。

E-netは

  • ファミリーマート
  • サークルK
  • スリーエフ
  • セーブオン
  • サンクス
  • コミュニティ・ストア
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

になります。

それに加えて、ローソン、セブン銀行のATMでもご利用いただけます。

利用時間は

月曜日 終日(ご返済のみ8時45分~18時00分)
火曜日~金曜日 終日(ご返済のみ8時45分~18時00分)
土曜日 0時00分~22時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)
日曜日 8時00分~24時00分(ご返済のみ9時00分~17時00分)

となっております。

みずほ銀行カードローンでは、お借り入れ(お引出し)・ご返済(お預入れ)・残高照会がご利用いただけます。
ただし、時間帯によっては手数料がかかりますので、気をつけてください。

  • 申込・借入条件
  • 口コミ・評判・体験談
  • 申し込み
    申込方法 インターネット(パソコン)、携帯電話(スマートフォン、モバイル)、電話、郵送、店頭窓口
    申し込みから借入(融資)までの流れ(契約に必要な手続き) この画面よりお申し込み → 必要事項のご入力 → 審査結果のご連絡 → 必要書類のお手続き → カードローン口座の開設
    来店 不要
    申し込みから借入(融資)までの最短時間
    備考 -
    借入
    実質年率 最低年2.0% ~ 最高年14.0%
    借入限度額別の年率
    借入限度額 金利(実質年率)
    10万円以上 100万円未満 年14.0%
    100万円以上 200万円未満 年12.0%
    200万円以上 300万円未満 年9.0%
    300万円以上 400万円未満 年7.0%
    400万円以上 500万円未満 年6.0%
    500万円以上 600万円未満 年5.0%
    600万円以上 800万円未満 年4.5%
    800万円 年2.0%
    ※掲載情報は2017年 7月 5日の情報です。
    金利体系 お借入金利は変動金利で金融情勢等により都度見直しさせていただきます。
    金利優遇とその条件 カードローン契約時にみずほ銀行で住宅ローンをご利用いただいている方は、みずほ銀行カードローンの店頭表示の基準金利から金利を年0.5%引き下げさせていただきます。
    借入限度額 800万円
    契約期間 12ヶ月 1年(契約成立日から1年後の応当日の属する月の10日)とし、1年ごとの審査のうえ自動更新となります。ただし、銀行が特に認める場合を除き、満70歳以上での更新は行いません。
    お金の借り方 口座振込、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
    借入無利息期間 なし
    借入無利息期間の条件 -
    備考 ・お借入金利は、お借入日のお借入金利がご返済まで継続して適用されるのではなく、実際に適用されるお借入金利は、お借入残高のある当日のお借入金利を適用させていただきます。 ・ 最新のお借入金利については、店頭でお問い合わせいただくか、またはみずほ銀行ホームページをご覧ください。
    返済
    返済金額 前月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)現在のご利用残高に応じて、みずほ銀行の返済用普通預金口座からお引き落としさせて頂きます。
    前月10日のご利用残高 毎月のご返済額
    1万円未満 前月10日現在のご利用残高
    1万円以上100万円以下 10,000円
    以降、100万円を増額した幅ごと 2万円に1万円ずつ加算した金額
    ※掲載情報は2017年 7月 5日の情報です。
    返済方式 残高スライド方式
    利息の計算方法 前月約定返済日前営業日から当月約定返済日前営業日の前日まで、毎日最終残高(100円未満切捨)の累計額(積数)×年利×(1/365)(円未満切捨)
    お金の返し方 ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、店舗窓口、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等
    返済日 毎月10日(銀行休業日の場合、翌営業日)
    繰上返済 無料 毎月のご返済のほかにカードローンご利用中のカードを使って、みずほ銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM・コンビニのATM(イーネット・ローソン・セブン銀行)で随時ご返済いただくことも可能です。※2
    備考 ※1.ご契約のご利用限度額によってご返済金額は異なります。くわしくはみずほ銀行のホームページでご確認ください。 ※2.ただし、随時ご返済いただいても毎月のご返済をされたことにはなりませんので、別途ご指定の口座から毎月のご返済が必要です。
    費用・機能・サービス
    手数料・年会費等 不要
    クレジットカード機能 -
    その他の付帯機能・サービス お申込の際に、みずほ銀行の普通預金キャッシュカード、またはカードローン専用カードでのご利用をお選びいただけます。
    会員特典等 -
    店舗
    店舗所在地 ※くわしくはみずほ銀行のホームページでご確認ください。
    無人契約機設置場所 ※くわしくはみずほ銀行のホームページでご確認ください。
    提携先
    提携金融機関 -
    借入ができるATM/CDやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア ・みずほ銀行ATM ・イーネットATM ・ローソンATM ・セブン銀行ATM ・提携金融機関ATM ・ゆうちょATM ※ご利用のATM、カードの種類によってはご利用いただけないお取引もございますのでご留意ください。   くわしくはみずほ銀行のホームページでご確認ください。
    返済ができるATM/CDやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア ・みずほ銀行ATM ・イーネットATM ・ローソンATM ・セブン銀行ATM ・提携金融機関ATM ・ゆうちょATM ※ご利用のATM、カードの種類によってはご利用いただけないお取引もございますのでご留意ください。   くわしくはみずほ銀行のホームページでご確認ください。
    融資条件
    契約時年齢 満20歳~ 満65歳
    申込資格 ・契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方 ・安定かつ継続した収入の見込める方 ・保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる方
    資金使途 自由(ただし事業性資金はご利用いただけません)
    必要書類 ご印鑑(返済用普通預金口座お取引印) 本人確認資料の写し(運転免許証など)
    担保 不要
    保証人 不要
    保証料 不要
    対象地域 -
    備考 -
    その他
    遅延損害金 年19.9%
    その他注意事項 ※くわしくはみずほ銀行のホームページでご確認ください。
  • みずほ銀行カードローン への口コミ・評判・体験談

    総合満足度 3

    スピード: 2  | 金利: 4  | サービス: 3  | 借入: 2  | 返済: 5

    100% 50% 0% 満足度分布
    5
    -
    4
    -
    3
    1件
    2
    -
    1
    -

    鈴木さん
    投稿日:2015年9月11日
    性別:男性  |  年齢: 30代  | 職業:会社員 | 年収:200万円~400万円未満

    満足度:3  スピード:2 | 金利:4 | サービス:3 | 借入:2 | 返済:5 
    借入状況 返済中
    借入用途 趣味・レジャー・旅費、冠婚葬祭
    借入金額 5万円~10万円未満
    借入までの期間 3日以上
    借入時の相談者 誰にも相談していない
    借入事実の把握 相談者以外誰も知らない
    申込時コンタクト 電話(携帯)
    遅延時コンタクト 遅延なく返済

    このカードローンを利用した感想

    みずほ銀行の口座開設の際に一緒に申し込みました。審査の確認の連絡が来なくて10日くらい経ってから確認の電話を入れました。その翌日に審査が通りましたと連絡が入りましたが、カードが届いたのも約1ヶ月くらいかかったと思います。普段会社の給料の口座に利用しており、返済も口座振替なのが非常に便利です。ただ、お急ぎの方にはあまりオススメ出来ないのかな?と感じております。(私だけ特別に時間がかかったのかもしれませんが・・・・・・。) 大手の銀行ローンなので、安心して利用できます。在籍確認も私は社名を普通に名乗ってもらって構わないですと伝えました。特に同僚からも不審な目で見られずに対応出来たと思います。みずほ銀行の口座がある方は開設時じゃなくても審査が早いと聞いたことあります。口座がある方は申し込んでみる価値はあると思います。

    口コミ・評判・体験談を投稿する

    ユーザー情報
    名前(ハンドルネームOK)
    メールアドレス(非表示)
    性別
    年代
    職業
    年収
    カードローンの借入情報について
    借入状況
    評価
    審査スピード 
    借入金利 
    サービスの質 
    借入のしやすさ 
    返済のしやすさ 
    満足度 
    カードローンの申込時の状況について
    主な借入用途
    当初借入金額
    借入までの期間
    借入時の相談者
    借入時の把握
    申込時コンタクト
    遅延時コンタクト
    利用した感想


    ※ボタンを押すと、コメント欄内に評価項目名が表示され、各項目ごとに感想を記入することができます。

    現在0文字(投稿にはあと100文字必要です)

ピックアップ

みずほ銀行カードローン

メガバンクの本格的カードローン!金利は年2.0%~14.0%、最大ご利用限度額は800万円です。みずほ銀行の口座をお持ちの場合、申込みから契約までWebで完結!来店不要でご利用可能です。

イオン銀行カードローン「フリーローン」

ご融資までご来店不要!年3.8%~年13.5%、安心の低金利。車や海外旅行、大きな買い物にお金が必要な人にもうれしいカードローンです。

このページの先頭へ